赤トラの真意

2012年06月03日 11:00

この日私は、久しぶりに早朝の海岸へ足を運んだ。
120516-01.jpg
遥かに富士が遠望される。この季節、富士は靄に隠れてめったに姿を見せない。
これを吉兆だと思いたいが、“好事魔多し”ということも考えられる‥‥。


海岸には、白い波頭を立てて大きな波が打ち寄せている。
120516-02.jpg
この波は、サーファーにとって間違いなく吉兆であり朗報だ。


120516-03.jpg
海岸には、波が起こす海鳴りが響きわたっている。


その波音に負けじと、大きな鳴き声をあげる猫がいた。
120516-04.jpg
最近海岸に棲みついたニューフェースだ。


仄聞したところによると、5月の初旬にこの場所へ現れ、以後そのまま居着いたという。
120516-05.jpg
被毛の種類は、茶トラより“赤トラ”と呼んだほうが適切かもしれない。
ちなみに性別はオスで、去勢手術の痕が認められる。



持っていたカリカリを与えると、赤トラはがつがつと食べはじめた。
食器が置いてあるからには、食事の世話をしている人がいるわけだ。

120516-06.jpg
この時も、一人の女性が現れ、食事している赤トラを見ると「あんまりあげてもねぇ」といって立ち去った。


そして、所在無さそうに海を眺めているこの男性も、話を訊くと赤トラにエサを与えるために海岸へ来たという。
120516-08.jpg
悄然とした男性の後姿を見ていると、何だか自分が酷く悪いことをしたような後ろめたさを感じてしまう。
猫にエサを与えて、こんな思いに囚われたのは初めてである。



人目につく場所にいるからということもあるが、この猫が多くの人に愛されている理由は、それだけではないようだ。
120516-07.jpg
僅かな間しか接していない私にも伝わってくる、懐こく穏やかな気質のせいだろう。


さらには、この猫が抱えるバックストーリーを感じ取っているからだと思われる。
120516-09.jpg
その人馴れした様子から、最近まで飼猫だったことは、誰が見ても瞭然としている。


そして、飼猫がいくら迷ったとしても、こんな場所へ自ら来ることなどあり得ない。
120516-10.jpg
「お前も、酷薄なニンゲンの手によって、ここへ遺棄されたんだろ‥‥」


そんな目に遭っても、人を毛ほども警戒しない猫の姿に接するたびに、私は暗然とした気持ちになる。
120516-11.jpg
いくら最近まで飼猫だったとはいえ、こんな目立つ場所に居つづける赤トラの真意を理解できない読者も少なくないだろう。


過日、行方不明になった愛猫と数日後に再会を果たした私には、ある程度推察できる。赤トラの秘めた決意が‥‥。
120516-12.jpg
散歩中の犬が側に来ても、逃げることも敵意を見せることもなく、泰然と構えている。


たとえ元飼猫だとしても、この大胆不敵な態度は驚嘆に値する。
120516-13.jpg
体の下に前足を折りたたんだこの座り方は、一般的に“香箱座り”などと呼ばれ、無警戒で相当リラックスした証である。何故なら、危険が迫った場合、この体勢では瞬時に動けないからだ。


よしんば、この犬なら襲ってきても、たやすく逃げ切れるという自信の表れかもしれない。
120516-14.jpg
あるいは、元の家で、犬と同居していた可能性も考えられる‥‥。


そんな赤トラを、スマホでローアングル撮影する男性。
120516-15.jpg
ちょこまかしない赤トラは、被写体としても人気があるようだ。


この男性も猫好きなのだろう、撮影を終えると、赤トラを優しく撫ではじめた。
120516-16.jpg
赤トラも、その男性の行為に応えるように歩み寄ると、足許へうずくまった。


猫自身も、その人が自分にどういう感情持っているかを、敏感に察知する。
120516-17.jpg
朝陽を浴びて、輪郭を際立たせた眼の前の情景に、私の心は和んだ。


そこで私は男性に、顔をぼかす条件でブログへの写真掲載の許可を申し出た。
120516-18.jpg
すると、そのブログ知ってますよ。この間、迷い猫の捜索願いが載っていたでしょ、と男性はいった。
さらに、「顔を出してもいいですよ」と快諾してくれた。



この場を借りて、改めてこの男性に謝意を述べたい。
120516-19.jpg
ブログへの写真掲載の件もだが、寄る辺ない赤トラに優しく接してくれていることへの感謝だ。


海辺は、サーファーの数がにわかに増えてきた。
120516-20.jpg


海から目を戻すと、先ほどの男性の姿はなく、赤トラがぽつねんと佇んでいた。
120516-23.jpg
時刻は6時半を過ぎ、会社勤めの人がそろそろ海岸から引きあげる頃だ。


だが、赤トラはいくら優しくされても、人の後を追おうとはしない。
120516-24.jpg
その潔い態度に、私は改めてこの猫の真意を垣間見た気がした。


120516-25.jpg
やがてベンチにいた人たちも次々と立ち去り、赤トラと私だけが残された。


私が感知した赤トラの真の願い‥‥、本来ならそれが叶うことを祈ってやりたいのだが‥‥。
120516-26.jpg
「お前のその願いは、おそらく‥‥」


‥‥私はこれ以上、赤トラの心情に踏み込むのをやめた。
120516-27.jpg
お前の真意を見通したなんて、私の思い上がりだ‥‥きっと。


第一、先のことなど誰にも分からないし、この世は何事も起こり得るのだ。
120516-28.jpg
私は自分にそう言い聞かせながら、海岸を後にした。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト

海を眺める猫

2012年08月28日 06:00

湘南海岸‥‥、早朝。
120610-01
滅多に姿を見せない大島が、今朝は輪郭もくっきりと水平線に端座している。


眠れぬまま、まだ夜も明けきらぬ時刻に家を出たので、海岸に人影は疎らだ。
120610-02


いつもは寝ていることが多いサブが、珍しく目覚めていた。
120610-03
だが、訪れた私に視線も送らず、目の焦点も定まらぬ惚けたような顔をしている。
「ひょっとして寝起きなのか‥‥?」



“ベンチ猫”などと呼んでいるけれど、実際にサブがベンチの上にいるのを、私はまだ見たことがない。
120610-04b
そこで、誰もいないし、ベンチの上で食事をさせようとしたのだが‥‥、


サブは文字通り借りてきた猫のように、ただじっと佇むだけだ。そして険しい表情で前方を凝視している。
120610-05b
さっきから、私の姿を認めたカラスが、仲間を呼ぶために盛んに鳴いているが、それが気になりでもするのだろうか?


仕方なくベンチの下にトレイを移すと、サブはやっとエサに口を付けた。
120610-06b
この新参の海岸猫、寝相は大胆なくせに、妙なところで神経質だ。


ちなみに、カラスは人の顔を識別することが出来る。
120610-07b
このエリアのカラスに私も顔をしっかりと憶えられたようで、キャットフードを出す前から防砂ネットの上に陣取り、虎視眈々と隙を窺っている。


サブが食事を中断し、つと顔をあげた。
120610-08b
そしてエサをほとんど残したまま、トレイから離れてしまった。


この時刻、既に誰かから食事を与えてもらったのだろうか?しかしベンチの周りに、前回あったはずの食器類が見当たらないのだが‥‥。
120610-09b
そういえば、最近ベンチ下に置いてある器が、何者かに持っていかれると聞いている。軽いものならカラスが咥えて持ち去る場面を、私も数回目撃したことがあるが、重い陶器の器も何度か無くなっているのを不思議に思っていた。


おそらくこの場所で野良猫に餌付けすることを快く思わない猫嫌いのニンゲンの仕業だろうが、それならエサ遣りさんに面と向かって抗議をすればいいのだ。
120610-10b
そんな度胸もなく陰険で姑息な行為を繰り返す卑怯者には、怒りを通り越して憐憫すら感じる。


サブが不意に立ち上がり、ゆっくりと歩きはじめた。
120610-11b
その歩調は、この猫の性格を表すように、飽くまでも悠々としている。


サブはテラス横の階段を降りてしまった。浜に出て、いったい何をしようというのか‥‥?
120610-12
ややあって、サブは階段状のブロックの上を海に向かって歩を運びはじめた。


初めは用を足すためかと思ったが、それならばもっと近くに適当な場所があり、サブ自身もそこを利用している。
120610-13
サブの不可解な行動に私は好奇心を覚え、後を追うことにした。


サブを観察していると、何かを探している様子である。やはり用を足す場所を求めての行動なのか‥‥?
120610-14


波消ブロックから砂浜に降りたサブは、なおも海に向かって進んでいく。
120610-15
そして波打ち際まで来たサブは、歩を止めると湘南の海を眺めはじめた。


最近まで飼い猫だったサブは、海岸に遺棄されるまで“海”というものを知らなかったはずだ。
120610-16-17
サブは、その海を眼前にして何を思っているのだろう?


波がサブのすぐ側まで打ち寄せる。
体が濡れるのを極端に嫌う猫は、海に入ろうなどとは考えない、普通なら。

120610-16
やはりサブは海を、そして海の怖さを知らないのだと、私は認識を深めた。


海を眺めながら、しばし逡巡していたサブだったが‥‥、
120610-17
ついに諦めたと見えて、踵を返してこちらへ向かってきた。


120610-18
サブはしかし、私のいるところまで戻って来てもなお未練がましく海を見つめている。


そして、まだ何かを希求しつづけている風情のサブ。
120610-19
これまでのサブの不審な行動から、私は推測を試みることにした。


用を足す場所を求めての行動でないことは、既に明らかだ。
120610-20
初めからサブがその気なら、とっくに用を済ませているはずである。


サブは落胆した様子で、海岸沿いの道路を見あげると、
120610-22
さっきのルートを辿るように、とぼとぼと歩きはじめた。


その後ろ姿には、何かなし悲哀が漂っている。
120610-23
サブを見送っていたその時、私の考えはある憶説に行き着いた。


「そうだ、そうに違いない。海の何たるかを知らないサブは、だからあんな行動をとったのだ」
120610-24
「サブ、しばらく待っていろよ。お前の欲しがっているモノを持ってきてやるからな」


私はサブにそう言い残して、海岸沿いの道を、ある場所へと急いだ。
120610-25


これは公共の給水栓。
飲み水を補給したり、サーファーが砂まみれの身体を洗うために使われている。また、防砂林に住まう人たちにとっての、生活水でもある。

120610-26
私は、持参していたペットボトルに水を注ぎ入れた。


そしてサブのところへ取って返すと、トレイになみなみと水をついでやった。
120610-27
するとサブは、顔をトレイに突っ込まんばかりの勢いで水を飲みはじめた。


やはり喉が渇いていたのだ。それで、“大きな水溜り”である海の水を飲もうとして波打ち際まで行ったのだ。
120610-28
よほど喉が渇いていたのだろう、サブはひたすら水を飲みつづける。


一瞬たりとも休まず、ただ一心不乱に水を飲む、飲む‥‥、飲む‥‥。
120610-29
ついにはトレイの水が残り少なくなってきた。


やがてサブは、トレイの底に水を僅かに残して顔をあげると、満足げに舌舐めずりをした。
120610-30
ようやく人心地(猫心地)がついたのか、私にすり寄ってくると、そのまま足許にうずくまった。


ところがサブは、すぐにまたトレイに駆け寄って、僅かに残った水を舐めるように飲みはじめた。
私は急いでペットボトルから水を注ぎ足してやった。

120610-31
サブは、その水をさっきより幾分余裕を持って飲みつづけた。


尋常ではない喉の渇き‥‥。いったいサブは、いつから水を飲んでいなかったのだろう?
120610-32
いつもなら水の入った器が置いてあるはずである。
サブにとっては命の水ともいえるその水を、器ごと持ち去ったニンゲンの行為がこうして小さな命を脅かすのだ。



サブだって好きこのんで、ココに居つづけている訳ではない。
ココは、この猫が遺棄された現場‥‥、つまり飼い主と最後に過ごした場所だ。

120610-33
だから、サブはその飼い主が戻ってくるのを信じて、ココで待っているのだ。
そんなサブにどんな罪があるというのか?罪があるのは、彼を遺棄した酷薄で身勝手なニンゲンのほうだろう。
そして、あろうことか同じニンゲンが、なおも追い討ちをかけるようにサブを虐げているとは。
いったい、ニンゲンって‥‥。



サブがまた、水の入ったトレイに近づいていった。
120610-35
「サブ、好きなだけ飲みな。無くなったら、また持ってきてやるから」


ニンゲンに裏切られてもなお、サブはニンゲンを慕いつづける‥‥。
120610-36
犬と比べて気ままな猫は、忠義、忠節などを持っていないと一般的に思われているが、それは大きな誤解で、ただ猫が犬より自立心が強いというだけだ。


120610-42


ちょっと目を離した隙に、サブは眠りに就いてしまった。
120610-37c
それにしても前回に引き続いて、何ともはや大胆不敵な寝相である。


あまりの無防備ぶりに、見ているこちらが不安になってくるほどだ。
120610-38
近くに住む猫好きおじさんが立ち寄り、やはりサブを心配そうに見つめる。


120610-43


ベンチには誰もいなくなり、サブと私だけが残された。
私の目の前で、サブは相変わらず大胆な格好で眠っている。

120610-39
“夢寐(むび)にも忘れない”という慣用句があるが、叶わぬ願いなら早く忘れたほうが楽になる。


が、それを今のお前に求めるのは酷かもしれない。
120610-40
私も含めて、何人もお前を苦しめる権利など持ってはいないのだから‥‥。


120610-41


於・昼なお暗い郷里のネットカフェ



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

姿を消したベンチ猫

2012年09月28日 16:00

1ヶ月半振りに訪れた湘南海岸‥‥。
120905-01.jpg
私の眼前には、未だに夏の名残りが色濃い湘南の海が広がっている。


そんな湘南海岸の景色が、テレビも観ない新聞も読まない、という世間に背を向けたような生活を実家で送った私にはことのほか新鮮に感じられた。
ちなみに私は、ロンドンオリンピックの映像を全く観ていない。

今回の帰宅は、母が全快したからではなく、症状が小康状態になり、また私自身の検査、診察もあるためで、あくまでも一時的なものだ。来月には再び帰省することになっている。



そんな私がまず訪れたのは、実家にいても常に気になっていたベンチ猫のサブのところだ。
120905-02.jpg
しかし、ベンチの側にサブの姿はない。
そこで、サブが好んで身を隠していた波消ブロックを中心に念入りに捜してみたが、サブの姿は何処にもなかった。
私は、嫌な胸騒ぎがした。



別のエサ場で、初対面のエサやりさんが話しかけてきたので、サブのことを訊いてみた。
120905-03.jpg
すると、その女性もサブのことを知っていて「1ヶ月ほど前に姿を消した」と言った。
さらに「あの場所は、夏は毎日のようにバーベキューや花火をしたりで騒がしかったから、それで他の場所へ移ったんじゃないかしら」と、持論を述べたてた。


しかし‥‥、と私は訝った。
それくらいのことで、頑迷とも思える一途さで飼い主を待っていたサブがあの場所を離れるだろうか?



翌朝も私はサブのいたテラスへまず最初に足を運んだ。
だがやはり、サブの姿は何処にも見えず、誰もいないベンチはひっそりとしていた。

120905-04.jpgベンチの周りには食器ひとつなく、またエサを与えている形跡もなかった。


120905-06.jpg
知人数人にサブのことを尋ねてみたが、答はやはり、異口同音に「1ヶ月ほど前から姿を見なくなった」というものだった。


ここに至って私は、サブがもうベンチが置かれたテラスを離れたのだと認めざるを得なくなった。
120905-05.jpg
「サブ、お前は何処へ行ったんだ?他のエリアへ移動したのか、あるいは心優しい人に保護されたのか、それとも‥‥」


私の脳裏にはサブと関わった2ヶ月余りの情景が次々と浮かんできた‥‥。


初夏のある日‥‥。
夜来からの雨は小降りになっていたが、初夏の雨はまだ冷たい。それでもベンチから離れないサブ。

120905-07.jpg
おそらく一晩中ベンチの下で雨の凌いでいたのだろう。しかし、このベンチは雨を完全に防いではくれない。サブの全身はしとどに濡れていた。
体が濡れるのを厭う猫だけに、サブの愚直なまでの忠義に心打たれる。



だが、やはり濡れそぼった身体が冷えるのか‥‥、
120905-09b.jpg
サブは私の脚に体を擦り付けると、そのまま私の足許にうずくまった。


サブの身の安全を考え今まで発表しなかったが、実をいえばサブは“家”を持っている。
誰の手によるものなのか私は知らないが、テラス近くの防砂林の中に猫ハウスが置いてある。

120905-10.jpg
私は今までにいくつかの猫ハウスを見たが、その中で一番大きくて最も堅牢なハウスだ。なのに、サブは頑なにこのハウスへ入ろうとしない。


サブの気持ちを推察するに、ハウスの中では、もし飼い主が戻ってきたとき自分の姿を認めてくれないのではと危惧しているのだろう。
120905-10-11.jpg
「でもなサブよ、たとえハウスの中にいても、飼い主がお前を本気で連れ戻す気があれば捜してくれるはずだ。心配せず雨の日はハウスに入ってな」


120905-11b.jpg


やがて雨が上がったので、エサを与えてみた。
120905-12b.jpg
すでに食事をしたのだろうか、サブは飢えた様子もなくゆっくりとした調子でカリカリを口に運ぶ。


120906-13b.jpg
やはり腹はそんなに空いていなかったようだ。


そうしているうちに、再び雨が落ちてきた。
120906-14b.jpg


サブはベンチの下へ身を隠したが、ベンチの構造上、雨粒が容赦なく頭上から滴ってくる。
120906-15b.jpg
「お前をして、そこまで待ちつづけさせる元飼い主とはどんなニンゲンなんだ?何度も言うが、お前を裏切り、こんな殺風景な場所へ遺棄したヤツなんだぞ。それでもお前は今でも慕っているというのか!」


サブの毛は雨滴を吸い、さらに逆立ってくる。
120906-16b.jpg
お前を見るたびに、人などとても敵わない猫の強さとニンゲンの弱さ身勝手さを感じさせられる。


サブはベンチ下での雨宿りを諦め、私に歩み寄ってきた。
120906-16-1-17.jpg
そして、さっきより執拗に濡れた体を私の脚に擦り寄せてきた。


こうやっていつまでもお前を守っていたいのだが、そう出来ない事情が私にはある。
120906-16-2-17.jpg
非情なヤツだと誹られても、甘受するしかない。「ごめんな、サブ‥‥」


それからも頑強なまでにベンチから離れようとしなかったサブだったが、やがて少しずつその行動に変化が表れはじめた。


数日後‥‥。
120906-17b.jpg
サブは相変わらず懐こい態度で、人を慕いつづけている。


だがこの頃より、サブの行動に明らかな変化が見えはじめた。
120906-19b.jpg


それまでは四六時中、ベンチの側に居座っていたのだが、時折ベンチから離れるようになったのだ。
120906-20b.jpg
前回の記事で、嫌がらせで食器を持ち去るニンゲンがいることを述べたが、そのことと関係があるような気がする。


サブはテラスから、階段上になったブロックの上に跳びおりた。
120906-21.jpg
そして、そこに静かに体を横たえた。


サブのこの行動を目撃した私は、ある推測をたててみた。
120906-22.jpg
テラスにはいたくないが、そこからあまり遠くには離れたくない、とサブは考えているのではないだろうか。


その原因は、私が懸念していたように、食器を持ち去ったニンゲンが業を煮やして直接サブに矛先を向けたからかもしれない。
120906-23.jpgそれから、私は以前から感じていたのだが、エサやりさんにも問題がある。
使い終わった食器を置きっぱなしなのだ。
人目につかない防砂林のエサ場ならそれも許されるが、ここは市民の憩いの場、やはり水の入った食器だけ置いて、あとの食器は持ち帰るべきだ。



そういうことが遠因で辛い思いをするのは、結局野良猫たちなのだから。
120906-24.jpg
野良猫にエサを与えるのにも、守るべきルールは厳然としてあるのだ


サブの身の上に何が起こったのか、目撃していないので本当のところは分からないが、私の推測は大きく外れていないと思っている。
120906-25.jpg
ともあれ、身勝手なニンゲンたちの行為がこうしてサブをテラスから追いやってしまったことは間違いない。


「サブよ、それでもお前は飼い主が戻ってくると信じて、今までどおりここで待ちつづけるのか?」
120906-26.jpg
私はそんなサブに、これ以上いう言葉をもう持ち合わせていない。


それから、さらに数日後‥‥。
120906-27.jpg
エサを食べた形跡はあるが、サブの姿は見えない。


そこで私は、サブの姿を求めて砂浜に下りることにした。
120906-28.jpg


私は見当をつけて、波消ブロックのほうへ歩いていった。
120906-29.jpg
いた‥‥、サブだ。
テラスから数十メートルも離れた波消ブロックの間からひょっこりと姿を現した。



サブに近づくために、私は砂浜に置かれた波消ブロックを大きく迂回した。
120906-30b.jpg
「サブ、こんなところにいたのか」
名を呼ぶと、サブのほうから近づいてきた。



それにしても、テラスからずいぶん遠くへ移ってきたものだ。
120906-31.jpg
何かを訴えるようにサブは鳴いたが、残念ながら私には理解できない。


ただ、ベンチの側にいられない事情が出来しただろうことは、容易に想像できる。
120906-32b.jpg
ベンチの側で無防備な姿態を晒しているサブを、何度も目撃した私としては、ここにいるほうが安心ではある。


120906-33.jpg
ただこのことは取りも直さず、元飼い猫のサブが“野良猫”としての自覚を持った証左だから、それはそれで切ないことだ。


120906-34.jpg
それから私はしばらく、サブと初夏の湘南の海を眺めて過ごした。


120906-35.jpg


私が海を眺め油断していた隙に、サブが膝の上に跳び乗ってきた。
120906-36.jpg
サブを膝に乗せたのは初めてだし、私の記憶が正しければ海岸猫を膝に乗せるのは2年前に病死したミケ以来だ。


人慣れした海岸猫でも、なかなか膝の上には乗ってこない。
120906-37.jpg
おそらくサブは飼い猫時代に、こうして人の膝に乗っていたのだろう。そのひとときは、サブにとってもニンゲンにとってもこころ和むときであったはず‥‥。


やがてサブは、私の膝の上で眠ってしまった。
120906-38.jpg
これはあくまでも自説だが、猫が一番こころ安らかに眠れる場所は人の膝の上だと思っている。


サブは全身を弛緩させ、私に命を委ねるように深い眠りに入っていった。
120906-40.jpg
私の膝が感じるのは、軽いが紛れもない命の重み、そしてかけがえのない命の重みだ。


人の命と猫の命の重み‥‥、比べるのは不遜で無意味なことくらい私にも分かっている。120906-41.jpg
でも時折‥‥、短いゆえに猫の命のほうを重く感じてしまうことがある。
自分では、その昔、某首相が口走った「人の命は地球よりも重い」というまやかしの戯言よりはマトモだと思っているのだが‥‥。



そして、帰省する数日前の早朝。
120906-42.jpg
この日も、サブはテラスから遠く離れた波消ブロックの端にいた。


そしてブロックから顔だけを出して、道行く人を熱心に観察している。
120906-43b.jpg
この日、私は別のエサ場へ行く予定だったので、サブとはこうして視線を合わせただけだった。


しばらく様子を見ていると、サブはブロックに這い上がり、朝日を背にしてうずくまった。
120906-44.jpg
おろらくこの頃、サブにとってベンチのあるテラスは、すでに安心して寛げる場所ではなくなっていたのだろう。


サブが向いている西の彼方には、空に張り付いたように富士が姿を見せていた。
120906-45.jpg
そしてこれが、私が海岸で目にしたサブの最後の姿になった。


その後も、サブの行方は杳として知れなかった。
120906-46.jpg
ところが数日後、サブの情報がゆきママさんのメールによって私にもたらされた。


そして‥‥。
私はサブとの再会を果たすことが出来た。



〈次回へつづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

サブとの再会

2012年10月03日 15:00

ゆきママさんから一通のメールが届いたのは、私が故郷から戻って数日経った深夜だった。
120911-19.jpg
件名“ベンチ猫情報”というそのメール本文には、ゆきママさんの友人が保護されたサブを目撃したと記されていた。


メールを読み終えた私は、思わず心のなかで快哉を叫んだ。
ただ、ゆきママさん自身はまだ未確認で、その情報も南口の◯◯屋さんにいるという曖昧なものだった。
そこでゆきママさんにその店の具体的な場所を教えてくれるよう、返信メールを送ることにした。

120911-20.jpg
ゆきママさんのメールの内容だけで、サブの物語をハッピーエンドで終わらすわけにはいかない。
サブの姿を自分の目で見て、保護したという人物が真にサブのことを考えて保護したのか確認しなくてはならないと思った。それはサブのことを紹介してきたブロガーとしての責任感と矜持によるものだ。



翌日、ゆきママさんからの返事を待ったが、午後になってもメールは届かず、居ても立ってもいられなくなった私は、自転車を駆って駅前へ向かった。
120911-00.jpg
だがその店は、今までの私には縁がなく、いったい何軒の店舗がこの街にあるのか見当もつかなかったし、場所にいたってはまったく不案内だった。


事前にネットで店舗の場所を検索するという手段も当然考えられたが、私は敢えてそれをせず、無作為で恣意的な行動に頼ることにした。
120911-01.jpg
それでも私には、サブに会えるという確信があった。
何故そんなに楽観視出来るのか説明は困難だが、“自分の勘”と“猫の導き”を信じれば、きっとサブに会える
という根拠はないが確固たる自恃のようなものを私は持っていたのだ。


まず駅を中心として東へ行くか、西へ行くかの選択を迫られたが、私は迷うことなく西を選んだ。
120911-01-02b.jpg
私は駅前の商店街を、ゆっっくりと自転車のペダルを漕いでいった。


そして交差点が現れるたびに、それらしき看板がないか通りに目を凝らした。
120911-02c.jpg


やがて、駅の近くに一軒目の◯◯屋を発見した。
120911-03.jpg
しかし私の抱いているイメージとは、かなりかけ離れた店構えと雰囲気だったので、ここはすぐに除外する。


そして自分の勘を頼りに、さらに商店街を西へと進んでいった。
120911-04.jpg
その商店街が終わったところで左折し、海岸へ向かう道をしばらく辿ったが、ほどなくこの道ではないと感じた。


そこで駅近くまで引き返し、横道に入っていった。
120911-04-05d.jpg
すると、じきに新たな商店街に行きあたる。


その商店街をしばらく進むと、右側に工事中の建物があり、数台のトラックが道路の半分を占拠していた。
120911-05c.jpg
私がガードマンの指示に従い道路の左に寄ったときだった。前方に二軒目の◯◯屋の看板が見えたのは。


その店の佇まいは、私が持つイメージに近いものだったので、拍動が一気にたかまった。
120911-07b.jpg
店に近づいてみると、ショーウィンドーに何枚もの写真が展示されていた。
それも犬猫の写真ばかりだ。

そして‥‥、その中の1枚に私の目は釘付けになった。


その写真に写っているのは、紛れもなく、ここ数日私が捜し求めていたベンチ猫のサブだったからだ。
120911-08.jpg
私は2軒目にして、サブの保護先に行き着いたのだ。
これは偶然ではなく、やはり何かの“力”が導いてくれたのだと、私は思わずにはいられなかった。



興奮を抑えきれないまま、私は慌てて自転車から降りると、躊躇うことなく店内に入っていった。
120911-09.jpg
店内にいた女性に対して挨拶もそこそこに、私はショーウィンドーの写真のサブのことを尋ねた。


すると女性は笑顔を見せて「奥の部屋にいるから、ちょっと待ってね」と言い、一度奥へ引っ込み、しばらくするとサブを抱っこして戻ってきた。
120911-10.jpg
ほぼ2ヶ月振りに再会したサブは、おそらく昼寝の途中で無理やり起こされたのだろう、不機嫌で虚ろな表情をしている。


私がブログでサブのことを紹介していたこと、そして急に姿を消したので心配していたことを話すと、「わたしも保護したことを貼紙か何かで報せたほうが良いとは思っていたの」と女性は申し訳なさそうに応えた。
120911-11b.jpg
女性の話によると、7月頃より海岸を散歩するようになり、その際サブのことを知って、左目と鼻の疾患が気になっていたという。


そこで8月1日に保護するつもりでキャリーバッグを持って行ったら、サブはすんなりとその中へ入ったそうだ。
120911-12.jpg
それから動物病院に通院し、目と鼻はだいぶ治ってきたらしい。


元飼い猫で春先に海岸へ捨てられたらしいと伝えると、「去勢手術をしてあったから、そうだと思った」と女性。
120911-13.jpg
この家に来てからも、サブは前脚を頭上に上げる独特のポーズで寝ているという。


茶トラだから“チャトラン”という新たな名前をもらい、オスなのに敢えて選んだという赤い首輪もなかなか似合っていた。
120911-14.jpg
気のせいかもしれないが、海岸で暮らしていたときよりサブの表情が穏やかに見える。


店主であるこの女性も猫好きで、これまで数匹の猫を飼い、そして最期まで看取っている。
今も数年前に引き取った野良歴13年の先住猫がいるという。

120911-15.jpg
「サブ、本当に良かったな、善い人に保護してもらって。そのうち先住猫と2匹、看板猫としてお客さんをたくさん招いて、恩を返すんだぞ」


店を辞去してから、私はもう一度ショーウィンドーの写真を見た。
そうしていると、サブが海岸にいた現実感が徐々に薄れて、サブと関わった日々も夢のなかの出来事にように思えて仕方がなかった。

120911-16c.jpg
「サブ‥‥、いや、チャトラン、海岸で苦労した分を穴埋めするほど幸せになれよ!」




‥‥湘南海岸には、弧形のベンチが置かれたテラスがある。


そしてここには、かつてベンチ猫と呼ばれた人懐こい海岸猫が暮らしていた。
120911-18.jpg
だが8月以降‥‥、多くの人に愛されたその猫の姿を見た者は、一人もいない‥‥。


〈付記〉
今回海岸猫を保護していただいた方にはブログ掲載の許可を得ています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


お詫び

最新記事にあるとおり、私はベンチ猫のサブと再会することが出来ました。
しかしこれは最近のことではなく、先月11日の出来事なのです。

実は、実家から戻った翌日からほぼ毎日早朝の海岸へ赴き、海岸猫と会っていますが、
日中は睡眠障害が原因の睡魔と薬の副作用からくる倦怠感のせいで、
ブログの更新もままならない状態が続いています。
そのためサブ保護のご報告が遅れ、皆様に余計なご心配をおかけする結果になったことを
深くお詫びいたします。

サブの記事に対して多くの方からコメントやメールを頂いて、私自身大いに驚き、
彼が如何に皆様から愛されていたかを思い知った次第です。

サブ改めチャトランへの温かいお言葉、本当にありがとうございます。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます