接近

2010年01月26日 18:20

AM6:35 海も凪いで穏やかに見えるが、冷たい北風が肌を刺し、体感温度は低い。
風景100126-01.jpg
今朝もサーファーの姿はない。


寒さを我慢した褒美だろうか、今日もきれいな日の出の瞬間を見ることができた。
富士も朝陽を浴びて朱に染まる。

風景100126-02.jpg


今朝のハナちゃんは寒さのせいか、尻尾の振りがいつもより小さい。
はなちゃん100126-01.jpg
『無理やりアップ撮影』にハナちゃんは不機嫌顔。


私がエサ場に来るのを待っていたかの様に、ミケが柵の陰から顔を出している。
ミケエリア100126-01.jpg
今日は『足元グルグル』をしないで迎えてくれた。


そこへ、「おはようございます」と明るい声で湘南ぶぅさんが現れた。
湘南ぶぅさんは、昨日帰国したと言う。

ミケエリア100126-02.jpg
湘南ぶぅさんは時差ぼけのせいか、今朝は寝坊したそうだ。


ミケがエサを食べているあいだ、離れたところでおとなしく待っているサンマ。

ミケエリア100126-03.jpg
入院のせいで意地汚い性格が治ったのか‥‥?


サンマがエサを食べているところへdodoさんがやって来た。
ミケエリア100126-04.jpg
そして、サンマをナデナデ。


今日も、てんちゃんがエサ場を訪問してくれた。
ミケエリア100126-05.jpg
サンマは犬が側にいても“平気の平左”だ。


長靴おじさんがミケの様子を見に来た。
ミケエリア100126-06.jpg


そして、久し振りにゆきママさんに会うことができた。
ミケエリア100126-07.jpg
ミケはゆきママさん手ずからエサを貰う。
「サンマ、邪魔するんじゃない。お前の意地汚さはやっぱり治ってないなぁ」



今日もサンマがミケに近づき、求愛の眼差しで見つめる。しかし、ミケは横を向いてシカトしている。
ミケエリア100126-08.jpg
サンマは後ろを向き、うな垂れる。


ミケもサンマに背を向けてしまった。
ミケエリア100126-09.jpg
「サンマ、諦めるな!」


そんな私の気持ちが通じたのか、サンマは再びミケの方に向き直った。
ミケエリア100126-10.jpg
果たして、サンマの想いはミケに通じるのか?


2匹はしばらくジッとしていたが‥‥
ミケエリア100126-11.jpg
ミケがおもむろに立ち上がり、その場を離れた。


そして、そのままエサ場の奥へ行ってしまった。
ミケエリア100126-12.jpg
独り残されたサンマは、今にも泣き出しそうな表情をしていた。


風景100126-03.jpg


そんなサンマの眼が見開かれた。
ミケエリア100126-13.jpg
ミケが戻って来て、サンマと向き合っている。


ミケエリア100126-14.jpg
「サンマ、ミケと仲良くするんだぞ」


ミケエリア100126-15.jpg
ミケとサンマの距離が少しだけ縮まった。


風景100126-04.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. NKC | URL | -

    こんばんは!
    サンマちゃんの(病院で出来た?)傷の具合はいかがですか?
    お写真で拝見すると、鼻水も少し良さそうに見えますね^^

    サンマちゃんの泣き出しそうな顔に、
    何だか私まで泣きそうになってしまいました(^^;
    でも、ミケちゃんから側に戻ってきたんですね。
    今度はうれし泣きしそうになりました。
    サンマちゃん、頑張って!

  2. wabi | URL | -

    NKCさんへ

    NKCさんコメントありがとうございます。

    サンマの傷はほぼ癒えた様です。

    鼻の具合も以前より良くなっています。
    相変わらず鼻をフガフガと鳴らしていますが、鼻水は出なくなりました。

    ミケを追いかける様な行動も退院した日以降は見られなくなり、以前の消極的な態度に戻りました。
    あの悲哀を感じさせる表情も以前のままです。

    ミケも少しサンマに優しくなった様な気がします。
    私も二匹が付かず離れず仲良く暮らしてくれることを願っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/116-c62d4235
この記事へのトラックバック