学習

2010年02月04日 19:08

AM6:40 今日の湘南海岸も底冷えのする朝を迎えている。
砂浜に霜が降りて、不規則な模様を作っている。

風景100204-01.jpg
今朝はサーファーの姿はない。海面からは水蒸気が立ち昇っている。


そんな冷たい砂浜をハナちゃんは今日も元気に散歩している。
ハナちゃん100204-01.jpg


ハナちゃんは気に入った小石を探すために砂を掘りはじめた。
ハナちゃん100204-02.jpg
一心不乱に掘りつづけるハナちゃん。そして気に入った小石を見つけた。


陽が昇ってくる。
風景100204-02.jpg
『体操おじいちゃん』は今日も朝陽に向かって我流の体操をしている。


ミケのエサ場に猫兄ちゃんが来ていた。
ミケエリア100204-01.jpg
私が日曜日にボスに会ったことを伝えると、安堵の笑みを浮かべる。


「ミケ、おはよう」
ミケエリア100204-02.jpg


ミケエリア100204-03.jpg


サンマもすでに目覚めていた。
ミケエリア100204-05.jpg


dodoさん、higehiroさん、そして散歩おばあちゃんが揃った。
ミケエリア100204-06.jpg


散歩おばあちゃんはサンマも撫でるようになった。
ミケエリア100204-07.jpg


higehiroさんもミケをナデナデ、ゴシゴシし‥‥、
ミケエリア100204-08.jpg
サンマの咽をグリグリする。


ミケエリア100204-09.jpg


玄ちゃんがエサ場を訪問。ミケは柵の隅に避難する。
ミケエリア100204-10.jpg


サンマは玄ちゃんが近づいても逃げないでいる。こいつは何故か犬を恐れない。
ミケエリア100204-11.jpg
サンマは、今日も玄ちゃんに眼(ガン)をつける。


ミケエリア100204-12.jpg
サンマは玄ちゃんがエサ場を離れても、しばらく睨みつづけていた。


サンマは次にミケを睨みはじめた。
ミケエリア100204-13.jpg
「おいおい、またアレが始まるんじゃないだろうなぁ」


ミケもサンマの視線を感じて、睨み返す。
ミケエリア100204-14.jpg
二匹の睨み合いは5分以上に及んだ。


風景100204-04.jpg


ミケが毛繕いに専念している隙にサンマはゆっくりと歩を進めていく。

ミケエリア100204-15.jpg
そして、ついにサンマはミケの傍らに近づくことに成功した。
ミケは毛繕いに夢中でサンマの存在に気がつかない。
私の「ミケ、サンマが側にいること分かっているのか?」という言葉にもミケは反応しない。
二匹は1分近くそうしていた。



やっとサンマの存在に気がついたミケが猫パンチを放つ。
しかし、サンマが一瞬速くうしろに避け、ミケのパンチは空を切る。

ミケエリア100204-16.jpg
そして次の瞬間‥‥、


ミケは柵の上へ跳んだ。
三日連続だと大きなフォントでキャプションを書くのも気が引ける。
ミケエリア100204-17.jpg
「ミケ、いちいちこっち見なくていいよ」


ミケエリア100204-18.jpg


ところが、今日のサンマは一昨日、昨日と違っていた。
ミケエリア100204-19.jpg
素早くその場を離れるサンマ。


私があとを追うと、サンマは発泡スチロールの上で何もなかった顔をしている。
ミケエリア100204-20.jpg
そして、私が写真を撮るために植え込みに入ろうとしたら、サンマ自らねぐらに潜り込んだ。
私に首根っこを掴まれるのを嫌がったのだろう。サンマにも学習能力があったというわけだ。



ミケエリア100204-21.jpg
「ミケ、お前も鈍いヤツだなぁ」


ミケエリア100204-22.jpg


ミケはさっきと同じところの毛繕いをはじめた。
ミケエリア100204-23.jpg


ミケエリア100204-24.jpg
ミケは私が帰るのを道路に出て見送ってくれた。


風景100204-03.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/126-89eaf498
    この記事へのトラックバック