別離

2012年10月25日 13:00

ランはどんな理由で、3匹の子供のうち2匹だけを連れてエリアを移ったのだろう?
あるいは、その仔猫はどんな理由で、元のエリアに残ることになったのだろう?

120907-01.jpg
さらに別離の決定はどちらが下したかという疑問もある。母であるランの意志なのか、それとも仔猫の意志で残ったのか‥‥?
私はその答を知りたくて、防砂林に住まう人の小屋を訪ねることにした。



その私を最初に迎えてくれたのはリンだった。
120907-02.jpg
最近のリンの表情は硬く、以前の人懐こさもすっかり影を潜めてしまった。


さらに時折見せる沈鬱な面持ちは、見る者を憂いに誘う。
120907-03.jpg


持っていた猫缶をここの住人の人に渡し、リンに与えてくれるようお願いした。
120907-04.jpg
すると、どこからか黒シロの仔猫が現れ、リンと一緒に猫缶を食べはじめた。


この子がランの3匹目の子供だ。
120907-05.jpg
ほかの2匹とは被毛の色を異にし、無言で父親が違うことを示している。


つまりこの子は、チャゲとアスカとは異父兄弟の間柄になる。そしてリンは伯母叔母)にあたる。
120907-06.jpg
そのことがこの子に何らかの影響をもたらしているのだろうか?そして今回の別離との関連性は‥‥。


リンはそれほど空腹ではないのか、猫缶を少し食べただけでその場を離れてしまった。
120907-07.jpg
ランの子は脇目もふらず猫缶を食べつづけている。


食べ盛りゆえなのか、それともリンより空腹だったのか?
120907-08.jpg
ここに住まう人に訊くと、食事のとき以外はあまり小屋に寄りつかないそうだ。日中は大抵独りで防砂林の中で過ごしているという。


リンはシートの陰に身を隠し、物思いに耽るように目を伏せている。
120907-09.jpg
やがてリンはついと顔を上げると、まるで任意の意志にスイッチが入ったように目を大きく見開いた


そしてその意志に導かれるまま、迷いのない足取りで歩きだした。
120907-11.jpg
そうしてある地点まで来ると、ごく自然に座りこんだ。その場所に特別な意味があるかのように。


ランの子も食事を終え、一息入れている。
120907-10.jpg
この子にも帰省する前に何度か会っているのだが、私の顔はすっかり忘れられてしまったようだ。


リンはその場から動かず、まわりの気配を丹念に窺っている。
120907-12.jpg
おそらく聴覚をフルに働かせて、聞き慣れた音を防砂林の中に探っているのだろう。


だがしかし、その音がリンの耳に届くことは永遠にない。おそらくは。
120907-13.jpg
リンはこの一連の行動を1日に何度繰り返しているのだろう?


120907-14.jpg
とぼとぼと小屋に戻るリンの足取りはいかにも重く、後ろ姿も消沈して見える。


まだ人馴れしていない仔猫は、見慣れぬ私がいるからか、低木の下に身を隠した。
120907-15.jpg
そして、胡乱な目で私を見つめ返してくる。


実は、ほかの2匹の兄弟とこの子の決定的な相違は、父親の違いだけではない。
120907-16.jpg
ランの子供の中で、この子が唯一のメスなのだ。


つまり、ランにとっては唯一の娘になる。
120907-17.jpg
母や兄弟たちと離別することになったのは被毛の違いだけでなく、このことも原因ひとつかもしれない。


また姉妹であるリンの存在が、ランの行動に深く影響していることも十分考えられる。
120907-18.jpg
リンとランはけっして仲の良い姉妹ではなかった。そしてその子供たちもまた、母に倣ってか、従兄弟として打ち解けているとはいえなかった。


ランの子が残った猫缶に鼻先を近づけてきた。もう腹が減ったのか‥‥?
120907-19.jpg
しかし口を付けることなくついと離れていった。


と、今度はリンがおもむろに猫缶の入った食器に近寄ってきた。
120907-20.jpg
そしていきなり猫缶に食らいついた。その様子を落ち着かない素振りで見つめるランの子。


さっきのように一緒に食べようと、近づくが‥‥、
120907-21.jpg
何故か怯えたように後ずさりして離れていく。


リンの身体からは、人には感じられない威圧感がオーラのように出ているようだ。
120907-22.jpg
結局、リンが残りの猫缶を食べているあいだ、ランの子はただそれを見ているだけだった。


ここに住まう人に言わせると、リンはランの子を忌避し、食事も優先的に食べるのだそうだ。
120907-23.jpg
親兄弟とも別れ、伯母叔母にも疎外されるこの子に同情の念を禁じ得ない。


猫缶を食べ終わったリンが、先ほどと同様まっすぐ前を向いて歩いていく。
120907-24.jpg


そしてさっきより手前の地点に座ると、どんな物音も聞き逃さないとばかりに耳をすませている。
120907-25.jpg
リンが防砂林の中から聴きとろうとしているのは、今春産んだ4匹の子供たちの鳴き声だろうと思われる。


2012年6月17日、リンは4匹の子供たちを、私に初めて紹介してくれた。
そのうちの3匹はビール壜ケースのなかにひしめくように身を隠していた。

リンの子供-01.jpg
初めて見る私の姿を、警戒と驚愕がないまぜになった目で見つめる。


この子は甘えん坊で、リンの姿をいつも求め後を追っていた。
リンの子供-02.jpg
そして、人の存在に気づくと慌てて物陰に隠れてしまう。


120907-25-26.jpg


ところが、その仔猫たちは7月以降、つぎつぎと姿を見せなくなり、私が帰省する直前にはついに1匹となった。
リンの子供-03.jpg
そしてこの甘えん坊の仔猫も私が実家に帰っているあいだに、やはり姿を消してしまった。


リンには子供たちが何故姿を消したのか、おそらく理解出来ていないのだろう。
120907-26.jpg
だからこうして、子供たちの声を防砂林の中から聴きのがすまいと同じ行動を繰り返しているのだ。


子供をなくした母猫と、母と別れた仔猫。お互いの喪失感を埋めるために仲良くすればいいと、つい思ってしまうのだが。
120907-27.jpg
しかしそんな考えはしょせん人の勝手な理想論であり、猫の社会ではまったく通用しないようだ。


ところでいつまでもこの子を“ランの子”と呼ぶのは都合が悪い。この子にも呼び名を付けてやらねば‥‥。
120907-28.jpg
いつまでも家族とつながっているよう願いをこめて、この子を“ユイ(結)”と呼ぶことにする。


ユイはふと思い出したように、残った猫缶を再び食べはじめた。
120907-29.jpg
それを戻ってきたリンが見つめる。


ただそうやって一瞥をくれるだけで、リンがユイに関心を示すことは、ついになかった。
120907-30.jpg
リンは大好きなNさんの座る椅子に身体を滑りこませた。


好きな人に寄り添っていても、リンの表情はやはり硬くこわばって見える。
120907-31.jpg
いなくなったリンの4匹の子供たち‥‥。ここに住まう人の話では、仔猫を可愛がっている人たちがいたので、その人たちに保護されたのでは、ということである。


楽観的に過ぎるかもしれないが、私もその推測に同意したい。
120907-32.jpg
ユイが羨ましそうにランを見上げている。ユイとしては嫌われていてもリンの側にいたいのだろうか?


「ユイ、お前は自ら望んでここに残ることにしたのか?それとも、母や兄弟たちに置き去りにされたのか‥‥?」
120907-33.jpg
この子をラン親子が移り住んだエリアへ連れていってみてはという考えが、私の頭をふと掠めた。


しかしもし、そこでも排斥されたら、この子は行き場をなくしてしまう。
120907-34.jpg
そしてそれは大きな傷としてユイの心に残り、この子をさらに苦しめるかもしれない。


さらに「野良の特権は、たとえそれが様々な危険を孕むにしても、“自由気まま”であるから、徒に人が介入することは避けるべきだ」そんな囁きがどこからか聞こえてきた。
120907-35.jpg
人間社会にも“親はなくとも子は育つ”という諺があるし、生きるという点では人より遥かにタフな猫なので、ユイがこのまま逞しく育ってくれることを祈るばかりだ。


もちろん、ベンチ猫のサブのように心優しい人に保護されれば、それに越したことはないが。
120907-36.jpg
ともあれ、家族と離別して暮らすようになったユイがこれからどうなっていくのか、私としては気になって仕方がない。


ここで暮らしていれば、少なくとも雨風はしのげるし、じきにやってくる寒さにも耐えられるだろう。
120907-36-37.jpg
しかし、それがリンやユイにとって幸せであるのかどうか‥‥、正直私には分からない。


今まで、防砂林に住まう人たちへ批判の矛先が向くのを恐れて黙していたが、読者に誤解を与えないためにも、そして海岸猫のためにも実情を明かすことにした。
120907-36-37-02.jpg
理由は様々あると思うが、ここに住まう人たちは何の前触れもなく突然防砂林から去っていく。
だがペットを飼える環境を得るのは簡単ではなく、ほとんどの場合猫は防砂林に残される。



リンやランやその家族も、このエリアに移動してきたのではなく、実際は以前から防砂林に住まう人の小屋で一緒に暮らしていたのだ。
120907-25-26.jpg
ところがこの春、その人は防砂林から立ち去り、その際全ての猫を置き去りにした‥‥。


リンとユイを見守ってくれている人たちも、それぞれ状況は違えどいずれ防砂林から去っていく。
そのときに猫たちを連れて行くことは、おそらくないだろう。

120907-38.jpg
海岸へ出ると、私の気持ちを表すように、江ノ島が靄のむこうで模糊としていた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト
関連記事

残された猫

2012年10月17日 09:00

私がいないあいだの湘南海岸に起こった変事は、海岸猫だけにとどまらなかった。
その情報をもたらしてくれたのは、久しぶりに会った猫おじさん猫おばさん夫妻だった。

120906-01.jpg
そのとき夫妻は、昨秋国道で交通事故死したボスの母親の世話を終え、同様に面倒を見ているほかの海岸猫のもとへ移動中だった。
ところが自転車で並走していた私を置き去りにして、ずいぶん手前の防砂林の脇道へと二人は入っていく。



私は慌てて二人のあとを追い「ここにも世話をする猫がいるんですか?」と問うたら、猫おばさんが「チビの世話を頼まれているの」と少し悲しそうに言った。
120906-01-02.jpg
「チビって、あのチビ太郎のこと?」と私が訊くと「そう、おじさんが病気になって小屋を出ていったから」と猫おばさんは答えた。
私はことの重大さに気づき、二人に同行して防砂林の中へ入っていった。



長靴おじさんの小屋を最後に訪れたのはミケが亡くなったときだから、もう2年以上の月日が経過していた。
120906-02.jpg
茶トラのチビ太郎‥‥、この海岸猫に会うのもその時以来になる。


元気にしていたことはグッドニュースだが、飼い主である長靴おじさんがいなくなったのは、この猫の行く末を思うとバッドニュースだ。
120906-03.jpg
そういえば、複数の人からチビ太郎らしき猫が数百メートル離れたほかのエサ場に出没していると仄聞していた。


おそらく空腹のせいで、食べ物を求めて遠くまで出ばっていたのだろう。
120906-04.jpg
ミケの存命中もよくエサ場へきて、サンマと何度も睨み合っていた。


真偽は定かでないが、飼い主の長靴おじさん曰く“茶トラのオスが一番喧嘩が強い”そうだ。
120906-05.jpg
でもこの海岸猫が、ほかの猫と取っ組み合いの喧嘩をしているところを目撃したことは一度もない。ひょっとしたら、チビ太郎の見た目の迫力に相手が怯んでいただけかもしれない。


不敵な笑いを浮かべているように見えるが、これがチビ太郎の常態である。
120906-06.jpg
当時、頻繁にミケとサンマのエサ場に来ては騒ぎを起こしていたので、少々手荒な方法で撃退したことがある。だからチビ太郎は、私にいい印象を持っていないはずだ。


120906-06-07.jpg
猫おじさんと猫おばさんは別の海岸猫に食事を与えるため、慌ただしく小屋をあとにした。


それにしても、いったいチビ太郎はいつから独りで暮らしているのだろう?
120906-07.jpg
また長靴おじさんはいつごろ快復する予定なのか、そしてここへ帰ってこられるのか‥‥、猫おじさんたちに肝心なことを訊けなかった。


「チビ太郎、久しぶりにだな。元気そうでなによりだ‥‥」
120906-08.jpg
チビ太郎は今年で7歳になる。
捨て猫だったチビ太郎は長靴おじさんに引き取られ、以来この小屋で一緒に暮らしている。



猫の平均寿命‥‥野良猫が4~6歳、家猫が10~16歳だとされているが、チビ太郎の場合、どちらの範疇に属するのか、はなはだ曖昧だ。
120906-11.jpg
ともあれ、これまでは家猫に近い境遇だったかもしれない、しかし今は違う。そして、これから先がどうなるかは、まったく分からない。


仔猫で拾われたチビ太郎は、その時すでに眼を病んでいた。
120906-10b.jpg
おじさんの看病で病の進行は止まったが、眼には一生消えない傷痕が残った。


強面に見えるのはそのためで、彼自身も本意ではないはずだ。
120906-12.jpg


小屋に戻ったチビ太郎は、いきなり大きな鳴き声をあげた。一回、二回、三回と‥‥。その声音は、突然いなくなった長靴おじさんを呼んでいるのか、やけに悲しげに響いた。
120906-13.jpg
だが、いくら呼んでもおじさんの返事はない‥‥。
するとチビ太郎は、私の目にも分かるほど悄然としてうなだれた。



私はそんなチビ太郎にゆっくりと近づいていった。
120906-14.jpg
そして抵抗されるのを覚悟の上で、後ろからそっと手を差し伸べ、そのままチビ太郎の身体に触れた。


すると案に相違して、チビ太郎自ら私の掌に頭をすり付けてきた。
120906-15.jpg
「チビ太郎、おじさんがいなくなって寂しいのか?」


人の優しさを求めていたのだろう‥‥、チビ太郎はますます力をこめて頭をすり付けてくる。
120906-15.jpg
そんなチビ太郎を見ているうちに、不覚にも涙が溢れてきた‥‥。
チビ太郎のおかれた苦境、そしてそのチビ太郎を独り残して小屋を離れざるを得なかった長靴おじさんの心情を思ってのことだ。



ふと足もとに視線を移すと、愛称の由来となった長靴が置いてあった。
120906-19.jpg
長靴おじさんがこの長靴を履いて、再び生業である石鯛釣りをすることはあるのだろうか?


猫おじさんと猫おばさんは朝しかこの小屋を訪れない。
120906-17.jpg
そこで、保存の効くカリカリを置いていくことにした。


「おいチビ太郎、お前はさっき猫缶を食べたばかりだろう」
120906-18.jpg


結局、チビ太郎はカリカリをほんの少し口にして、食べるのを止めてしまった。
120906-20c.jpg
どうやら味見のために試食をしただけのようだ。


虚空を見つめるチビ太郎‥‥。
120906-21c.jpg
彼の脳裏に去来するものは、いったい何なんだろう?


「チビ太郎、時々様子を見に来るから、寂しいだろうが、辛抱しろよ」
120906-22.jpg
「そしてこれからは、ほかのエサ場へ行って、トラブルを起こしてくれるなよ」


私が去るのを察したのか、チビ太郎は見送るように小屋の前に佇んだ。
120906-23.jpg
こうして猫に見送られるのを、私は苦手としている。


彼らの気持ちを思い切なくなり、自分の無力さに後ろめたさを感じるからだ。
120906-24.jpg
私はやり場のない情動をその場に打ち捨てるように、小屋をあとにした。


120906-25.jpg
海岸猫と関わっていると、嬉しく感じることなど稀で、大抵の場合は辛く切なくなる。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事

狙われたマサムネ

2010年09月17日 23:40

陽射しが和らいだ夕刻の湘南海岸‥‥今日も海は凪ぎ、微かな波音を立てているだけだ。
海岸100917-01.jpg
頬を撫でる海風が秋の深まりを教えてくれる。


私は、今日もミケを訪ねた。
ミケ100917-01.jpg
そこで遇ったK夫妻は以前私にこう言った。
「腎不全の悪化で保護されていた時は寂しかったけど、今はいつでも逢えるから寂しくない」と。
ミケが永眠してから、ふたりは毎日ミケに逢いに来ている。



西のエサ場
西のエサ場でHさんと遭遇した。Hさんはブッチに猫缶を与えていた。
西のエサ場100917-01.jpg
久し振りに登場するブッチ‥‥あまり姿を見せなくなり、たまに逢っても私の顔を忘れたのか、近づいてくることはない。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
そのままHさんとふたり、ミリオンを訪ねた。
ミリオン100917-01.jpg
ミリオンはHさんの顔を見ると、エサ場から駆け寄ってきた。


ミリオン100917-02.jpg
ミリオンの食欲は、いつにも増して旺盛だった。


牛乳を飲んだあと、猫缶のお代わりを貰う。
ミリオン100917-03.jpg
ミリオンは、お代わりの猫缶も貪るように食べた。
毎日幾人もの人から食事を貰っているミリオンに、これほどの食欲があるとは意外だった。



腹が満たされたミリオンは、涼しい海風に身を委ねた。
ミリオン100917-04.jpg
そして‥‥気持ち良さそうに目を細めた。


海岸100917-02.jpg





船宿エリア
船宿エリア915-01.jpg
この日、まず最初に私を出迎えてくれたのはマサムネだった。


コジローもすぐ近くにいたが‥‥
船宿エリア915-02.jpg
私を歓待する風は微塵も感じられなかった。


船宿エリア915-03.jpg
白猫も顔を見せた。


マサムネは大きな伸びをすると‥‥
船宿エリア915-04.jpg
空模様でも気になるのか、しばし上空を見つめていた。


大方の野良が揃ったところで、猫缶を与えた。
船宿エリア915-05.jpg
自分の分を食べ終えたコジローは、兄の猫缶を平然と奪い取った。


警戒心の強いメスの白猫も珍しく姿を見せていた。
船宿エリア915-06.jpg


船宿エリア915-07.jpg
三毛猫はまるで猫缶と格闘しているようだ。


猫缶を弟に横取りされたマサムネには離れた場所で食事させた。
船宿エリア915-08.jpg
そのマサムネを、傍らから三毛猫が物欲しそうな顔で見つめている。


少し遅れてきた茶トラが、皆の残りを漁る。
船宿エリア915-10.jpg


その茶トラが次に狙ったのは、マサムネの猫缶だった。
船宿エリア915-09.jpg
マサムネも茶トラの気配を感じたようだ‥‥そうして、二匹の眼と眼が合った。

<つづく>




お知らせ
先日、風吹さんのブログで知った金沢の猫達は、全頭里親さんに引き取られました。
石川県 金沢市のセンター




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事

マサムネの妙策

2010年09月16日 23:58

昨日から降り続く雨の勢いが弱まった夕刻、私は海岸へ赴いた。
灰色の海は波音も立てず眼前に横たわっていた。

海岸100916-01.jpg
思い出したように小雨が落ちてくる砂浜に人影はなく、凪いだ海で若いサーファーが戯れているだけだった。


ここもまた静寂に包まれていた。
ミケ100916-01.jpg
かつては訪れる人で賑わっていたミケのエサ場も、今は往時の面影を辛うじて残しているだけだ。


ミケの閨はリニューアルされていた。おそらくねこタカイさんの手に依るものだろう。
ミケ100916-02.jpg
何故か線香立に使っていた小鉢がなくなっていたので、線香を地面へ直に供えた。
そしてミケと、湘南海岸で眠る多くの猫達に向けて手を合わせた。



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオン100916-01.jpg
小雨が降るミリオンのエサ場‥‥中は既に薄暗くミリオンの姿も見えなかった。


もしやと思い奥の小屋を覗くと‥‥果たしてそこにミリオンがいた。
ミリオン100916-02.jpg
半袖では肌寒いほどの気温の中、ミリオンに小屋から出てくる気配は微塵も感じられなかった。


海岸100916-02.jpg
私が海岸を離れようとした時、雨脚がにわかに強くなった。





船宿エリア
船宿エリア903-64.jpg
それまで静かにトラを見つめていたマサムネがやおら体を起こした。


マサムネはゆっくりとトラに近づいていく。
船宿エリア903-65.jpg
二匹が再び挨拶を交わそうとするが‥‥


やはり今度もトラが忌避した。
船宿エリア903-66.jpg
元来は臆病な性格のトラ‥‥無理もない、と私は思った。


マサムネのトラを見つめる眼差しはあくまでも穏やかだ。
船宿エリア903-67.jpg
トラにもマサムネの気持ちが通じているはずだが‥‥


二匹は、再び柵を挟んで向き合った。
船宿エリア903-68.jpg
このあと、マサムネはトラと挨拶することを諦めたのか、船宿の方へ去っていった。


と今度は、トラがマサムネのあとを追った。
すると、初めからそのつもりだったのか‥‥マサムネが引き返してきた。

船宿エリア903-69.jpg
そして二匹は曲がり角で挨拶を交わした。
残念ながら、焦った私は決定的なその瞬間を撮り損なった。
それほどマサムネの行動は、巧妙で意外なモノだった。



マサムネとトラは改めて向かい合った。
船宿エリア903-70.jpg
マサムネはトラの熱い視線を受けると、照れ臭そうに顔を背けた。


船宿エリア903-71.jpg
そのあともマサムネは、何故かトラに素っ気なかった。


トラはそんなマサムネから眼を離さず見つめ続けている。
船宿エリア903-72.jpg
私はトラを撫でながら「良かったな、マサムネと挨拶できて‥‥」と宥めた。


マサムネは性格だけでなく、頭も良いことが今回のことでよく解った。
船宿エリア903-73.jpg
しかし、その頭の良いマサムネがどうして尻尾のバーコードシールに気づかないのか‥‥
私にはどうしても納得できなかった。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事

マサムネとトラの邂逅

2010年09月15日 23:59

季節が突然秋に変わっていた‥‥
まるで歌舞伎の強盗返し(がんどうがえし)を見るように。

海岸100915-01.jpg
灰色の雲に覆われた砂浜には人が疎らにいるだけだった。


湘南海岸。
海岸100915-02.jpg
海水浴場は海の家が殆んどなくなり、元の砂浜に戻っていた。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
遅い時間にエサ場を訪れたが、ミリオンの姿はなかった。
ミリオン100915-01.jpg
名を呼んでも現れないので、無理に捜すことはやめておいた。





船宿エリア
今まさに、マサムネとトラが鼻で挨拶を交わそうとしている‥‥
船宿エリア903-52.jpg
ところがその寸前、トラが身を翻した。


船宿エリア903-53.jpg
躊躇うトラにマサムネがゆっくりと近づいていく。


トラが前足を上げ、マサムネに拒絶の態度を見せた。
船宿エリア903-54.jpg
それを見たマサムネは、トラへ無理に近づこうとはしなかった。


マサムネとトラは、これが初見かもしれない‥‥
船宿エリア903-55.jpg
緊張したトラの表情を見て、私はそう感じた。


船宿エリア903-56.jpg
もしそうなら、トラが慎重になるのも無理はない。


相手の正体が分からないうちは、むやみに接近しない方が身のためだ。
船宿エリア903-57.jpg
マサムネはそんなトラの気持ちが判ったのか‥‥トラから距離を置いて横たわった。


二匹は向かい合ったまま動かなくなった。
船宿エリア903-58.jpg
トラは生まれて4ヶ月のまだ幼い野良だ。それでも生き残るために最低限の術は学んでいる。
マサムネを警戒するのもその術があるからこそだ。



マサムネは優しい眼差しでトラを見つめている。
船宿エリア903-59.jpg
マサムネは待っている‥‥トラが自分に心許すのを。
そのマサムネを見て私は思った。マサムネは人であっても、さぞいい兄貴、いい父親だろうと‥‥
そして、一角の人物になっているだろうとも。
私も子を持つ親‥‥日頃のマサムネから学ぶことは多い



船宿エリア903-60.jpg
トラがマサムネに背を向けた。


トラはまだ迷っている‥‥
このまま両親が待つ釣り餌屋に帰るか、それともマサムネと交誼を結ぶかを。

船宿エリア903-61.jpg
マサムネは相変わらずトラを見つめたまま動こうとしない。


トラがさらにマサムネから離れた。
船宿エリア903-62.jpg
それでもマサムネは、まだジッと我慢している。


トラもマサムネが気になって仕方ない様子だ。
船宿エリア903-63.jpg
この直後、マサムネがついに動いた。

つづく




先日、あらしさんからサンマの近況報告が届いた。
サンマ100907.jpg
サンマは体重が4.4kgまで増え、毛艶も良く、見た目は健康とのこと。
あらしさんは通院する病院の先生に管理が良いと褒められたそうだ。
その病院で鼻の治療を受けたところ、原因は左耳の外耳炎だと分かった。
毎日耳用生理食塩水で洗い、薬を滴下しているそうだ。
近々、サンマは去勢手術を受ける予定だ。
あらしさんは先生から「これが手術をする最後のチャンスかもしれませんね」と言われた。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事