不妊手術 その八『隧道』

2013年06月23日 17:00

海岸猫が海岸から去る事例は、三つに大別される。
死亡する、行方不明になる、保護される、の三例だ。

それらの割合がどうなっているのか‥‥、勿論、正確な数字など私は知る由もない。
ただ、記憶をより所に私の所感を敢えて述べると、死亡確認が一割、保護も一割、そして残りの八割が、“行方不明”だ。
数値の確度は低いが、海岸猫の実情を知っている人なら、ある日を境に突然姿を見せなくなる猫の割合が一番多いのには賛同してくれるはず。

海岸猫と交誼を結んでおよそ6年、その間に行方知れずになった数のなんと多いことか‥‥。
その中には他界した猫もいるだろうし、保護された猫もいるだろう。
しかしそれらは、所詮推測、憶測の域を出ない。
行方不明は飽くまでも“消息不明”や“生死不明”と同義で、分からないことなのだから。

ひっきょう、殆どの海岸猫との別れは突然やってくるのだ。




ランが姿を見せなかった翌朝、私は不吉な予感を抱いたまま海岸へ赴いた。
ranasuka-00.jpg


ところが‥‥、
ranasuka-01_20130621014618.jpg


そんな私の予感を鮮やかに裏切り、ランはあっさりと姿を見せた。
私は安堵のあまり腰が砕けそうになった。

ranasuka-02_20130620150629.jpg
ランはアスカと一緒に、女性のエサ遣りさんからもらった猫缶を食べていた。


これほど母子の食事光景が微笑ましいと感じたことは、今までなかった。
ranasuka-03_20130620150629.jpg
前日は何処へ行っていたのか、ランにそう尋ねることも忘れて、私はただ2匹を眺めていた。


ランをして、私の呼びかけにも応えさせないトコロとは何処なのか?
数日後、私はそれを暗示する出来事と遭遇した。



湘南海岸、早朝‥‥。
ranasuka-b-03.jpg


この日も、何度名を呼んでもランは姿を現さなかった。
ranasuka-b-04.jpg
まるで私が来るのを待っていたように、すぐさま姿を見せたアスカは、鳴き声を上げながら体を寄せてきた。


「アスカ、お母さんは今日もいないのか?」
ranasuka-b-05.jpg
アスカの鳴き声を聞いたランが姿を見せるかもしれないと思い、しばらく待つことにした。


「だからアスカ、少し我慢してくれ」
ranasuka-b-06.jpg
アスカは母が恋しくて鳴いているわけではない。早く猫缶を食べさせてくれと、私に訴えているのだ。


もしやと思い植込みの中を覗いたが、ムッシュの姿はなかった。
ranasuka-b-08.jpg
ランがエサ場を離れる原因はムッシュの存在ではない、ということか‥‥。


だとしたら幼いアスカを独り置いて、ランは何処へ何をしに行ったのだろう。
ranasuka-b-07.jpg
どうやらアスカはランの行方を知らないようだ。それに、今は母のことより自分の腹のことで頭がいっぱいの様子だ。


ランは一向に姿を見せないし、これ以上アスカにお預けをくわすのも不憫なので、先に猫缶を与えることにした。
ranasuka-b-09.jpg
育ち盛りのアスカは脇目も振らず猫缶を次々とと嚥下していく。


体の大きさは既に母を超え、父ムッシュに近づこうとしている。
ranasuka-b-10.jpg
トレイの猫缶は見る見るうちにアスカの胃袋に収まっていく。


ranasuka-b-11.jpg
そして、小さな欠片を残すだけの見事な完食をやり遂げた。


それでもアスカが不服そうな素振りを見せるので、追加の猫缶をトレイに盛った。
ranasuka-b-12.jpg
するとアスカは、一皿目と同じペースで猫缶を食べはじめた。


「おいおいアスカ、いったいお前の胃袋のキャパはどんだけなんだ?」
ranasuka-b-14.jpg
私の言葉も耳に入らないほどアスカは食べることに集中している。


ranasuka-b-46.jpg
結局、二皿目もほぼ完食状態。よっぽど腹が減っていたようだ。


ranasuka-b-14-15.jpg
満腹になったアスカは従容とした足取りで防砂林の奥へ入っていく。


ranasuka-b-14-15b.jpg
枝間から顔を出した朝陽を見つめ、アスカは何を想っているのか‥‥。


ある日突然海岸から去ったチャゲのことを思い出しているのだろうか。それとも離れて暮らすユイに思いを馳せているのか。
ranasuka-b-15_20130621235353.jpg
はたまた時折訪ねてくる父ムッシュを思い起こしているのか。


「にしても、アスカよ、母よりデカくなったとはいえ、お前の後ろ姿は何て小さくて儚げなんだ」
ranasuka-b-14-15c.jpg
湘南海岸の片隅でひっそりと暮らす1匹の野良猫など、世の中からすれば取るに足らない存在だろう。


だが彼らも我々ニンゲンと同じ“命”を持っている。
広大無辺な宇宙から見れば、猫とニンゲンなど生物としてはおっつかっつだ。

ranasuka-b-16_20130621235343.jpg
進化の過程で枝分かれしたが、同じ祖を持つ言わば同胞(はらから)だ。天の配剤次第では立場が逆転したかもしれない。


その同胞を軽んじて遺棄し虐待し、あまつさえ殺処分してしまうニンゲンがいることに、私自身忸怩たらざるを得ない。
ranasuka-b-17_20130621235411.jpg
野良猫が増えると騒音被害や糞尿被害を及ぼすから殺処分も致し方ないという人がいる。


だがそんな理屈は噴飯物の詭弁でしかない。
どう考えても猫に責任など問えないだろう。そもそも野良猫という存在を作り出したのは、我々ニンゲンなのだから。

ranasuka-b-18.jpg
それに野良猫が環境に与える影響なんて、ニンゲンが犯している環境破壊に比べればどれほどのものかと訊きたい。
こんな、聡い子供でも分かることを理解しようとしないニンゲンの如何に多いことか。



野良猫を増やさないためには“不妊手術”しか手段がないことを認めるべきだ。
ranasuka-b-30.jpg
私は野良猫を撫でるとき、ゴメンな、と呟く。


といっても、ニンゲンを代表して謝罪しているわけではない。私はそこまで思い上がっていないし、優しくもない。
ranasuka-b-31.jpg
第一、今の私の心に他人を慮る余裕など皆無だ。


ただひたすら自分の無力を呪い、彼らを救えないことが悔しいだけだ。
ranasuka-b-32.jpg
しつこいと分かっていたが、この日も呟いた。「アスカ、お前を救いだせなくてゴメンな」


私の想いが海岸猫に通じているのかどうかは分からないが、これからも同じ台詞を呟きつづけるだろう。
ranasuka-b-20_20130622195401.jpg


アスカはさらに防砂林の奥へと足を運んでいく。私は距離を置いて後をついていった。
ranasuka-b-21.jpg
目的があるように歩いていくが、この先には国道のコンクリート壁が立ち塞がっているだけだ。


その国道の立ち上がり面にぽっかりと穴が開いているのが見える。
ranasuka-b-22.jpg
以前にも紹介したが、この隧道は国道の下を反対側まで貫いている。


防砂林には今も狸やハクビシンがいる。国道の着工時にはもっと数が多かったはず。この隧道はそれらの野生動物が事故に遭わないよう造られたものだと推測される。
ranasuka-b-23_20130623000328.jpg
存在が認められていない海岸猫のために造られたのではないことだけは明白だ。


アスカは躊躇うことなく隧道に入っていった。
ranasuka-b-24.jpg
どうやら、今回初めて足を踏み入れたわけではなさそうだ。


アスカはそのまま隧道を突き進んでいく。
ranasuka-b-25.jpg
そして、隧道を抜けて国道の反対側へ姿を消した。


この隧道を猫たちも利用していると想像していたが、実際に目撃したのは今回が初めてだ。
ranasuka-b-26.jpg
私は思った。もしかしたらランも国道の向こう側に行っているのではないかと。そしてそれを知っているアスカが、母の許へ駆けつけたのではないかとも。


5、6分経ったころ、アスカがひょっこりと隧道から顔をだした。
ranasuka-b-27.jpg
しかし、戻ってきたのはアスカだけだった。「アスカ、お母さんと一緒じゃないのか?」
隧道を抜けたところにはこちら側と同じ防砂林があり、その先は住宅地になっている。



このエリアでは時折、見慣れない猫の姿を目撃することがある。住宅街に棲む外猫たちもこの隧道を利用して海岸へ来ているのだろう。
ranasuka-b-29.jpg
国道を貫く隧道はここ以外に後2箇所あるのを知っている。その間隔はほぼ500メートルで、探せば他にもある可能性がある。


アスカが戸惑うことなく隧道を往復したのを目の当たりにした私は、ある推論を立ててみた。
ranasuka-b-33_20130622193622.jpg
臆病なアスカが独りで入ることは考えられない。最初は母のランの後について隧道を通り抜けたのではないだろうか。


アスカの姿を確認した私は、そろそろ海岸を離れようと思って海岸沿いの道路へ向かった。
ranasuka-b-35.jpg
その時だった、辺りを見回していた私の視界に1匹の猫の姿が入ってきたのは。


それはランだった。
ranasuka-b-36_20130623053554.jpg
いきなり現れたのでランがどっちからやって来たのか、正確な方向は分からない。


ただランが海岸側にいれば、私の呼びかけに応えたはずだという思いと、アスカの行動を目撃したことで、ランも隧道を使い国道の反対側に行っていたのではという疑念が濃くなってきた。
ranasuka-b-37.jpg
猫は探究心の強い生き物だから、あの隧道に関心を持たないほうが却って不自然だ。


それはさておき、まずはランに食事を与えることにした。
ranasuka-b-38_20130623124949.jpg
あまり空腹でないのか、ランは小鳥がエサを突くように少しずつ食べる。


食べ終えるのに時間がかかると思った私は防砂林をでて海岸へ降りた。
ranasuka-b-40.jpg


戻ってみると既にランの姿はなかった。
ranasuka-b-41.jpg
トレイの中の猫缶は殆んど残されていた。やはり腹は減っていなかったのだ。


妙だな、と思った。
いつも一緒にいる母子なのに、アスカはいつもより餓え、ランだけ満腹なのは甚だ不自然だ。

ranasuka-b-42.jpg
私は思いつき、トレイをそのままに、隧道へ近づいていった。


「いた、ランだ!」
ランは入り口から数メートルのところに佇んでいた。

ranasuka-b-43.jpg
やがてそこへ座り込むと、動かなくなった。


ranasuka-b-44.jpg
海岸を離れる時間がきたので、私はゆっくりと隧道から離れていった。


さっきの不自然な状況の説明だが‥‥。
ランが別の場所で食事を与えられたと考えれば辻褄が合う。

ranasuka-b-45.jpg
しかし、そういう場所が国道の反対側にあるのかどうかは、残念ながら確認できなかった。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト
関連記事

不妊手術 その七『不在』

2013年06月13日 08:00

湘南海岸‥‥早朝。
121020-01.jpg


防砂林へ向けて私が名を呼ぶと、まずアスカが姿を現し足許に擦り寄ってきた。
121020-02.jpg
いつもなら母のランも揃って姿を見せるのだが‥‥。


「アスカ、お母さんは一緒じゃないのか」
121020-03.jpg
だがアスカは不安げな面持ちで座り込み、私の問いかけを聞いている様子もない。


私はさらにランの名を呼びつづけたが、その声は防砂林の中へ虚しく吸い込まれるばかりだ。
121020-04.jpg
その場に留まり、辺りに動くものの気配がないかしばらく意識を集中したが、鈍麻した私の五感は何も察知できなかった。


何気なく植込みの中を覗いた私は思わずのけぞり後ずさりした。
121020-05.jpg
そこにいたのはムッシュだった。


ムッシュは私と対峙しても顔色一つ変えない。やはりそうとう肝が据わったヤツだ。
121020-06.jpg
やがてムッシュはその場にうずくまり、顔をそっと伏せた。さすがに私の双眼とレンズの三つの眼と睨み合うのは避けたようだ。


私は植込みを回り込み、砂防柵越しにムッシュを俯瞰した。
121020-07.jpg
ムッシュは不敵な面持ちで私の顔を睨み返してくる。この海岸猫の来歴は不明だが、その眼にはニンゲンへの不審感が仄見える。


ランが不在なのはムッシュが居座っているからなのか。
121020-08.jpg
にしても、何処へ行ったんだランは?エサ場近くにいないと、エサにありつけないのに。


取り敢えずアスカに猫缶を与えることにした。
121020-09.jpg
いつもは母と一緒に食事するアスカ。
私見だが、独りの食事ほど味気ないものはない。どんな美酒美肴であろうが、家族や親しい者との食事に勝ることはない。たとえそれが粗食であっても、だ。



だが育ち盛りのアスカにはそんなことはあまり関係ないようだ。。
121020-10.jpg
与えた猫缶は見事に完食されている。


腹が一杯になり満足したのか、アスカは私の足許に体を横たえた。
121020-11.jpg
心成しか物憂げに見える表情は、やはり母の不在が原因なのだろうか。


仔猫たちが姿を見せなかったことはあったが、ランが姿を現さなかったことは、これまでなかったと記憶している。
121020-12.jpg
いつも一緒にいたアスカなら母が何処へ行ったのか知っているはず。


何も語らないのはそれなりの理由があってのことかもしれない。
121020-13.jpg
ひょっとして、父であるムッシュへの遠慮からか‥‥。


たった1日姿を見せなかっただけで、過度に憂慮するなど大袈裟だということは分かっている。
だが、過剰に反応する情動をどうしても抑えられないのだ。

121020-14.jpg
部屋に一泊させたことで、ランとアスカに対して殊更近しさを感じているからだ。


人影が見えたので近づいていくと、ボランティアのIおばさんだった。
Iおばさんの海岸訪問時間は不規則だが、朝に来るのは稀なことだ。

121020-15.jpg
Iおばさんは猫缶を持って植込みの中へ入っていった。


そして猫缶を入れた食器を差し出す。
121020-16.jpg
その様子をムッシュはじっと観察している。逃げないところを見ると、Iおばさんとは既に見知った仲なのだろう。


ところが、その猫缶を真っ先に食べはじめたのはアスカだった。
121020-17.jpg
「おいアスカ、お前はさっき食べただろう」私がそういうと、アスカは眼を丸くして振り返った。


私の顔を見ると、アスカはバツの悪そうな表情をつくった。
121020-18.jpg
が、それも束の間のこと、アスカはすぐに食器に顔を突っ込み猫缶を食べだした。意外だったのは、ムッシュがアスカの無作法な態度を咎める素振りをみせないことだ。


結局、アスカが猫缶を独り占めした。
121020-19.jpg
父のムッシュは植込みの奥へ引っ込み、ぽつねんとしている。


私は勝手にムッシュは豪胆で気性の荒い猫だと思っていたが、アスカにすんなり猫缶を譲ったことで、その印象は一変した。
121020-20.jpg
もしかしたら、アスカが自分の子供だと知っているのだろうか。動物の本能で‥‥。


そう思うと、食いしん坊のアスカを見るムッシュの目が優しく感じてくるから不思議だ。
121020-21.jpg
「アスカ、優しそうな父さんだな‥‥。それにしてもお前食べ過ぎだぞ」
そんな私の言葉も耳に入らないほど、アスカは食べることに専心している。



杞憂と分かっていても、私はランの不在が気掛かりでならない。
そこでランが行きそうな他のエリアへ行ってみることにした。

121020-22.jpg


そのエリアに着いて、舌を鳴らしていると、1匹の海岸猫が足早に近づいてきた。
121020-23.jpg
だが、それはランではなくリンだった。


「リン、ランを見なかったか」
可能性は低かったが、生まれ育った元のエリアに戻っているかもしれない。

121020-24.jpg
だが私の呼びかけに姿を現さないことやリンの態度からも、ランがこのエリアに戻っていないことはすぐに分かった。


私の印象ではお互い子供を産むまでは、姉妹であるリンとランの仲は良好だった。
121020-25.jpg
それなのに何故ランは2匹の子供を伴ってこのエリアを去ったのか。ここに留まっていれば、防砂林に住まう人から食べ物も与えられるのに、だ。


考えられるとすれば、メスにもそれぞれテリトリーがあり、リンとの確執が生じる前に自らエリアを出たということだ。
121020-26.jpg
特に子育て中のメスは神経質になっているから、姉妹であっても諍いは起こる。それに猫は自分の子供を擁護するあまり、他の猫を疎外し、場合によっては迫害すらする。


リンとランがこのエリアで子育てをしている時、そういう場面を私は何度か目撃している。
121020-27.jpg
その行動は母性本能のなせる業だが、昂じると育児放棄や子殺しにまで至る。


だから、そういう惨事を避けるため、ランはこのエリアを離れたのだろう。
121020-28.jpg


ところで、私がリンとユイの避妊手術を諦めたことに不審と疑問を持った方もいると思われる。
実際にそういう旨のコメントも寄せられたので、私の見解を述べておく。

121020-29.jpg
以前にも記したようにリンとユイは防砂林に住まう人の世話を受けている。つまり“飼われている”状態だ。


土地の所有権を持たない彼らにも“物”の所有権はある。だからリンとユイの所有権は彼らにある、と私は理解している。
121020-30.jpg
彼らの所有動物であるリンとユイに勝手に不妊手術を受けさせれば“器物損壊罪”に問われる。立場上、彼らが当局に訴えることはないと思うが、刑法に抵触する行為であることに違いはない。


現実的にも、馴れているリンはともかくユイを捕獲するには彼らの協力がなければ難しい。
この問題に対する私の悩みも苦衷もそこにある。

121020-31.jpg
「それにしてもラン、いったいお前は何処へ行ったんだ?」



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事

不妊手術 その六『眷族』

2013年06月08日 05:00

私がその海岸猫を見かけたのはたった一度だけだった。
そのとき私と顔を合わせた海岸猫は、私にカメラを構える隙も与えずたちまち防砂林の奥へ歩き去ってしまった。

121016-01.jpg
以来、その海岸猫の姿は見ていないが、この日2度目の遭遇を果たすことになる。


私は夕刻の湘南海岸を訪れた。
ランエリアに足を踏み入れた途端、アスカが鳴き声を上げながら姿を現した。

121016-03.jpg
私が側にいると、アスカはこんな無防備で大胆な格好を見せる。


『犬は人に付き猫は家に付く』という諺があるが、私はすんなりと首肯できない。
121016-04.jpg
猫も犬と同様、受けた恩義を忘れない忠順な動物だと私は信じている。
童話作家立原えりかのエッセイ『二匹の猫のこと』には20キロ以上離れた引越し先に自力で辿り着く黒猫が紹介されている。



草むらで寛ぐ母の側へ歩み寄るアスカ。
121016-05_20130605054659.jpg
母子の情愛もまた、ニンゲンが思っているほど希薄ではない。


一つのトレイで食事をするランとアスカ。このカリカリはエサ遣りさんのWさんが与えたものだ。
121016-05-06.jpg
Wさんはこのエリアも含めて数カ所のエサ場を廻り、海岸猫に給餌している。


アスカも顔馴染みのWさんの前では警戒心を解く。
121016-06.jpg
アスカは抱かれることに慣れていない。その格好は、まるで吊り下げられた木偶人形みたいだ。


Wさんの自転車の側で寛ぐアスカ。気心の知れたニンゲンがいることで安心しきっているようだ。
121016-08.jpg
無邪気で屈託のないアスカの双眸は、今まで何を見てきたのだろう。


猫に時間の概念はないというが、いなくなったチャゲや離れて暮らすユイと暮らした頃のことも忘れてしまったのか。
121016-09.jpg
たとえ回顧しなくても頭が良い猫だから、兄弟たちのことは憶えていると思われる。


Wさんが帰ろうとして自転車を動かすと、アスカは前脚をスタンドにかけた。もっと遊んで欲しいと、引き止めているつもりなのか。
121016-10.jpg
今度は車輪に戯れつき始めた。


Wさんもアスカのなすがままに任せている。これだけ執拗引き止められるとにべない態度も取れず、Wさんは少々困惑気味だ。
121016-11.jpg
アスカに怪我をさせないようにWさんはゆっくりと自転車を移動する。アスカもゆっくりとした歩調で後を追う。


Wさんが道路に出ると、アスカはやっと諦め歩みを止めた。アスカの身の上を知るWさんは名残惜しそうに、アスカに別れの言葉を告げた。
121016-12.jpg
Wさんの姿が見えなくなると、アスカはとぼとぼと引き返してきた。


ランは端然と座ったままWさんを見送っている。
121016-13.jpg
遊び盛りのアスカは構ってくれる相手がいなくなったのが寂しいのか、道路の方を凝視したまま動かない。


アスカはには2匹の兄弟がいたが、ユイは生まれたテント小屋に残り、一緒に移動してきたチャゲはある日突然姿を消した。
121016-07.jpg
だから今は、このエリアで母のランと2匹だけで暮らしている。だが、さすがに母親相手ではチャゲと同じような遊びはできない。


アスカにとってランは飽くまでも慕う相手であって、遊び相手ではないのだ。
121016-14.jpg
私も15年前に無二の弟を喪ったが、それでも小さい頃はよく遊んだものだ。


アスカも同じ年頃の遊び相手が欲しいのでは、と私は思っている。
121016-15.jpg
現在リンが育てている仔猫は、アスカにとって従兄弟に当たる。その中から遊び相手が現れるといいのだが‥‥。


そんなことを考えているときだった。母子の表情がにわかに緊張で固まったのは
121016-16_20130605074108.jpg
ランとアスカは目を大きく見開き、視線を一点に集中している。特にランの形相はにわかに険しくなった。


ランはその対象から一瞬たりとも目を離さず、視線を巡らせる。
121016-17.jpg
ランの視線を辿って、私はゆっくりと後ろを振り向いた。
そこにいたのは立派な体躯をしたキジ白だった。私はこのキジ白が以前このエリアで目撃した海岸猫だとすぐに分かった。



前回見かけたときは遠目だったので確認できなかったが、体付き、面構えなどからオスだと推察される。
121016-18.jpg
キジ白は我々に背を向けたまま、辺りを用心深く見回している。
その風貌からの連想で、私はこの海岸猫に“ムッシュ”という呼び名を付けた。



リンとランが産んだ雉トラ柄の仔猫の父親は、このムッシュだと私は睨んでいる。
周りから得た情報もそれを裏付けるものばかりだった。

121016-19.jpg
自分を孕ませたムッシュに対するランの目は殊の外険しい。


カメラを構える私を見つめる面持ちに緊張感など微塵もなく、不敵な面構えを崩さない。「図太い神経の、豪胆なヤツだな」というのが、私の第一印象である
121016-20.jpg
ムッシュがリンやランとともに、防砂林に住まう人のテントで暮らしていた眷族なのかはどうかの情報は得ていない。しかし、人馴れしていない性格からその可能性は低いだろうと私は思っている。


ムッシュは生粋の野良らしく警戒心が強く、一定の距離を侵犯すると逃げ去ってしまう。
121016-21.jpg
悠然とした足取りで私の目の前を横切ると、防風ネットの裂け目を潜り、以前と同じように防砂林の中へ姿を消した。


ランとアスカはムッシュの後ろ姿を見送る。
121016-22.jpg
アスカはムッシュが自分の父親だということを知っているのだろうか。


猫の場合、子供と父親の縁は希薄だ。稀に自分の子供を可愛がる父猫がいるが、通常は育児をすることはないし、我が子であっても父猫は相手をオスかメスで認識する。
121016-23.jpg
だからメスを巡って息子と喧嘩するし、発情したら娘とでも交尾しようとする。ただ自然界のメスには近親交配を察知する本能が備わっていてそれを忌避する。


だが限られたエリアで暮らす野良猫だと、近親交配が起こる確率は高くなる。
そういう意味でも野良猫の不妊手術は必要不可欠なのだ。

121016-24.jpg
父親のムッシュにはあまり関心を示さなかったアスカが、先程から興味津々の様子で目を瞠っている。


アスカが関心を寄せているのは帰り支度をしている釣人だ。
121016-25.jpg
だが、釣人は側に佇む海岸猫をまったく気にかけていない。今は釣果のことしか考えていないのかもしれない。


121016-32.jpg


落日間近の最後の陽射しを浴びて、ランは微睡みはじめた。
121016-26.jpg
避妊手術を受けたランは二度と発情しない。そんなランにとってムッシュはどんな存在なのだろう。


そして、ランとは違ってムッシュの血を受け継いだアスカは‥‥。
121016-27.jpg
ニンゲンの場合、『親の背中を見て子は育つ』と言われているが、猫の場合はどうなのだろう?


私が知らないだけで、今までもアスカはムッシュと接触を持っていると思われる。
121016-28.jpg
生体的にもムッシュの遺伝子を受け継いでいるアスカだから、彼から何らかの影響を受けるはず。


たとえ親としてでなくても、ムッシュは年長の先輩猫としてアスカに感化を与え続けるだろう。
121016-29.jpg
ちなみに私は、父を反面教師として生きてきたつもりだったが、周りの評価は意図に反して“よく似ている”だ。私自身も馬齢を重ねる度に、外見や性格だけでなく人生さえも父に似寄るのを実感する。


でも、『血は水よりも濃し』『血は争えぬ』『氏より育ち』『兄弟は他人の始まり』など眷族にまつわる数多ある諺のどれにも素直に諾えない私がいることもまた事実だ。
121016-30.jpg
一つの言葉で言い表すことができるほど眷族との関係は複雑で一様でないということだ。


ともあれ、ムッシュの存在が明らかになったことで、つくづくランに避妊手術を受けさせて正解だったと思う。
121016-31.jpg
そうなると、ますますリンとユイのことが気懸かりになる。猫は授乳中でも妊娠が可能なのだ。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『里親募集』

『大阪 Cat Story』の管理人Kiryuさんが、仔猫の里親さんを募集しています。


生後半年ほどの雌の黒猫。
猫エイズ、白血病とも陰性でワクチンの接種、避妊手術は終えています。

詳細は画像をクリックしてください。



関連記事