生きること・死ぬこと その八

2014年03月09日 09:00

これまで私に対して頑なに警戒心を解かなかったキジトラだったが‥‥、
その姿勢に変化が表れた。


そして ”その時” は、思いがけない形で突然おとずれた。


2013-10-109.jpg
相も変わらず、キジトラは拙宅に日参してくる。


この日も夕刻に姿を見せたので、食事の用意をして彼を迎えた。
2013-10-095.jpg
ところが、なにか気に入らないことでもあるのか、キジトラは不機嫌そうな面持ちで玄関先に体を横たえたまま身じろぎしない。


器にあるのはいつもと同じ銘柄のカリカリであり、量にしても不足があるとも思えず、だから私の饗し方に落ち度はないはずである。
2013-10-096.jpg
それにキジトラに警戒心を起こさせぬよう食器を扉の近くに置き、さらに私自身は彼のパーソナルスペースを侵さない十分な間合いをとっている。


ここまで気遣って遇してもその場に留まっているのは、そもそも腹は減っていないということか。
2013-10-097.jpg
そうならもっと好適な寛ぐ場所があるだろうし、簡易ながら犬走りにはねぐらを設置してある。
私とてやるべきことが無くはなく、いつまでもこうしてキジトラに付き合っている訳にもいかない。



そこで、扉に猫が通れるだけの隙間をのこして、その場を離れようとしたときだった。
2013-10-098.jpg
キジトラはおもむろに玄関に入ってくると、食器に鼻を突っこんだ。
このように猫の考えは我々ニンゲンには読めないし、けっして意のままに行動してくれない。



そもそもニンゲンと猫の間に、いわゆる主従関係というものは存在しない。
その行動から推すと、彼らは少なくともニンゲンとは対等以上の関係だと考えているフシがある。

2013-10-099.jpg
ボスが率いる仲間と群れて暮らしていた犬は、ペットになってもリーダーを必要とし、家族の中での自分の序列を認識する。だが単独で生きてきた猫にはそんなヒエラルキーの概念はない。


食事を終えたキジトラは後ずさりながら外へ出ていく。
2013-10-100.jpg


そして、先ほどの場所へ再び体を横たえた。
2013-10-101.jpg
食器の中を見ると、食べた量はほんの僅かである。


この猫にはどこかに “親” がいて、食事を与えられていることは当初から承知していたが、では何が目的でこの家を訪れるのか、未だに私は分かっていない。
2013-10-102.jpg
融通無碍に生きる猫にその理由を尋ねても詮無いが、だがやはりこのキジトラとの出会いに宿命めいたものを感じている私の心には蟠りが常にある。


2013-10-103.jpg
しばらく毛繕いをしていたキジトラだが、やおら起き上がると従容として去っていった。


この日私は、母が床に臥して以来荒れるに任せていた庭の手入れをしていた。
“手入れ” といっても、ただ不用になった植木鉢やプランターを片付けたり、伸びすぎた枝を適当に切り落とすだけである。

2013-10-111.jpg
というのも私が去ったあと容易に空き家と気取られないよう、少しでも見栄えをよくしようと思ってのことだ。


作業の途中何とはなしに視線を巡らしたら、いつの間に来たのか、キジトラが玄関先にぽつねんと佇んでいた。
2013-10-112b.jpg
「もうじき私はいなくなるけど、お前ならここで生きていけるよな」と私は自分に言い聞かせるように呟いた。


この家がある限り、私は今まで通りときおり帰ってくるつもりだし、また近い将来ここに移り住む可能性だってある。
2013-10-113b.jpg

2013-10-122c.jpg
『 このキジトラの登場は、私が近い将来下さなければならない、ある決断に影響を与えるかもしれない 』と以前述べた “ある決断” とは、終の棲家の選択のことである。


この子の為に実家を選ぶ、ということはないが、選考する際の一つのファクターではある。
2013-10-104.jpg
が、おっさんの一方的な想いなど自分には関係ないとばかりに、キジトラは無聊そうに大きなあくびをした。


私はキジトラのにべ無い態度に嘆息しつつ玄関扉を開けた。
2013-10-105.jpg
私の挙動を凝視するキジトラの表情は殊のほか険しい。
「念のために言うとくけど、扉を閉めてボクを監禁しようなんてしょうもないことしたら、家ん中メチャクチャにするで」と威嚇しているに相違ない。



彼がいつ来てもいいように、食器にはカリカリと新鮮な水を常に用意している。
2013-10-106.jpg
このように私としては出来る限り歓待しているつもりなのに、それでも未だキジトラから相応の信頼を得られないことが、ちょっぴり悲しかったりする。


適切な表現ではないかもしれないが、『 親の心子知らず 』という諺が脳裏をよぎった。
2013-10-107.jpg
しかし前回も述べたが、こういう猫の素気ない蠱惑的なところが人をして魅了せしむるのも事実である。


「このままの関係でいい」と私は独りごちた。
キジトラと今以上に近しくなると、情が移り、結果別れが一段と辛いものになるだろう。

2013-10-108.jpg
それにかろうじて安定を保っている私の心の振り子が、またぞろ揺れ動いてしまう。


犬走りに置いてあった簡易ねぐら、少し強い雨が降れば用をなさなくなる。
そこで中身を亡父のウール製の衣類に替え、外にあるロッカーの中を空けてそこへ設置した。

2013-10-045.jpg
ここなら雨に濡れることもなく、寒さもある程度は防げるだろう。
このねぐらをキジトラが気に入るかどうかは分からないが、ねぐらを持たないほかの子が使ってもイイと思っている。



数日後の明け方のことだった‥‥。
母の緊急入院をきっかけに帰省して以来、私は仏壇がある座敷で起居している。

2013-10-061.jpg
この日もとうに起床していた私は、その座敷に寝転んで本を読んでいた。


ふとふり返ったら、部屋の中を覗きこんでいるキジトラと目が合った。
ちなみに私は目覚めると、キジトラの為にすぐに玄関の扉を開ける。

2013-10-059.jpg
だからキジトラが家の中へ侵入したこと、それ自体は驚くにあたらない。


しかし、これまで警戒して式台にさえ近づかなかった彼が、上がり框を越え廊下にまで足を踏み入れたのには正直いって驚いた。
2013-10-060.jpg
この直後、私が一歩足を踏み出したところ、キジトラは足早に外へ出ていってしまった。


さらに数日後の宵の口‥‥。
2013-10-114.jpg


キジトラは食事を終えると先日と同じように上がり框にあがり、マットに体を横たえた。
2013-10-115.jpg
前回の反省をこめて、彼のパーソナルスペースを侵犯しないよう気をつけた。


「そこが気に入ったのなら好きなだけいるがいい」そう言い残した私は迂回して座敷に戻った。
2013-10-116.jpg
しばらくして廊下に出てみたら、キジトラの姿は既になかった。
ここ数日のキジトラの行動をみて、私は思った。ひょっとしたら彼の心もまた、私同様揺れているのではないか、と。



翌日から天候が崩れ二日間雨が降りつづいた。
2013-10-063b.jpg

2013-10-063c.jpg
雨を厭うキジトラは、その間一度も姿を見せなかった。


三日目の昼前には雨はあがり、鈍色の雲の合間から青空がのぞいていた。
2013-10-117.jpg


キジトラの姿を庭に認めた私は、外へ出ていった。
すると、まだ湿っているであろう枯れ草に横臥していたキジトラがおもむろに起きあがった。

2013-10-064.jpg
それから私の足許まで来ると、物言いたげな表情で私の顔を見あげる。


私は恐る恐るキジトラの頭に手を近づけていった。
なんとなれば、これまで何度か彼の体を触ろうとして、その度に猫パンチを繰りだされ、そのうちの何発かをくらって流血の憂き目に遭っているからだ。
ところが‥‥。





2013-10-120.jpg
意外なことに、キジトラはなんの抵抗もせずあっさりと私の掌を受け容れた。


私を見つめる名状しがたい彼の表情がなにを語っているのか、生憎私には読みとれない。
2013-10-121.jpg
こういうとき私の脳裏にはきまってある思いが浮かんでくる。
「村上春樹の小説に登場するナカタさんのように、猫語を完璧に習得できたらイイだろうな」と。



キジトラはとうとうその場に体を横たえた。彼が私に心を開いた瞬間である。
ただキジトラはこういう状況に場慣れしていないのか、動作が幾分ぎごちない。

2013-10-118.jpg
それに私をまだ完全には信用していない風で、視線は常に私へ注がれている。


やがて気持ちが和らいだのか、キジトラは腹を見せて体をクニクニしはじめた。
犬が腹を見せるのは服従の表現だが、猫の場合はそれと異なる。

2013-10-119.jpg
相手への信頼を意味しているが、大抵の場合「気持ちイイからもっと撫でろ」とか「なんか楽しいことをして遊んでくれ」と言っているのだ。
それもあくまでも自分はニンゲンより対等以上だと思っているから、懇願ではなく上から目線の強要である。



キジトラが突然態度を変化させ懐いてくれたことは嬉しいが‥‥、
手放しで喜んではいられない。
私の心の振り子が再び大きく揺れはじめたからだ。

加えて私は、実家を去る時期への早急な決断を迫られていた。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください


スポンサーサイト
関連記事