速報 シシマル哀惜

2013年04月26日 15:18

また1匹、海岸猫が車の犠牲になった‥‥。

4月22日、シシマルがエリア内で車に轢かれて命を落とした。
事故の詳細は誰も知らない。遺骸を発見した近隣の人が砂浜に埋葬した。


関係者はシシマルが姿を現さないことを不審に思い、近所の人に訊いて初めてシシマルの横死を知ったという。
砂浜は墓に適さないと思った関係者は、やはり去年車に轢かれて他界したミイロが眠る場所へシシマルを移した。



長毛の野良猫、シシマル。
エリアのボスとして、仲間を護り仲間を癒してきた心優しい巨漢猫。

知り合った頃は、警戒心が強く、けっして体を触らせなかった。しかしどういう心境の変化か、一年ほど前から自ら体を擦り寄せてくるようになった。

130121-02_20130426085115.jpg
故郷から帰った直後に体調を崩し、未だ複調の兆しが見えない私は、久しくシシマルエリアを訪れていない。


写真データを調べると、最後にシシマルエリアへ行ったのは1月下旬だった。
130121-03_20130426085116.jpg
この日もアイが真っ先に駆け寄ってきて、私を歓待してくれた。


珍しく“浜の伊達男”コジローが、尻尾を立てて側まで近づいてきた。
130121-04_20130426085119.jpg
彼らが何を期待し、私の側から離れないのか、私にはひしひしと伝わってくる。


そこで彼らの期待に応えて、猫缶をふるまった。
130121-05_20130426085112.jpg
食欲旺盛なアイを見ると安心する。


シシマルとコジローも健啖な食欲を見せている。
130121-06_20130426085141.jpg
巨漢故か、シシマルの食べる量はほかの海岸猫より多い。


130121-07_20130426085137.jpg


一皿目を平らげたコジローが、まだ物欲しそうにしていたので、さらに猫缶を与えた。
130121-08_20130426085143.jpg
コジローと同じ量だと、当然シシマルには不足だ。猫缶を追加すると、シシマルはガツガツと食べはじめた。


腹が満たされると、コジローは足早に立ち去った。こういう現金でにべない性格も“浜の伊達男”と呼ばれる所以である。
130121-09_20130426085142.jpg
コジローはカリカリを選り分け、猫缶だけをほぼ完食していた。


食事を終えたアイがシシマルの側にやってきた。
130121-10_20130426085134.jpg
シシマルとアイ、この2匹に血縁の繋がりはない。しかしまるで兄妹のように仲がいい。


アイはシシマルを兄のように慕い甘える。シシマルはそんなアイを優しく慈しむ。
130121-11_20130426085231.jpg
仲睦まじいシシマルとアイは、見る者の心を和ませる。


なかんずく、シシマルの優しさは特筆すべき美質である。
130121-12_20130426085235.jpg
日本男児の理想とされる“気は優しくて力持ち”を具現しているような猫だ。









そんな頼り甲斐のあるシシマルが、突然いなくなった‥‥。
130121-13_20130426085234.jpg
残されたアイの気持ちを慮ると、遣り切れない。


「アイ、シシマル兄ちゃんはもういない。これからは自分ことは自分で護るんだよ」
130121-14_20130426085236.jpg
恐らくアイにはシシマルの不在の意味が理解出来ないだろう。


ボランティアの人が献身的に世話をしても、海岸猫を四六時中見守ることは不可能だ。
130121-15.jpg
車が存在する限り、これからも事故に遭う海岸猫が後を絶つことはない。


この2年の間だけでも、ボス、ミイロ、シシマルが車によって命を落としている。
130121-01_20130426085116.jpg
たとえ車を運転するニンゲンが細心の注意を払っても、不可抗力による事故は避けられない。
と、理屈では分かっていても、惨事が繰り返されるたびに、胸が裂けんばかりの悲しみに襲われる。



「シシマル‥‥、お前の存在はエリアの仲間にとっても、世話をする関係者にとっても極めて大きなものだった。私にしても、そんなお前の死をすんなり受け容れることなど、とても出来そうにない」

「そして今の私の状態では、我が身を切られるような、こんな辛い思いばかりする野良猫ブログをつづけることが、いっそう困難になってきた‥‥」




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト

シシマル哀惜 その弐

2013年05月02日 21:00

私の記憶によれば、シシマルは出現頻度が非常に高い海岸猫だった。エリアを訪ねると、大抵会うことが出来たものだ。
獅子丸哀悼-01
それに、彼がエサ場から100メートル以上離れた場面を、ついぞ見たことがない。


果たして彼自身がその行動を、エリアのボスの務めと自覚していたのかどうか、私には分からないのだが。
獅子丸哀悼-02
私の姿を認めると、ゆっくりと、しかししっかりとした足取りで近づいてくる。


大きくて骨太な体躯と外国種の血を受け継いだ長毛がシシマルの外見的特徴だ。
獅子丸哀悼-03
尻尾を立てているからには、取りあえず私の訪問を歓迎してくれているようだ。


大型種の血が混じったシシマルは稀にみる巨漢猫だが、性格は至って穏やかだ。
獅子丸哀悼-04
この柔和な面差しが、そのことを雄弁に語っている。
シシマルが理由もなしにほかの猫に対して威嚇行為や示威行為をしているのを、私は一度たりとも目撃したことがない。



シシマルはエリアの中心である、四ツ辻の真ん中に歩み出た。
獅子丸哀悼-05
そして、自分が統べるエリアに変事が起こっていないか、視線を巡らせる。


変わりがないことを確認すると、シシマルは再びおもむろに歩を進めはじめた。
獅子丸哀悼-06
その時、シシマルが前方を見て急に立ち止まった。


漁港へ出張っていたであろうコジローがエサ場に戻ってきたのだ。
コジローはシシマルに体をぶつけるようにして挨拶をする。シシマルはそんなコジローを優しく受けとめた。

獅子丸哀悼-07
そしてお互い尻尾を垂直に立てて喜びを表す。


体を反転させたシシマルがコジローに顔を近づけた。何やらニンゲンには聞かせたくない情報を交換しているようだ。
獅子丸哀悼-08
2匹の前に回りこんでみると、シシマルはコジローを労うようにグルーミングしていた。クールを標榜する“浜の伊達男”もシシマルには唯々として従う。


やがてシシマルとコジローは、思い思いの場所に体を横たえた。
獅子丸哀悼-09
シシマルの威風堂々とした佇まいは、エリアのボスとしての度量を感じさせてくれる。
この海岸猫が健在な間はこのエリアは安泰だと、誰もが思っていたのだが‥‥。



爪研ぎも、シシマルの場合は豪快だ。
獅子丸哀悼-11
ガリガリと音を立てて太い角材に爪痕をつけていく。


中型犬にも劣らないこの太い前脚でパンチを食らったら、大方の相手は戦意を喪失するだろう。
獅子丸哀悼-12
が、私はそういう状況に居合わせたことがない。相手を威嚇するシシマルは見たことがあるが、実際に喧嘩をしている現場を見たことは唯の一度もない。


ライオンを彷彿とさせる風貌から“獅子丸”と名付けたのは私だが‥‥。
獅子丸哀悼-13
実際のシシマルは、ライオンとは似て非なる温厚な性格の持ち主だ。


私はこの海岸猫の出自について、ほとんど知らない。
いつどこで生まれたのか‥‥、そしてなぜ、野良として海岸で暮らす羽目になったのか。

獅子丸哀悼-14
知り合った当初は警戒心が強く、近づくことすら許してくれなかったので、恐らく生粋の野良だろうくらいに思っていた。


獅子丸哀悼-15
ところが去年、シシマルの態度に変化が表れた。それも豹変といってもいいほどの変わり様だった。


この海岸猫の内側でいったい何が起きたのか‥‥、それまでのシシマルを知る者は、その変化を一様に驚きを持って受けとめた。
獅子丸哀悼-16
この野良の性格からして日和っている訳でも、一時的な気まぐれでもなさそうだ。


ニンゲンに対して頑なほど不信感をあらわにしていたシシマルだったのだが。
獅子丸哀悼-17
来訪者に自ら近づき、その巨体をすり寄せてくるようになったのだ。


シシマルの急変を目の当たりにしたとき、私は戸惑うと同時に一抹の不安を覚えた。
獅子丸哀悼-18
人馴れして、無警戒にニンゲンに近づくことは、野良の場合、大きな危険をはらんでいるからだ。


獅子丸哀悼-10


前回も紹介したが、シシマルとアイは本当に仲が良かった。
獅子丸哀悼-19
顔見知りのニンゲンには愛想がいいアイだが、本来の性格は臆病である。


ところが、シシマルの側にいるときのアイは表情も和らぎ、安心しきっている。
獅子丸哀悼-20
この2匹の間に割って入ることは誰にも出来ない。


血族でもないシシマルとアイがどうしてこんなにも親密なのか、相性が良いという説明だけでは不十分だ。
獅子丸哀悼-21
私が見るところでは、多分にシシマルの包容力と寛容性に担う部分が大きい。
シシマルがもしニンゲンだったら、一角の人物になっていただろうに‥‥。



でも、この光景はもう二度と見ることが出来ない。
獅子丸哀悼-22
独り残されたアイの喪失感と孤立感はいかばかりかと思うと、胸が押し潰される。




このとき、仲睦まじいシシマルとアイをユキムラが凝視していた。
獅子丸哀悼-23
その険しい目付きは何を意味しているのだろう。羨望、嫉妬、それとも憎悪‥‥。


アイが独りで所在なげにしていると、シシマルが近づいてきた。
獅子丸哀悼-29
そして、アイをガードするように、側にうずくまった。


シシマルが傍らにいる安心感からか、アイはおもむろに毛繕いを始めた。
獅子丸哀悼-30
シシマルは、そんなアイをまるで保護者のように目を細めて見守っている。


ついと顔を上げたシシマルの表情がにわかに変わった。
獅子丸哀悼-31
その視線の先にはユキムラがいた。さっきと同じように胡乱な目付きで2匹を見詰めている。


ユキムラの底意は分からないが、険しい形相に善意が含まれていないことだけは確かだ。
獅子丸哀悼-32
アイがユキムラを苦手としていることをシシマルは知っている。だから、シシマルはユキムラがアイにちょっかいを出さないように、こうして陣取っているのだ。


エリアの平穏を維持するため、シシマルは相手によって態度を替える。
同じトラブルメーカーのシロベエとユキムラとでは、その対応が違っている。

獅子丸哀悼-24
シロベエがおずおずとシシマルに近づいてきた。気配を察知し、おもむろに振り返るシシマル。


体を横たえシロベエは、明らかにシシマルに恭順の意思を示している。
獅子丸哀悼-25
2年前に2週間行方知れずになっていた間に後ろ脚に障害を負ったシロベエは、性格がすっかり変わり、誰彼なく執拗に突っかかっていた。


以来、“トラブルメーカー”とも“空気の読めないヤツ”とも呼ばれ、エリアの仲間から厭われる存在になった。
獅子丸哀悼-26
その当時、シシマルもシロベエに謂われのない敵意を向けられ困惑していた。
最近は大人しくなったシロベエだが、それでもコジローなどは未だに忌避している。



そのシロベエが、相手にしてほしいとシシマルへ懸命に訴えている。
獅子丸哀悼-27
が、シシマルは歯牙にもかけない様子でシロベエをシカトした。しつこいシロベエへの対応は“取り合わない”がベストである。
やがてシロベエは、諦めてその場を離れていった。



ボスの宿命として、幾多の争いを経験したシシマル。その結果、程度の差こそあれ何度か体に傷を負った。
獅子丸哀悼-34
この顔面の傷は、当時シロベエが負わせたと推察された。


穏やかな陽射しを浴びて、寛いでいるシシマル。
獅子丸哀悼-35
この心優しい海岸猫は、事故に遭わなければ今でもこういう日々を送っているはずだった。


過失とはいえ、シシマルの場合もニンゲンの行為が生んだ奇禍に違いはない。
獅子丸哀悼-36
「シシマル‥‥どうしてお前が、こんな目に遭わなければならないのか、私は理解出来ない」


ミイロだって、さんざ辛酸を嘗めさせられて、ようやく海岸での生活に慣れたのに、何故あんな酷い死に方をしなければならなかったのか‥‥。
獅子丸哀悼-42
いったい彼らが何の罪を犯したというのか。社会の片隅で、ひっそりと健気に暮らしていただけなのに。
それも元はといえば、ニンゲンの身勝手のせいで野良猫という境遇に貶められたのだ。



断罪されるべきは我々ニンゲンのはず。
傲岸なニンゲンは勘違いをしているのではないだろうか。神のごとく、ほかの動物に対する生殺与奪の権利を持っているとでも‥‥。

獅子丸哀悼-41
直接手を下してほかの生き物を殺し、あまつさえ環境を破壊して間接的にも彼らの命を奪っている。


もし再び天からのお告げで方舟を作っても、今度ばかりはニンゲンの乗船は許されないだろう。
獅子丸哀悼-37


「ところでシシマル、ミイロにはもう会えたかい‥‥」
獅子丸哀悼-43
「この世では、特に親しい間柄ではなかったけれど、そっちの世界では同じエリアで暮らした誼みで仲良くするんだよ」


ミイロの事故死を未だに引きずっている私に、シシマルの悲報を受け容れる余地は残っていない。
ただ頭は『こういう苛酷な野良猫の実情をこそ、ブログで発信しつづけるべきだ』と主張している。
だけど、病を得た心がそれに応えてくれない。

頭と心のせめぎ合いに決着はついていない、まだ‥‥。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます