母娘猫

2012年07月16日 06:30

夕刻の湘南海岸‥‥。
120424-01b.jpg


私が呼びかけても、耳をこちらに向けるだけで、にべ無い態度を取りつづける海岸猫。
120424-02b.jpg
私がいい加減焦れた頃だった、その海岸猫が振り向きざまいきなり地面に横たわったのは。


120424-03b.jpg
そして、そのまま地面の上をごろごろと転がりはじめた。


体をすり寄せてくる歓迎は何度も受けたが、こんな迎え方は初めてかもしれない。
120424-04b.jpg
何とも愛らしいこの雌のキジ白を、靴下を履いたように足先が白いので、私は“ソックス”と呼んでいる。


おもむろに道路へ出てきたソックスは、ここでもいきなり地面に体を横たえた。
120424-05.jpg
が、さすがに浜とは違って、無防備に転がりつづける訳にはいかない。


「ソックス、道路で寝転がるのは危ないから止めときな」
120424-06b.jpg


ソックスが動きを止めた。といっても、私の忠告に従ったわけではない。
120424-07b.jpg
散歩中の犬と目が合ったからだ。


やっと自分の無防備ぶりに気がついたのか、ソックスは素早く身を起こした。
120424-08.jpg
そして注意深く視線を左に送りながら、耳は右を向けるという警戒モードにスイッチを入れた。


と、また散歩中の犬と目が合った。白い犬もソックスの存在が気なるのか、立ち止まって見つめている。
120424-09.jpg
特徴的などんぐり眼をさらに見開き、犬の一挙一動を真剣な面持ちで観察するソックス。


ほかの海岸猫に比べても、犬を忌避する態度は際立っている。
120424-10c.jpg
おそらくこの海岸猫は過去において、犬に係る何らかのトラブルを経験し、それがトラウマとして、今も心に深く刻まれているのだろう。


そんなソックスを、私は砂浜へ誘うことにした。
120424-11d.jpg
「ソックス、浜へ降りておいで」私は手招きしながら、声をかけた。


この海岸猫は、身振りを加えることで簡単な言葉ならちゃんと理解してくれる。
120424-12b.jpg


ソックスは耳をそばだて、先ほどから何かを気にしている様子だ。
120424-13.jpg
その視線は、さっきまでいた道路へと向けられている。


体育の授業なのか、男子生徒たちが海岸沿いの道路を掛け声を発しながら走り抜けていく。
120424-14.jpg
決められたコースを往復しているのだろう‥‥、東を目指す生徒と西を目指す生徒が何度もすれ違う。


ソックスは、生徒たちが発する野太い声と途切れることのない足音が、神経に障るようだ。
120424-15.jpg
我々ニンゲンより聴力が優れた猫には、これらの音から不安感と嫌悪感を覚えるのだろう。


ソックスはやおら腰を上げると、慎重に歩を運びはじめた。
120424-16.jpg
そして、道路の様子を窺った後‥‥、


忽然と姿を消してしまった。
120424-17.jpg
物陰に身を潜めたのか、それとも防砂林に避難したのか‥‥、私が名を呼んでもソックスが姿を見せることはなかった。


これまでの経験で、しばらく姿を現さないと思った私は、他のエサ場を覗いてみることにした。
120424-42.jpg
東のエサ場”に着くと、臆病猫のビクが植込みのなかから這い出てきた。


「ビク、相変わらず元気そうで、なりよりだ」
120424-43.jpg
顔馴染みの海岸猫の変わらぬ姿を見る度に、私はホッと胸をなでおろす。最近は特に。
彼らが明日も無事でいることは本人も分からないし、誰も保障してくれない。



エサ場にいくと、キジ白も姿を現した。
120424-44c.jpg
この雌のキジ白、私の姿を認めると近づいてくるのだが、体を寄せてくることはない。


キジ白の目的は、飽くまでも私が持っている食べ物だ。
120424-45.jpg
申し訳程度に口を付けただけで、ソックスはトレイから離れていく。


腹は満たされているようだ。まあ、飢えてないならそれで良し。
120424-46.jpg
すでに夕刻の食事を終えているようで、キジ白も一粒一粒味わうような食し方だ。


やがて、キジ白もカリカリを食べ残して、立ち去っていった。
120424-47c.jpg
食糧事情だけに限れば、海岸猫はまだ、恵まれている。


だからといって、安易に海岸へ猫を遺棄するのは愚かで無知なニンゲンのすることだ。
120424-48b.jpg
この海岸猫は6年前、2歳のときに、頭をボウガンの矢で射抜かれた。
ボランティアのKさんが発見し、矢が刺さったまま病院へ連れていき、何とか一命を取り留めた。



周りに人家がなく、夜は闇に包まれる海岸では、街中より残忍非道な虐待が行われる。
120424-49b.jpg
このブログを始めるきっかけを与えてくれたミケも、その頃同様にボウガンで首を射抜かれたのを、篤志家数人に保護され3ヶ月入院したと聞かされている。


以前も述べたが、海岸は野良猫にとって、けっして楽園でもユートピアでもないのだ。
120424-49-50.jpg
野で暮らす以上、海岸猫に安息の日が訪れることは、永遠にない。
これはあまねく野良猫にもいえることだ。



120424-50.jpg
ソックスが姿を消して1時間ほどが経ったので、再びソックスエリアを訪れることにした。


私が名を呼ぶと、ソックスは何処からともなく姿を現した。
120424-18b.jpg
道路に出る前に、しばし逡巡するソックス。


夕刻の海岸沿いの道路は、人通りも減っていつもの静けさを取り戻していた。
120424-19b.jpg
ソックスも辺りを見回し、自分の脅威となる者がいないか、確認している


安全を確認して大胆になったのか、ソックスは再び道路上に体を横たえた。
120424-20b.jpg
「ソックス、何も敢えてここで、ごろごろ転がることはないだろう」


日頃出来ないことを、私という保護者が側にいるからこそ敢行したのかもしれない。
120424-21c.jpg


かといって、生粋の野良であるソックスが見境なく警戒を緩めることはない。
120424-22c.jpg
悲しい性といえるが、それだからこそ野良として生き長らえてこられたのだ


夕暮れが近くなったので、今度は安全な防砂林へソックスを誘うことにした。
120424-23c.jpg
ソックスは、その私の意思をちゃんと理解し、素直に後に付いてくる。


防砂林の中に足を踏み入れると、母猫のタビが待ち構えていたように姿を現した。
120424-24c.jpg
実情を知らない人は、この母娘の関係を体の大きさで判断し、ソックスを母猫、タビを娘と勘違いする。そういうとき、私はさもありなんと苦笑する。


ソックスが食事を中断し、ついと体を起こした。
120424-25b.jpg
そして、おもむろに防砂林の奥へと歩きはじめた。


まるで何か目的があるかのように‥‥。
120424-26c.jpg
視線を戻すと、母猫のタビもいなくなっていた。


タビも防砂林の奥へ引っ込み、独り佇んでいる。
120424-27b.jpg
腹が満たされたので、ねぐらへ戻るつもりか‥‥。


ソックスは低木の間を捜し物でもしているように、うろうろと歩き回っている。
120424-28c.jpg
「いったい、何を捜しているんだ?」


やがてソックスは細く尖った草を食べはじめた。
120424-29c.jpg
猫は元来肉食だが、こうして草も食べる。その理由は諸説あるが、一般的に毛繕いで腹に溜まった毛玉を吐くためだといわれている。


振り向くと、再びトレイのカリカリを食べているタビの姿があった。
120424-30b.jpg


どちらのトレイにも同じモノが入っているのに、タビは交互に食べる。
120424-30-31c.jpg
“隣の芝生は青い”と同じ理由で、一方のトレイの中身を美味しく感じるのだろうか。


一方ソックスは脇目も振らず、草を食べることに専念している。
120424-31c.jpg
さっきから見ていると、随分な量を食べている。野菜嫌いな私など見習うべきだ。


そのソックスが、ふいにかしらを振って視線を移した。
120424-32b.jpg
だが、そこに母猫の姿はなかった。


タビは近くある赤い柱の傍らに移動し、ぽつねんとしている。
120424-33c.jpg
娘のソックスの推定年齢が5歳‥‥。この母猫もそれより1、2歳上だと思われる。
一般的な猫としてはまだ若いが、海岸猫としては平均寿命に達している。



野良猫の平均寿命は3~4年といわれている。この統計には乳児期に死亡する仔猫の数は含まれていない。
120424-34b.jpg
世話をするボランティアさんがいて、残飯などを漁る機会のない海岸猫は一般的な野良猫より若干寿命が長いと思われる。


が、それでも10歳を迎えることの出来る海岸猫は稀である。
120424-35c.jpg
死因としては、塩分の多いニンゲンの食べ物を食べての腎臓病、そして猫エイズ、白血病などの感染症、さらに事故による怪我が大半を占めているが、ストレスも少なからず影響しているのではと、私などは思ってしまう。


この母娘のエサ場は一昨年の秋、執拗なエサ場荒らしに何度も遭っている。
120424-36c.jpg
目撃情報などから、スティックを持った60代の男を犯人とほぼ断定したのだが、そのときは現場を押さえることが出来なかった。


防砂林の中で誰にも迷惑をかけずひっそりと暮らしている猫を、わざわざ現場まで赴き虐待する行為を、私は到底理解できない。
120424-38b.jpg
もし今度私が、その現場を目撃したら、自分の情動を抑える自信はない。おそらく激高のあまり犯人を怒鳴りつけて掴み掛かるだろう。


今までにも海岸猫に飼い犬をけしかけるヤツや、仔猫が居る側で犬のリードを外したヤツを怒鳴りつけた経験を何度か持つ私としては、やりかねないと思っている。
120424-37b.jpg
それでなくても、長生きできない海岸猫だ‥‥。自分がいくら猫嫌いだろうが、迷惑を被らないなら、近づかないで放っておいてほしい。


海岸一仲睦まじい母娘猫だとて、いつまでこうして一緒にいられるか、誰にも分からない。
120424-39b.jpg
実際この日を最後に、タビはぷっつりと姿を見せなくなった。


海岸の猫仲間に訊くと、やはり同時期から母猫の姿を見ていないという。そのせいか娘のソックスが寂しそうだとも聞いた。
120424-40c.jpg
オシッコをしようとしてもなかなか出なかったタビは、以前から腎臓病を疑われていた。


その後もタビの安否を確かめに、以前より頻繁にエリアを覗くようになったが、未だに母猫の姿を目撃していない。
120424-41.jpg
海岸猫と係わっていると、心配事の種が尽きることはない‥‥。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト
関連記事

シシマルの度量

2012年07月07日 23:00

早朝の湘南海岸‥‥。
120528-01.jpg


赤トラは海を背にして、いつもの場所に佇んでいた。
120528-02.jpg
信じていた飼い主に遺棄された傷心が癒えたのか、それともただ環境に順応しただけなのか、赤トラが甘えた鳴き声を上げることはなくなった。


どうやら、今朝はすでに食事を終えたようだ。
120528-03.jpg
早朝にもかかわらず、赤トラのために、こうして食べ物を持ってきてくれる人がいる。


赤トラは、何故か体が固まったように、さっきから殆ど動いていない。
120528-04.jpg
そんな赤トラの目の前に、“焼きカツオ”を置いてみた。


しかしそれでも、電池が切れた玩具のように、ぴくりとも動かない。
120528-05.jpg
しばらく離れて様子を窺ったが、赤トラがカツオに反応を見せることはなかった。


後でなら食べるだろうと思い、カツオを食器の中に入れておくことにした。
120528-06.jpg
ところが、私が目を離した隙に、カツオはカラスに掻っさらわれてしまった。


飢えていないなら、それに越したことはない。多くの人に可愛がって貰っている証左だから‥‥。
120528-07.jpg
この猫は人懐こいが、けっして後追いをしない。
やはり、今もまだ待っているのだ。飼い主が戻ってくるのを‥‥。



赤トラに別れを告げた私は、別のエリアへ向かうことにした。
120528-08.jpg


エリアの外れの道端で、拾い食いをしている猫がいた。
120528-09.jpg
「ミイロ、こんなトコで朝食か」
話しかけても、ミイロは食べるのに夢中で、振り返りもしない。



カリカリを残らず平らげたミイロは、バツが悪そうに私から顔を背けたままエリアへ戻ってきた。
120528-10.jpg
そして、看板娘の務めに戻った。これが、ミイロの本来あるべき姿なのだ。


しかしミイロの目付きは威圧的で、とうてい客を迎える面持ちではない。120528-11.jpg
以前にも述べたが、これでは看板娘というより、用心棒のなりである。


120528-12.jpg
もしかしたら、本人はハナから自分の任を用心棒と心得ているのかもしれない‥‥。


ミイロが店番をする釣宿を後にした私は、エリアの中心へ足を踏み入れ、海岸猫の姿を求めて、辺りを丹念に見渡した。
120528-13.jpg
まず最初に遭遇したのは、人目を避けて物陰に潜んでいる茶トラだった。この野良は警戒心が強く、これ以上近づけない。


さらに捜すと、その巨体を窮屈そうに丸めて、車の下に身を隠しているシシマルを発見した。
120528-14.jpg
さっきの茶トラほどではないが、この海岸猫もなかなか警戒心が強い。


おもむろに車の下から這い出てくると、シシマルは大きく伸びをした。
120528-15.jpg
このような場合、彼のほうから近づいてくることはない。


私はシシマルと正対しないように場所を移動した。
120528-16.jpg
シシマルは四つ辻の真ん中で、周囲にゆっくりと視線を巡らせる。


エリアに変わったことがないか、仔細に確かめているようだ。
120528-17.jpg
シシマルの泰然とした振る舞いを見ていると、このエリアを統べる頭領として、ますます貫禄がついてきたと感じさせられる。


ふと顔を上げると、アイがゆっくりと近づいてくるのが見えた。
120528-18.jpg
そして、いつものように体をすり寄せて、歓待の意思表示。


シシマルにも同じように、体を寄せて朝の挨拶をする。
120528-19.jpg


その様子をそっと窺っている猫がいる。‥‥釣宿の用心棒、ミイロだ。
120528-20b.jpg
ミイロは、何故かエサ場に寄り付こうとしない。


世話をするボランティアのSさんがエサ遣りに来ても、姿を見せないらしい。
120528-21b.jpg
もしかしたら、ミイロは可愛がってくれる船長さんがいる釣宿を、自分の家”と決めたのかもしれない。


だから、よその家であるエサ場を敬遠しているのではないだろうか。
120528-22b.jpg
それとも、自分が遺棄された場所だから、忌避しているのか‥‥?


やがてミイロは、おもむろに腰を上げると、エサ場へ歩を進めはじめた。
120528-23.jpg
ところが、3メートルほど進んだところで、また座りこんでしまった。


ミイロの逡巡には、やはり何かしらの事情があるようだ。
120528-24.jpg
しばらくすると、ミイロは覚悟を決めたように、再びエサ場へ向かって歩きはじめた。


120528-25.jpg
ミイロは脇目もふらず、慎重な足取りで水場へ近づいていく。


そのミイロの姿を認めたシシマルが、これまたゆっくりと水場へ向かう。
120528-26.jpg
シシマルは水場の手前で立ち止まったが、視線をミイロに注いだままだ。


バケツに入った水を飲むミイロ。
自分の家である釣宿には、飲み水が用意されていないのか?

120528-27.jpg
水を飲むミイロを、シシマルはただ静かに見つめている。


そのシシマルが、つと視線を移した。
120528-28.jpg
その視線を辿っていくと、車の下からこちらの様子を窺っている茶トラの姿があった。


細い目を、さらに糸のように細めて、近づいていった私を睨みつける。
120528-29.jpg
その茶トラが、いきなり私から視線を外すと、目を瞠った。


視線の先にいたのは、水を飲み終えたミイロだった。
120528-30.jpg
さぞや険しいだろうと思ったミイロの表情が、意外に柔和なので私は驚いた。


優しささえ感じさせる、ミイロの面持ちは何を物語っているのだろう?
120528-31.jpg
そして、ミイロの視線を茶トラはどう受け止めているのだろう?


が、能面のように表情を変えない茶トラからは、何も読み取れない。
120528-32.jpg
ミイロと茶トラは、こうして対峙したまま動かなくなった。


先に動いたのは、茶トラのほうだった。
気配を感じ取ったのか、驚いたように振り返った。

120528-33.jpg
そこにいたのは、新参者のハチワレだ。


ハチワレは、まずミイロを見据えて‥‥、
120528-34.jpg
次に、私へと視線を移した。


と、次の瞬間、ハチワレは大きく目を剥いた。
120528-35.jpg
釣られて振り返ると、いつの間に来たのか、茶トラがいた場所にシシマルがうずくまっていた。


ハチワレの目付きが、一段と険しくなる。
120528-36.jpg
ところが、シシマルはハチワレと視線を合わせることなく、そっと目を伏せた。


するとハチワレが、のそのそと車の下から這い出てきた。
120528-37.jpg
そして、シシマルに背を向けたまま地面にうずくまる。
あまりにも無防備なハチワレの行動に、今度は私が目を瞠るハメになった。


この新参者の猫は、いったい何を考えているんだ‥‥?
そんな思いに囚われた私の目の前で、ハチワレがいきなり仰向けに寝転がった!

120528-38.jpg
転がりながらも、ハチワレはシシマルから視線を外さない。
そして私の視線もまた、ハチワレとシシマルに釘付けとなった。



猫が相手の前で腹を見せて寝転がるのは、「あなたを信頼しています」という意思表示だ。
また、犬の場合もそうだが、「まいりました、もう降参です」と服従を表す行為でもある。

120528-39.jpg
しかしハチワレの懸命な訴えも、シシマルにはまったく通じていないようだ。


シシマルは表情ひとつ変えず、超然としている。
まるで目の前のハチワレなど眼中にないとばかりに‥‥。

120528-40.jpg
シシマルの反応の無さを見て虚しくなったのか、ハチワレは動きを止めた。


やがてハチワレは何事もなかったように、ついと起き上がると‥‥、
120528-41.jpg
すごすごとシシマルの前から退散した。


そのハチワレを、冷めた目で見送るシシマル。
120528-42.jpg
私は目撃したことを、にわかに信じられなかった。


ボランティアのSさんからは、ハチワレは喧嘩が強くて、ほかの猫が怖がっている、と聞いている。
120528-43.jpg
外見で猫の年齢を測るのは困難だが、おそらくこの猫はまだ若く、青年期ではと思われる。


そんなやんちゃ盛りのハチワレを、睨めつけるだけで服従させたシシマル。
120528-43-44.jpg
巨体ゆえ膂力の強さは想像できたが、オーラのような威圧感もまた、強大だと認めざるを得ない。


それにも増して舌を巻いたのは、ハチワレのしたたかさだ。
120528-44.jpg
さっきの行動は、エリアの頭領であるシシマルには恭順の態度を示し、あえて自分はNo.2の地位に甘んじる、という企図からだろう。


そしてシシマル以外の猫たちは、力でもって意のままにしようと目論んでいるのか?
もしそうなら、このハチワレ、なかなかどうして大した策士だ。

120528-45.jpg
策士、戦略家といわれて、浅学な私の頭に浮かぶのは、“黒田官兵衛”と“真田幸村”の名前くらいだ。
ただ、“
何々兵衛”は、ほかの猫とカブるので、このハチワレの呼び名を“幸村(ユキムラ)”に決めた。


シシマルに寄り添うアイ。まるで、仲睦まじい親子か夫婦のようだ。
120528-46.jpg
シシマルは、膂力、胆力ともに、このエリアで随一だが、仲間を気遣う優しさも際立っている。


さっきから、シシマルはアイの体を丁寧にグルーミングしている。
120528-47.jpg
アイの表情は見えないが、おそらく恍惚としているはずだ。


昔の日本男児は、桃太郎のイメージといわれている“気は優しくて力持ち”を理想像としていた。私はその理想像を、野良猫のシシマルに見た気がする。
120528-48.jpg
シシマルの度量と優しさに敬意を表す意味で、その名を冠し、今後このエリアを“シシマルエリア”と呼ぶことにした。


エリアを離れようとした私の視野に、1匹の猫の姿が入ってきた。
120528-49.jpg
それは、釣宿横に置かれたコンテナの上で寛ぐミイロだった。
「ミイロ、ココがお前の新しい家なのか‥‥?」



120528-50.jpg
遺棄されて1年半あまり‥‥。ミイロは、本当に安息の場所を得たのだろうか‥‥?


帰路の途中、再び赤トラを訪ねた。
実は、このベンチに住まう海岸猫の呼び名を、私はとっくに決めている。

120528-52.jpg
“サブ”という名だ。
ベンチにいると、サブメンバーと呼ばれることが由来である。



サブメンバーはベンチウォーマーなどと揶揄されることもあるが、中にはレギュラーより力を持った“スーパーサブ”もいるので、必ずしも蔑称ではない。
私としては、この猫が元の飼い猫というレギュラーに、いつか戻ってほしいと願っている‥‥。

120528-51.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事