独りの朝

2010年01月22日 17:23

AM6:40 今朝の湘南海岸は、鈍色の雲に覆われていかにも寒々しい。
昨日が異様な暖かさだったので、よけいに寒さを感じてしまう。

風景100122-01.jpg
東の空には厚い雲が居座り、日の出も見られそうにない。


エサ場に足を踏み入れようとしたら、いきなりミケが走り寄って来て、甘えた声で鳴きながら私の足元で回り始めた。
ミケエリア100122-01.jpg
「おい、ミケどうした?目が回るから落ち着けよ」


ミケの様子がいつもと違っている。
ミケエリア100122-02.jpg
「ミケ、何かあったのか?」
「また、チビ太郎が現れたのか?」



サンマの様子を見に行くと、ねぐらにいない。
ミケエリア100122-03.jpg
ふと見ると、変なモノがぶら下がっている。


反対側へ回ってみると‥‥‥
ミケエリア100122-04.jpg
要約すると、サンマが動物病院に入院したとの報せだ。
鼻炎の治療のためだろう。



それで、今朝のミケは様子がおかしいのか‥‥?
ミケエリア100122-05.jpg
しかし、ミケはサンマのことを嫌っている。
嫌いなヤツがいなくなれば清々するはずだが‥‥‥
あんなヤツでも、急にいなくなったら寂しさを感じるのだろうか?



風景100122-02.jpg


それでも食欲はある様だ。
ミケエリア100122-06.jpg


散歩おばあちゃんの訪問。
ミケエリア100122-07.jpg


「ミケ、サンマがいなくなって寂しいのか?」
ミケエリア100122-08.jpg
ミケの表情からは何も読み取れない。


何だか元気がないので、追加のエサを与える。
ミケエリア100122-09.jpg


ミケはエサを食べ終えると、東側の柵の中に座り込んでしまった。
ミケエリア100122-10.jpg
陽はまだ射していないが、エサ場の外へ無理やり連れ出した。



そこへdodoさんがやって来た。
ミケエリア100122-11.jpg
ミケは、dodoさんに自ら近づいて甘える仕草を見せる。


ミケは、サンマのことをどう思っているのだろう?
ミケエリア100122-12.jpg
「ミケ、サンマはチビと違って、いずれ戻ってくるからな」
果たして、それがミケにとって良いことなのか悪いことなのか、私には窺い知れない。



玄ちゃんが、玄パパさんに連れられて通りかかった。
玄ちゃん100122-01.jpg
今日も、ちゃんとお座りができた玄ちゃんでした。


ミケエリア100122-13.jpg
「ミケ、明日は時間があるからゆっくり相手してやるからな」


風景100122-04.jpg


ボスは、ホントに何処かへ行ってしまった様だ。
ボスエリア100122-01.jpg


風景100122-05.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | -

     wabiさん、こんばんは。

     サンマくん、入院したんですね。
     前日の記事でも食事もとらず、体調悪そうでしたものね。
     早く戻ってこられるといいですね。

     ミケちゃんも、ひとりだと寂しいし、心細いんだと思います。
     あのグルグル、せつなさが出てます。
     サンマくんが早く良くなりますように。

     ボスも心配ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/109-725541f0
この記事へのトラックバック