声 (中編)

2015年07月18日 18:00

私の心にはまるで性質の違う “二人の自分” がそれぞれ確固とした地歩を占めている。

一方は粗野で放埒な無法者、そしてもう一方は厳格で愚直な審判者といった風で、常に己の領地を広げようとせめぎ合っている。

彼らの力関係は本来拮抗しているべきなのだが、私の場合は “審判者” が優位に立っている精神的に不健全な状態にある。

それがために優勢な “審判者” は、私の行動に対しても鹿爪らしい説諭をくどくどとたれて指図する。

私がそこでいくら反論しようが赦しを乞おうが、こいつは厳格な態度を露ほども変えず、さらに舌鋒鋭く攻め立ててくるのだ。


ランの毛繕いが終わった。そこで我に返った私は声の主である “厳格な審判者” を退けるために意識を集中させる。





私の目論見を察した “厳格な審判者” が喚き始めた。

〔 うぬ、この不届き者め、話はまだ終わっておらんぞ!おぬしは分が悪くなるといつもそうやってそれがしを消し去ろうと‥‥ 〕

やがて “厳格な審判者” は、私の無意識の淵へゆっくりと沈んでいった。








《 まったくうっとうしい奴だ 》死んだ親父に似て、頑固で融通のきかない審判者と私は以前から馬が合わない。

嫌な奴ではあるが私のいわば理性を司っている。だから当然言っていることは至極まっとうで、議論してもいつも私が一方的に言い負かされる。





ただ奴に繰りかえし言われなくても、野良猫たちに対する自分の態度が傍観者的なのは十分承知している。

そのことで私がどれほど悩み、幾度自責の念に駆られたことか‥‥。









ランは私を置き去りにして防砂林の奥へと踏み入っていく。


いったいどこへ行こうとしているのか‥‥、私はあわててランの後を追った。



《 これじゃまるでストーカーだな。さしずめ記事タイトルは “防砂林のストーカー” とか “海岸の追跡者” になるのかな‥‥ 》

《 ふっ、陳腐だ、なんて有りふれた発想なんだ。独創性のかけらもありゃしない。凡庸もここに極まれりだ 》

《 “厳格な審判者” の言うとおり、私はしょせん創作界の落伍者だ、落ちこぼれだ!》
奴の声を聞いたあと、私は決まって露悪的な気分におちいる。






ここ防砂林では爪研ぎの道具に困ることはない。


爪研ぎを終えたランは頭を上げて辺りを見まわす。



だがそうしたところで周りには、喬木と灌木がニンゲンの意図した場所に神妙に佇んでいる光景があるばかりだ。


ランはやがて意を決したように足を踏み出すと、さらに防砂林の奥へと進んでいく。



ランに何か特定の目的があるとは、これまでの行動から推して思えないのだが、 “防砂林のストーカー” としては後を追うしかない。


ランは数メートル進んだところで歩みを止めると、その場に座り込んだ。



そして身じろぎひとつせず、前方の虚空をじっと見つめ始める。


ランは何を凝視しているのだろう。
もしかしたら今このときではなく、時間を遡って過去の出来事に焦点を合わせているのかもしれない。


私も記憶の糸をたぐり寄せる。やがて過去にこの防砂林へ入ったことを思い出す。


それは2013年の夏、母の緊急入院の知らせを受ける直前だった‥‥。




その頃のランとアスカの母子は、遥か昔アジア系の騎馬民族に追われたゲルマン人のように、西へ西へと居住地を移動していた。


だけど私が見当をつけて防砂林に向かって母子の名を呼ぶと、大抵すぐにふたり揃って姿を現してくれた。


ただそれは私を慕ってのことではなく、当時は決まったエサ場を持たなかった母子が私の持っている食べ物を求めての行動であったと思われる。


そしてこの日、人目につかない場所でふたりに食事をさせようと、今まで入ったことのないエリアの防砂林に私は足を踏み入れた。


そこは以前母子が暮らしていた開放的なエリアと違い、防砂ネットにきっちり囲まれた閉塞的な場所だった。


ランは何故安定して食事を与えてもらえるエサ場を放棄してまでエリアを移動しつづけているのだろう。

考えられるのは、先述のゲルマン人のように何者かの脅威からの逃避行である。


この日のランは食事中もしきりと周りの様子を窺う素振りを見せていた。


しかしこの母子に脅威を与えうる存在について、私はいかなる情報も得ていない。


当時ランとアスカが暮らしていたエリアの東には、姉妹であるリンとその家族が、のちに火災で消失することになるホームレスのテント小屋にいるだけで、それから先2キロほどはひとりの海岸猫もいない。

それにリンは子供を産んだばかりだし、また10カ月前に生まれた4にんの子供の中で里子に出せなかったふたりの内のひとりも、ほぼ同時期に5にんの子供を産んでいた。

 



残るひとりの子を私は一度も目撃したことがなく性別も分からないが、生後10カ月の子がランの脅威になるとは考えられない。

ときどき姿を見せるユキムラはまだ去勢していないが、彼はランが向かっている方角から出張ってくる。

ではいったいランは何を忌避して移動を決断したのだろう。



野良猫の天敵の中で最強かつもっとも残忍非道な生き物といえば、ニンゲンということになる。

そこでまず思い浮かぶのが海岸に居住しているホームレスだが、彼らは境遇の似た野良猫を相身互いと庇護する場合の方が圧倒的に多い。

つまり前例を見るまでもなく、大抵の場合野良猫を虐待することで愉悦を覚えるいわゆる “サイコパス” は、本性を善人面で糊塗して街から海岸へやって来るのだ。


このときアスカは1歳を迎えたばかりのまだ幼い海岸猫だった。


一緒に生を享けたふたりの兄弟とは既に生き別れていて、母とふたり防砂林を彷徨していた。

もともと寄る辺なき野良猫の身だが、遊び盛りのアスカにしてみればやはり同じ年頃の仲間が欲しいはずだ。


しかし野良猫として生きる術をまだ身に付けていないアスカには、母に従う選択肢しか残されていない。

最後のカットを撮影したあとに「今度会うときまで元気でいてくれよ」と海岸猫との別れ際にいつも言う台詞を心の中で呟いて私は防砂林を後にした。

だがこれがアスカを収めた最後の写真になるとは、そのときの私は夢にも思わなかった。


病院のベッドの上で何度も言っていた「サクラが待つ家に早く帰りたい」という母の願いは叶うことなく、入院からちょうど1カ月目の払暁に母は息を引き取った。

母の死去にともなう仏事や諸々の手続き、そして誰もいなくなる実家の片付け、さらに突然現れたキジトラの処遇などで私は実家に足止めされ、再び海岸を訪れるまでに10カ月を要した。





そして私が不在だったあいだに、アスカは行方知れずになっていた。

別のボランティアの人に話を訊いたところ、夕方から関東地方に記録的な大雪が降り始めた2014年2月14日の朝にアスカを見たのが最後だと言う。

その人は「雪に埋もれてしまったのでは」と心配したそうだが、雪が溶けてもアスカは発見できなかった。





あんなに母を慕っていたアスカだから自ら姿を消したとは考えられないし、また去勢手術を受けているのでメスを求めて遠くへ行くこともあり得ない。

おそらくそこには何かしらの外的な力が働いたと推測される。

その力の正体は何なのか?

良き心を持った者なのか、それとも悪しき心を持った者なのか‥‥。

ひょっとしたら、あのときランが警戒していた正体不明の脅威が、アスカを連れ去ったのではないかと思った。





アスカが行方不明になった事実を知って以来、私は強い罪の意識に苛まされつづけている。

そのために負った心の傷は瘉えることがなく、未だに鮮血を流している。





私の犯した罪について説明するには、さらに数カ月過去に遡らなくてはならない。

避妊手術を受けさせるためにランを捕獲したあの日まで‥‥。






このときはランだけに手術を受けされるつもりだったのだが、生後5カ月のアスカは母との別れを察したのか悲しい泣き声をあげてキャリーバッグから離れようとしない。

その様子を見ているうちに、私の心は激しく揺れ動いた。









〔 ふははっ、ついに罪状をおぬし自らが白状しおったな。いかにも、おぬしは猫のためなどと言っておきながら逆に苦しめておったのだ 〕

「またあんたか、消えたんじゃないのか?」

〔 ほほっ、うつけ者のおぬしをたばかるなど赤子の手をひねるよりもたやすきこと。姿を消したと見せかけて先刻からおぬし頭の中をこっそりと覗いておったのよ 〕

私の虚を突いて、またぞろ “厳格な審判者” が舞い戻ってきた。



〈つづく〉




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


『 ねこ 』 澤田かおり

歌詞が猫の視点で書かれていて、猫の気持ちが “少しだけ” 分かる。




澤田かおり:井上陽水のバックコーラスなどを経て、今年1月に「幸せの種」でメジャーデビューを果たした。
ちなみに彼女の母親は女優の沢田亜矢子である。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト
関連記事

声 (前編)

2015年07月05日 14:00

私の “内なる耳” に、ときおりどこからか “声” が聞こえてくることがある。

その声は、遥かな海域で生まれ、長い旅をした果てに浜辺へ打ち寄せる波のように、私の心を揺り動かす。

すると私は返答に窮し、まるで海図も羅針盤も無くした航海士のように為す術がなくなり、ただただ周章狼狽するばかりだ。

そうしていかなる道しるべもない大海原で独り漂流するうちに、私はひとつの考えにとらわれてしまう。

「ではいったい私はこれからどうすればいいんだ‥‥」と。


湘南海岸、夕刻。







私は防砂林の中にいた。そして私の目の前には、ひとりの海岸猫がぽつねんと佇んでいる。



私の気配を察知しているはずなのに、振り返ろうともしない。



私は灌木をかきわけて海岸猫の後ろへ回りこんだ。





ランはじろりと冷淡な一瞥を私に投げかけてきた。


いつものランなら私が訪れると近寄ってくるのに、この日はなぜかにべない態度だ。

最近は滅多に会いに来ない不実な私に、嫌気が差したのだろうか。


かといって、ランに対して「実は体調が悪くて来られなかったんだよ」などと言っても理解してくれないだろう。

野で暮らす海岸猫らにしてみれば、体調が悪いからといって、そのたびに臥していたら生きていけないのだから、そんな言い訳が通用するはずもない。


防砂ネットに囲まれた防砂林は風があまり通らず、夏場は蒸し暑い。



ランの目の前には防砂ネットの裂け目がある。そこから風が吹き込んでいるのが、破損したネットの動きで分かる。


猫には、そのときどきでもっとも快適に過ごせる場所を探り当てる、という能力が具わっている。

寒いときは暖かい場所を、そして暑いときは涼しい場所を見つける。だから家猫であれば、その家の中でもっとも居心地のいいところに我が身を置いているはずだ。







ランはやがて五体を完全に弛緩させて動かなくなる。


私は足音を忍ばせてゆっくりとランに近づいていった。



ランは野良猫らしくない極めて無防備な格好で眠っている。
猫は1日に複数回の睡眠と覚醒を繰り返す。こういう睡眠のとり方を『 多相性睡眠 』という。


いつなんどき外敵に襲われるか分からない野生動物はもちろんのこと、哺乳動物の8割方がこの睡眠方法をとっている。

ちなみに睡眠障害を抱える私の睡眠パターンも多相性睡眠といえなくもない。

野良猫の睡眠時間は家猫のそれに比べると4割ほど少ない。
そこで私はランの貴重な眠りの邪魔をしないために、防砂林を出て再び海岸へ足を向けた。



この日は強い風が海から吹いて、言うところの “風波” が白い波頭を立てている。



海から陸に向けて吹く風をサーフィン用語で “オンショア” といい、サーフィンには適していない。


だから海にサーファーの姿はなく、その代わりにウインドサーファーたちが海上を独占している。



ウインドサーファーたちは、カラフルなセイルで目には見えない空気の流れを巧みにとらえて海面を滑走していく。


サーフィンに適している陸から海に向かって吹く風を “オフショア” という。しかしウインドサーファーは、帰艇にテクニックを必要とするオフショアのときには海へ入らない。



サーフィンとウインドサーフィン、同じマリンスポーツでありながら風への対応が真逆というのが、素人からすれば不思議に思える。







考えてみれば、風の性質は “水” によく似ている。

風も水も常に高いところから低いところへと流れていく。

それも課せられた使命を果たすように、迂回を拒み実直に最短距離を選んで流れていく。

そして‥‥。





『 人生もまた、水の流れに似ている 』


私がしばらくして防砂林の中へ戻ると、ランは既に目を覚ましていた。

ただすげない態度はそのままで、そばに行っても私に背を向けてこちらを見ようともしない。







浅い眠りだったのでまだ眠気が残っているのか、それとも覚醒をうながすためか、ランは大きな欠伸をする。


そしておもむろに後ろ脚をあげると、毛繕いを始めた。



私は猫が毛繕いしているところを見るのが好きだ。まるで神聖な儀式を行っているような一意専心な態度と驚くほどの柔軟な身体の動きに、つい見入ってしまう。


そうやって私が忘我の境に浸っているときだった。
その心の隙を待っていたかのように、“あの声” が聞こえてきたのは。


水底か地底から発せられたようにくぐもっているその声は、実際の鼓膜ではなく、直接心に振動を伝えてくる。

私はそんな声など聞こえていないとばかりに、素知らぬふりをして何も応えないように努める。





しかし声の主は私のその場しのぎの対応を見抜いていて、悠然とそして執拗に語りかけてくる。

〔 はははっ、これは笑止、聞こえないふりなどしても無駄なこと。おぬしもこの声から逃れられぬことは承知しているはず 〕

私はその声を懸命に排除しようとする。でもそれは声の主が言うように無駄な行為だと私にも分かっている。





〔 おぬしはいったい何をやっておる。そうやって野良猫の写真を撮っては、適当な文章を書き加えて世間にさらす。それが誰かのためになるのか、社会のためになるのか、え? 〕

「猫たちのために自分のできる範囲のことをやっているだけだ」私は仕方なく口を開いた。

〔 くくっ、その言い訳じみた台詞、おぬしのような半端なニンゲンの常套句だな 〕

〔 気まぐれに食事を与え、気まぐれに可愛がる、おぬしのそうした恣意的な行為で猫たちが幸せになれると、本気で思うておるのか? 〕

《 痛いところを突いてくる‥‥ 》いつものように私は答に窮してしまう。





〔 毎日世話をするボランティアもいるから、おぬしがいなくてもここで暮らす猫たちはこれからも生きていける 〕

「私はだから、海岸猫とそれを援助するボランティアの実情を、できるだけ多くの人に知ってもらおうと考えてブログを書いているんだ」私は少し語気を強める。

〔 ふっ、片腹痛いわ、いっぱしのジャーナリストにでもなったつもりか。なるほど以前は某創作界の末席を汚していたおぬしだが、いまやその業界からも落伍したいわば落ちこぼれではないか 〕

〔 そんなおぬしに何を期待しろと言うのだ。今のままならそのブログとやらも飽いたら途中で投げ出すのがオチだ 〕

私は再び反駁の言葉を飲み込んでしまう。





〔 おぬしが実際に猫のためにした善行は、茶シロの海岸猫を家族に迎えたことと、扁平上皮癌に苦しむミリオンに手術を受けさせるきっかけを作ったことくらいだ 〕

私は言葉を必死で捜す。「それじゃ、私が今までやってきたことはほとんど無意味で、もう海岸猫と関わらない方がいいと言うのか?」と自嘲気味に、そして少し投げ遣りな口調で言った。

〔 そこまでは言うておらぬ。どんな形態にしろ実際的に野良猫たちへ救いの手を差し延べるよう諭しておるのだ 〕

「だから何度も言っている、私にはこれ以上のことはできないと」私は食い下がる。

〔 おぬしがまだそう思うておるなら訳知り風に野良猫のことを語るのはやめることだ。ただの傍観者にその資格などないわ! 〕

私は開き直り、逆に問いただした。「そこまで言い切るあんたは何者なんだ?」

〔 ふん、この期に及んでまだとぼけるつもりなのか。おぬしには分かっているはずだ、この声の主が誰なのか 〕

そう、私は知っていた。声の主の正体を‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事