穏やかな午後のはずが

2010年02月24日 22:13

PM3:30
雲ひとつない青空に燦々と輝く太陽。湘南海岸の午後は春を思わせる陽気だ。

風景100224-01.jpg


ミケは東側の植え込みにいた。
ミケエリア100224-01.jpg
柵の中に入ってみると、サンマが側にいた。また、ミケに近づこうとしているようだ。


名を呼ぶとミケは植え込みから出てきた。
ミケエリア100224-02.jpg


そこへ、Ike君がやって来た。
ミケエリア100224-03.jpg


彼は毎日このエサ場に来ているのだろうか?
ミケエリア100224-04.jpg
Ike君もミケのことがよっぽど好きなのだろう。


ミケは日向で毛繕いを始めた。
ミケエリア100224-05.jpg


以前にも見せたことがある、ミケの悩殺ポーズ。
ミケエリア100224-06.jpg


Tおじさんが二匹のためにエサを持って来た。Tおじさんにしては時間が早い。
ミケエリア100224-07.jpg
サンマが気配を感じて外に出てきた。


サンマはTおじさんの足にまとわりつく。
ミケエリア100224-08.jpg


Tおじさんから缶詰をもらうサンマ。
ミケエリア100224-09.jpg
ミケは、その様子を冷ややかな表情で見つめる。


サンマはTおじさんさんのエサに口もつけず、西へ向かってスタスタ歩いていく。
ミケエリア100224-10.jpg
サンマがエサに口もつけないなんて珍しいことがあるものだ。
あのサンマの歩き方は、何か目的があるような感じだ。
元棲んでいた西のエサ場に行くつもりかも知れない。



ミケは日向ぼっこを続けている。
ミケエリア100224-11.jpg


そこへ、可愛い女の子が興味深そうにミケに近づいて来た。
ミケエリア100224-12.jpg
初めて会う子供にナデナデされても、ミケはおとなしくしている。


以前何度か会ったのことのあるおじさんがエサ場を訪れた。
ミケエリア100224-13.jpg
おじさんは「仕事が忙しくて、久しぶりに来ました」と言う。
このおじさんもミケのファンである。以前会ったときは一眼レフを手にしていた。



Tおじさんは西のエサ場へ向かった。
ミケエリア100224-14.jpg
そして『カメラおじさん』も帰っていった。


入れ違いにあらしさんがエサ場にやって来た。
ミケエリア100224-15.jpg
彼女もほぼ毎日ミケとサンマのためにエサ場を訪れる。


水の入った空缶を前にちょこんと座るミケ。
ミケエリア100224-16.jpg
あらしさんにササミのジャーキーをもらう。ミケの好物らしい。


ミケが東を向いて動かなくなった。
ミケエリア100224-17.jpg
何かの気配を感じたようだ。


あらしさんがチビ太郎を発見した。
私がネットの北側を回って植え込みを覗くと、チビ太郎と目が合った。

ミケエリア100224-18.jpg
エサをやればおとなしく家に帰るだろうと思い、エサを取り出しチビ太郎に見せた。
しかし、私が一歩近づいた瞬間にチビ太郎は逃げてしまった。



ミケエリア100224-21.jpg


ミケはしばらくの間、チビ太郎が消えた東側の植え込みをジッと見ていた。
ミケエリア100224-19.jpg


チビ太郎が戻ってこないと判断したのか、ミケはサンマの小屋に入った。
ミケエリア100224-20.jpg
「ミケ、どうして自分の小屋に入らないんだ?」「こっちの小屋が気に入ったのか」
ま、サンマと諍いを起こさなければ、どっちで寝てもいいさ。



風景100224-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/146-16ff2d38
    この記事へのトラックバック