一期一会

2010年07月11日 00:00

白猫のミリオン おそらく彼女は、ミケに次いで有名な海岸猫だろう。
私がこの野良の存在を知ったのは2年ほど前になる。
その頃、ボランティアの人達から何度もその名を聞いた。
しかし教えられた場所へ行っても、姿さえ見ることができなかった。
私がミリオンの姿を初めて見たのは去年の秋だ。その時の衝撃を今でも忘れない。

ミリオン100711-01.jpg
ミリオンは右の耳殻を全て失っていた。


耳殻を失わせた原因は耳疥癬‥‥通称耳ダニ症。白く小さなダニが寄生して起こる。
その痒さで耳を掻き、自ら耳殻を損傷させたのだ。

ミリオン100711-02.jpg
ミリオンの右耳は洞穴のような耳孔が直接見えている。


今でもしきりと右耳を掻き‥‥そして頭をさかんに振る。
ミリオン100711-03.jpg
去年初めて見た時と明らかな変化がある。
それは左耳への感染だ‥‥ミリオンは左の耳殻も失いはじめている。




私がミリオンの出自について知っていることは少ない。
元飼い猫、飼っていたのは女性‥‥耳にしたのはこれくらいだが、これすら真偽のほどは分からない。
ただミリオンと云う野良には相応しくない呼名から、元飼い猫と云うのは本当だろう。




ミリオンの毛は、柔らかく艶やかだった。
私がミリオンに触れるのは今日が初めてだ。
これまでは警戒して、私の接近を許してくれなかったからだ。
実は、今日も最初私の顔を見た時、歯を剥いて威嚇してきた。
そこで私は時間をかけ、ゆっくりとミリオンの警戒心を解いていった。

ミリオン100711-04.jpg
かつては、さぞや美しい白猫だったろうに‥‥





7月10日 PM 03:10
梅雨の中休み‥‥茅ケ崎海岸は真夏の様相を呈していた。

風景100710-01.jpg
砂浜は勿論、海上も多くの人で賑わっている。


しかし、ここだけは別世界のように感じる。
ミケエリア100710-00.jpg
聞こえてくるのは風音と波音だけだ‥‥


そこへK夫妻がやって来た。
ミケエリア100710-01.jpg
この夫妻は毎日ミケに会いきて、周りをきれいにしてくれている。


相前後して、屈強な体躯をした男性が現れた。
そしてミケが眠る側に、持参したスコップで穴を掘りはじめた。

ミケエリア100710-02.jpg
その男性はその穴にそっと花を植えた。


ミケエリア100710-03.jpg
花の名はポーチュラカ、日本名マツバボタン。


そしてこの屈強な男性の名はプシュケさん。私のブロガー仲間だ。
ミケエリア100710-04.jpg
プシュケさんは、生前のミケに一度だけ会っている。『翻弄』参照
今日はミケに会うため車で3時間かけてやって来た。
プシュケさんとミケ‥‥まさに一期一会‥‥




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト

サンマという猫

2010年09月02日 23:02

波もなく穏やかな海にサーファーの姿も疎らだった。
砂浜やデッキも閑散としていて、私の目にはそれらが物寂しげに映った。

海岸100902-01.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
今日もミリオンはエサ場を留守にしていた。
ミリオン100902-01.jpg
念のため防砂林の中も捜したが、姿を見せることはなかった。


ミリオンのエサ場は、カラスがただやかましく鳴いているだけだ。
ミリオン100902-02.jpg
ゆきママさんからは薬投与に成功したことと、首の傷が癒え毛が生えてきたことの報告を受けた。


私は遅い時間に再度ミリオンを訪ねた。
そして、暗闇となったエサ場へ適当にカメラを向けた。

ミリオン100902-03.jpg
すると、ソフトフラッシュの乏しい光の中にミリオンの白い体が浮かび上がった。





あらしさんとねこみどりさんに連絡を取り、先週の土曜日某ファミレスに集まってもらった。
別途相談したいことがあったゆきママさんにも同席を願った。

J-100828-01.jpg
ミケのエサ場と云う共通ポイントを失ってから、あらしさん夫妻とねこみどりさんとは簡単に会えなくなっていた。
最後に会ってから、既に1ヶ月半以上が経っていた。

この日集まってもらったのは、私が預かっているカンパを手渡すためだ。
私の手元には、篤志ある方々から手渡し、振込み含めて11万3千円が集まっていた。
このカンパのお金を、ミケの治療費、サンマの治療費、今後の海岸猫にかかる費用とに三分割した。
計算すると37,666円になる。
そこで、あらしさん夫妻、ねこみどりさんへはそれぞれ38,000円をお渡しした。
私の手元には37,000円が残ることになった。
尚、このお金の支出報告はその都度行うことになる。

今現在、カンパの募集は行っていない。
それには理由がある‥‥今の私には、今後カンパを管理する時間が取れそうもないのだ。
海岸猫の世話、撮影、編集、ブログの更新、頂いたコメントやメールへの返信‥‥
日によっては、これらで起きている時間のほぼ半分を費やすこともある。
それでなくても睡眠障害のせいで少なくなっている睡眠時間を削ることもしばしばだ。
どう考えても収支報告が必要なカンパの管理に充てる時間は‥‥ない。
ちなみに、ここ数ヶ月私は一冊の本も読了していない。

収支報告の必要がない資金調達も試みたが‥‥
アフィリエイトの収入はゼロ‥‥
Google AdSenseはポリシー違反があったとして7月20日にアカウントが無効になった。
異議申し立てをしたが、却下された。
皆様のご協力を無駄にしたこと、深くお詫びします。
今は他に方法がないか模索中。

また、これからも治療が続くサンマのために『サンマ募金』なるモノを考えていた。
これは私が仲介せず、直接あらしさん夫妻が受け取ってもらう方法で行うつもりでいた。
そのことをおふたりに打診したが、その必要はないとの返事を頂いた。

ゆきママさんからは、直接あらしさんとねこみどりさんへカンパが手渡された。

J-100828-02.jpg
ねこタカイさん、ねこみどりさんからのメッセージです。
『ミケちゃんとお別れして早二ヵ月を迎えました。 ミケちゃんとサンマくんを優しく見守って下さった方々より寄せられたカンパの一部をwabiさんより受け取りました。
ありがとう御座いました。頂いたカンパは海岸に住むネコちゃん達に使わせて頂きます』



あらしさん夫妻からのメッセージです。
『寄付をして下さった皆さまへ このたびは、サンマへのお心遣いありがとうございました。サンマの通院や療養食に、使わせていただきます。私も仕事をしていますので、なかなか彼の様子をお伝えできませんが、定期的に写真など、wabiさんにお送りしたいと思っています。現在とても安定しています。体調も悪くなさそうで、よく食べます。大分ポッチャリしました。この安定期間が、長く続けばと思います。エイズキャリアでもあるので、油断はできませんが…最初は、足のケガが治るまで我が家で面倒みようと考えていましたが、病気がわかった今、長期戦になることを覚悟しました。先住猫もいるので、簡単ではありませんが、何とか落ち着いた生活をさせてあげたいです。ちなみにサンマは図々しい性格なので、我が物顔で暮らしています。またご報告いたします。ありがとうございました』




あらしさん宅
ファミレスを出た私達は、その足であらしさん宅へお邪魔した。
そして‥‥久し振りにサンマの顔を見た。

サンマ100828-01.jpg
私が最後に会ったのはミケが逝った日だから、ほぼ2ヶ月振りになる。
犬に咬まれた後足もきれいに治り、毛も生え揃っていた。



サンマは久し振りに会うゆきママさんのことを、しっかり憶えていた。
サンマ100828-02.jpg
あらしさんの家で暮らすようになってからのサンマは、すっかり甘えん坊になっていた。


サンマはゆきママさんの膝から、なかなか下りようとしない。
サンマ100828-03.jpg
元海岸猫のサンマ‥‥青っ洟を垂らしていた野良‥‥しかし今は、家猫の趣を漂わせている。



最後になりまりたが、カンパ頂いた皆様のお名前を発表いたします。
ただ、ご本名しか知らない方はこちらでイニシャルに替えさせて頂きました。

ゆうたん様、mimi様、はな様、おなか様、あなご様、aqua様、M.A様、hana様、Kiryu様、まるこめ様、uribau様、むべ様、momo様、nono様、プシュケ様、
かつお大臣様、S.K様、T.I様、AKI様、せた様、O様、T様、風吹様

(順不同)

見ず知らずの野良に、これほどのカンパを寄せて頂けるとは思っていませんでした。
本当にありがとうございました。


管理人:wabi



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

ミケとの約束

2010年12月23日 09:08

2010/12/21
低い雨雲が垂れ込める湘南海岸に人影はなく、護岸工事の重機がけたたましいエンジン音を立てているだけだ。
その人気のない砂浜に独り降り、カメラを構える人がいた。

海岸101221-01.jpg
その人の名は『Kiryu』さん。『大阪 Cat Story』の管理人だ。


Kiryuさんと私の交流が始まったのは、Kiryuさんが寄せてくれたコメントがきっかけだ。

それが何時だったのか?‥‥私はコメント欄を遡ることにした。
2009年12月17日、ほぼ1年前のコメント欄にKiryuさんの名を発見した。
それからもKiryuさんは、今に至るまで頻繁にコメントを寄せてくれている。

Kiryuさんは私同様、ミケに魅入られた人だ。
この春、ミケに逢うため湘南を訪れる予定だったが、事情が許さず直前に断念した経緯があった。

その一ヵ月後、ミケは永久(とわ)の眠りに就いた。

Kiryuさんが生前のミケに逢うことは、ついに叶わなかった。
それでもKiryuさんは、ミケへの思慕の念をずっと持ちつづけていた。


そして今日、曇り空の湘南海岸へ、Kiryuさんはやって来た。
ミケとの約束を果たすために。




ミケのエサ場前でカメラを構えるKiryuさん。
ミケ101221-01.jpg
ミケとサンマが暮らした小屋があった場所。


そして、ミケが静かに眠りつづける場所。
ミケ101221-02.jpg
ミケに手を合わせたKiryuさんは、今までの想いを丈をミケに打ち明けているかのように、いつまでもそうしていた。


ミケ101221-03.jpg
そこへ、いつものようにK夫妻がミケに逢いにきた。


ミケに別れを告げた我々は、そのまま西へ向かった。
ミケ101221-04.jpg
向かった先は、船宿エリアだ。


船宿101221-01.jpg
この時Kiryuさんが撮影した写真は自身のブログに掲載している。


船宿101221-02.jpg
Kiryuさんは海岸猫への土産も忘れてはいなかった。大阪の猫缶は一味違うのか、皆よく食べた。


野良たちといると、つい時間を忘れてしまう。
小田原発の新幹線の予約を取っていたKiryuさんは、来合わせたタクシーに慌しく乗り込んだ。

海岸101221-02.jpg
そして「来年、また来ます」と約束をして、大阪へ帰っていった。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

134号線を東へ

2011年01月05日 20:29

国道134号線 2011/01/05 PM02:50
私は今、NTさん運転の車で国道134号線を東へ向かっている。

R134-110105-01.jpg
後ろの座席には、ここ数日私たちを散々翻弄した野良がキャリーケースの中で観念したように寝息を立てている。


捕獲器を仕掛けてエサやり禁止の貼紙をしたにも拘らず、エサを与える身勝手なニンゲンのせいでこの野良の捕獲はなかなか巧くいかなかったが、今日の昼過ぎやっと捕獲器に入ってくれた。
R134-110105-02.jpg
そこで、重篤な病気に罹っているこの野良のことで指導していただいた獣医さんの下へ急行することにした。


R134-110105-03.jpg
我々が目指しているのは、横須賀だ。


今日の更新はここまで。
私はここ数日の捕獲作戦に時間を取られ過ぎ、少々疲れ気味だし、放りっぱなしの私事をいくつか抱えているからだ。
この野良の捕獲に至るまでの話は、後日紹介する予定だ。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

NHK職員からのコメント?

2011年01月24日 05:12

数人の方から、ミリオン保護に対して文句を言ってきたコメントを公開して欲しいという要望があったので、ここに全文を掲載することにした。
私自身の感想は前回の記事に記したので、今回は敢えて多くを語らないが、無知と矛盾に満ちているということだけは言っておきたい。
また、私たちが捕獲器でミリオンを保護しようとした時に、食事を与えて妨害したのもこのジンブツだと思っている。

では、以下にそのコメントをペーストする。





タイトル:ミリオンはどこにいたかったのか
ホスト:gw.nhk-sc.or.jp
********************

みなさん、ステキなコメントだらけのところ、悪いね。

あなたはミリオンに病院にいって手術を受けたいか、聞いたことある?
私は彼女が「いやだ」という意思表示をしていたと思ったよ。

あなたにも、そう言ったよね。

でも、あなたは「善意」のかたまりで、自分に反対意見の人を攻撃してまで、自分の思ったことをやらずにはいられなかったよね。

「苦しんでいる」ミリオンを見ていられなかったんだよね。やさしいから。


でも、ミリオンは病院なんかで死にたかったのかな?
よく考えてみてよ。

あのこはずっと海のそばでいたんだよ。
いつも波の音をきいて、お日様に守られて、病気でもずっと生きてきたんだよ。

それを取り上げる権利、私たち人間にあるのかな?

病院にいって手術にするのがベストだったのかな?

あなた、言ったよね。
手術受けて、翌日には戻しますよって。

そのあなたの言葉をきいて、「こいつには捕まるんじゃないよ?って、彼女に言ったよ。


やっぱり殺されちゃったね。
悲しいね、どころじゃないね。
ミリオンの?権利?を侵害するのもほどがあるね。

外で暮らしているおじさんたちが病気になっても、あなた、同じことやるんだよね。

ねこに親切にできるんだから、当然人間にだってやるよね?


これからもがんばって、世の中のあらゆるものの救世者でいてください。


何を言われたか、わからなかったって?
そりゃ、あなた、「ねこ」のいうことなんか、ひとつだって耳傾けてなんかいなかったもの、わかるわけないよね。


あの子は、最後、ずっと暮らしてた場所で、波の音を聞きながら命が消えるのを迎えたかったんだよ。

せめてつれて帰るくらいの気が回せなかったの?


手術すれば、絶対直る、なんて、浅はかで傲慢だよね。
「人間さま」のやることは、間違わない、なんてね。


あなた、いったいなにさまなの?


安眠なんか、できると思いなさんなよ。






私が気になっているのは、ホスト欄にあるドメイン名だ。
『gw.nhk-sc.or.jp』を検索に掛けると『[組織名] 財団法人エヌエイチケイサービスセンター』と返ってきた。
NHK職員が脅し文句を含んだコメントを勤務中に寄こすとは思いたくないのだが‥‥
かといってプロキシサーバーとして経由されるほど、NHKのセキュリティーは緩くないと信じたい。
あいにく私はネットワークについて疎いので、これ以上のことは調べられないし、推測も間違っているかも知れない。


尚、このコメントは公開希望なので、記事として転載しても差し支えないと考えている。


ミリオン100731-01.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます