ランの事情

2013年03月25日 19:00

湘南海岸、朝‥‥。
ranasuka-01.jpg


この日ランは、本来のエサ場から数ブロック離れた防砂林から出現した。
ranasuka-02.jpg
ランが居場所を移動しはじめたのは昨年の秋頃だ。


何者かに生活を脅かされたからか、それとも別の理由があるのか‥‥、ランは教えてくれない。
ranasuka-03.jpg
そのとき、ふいに私の視界に1匹の猫の姿が入りこんできた。


近づいてみると、それは以前エサ場に出没した、ホームレス夫婦に飼われているキジ斑だった。
ranasuka-04.jpg
このキジ斑はオス、それも去勢手術をしていない真正の“オトコ”だ。


ランが厭い、警戒していたのはキジ斑だったのだろうか。
ranasuka-05.jpg
しかし、キジ斑に発情の様子は見られない。通常オス猫の発情は、メス猫に誘引される形で起こる。


ランとキジ斑が出現した場所は人通りが多い。そこで人目に付かない元のエサ場へランを誘導することにした。
ranasuka-06.jpg
私が「ラン、付いておいで」と言うと、ランは狭い柵の上を伝って後を追ってくる。


エサ場へ戻るとすぐに、待っていたアスカともども猫缶を与えた。
ranasuka-07.jpg
アスカの食欲はいつもと変わらず、旺盛だ。


腹が満たされた母子は朝の陽射しを受けて寛ぎはじめた。
ranasuka-08.jpg
改めて見ると、アスカは本当に大きくなった。‥‥もっと直截的に言うと、太った。


寒さが厳しい海岸の冬に備えて、己の体に脂肪を蓄える海岸猫はいる。だが、昨年春に生まれたアスカは冬の寒さを知らない。
海岸の冬を経験し、同じ環境で暮らす母のランに体重の増減はない。

ranasuka-09_20130323222312.jpg
野良の本能で厳冬を予見した結果なのか、それともただの大食漢だったのか。
「どっちだ、アスカ?」



こうして比較すると、アスカは母親のランより二回りほど大きな体躯をしている。
ranasuka-09-10.jpg
膂力でも、アスカはとっくに母を凌駕しているだろう。
ランのエサ場を離れる原因が、大きくなり過ぎた息子だとは思いたくないが‥‥。



たとえ親子であっても、競合相手となりうる野良社会ではあり得ないことではない。
ranasuka-10.jpg
気になる物音がしたのか、突然アスカが振り返り、そのまま動かなくなった。


先に動いたのは母のランだった。
ランは道路近くまで足早に行くと、周囲に警戒の視線を巡らせる。

ranasuka-11_20130324080206.jpg


アスカが慎重な足取りで防砂ネットへ近づいていく。その気配を察知したランが振り返った。
動物の勘が鈍麻したニンゲンである私も、何者かの存在を感知した。

ranasuka-12.jpg
私は急いでアスカの背後に回り込んだ。
ややあって顔を出したのはさっきのキジ斑だった。飼い主のホームレスの男性が“リュウ”と呼んでいた猫だ。



ランを追ってきたのか、それとも猫缶の匂いに誘われるまま此処へ辿りついたのか。
ranasuka-13.jpg
さっきは気づかなかったが、左耳の周りの毛が抜け地肌が覗いている。
怪我‥‥、疾病‥‥?



キジ斑の意図を探ろうと、試しに猫缶を与えてみた。すると素直に猫缶を食べはじめた。
ranasuka-14.jpg
耳の周りに目立つ傷口は確認出来ないが、脱毛の範囲は思ったより広い。


喧嘩で負った傷だとしても、相手はアスカではなさそうだ。
ranasuka-15.jpg


このエリアでキジ斑と体力的に伍する猫といえば、これまでブログで紹介の機会はなかったが、アスカの父猫と思われるキジ白くらいしか思いつかない。
monsieur-01_20130324203528.jpg
だが、去年の10月11月には時折出没していたのに、12月に入ったらぱったりと姿を見せなくなった。


植込みから出てきたキジ斑は、背を向けたランに気づくと、動きを止めた。
ranasuka-15-16.jpg
そして、思いを定めるようにくるりと踵を返すと‥‥、


元来た植込みの奥へ従容とした足取りで歩いていった。
ranasuka-16.jpg


トレイには猫缶が残されていた。此処へやってきた理由は空腹のためだけではなかったようだ。
ranasuka-18.jpg
けっきょく、何故キジ斑がランの後を追ってきたのか、私には明確な動機が分からなかった。


さらに、キジ斑が負った傷の原因もまた、突きとめることが出来なかった。
ranasuka-17.jpg
アスカなら原因となる出来事を目撃している可能性は高いが、普段はよく喋るくせにこういうときは口をつぐむ。


キジ斑対して敵意を表すでもなく、黙殺ともいえるランのにべない態度もまた、私には不可解だ。
ranasuka-19.jpg
だが、後ろへ向けられた耳からは、無関心を装っているだけで警戒を緩めていないことが窺える。


ranasuka-21.jpg
何やら不穏な状況を呈しているが、いずれにせよ私としては、ランとアスカが諍いの側杖を食うことのないよう祈るばかりだ。


それから数日後。
この日私は、日没直前の遅い時刻に海岸を訪れた。

130123-01.jpg
いつもの場所で、食事をするランとアスカ。


そのとき、夕闇が濃くなった防砂林の奥から、猫の鳴き声が聞こえてきた。
130123-01-02b.jpg
それも発情した猫が発する独特の鳴き声だ。声の主を確かめようと、私は薄暗がりに目を凝らした。


「お、お前は‥‥!」
薄闇から現れたのは、なんと、シシマルエリアの暴れん坊ユキムラだった。

130123-02.jpg
発情したユキムラは、メスを求めて自分のエリアから数百メートルの距離を移動してきたのだ。
エリアの新参者なので、ユキムラはまだ去勢手術を受けていない。



このとき、私は思った。キジ斑に傷を追わせたのはユキムラかもしれない、と。
そして、ランが警戒していたのもこの海岸猫の可能性が高い、とも。

130123-03.jpg
色気より食い気が勝ったようで、エサを完食したユキムラは哀しげな声を上げながら防砂林の闇へ消えていった。


ここで話を少し過去に戻す。


やはり去年の秋の頃だった‥‥。
リンとランが棲むエリアに、複数のオス猫の影がちらつきだしたのは。

121005-01.jpg
そこで私は行動を起こした。


防砂林に住まう人のテントに暮らすリンとユイも懸念されたが、まずランの不妊手術を優先しようと決めた。
121005-02b.jpg
が、いくら人馴れしているとはいえ、ランは野良猫だ。今までの経験から、一度失敗すると警戒され、しばらく捕獲できないことも十分考えられる。
それならばと、私は慎重を期して、決行日の前に予行することにした。

ところが、結果は皮肉なものだった。



〈次回へつづく〉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

問わず語り

私は今の季節が苦手だ。

寒さが日毎和らぎ、春めいてくるこの時期とすこぶる相性が悪いのだ。
青年期までは、環境が変わるのが煩わしくて嫌悪していた。
まだ“五月病”などという言葉がなかった頃だ。

そして心を病んでからは、ことさらこの時節が疎ましくなった。
春を迎えて周りが華やいでくると相対的にも落ちこむのだ。
3月に自殺者が多いというデータも頷ける。

今年は母の罹病も加わり、さらなる低空飛行を強いられている。
PCモニターに向かう気力も長つづきせず、ブログの更新も遅延する始末。
今はただ、失速して墜落しないように操縦桿を握りしめている。

季節が巡れば上昇の兆しも見えるだろう。
それまでは息を潜め、静かに耐えるしかない‥‥。



ブログランキングに参加中
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト
関連記事

ランの警戒

2013年03月09日 11:00

夕刻の湘南海岸。
久しぶりに向かい合った湘南の海は、灰色の雲におおわれ、タールような重苦しい表情で横たわっていた。

130121-01.jpg
それでも、このパノラマを眼前にすると、「嗚呼、還ってきたんだなぁ」という実感を覚える。


私は見当をつけて防砂林に向かって名を呼んだ。すると、時をおかずに甘えた鳴き声がした。声の主はアスカだとすぐに分かった。
ややあって、まずランが軽々と、つづいてアスカが難渋して防砂柵を乗り越えてきた。

130121-02.jpg
ランとアスカの母子は、私の声をちゃんと覚えてくれていた。こういうとき、私の心中はホクホクとした温かい思いに溢れる。


猫は冷淡で情が薄いなどという、根拠のない虚言に惑わされてはいけない。
このように猫は情が厚く、誠実な動物なのだ。

130121-03.jpg
(あることがあって以来、私はこの母子にことさら強い想い入れを持っている)


こうしてランとアスカが以前と変わらず息災でいられるのも、ボランティアさんのお陰である。
130121-04.jpg
365日、ほぼ休まず海岸猫にエサを与え続けているその方たちには頭が下がる思いだ。


私が食事を与えることなど、自分の慰みのためだと言われても、反論のしようがない。
しょせん私は、此処でも気まぐれな傍観者に過ぎないのだ。

130121-05.jpg
いつの間にか、息子は母より大きくなっていた。


外敵の多い野良は、一時たりとも気が抜けない。
130121-06.jpg
たとえ食事中であっても、周囲への警戒を緩めることは出来ない。


130121-07.jpg
アスカは自分のトレイに猫缶が残っているのに、悠然とした足取りで母に近づいていく。


そうして、強引に母のトレイを奪いとる。ランはそんなアスカの横紙破りな行為にも腹をたてることなく、あっさりと猫缶を譲る。
130121-08.jpg
ランは息子が食べ残した猫缶を食べはじめた。


アスカはこうして、やや強引に母から食べ物を譲ってもらい、結果ここまで大きくなったのだろう。
130121-09.jpg
私の訪れた時刻が遅かったので、既にほかのボランティアの人からエサを貰ったようだ。


130121-10.jpg
念入りに毛繕いするアスカの後ろ姿は、あのソックスを彷彿とさせる。


振り返ると、ランの姿が消えていた。慌てて周りを見回すと、植込みの中で動く影を発見した。
130121-11.jpg
植込みの中を覗くと、不安げな面持ちのランと眼があった。


そのランの眼光は、警戒の色を帯びている。まるで何かに怯えているように。
130121-12.jpg
私が湘南を離れているあいだに、何かあったのだろうか?ランをして、ここまで警戒させる何事かが‥‥。


私は独り砂浜に下り、刻々と朱色が濃くなってゆく情景を眺めた。
130121-13.jpg


しばらくそうしていると、ランが防砂林から出て、砂浜にやってきた。
130121-14.jpg


ランの表情が心許なげに見えるのは、私の気のせいだろうか。
130121-15_20130308063517.jpg
「ラン、どうした?」
私はそんなランの様子が気になり、そう問いかけた。



するとランは私の足許にやって来て、身体をすり寄せた。
130121-16_20130308063514.jpg


誰にも庇護されない野良は、自分の身は自分で護るしかない。
130121-17.jpg
そして自衛するには、持って生まれたこの敏捷な身体と動物の本能だけが頼りだ。


すべての外敵に対抗して野良として生きていくのは恐らく、並大抵のことではないと思われる。(私には想像も出来ないが)
130121-18_20130309011711.jpg
浩々たる海を背にすると、ランの姿はあまりにも小さく、そして如何にも脆く儚げに見える。


ランはやにわに防砂林へ向かって駆けだした。
130121-18-19.jpg
周囲に身を晒す砂浜は、小さな猫とてやはり目立ってしまう。それを危惧してのことだろうか。


130121-19.jpg
こうやって防砂林の中にいれば、雉模様は保護色の役目をはたす。


恐らく猫は、そのことを本能で自覚していると思われる。
130121-20.jpg
と、いきなりランが目を大きく見開いた。


ランは防砂ネットへ一気に駆け寄ると、身を沈めて防砂林の奥を見つめたまま動かなくなった。
130121-21_20130309061852.jpg
ランのあとを追った私も防砂林の奥に目を凝らしたが、それらしきものは見つけられない。


そのとき何を思ったのか、アスカがランと私の間に割りこんでくると、いきなり地面に寝ころがった。
130121-22_20130309061855.jpg
このおおらかな息子には、母の緊張感が伝わっていないようだ。


考えてみれば、なりは大きくても、生まれて1年経たぬ幼子なのだ、この子は。
130121-23.jpg
緊張を解いたランは、ネットから離れてそんな息子を見つめている。


だが、いつもなら食後は長閑にしていたのに、ランの面持ちは依然として険しい。
130121-24.jpg
ふたたびランが目を瞠った。


ランの視線の先には、散歩中の犬の姿があった。
130121-25.jpg


「ラン、何処へ行くんだ?」
ところがランは、私の質問に応える余裕もないのか、防砂林の中へ走っていく。

130121-26.jpg
そして植込みへ潜りこみ、そのまま姿を消してしまった。


遅れて母を追ってきたアスカが、植込みの中を窺う。
130121-27.jpg
「アスカ、私が居ないあいだに何があったんだ?」


しかし幼いアスカには私の趣旨が伝わらないようで、不安げな鳴き声をあげると私の足許に身を寄せてきた。
130121-28.jpg


久しぶりに会ったランが何に怯えていたのか‥‥、私はのちに知ることとなる。
130121-29.jpg
ところで私が何故、この母子に特別の想いを抱いているのか、次回は少し過去に遡って事情を述べたいと思う。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『血まみれの毛皮』


日本では今、ファー(毛皮)が流行している、という。

ファーは上着のフードや襟や袖口、そして手袋、帽子、ブーツ、バッグ、アクセサリー、ケータイストラップと、実に様々なものに使われる。
そして、デパート、スーパー、専門店はもちろんのこと、今や100円ショップでも売られている。


ところで、これらの製品を作るために、多くの動物が生きたまま皮を剥がされている事実を、あなたは知っていますか?


「ここに、その事実を伝える映像がある」
ただし、かなりショッキングな映像なので、相応の覚悟をして観るように。
ちなみに私は、この映像を観たとき、あまりの衝撃に嗚咽と吐き気がしばらくとまらなかった。
そして‥‥、自分がニンゲンであることを心底嫌悪した。



最近では、フェイクファー(人工毛皮)より安価というだけでリアルファーが作られるそうだ。
それがため、アジアでは犬猫だけでも毎年200万匹が殺されている。
しかも、その毛皮のほとんどが日本へ輸出されるという。

あなたはこの事実を知っても、まだファー(毛皮)を身に付けますか?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『血まみれの毛皮Part2』


今や死語となった感は否めないが、『鬼畜』という言葉がある。
仏教用語の『餓鬼・畜生』の略語だ。

『餓鬼』とは餓鬼道に墜ちた強欲な死者のことである。
『畜生』とは本能のままに生きていて仏の教えを得ることが出来ないニンゲン以外の生き物のこと。


ともあれ、鬼畜とは欲深く酷薄な生き物を指す、最大級の蔑称である。
(太平洋戦争中は敵国であるアメリカ、イギリスを『鬼畜米英』と呼んで蔑んでいた)

アジアでは犬猫も例外ではなく捕獲、飼育し、生きたまま皮を剥がしている。
そうやって作られた毛皮はほかの動物の名前に変えられ、その多くが日本に輸出されている。


以下の映像に写っているのはニンゲンと犬と猫だが、果たして鬼畜と呼ぶに相応しいのはどの生き物だろう?



誰が観ても、答は明らかだ。

防寒に毛皮が不可欠だった時代ならいざ知らず、金儲けのためにほかの動物を虐殺してその毛皮を剥いでいるニンゲン、そして虚栄心を満足させるために動物の死骸である毛皮を身に付けているニンゲンって‥‥
もはや鬼畜以下ではないのか


毛皮製品を買う行為は間接的にせよ、動物を殺すことに加担している。
いつまでも知らないでは済まされないだろう。



詳しい実情を知りたい方は下記のサイトへ。
あなたに出来ることもきっとあるはず。

地球生物会議ALIVE
JAVA
ヘルプアニマルズ
アニマルライツセンター




ブログランキングに参加中
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事

故郷の猫 その八『惜別』

2013年03月02日 06:00

眼ぢからの強い仔猫は、また体を乗りだした。今にも水路へ飛び込まんとしている。
130115-36.jpg
そこでやっと私の存在に気づき、何やらバツが悪そうな面持ちで見返した。
「いったい、お前は何をしようとしているんだ?」



猫は感情豊かな動物だ。だから当然、見栄や羞恥心もある。
そのときの仔猫が、無様なところをニンゲンに目撃され、当惑しているように私には見えた。

130115-37_20130227042914.jpg
仔猫はやおら立ち上がると、体を翻しその場から足早に離れていった。


そして、明確な目的があるかのように、仔猫はしっかりとした足取りで歩いていく。
130115-38_20130227042915.jpg
やがて、ワイヤーが張られた参道のほぼ真ん中で立ち止まると、口を地面に近づけた。


それを見ていた私は、やっと合点した。
130115-38-39.jpg水路で見せた仔猫の不可解な行動の意味がやっと理解出来たのだ。


仔猫が口を近づけていたところ、それは、ポールを立てるためのアスファルトに掘られた穴だった。
130115-39.jpg
仔猫は、その穴に溜まった雨水を飲んでいたのだ。
たしかに、数日前に雨が降った。けれど、水はけの悪い穴の水が飲料水に適しているとは、とても思えない。



眼ぢからの強い仔猫は喉の渇きから、危険を顧みず水路の水を飲もうとしたのだ。
130115-39-40.jpg
すぐ側に清流があっても、飲めなければ、野良たちにとっては無用の長物だ。
私は飲み水を用意してこなかったことを後悔した。



先ほどから、若いキジ白が地面に鼻を擦りつけ、懸命に匂いを嗅いでいる。
130115-40_20130226000645.jpg
恐らく、トレイからこぼれた猫缶の欠片を漁っているのだろう。


と、そこへサバトラが近づいてきた。世知に長けた猫だから、隙あらばキジ白が見つけた食べ物を横取りしようと企んでいるのかもしれない。
130115-41.jpg
そんなサバトラの魂胆を察したのか、キジ白がやにわにパンチを繰りだした。不意を衝かれたサバトラは、顔を歪めて大きくのけぞる。


思いがけない攻撃に遭ったサバトラは、いきなり地面に横たわった。
130115-42.jpg
私の眼には、このサバトラの行動もまた、照れ隠しの表れに映る。


白猫きょうだいは、そのサバトラを物珍しそうに見つめている。
130115-43.jpg


この白猫きょうだい、毛色からして父猫も同じだと思われる。
130115-44.jpg
こういう諺がある‥‥“兄弟は他人の始まり”
ニンゲンは結婚などで各々が家庭を持つと、徐々に疎遠になり、ついには他人同様になる、という意味だ。



唯一の兄弟である弟を15年前に喪った私には実感がない。が、周りを見ていると、この諺が正鵠を射ているケースが多々あることに気づく。
130115-45.jpg
猫の場合は、自分の意志とは関係なく肉親と離別する場合も少なくない。
だから‥‥。



家を持たぬ苦境のきょうだいには、野良でいるあいだだけでも仲良く暮らしてもらいたい。
130115-46.jpg
“寝子”が語源と言われるほど、猫は実によく眠る。平均睡眠時間は14時間以上と、1日の半分以上を寝てすごす。


仔猫の睡眠時間はさらに長く、平均20時間にもなる。この数字は、よく眠る動物として知られるナマケモノやコアラとおっつかっつである。
130115-47.jpg
ただ、常に外敵を警戒している野良猫の睡眠時間は短く、平均8時間ほどだといわれている。


生き物にとって睡眠はひじょうに大切だ。
ちなみに、ニンゲンの理想的な睡眠時間は7時間で、それより短くても長くても病気などによる死亡率が高くなる、というデータがある。

130115-48.jpg
だから、飼猫と比べて野良の寿命が著しく短いのは睡眠時間のせい、という説には頷ける


「ん、じゃあ睡眠障害を患い夜の睡眠時間が2、3時間ほどで、昼間細切れに数回眠ってしまう私の場合はどうなるのだろう‥‥?」
深く追求するとよけいに眠れなくなり、負のスパイラルに陥るので考えるのをやめた。



サバトラがしずしずと松の根元にやってきた。
130115-49.jpg
まず長毛キジ白の機嫌をうかがうように挨拶する。


長毛キジ白は不承不承といった感じで応対した。存外つれない態度である。
130115-50.jpg
気のせいかサバトラの表情が冴えない。若いキジ白に味わわされた屈辱が、未だ尾を引いているのだろうか。


遠慮がちにきょうだいの前を横切るサバトラ。
130115-51.jpg
横柄だったサバトラにしては、ずいぶん神妙な態度である。


そしてサバトラは、藁の上に体を横たえると、そっと仔猫に寄り添った。
130115-52.jpg
はて、このサバトラの態度の変化は、仲間に対する今までの専横な振るまいを反省してのことだろうか?


ネコ科の動物は総じて自立心が強く単独行動を好む。だから、ライオンを除いて、イヌ科の動物のように仲間と群れることはない。
130115-54.jpg
だけど野良猫の場合は、こうやって同じエサ場を持つ者どうしが群れつどう例がままある。


寄る辺ない暮らしをしているうちに、自然と仲間意識がめばえるのかもしれない。
130115-55.jpg


参道に面した民家のひさしの上に、白と茶の模様が見える。
130115-56.jpg
よく見ると、2匹の茶シロが日向ぼっこをしていた。


いつからそうしていたのか、山門の脇に白猫が独り佇んでいる。
130115-57.jpg
先日2匹の仔猫を引き連れていた、母猫と思われる白猫だ。


私の動きに注意をはらいながら、白猫は慎重な足取りで近づいてきた。
130115-58.jpg
常連のエサ遣りさんが給餌してくれる時刻が近づいたのかもしれない。


「もう少し早くやって来れば、猫缶が食べられたのにな‥‥」
130115-59.jpg
私がそう語りかけても、白猫は虚ろな面持ちで辺りを見回すだけだった。


野良たちが揃って昼寝を始めたので、私は境内をしばらく散策した。
130115-60.jpg


山門前に戻ってみると、さっきの白猫の姿はなく、その代わりに若いキジ白が加わっていた。
130115-61.jpg
白猫きょうだいは体を絡み合わせて眠りつづけていた。


カメラを構える私を、若いキジ白が見つめ返してくる。
130115-63.jpg
でも最初会ったときに濃かった警戒色が、少しではあるがその瞳から薄まっているように感じる。


このとき、野良たちと私との距離は5メートルほど。
130115-64.jpg
以前なら、逃げるまではいかなくても、眠るなど考えられなかった距離である。


少なくともここにいる野良たちは、私が敵意を持っていないことを分かってくれたようだ。
130115-62.jpg
白猫きょうだいに至っては、警戒心など微塵もない様子で爆睡している。


ふと視線をあげると、民家の屋根に移動した茶シロがのんびりと毛繕いをしていた。
130115-65.jpg
街中には猛禽類などの外敵もいないから、思えば一番安全な場所だ。


さて、出会えばいずれ別れがやってくるのは必定‥‥。
130115-66_20130302085715.jpg
こうして、このエリアの野良たちと少しだけ近しくなったが、私が故郷を離れる日が迫っていた。


私自身の診察日が近づいてきたのだ。
130115-67_20130302085712.jpg
だから母が小康状態を保っているうちに帰宅することにした。


しかし、今は落ち着いているとはいえ、母が予断を許さない状態なのは変わりなく、近いうちにふたたび実家へ戻ることになるだろう。
130115-68.jpg
私は野良たちの眠りの邪魔をしないよう、静かに山門から離れていった。
また会えることを祈りながら‥‥。



午前中にケアマネジャーさんと主任ヘルバーさんと、入念な打ち合わせを行った。
そして午後、私は故郷をあとにした。




ブログランキングに参加中
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事