早い者勝ち

2010年03月03日 21:41

PM3:05
今日の湘南海岸は昨日とは打って変わって、青空が広がっていた。
しかし天気は早くも明日から下り坂で、今週は愚図ついた空模様が続きそうだ。

風景100303-01.jpg
海は凪ぎに近く、サーファーの数は少ない。


ミケのエサ場には、ミケもサンマもいない。
サンマは最近出かけることが多いが、ミケがいないのは珍しい。

ミケエリア100303-01.jpg
東側の植え込みで名を呼んだが出てくる気配はない。
エサ場の近くの防風林も捜したが何処にもいない。



東側の植え込みを捜していると、一匹の野良に遇った。
まともに顔を見るのは初めてだが、この辺にいるキジトラといえばボスの母猫しかいない。
本来この野良はミケのエサ場の西にいるはずだが‥‥

ミケエリア100303-02.jpg
ボスの母猫は警戒心が強く、世話をしている猫おばさんにしか懐かない。
顔はボスによく似ている。



ラチエン通りに抜ける道まで捜したが、ミケは見つからない。
ミケエリア100303-03.jpg


私がエサ場に戻ると、KおじさんとKおばさんが二匹の様子を見に来ていた。
ミケエリア100303-04.jpg
ふたりは、二匹がいないのを残念がりながら帰っていった。
私は心配なので、しばらくエサ場にとどまることにした。



風景100303-04.jpg
20分ほど待って、私も帰路に就くことにした。


私は念のため、植え込みを覗きながら歩いた。
すると、エサ場から西に20mほど離れたところにミケがいた。

ミケエリア100303-05.jpg
ミケは丸くなって眠っていた。


私が声をかけると、ミケはおもむろに起き上がった。
ミケエリア100303-06.jpg
「ミケ、心配したぞ。今日はどうしてこんな所にいるんだ?」
私はその時、ボスの母猫の姿を思い浮かべた。ミケはボスの母猫を避け、西側の植え込みにいたのではないだろうか。



あらしさんが来ていた。
ミケエリア100303-07.jpg


ミケはエサ場に戻ってきた。
ミケエリア100303-08.jpg
「コノヤロウ、心配させやがって」


いきなりの爪とぎだ。
ミケエリア100303-09.jpg


爪とぎのあと、ミケは牛乳を飲みだした。
ミケエリア100303-10.jpg
ミケはしばらく牛乳を飲み続けた。


そしてミケが柵から出ようとしたところへ、今度はサンマが戻ってきた。
ミケエリア100303-11.jpg
サンマはあらしさんに擦り寄っていった。


あらしさんから好物のカツブシをもらうサンマ。
ミケエリア100303-12.jpg


ミケは、そのサンマの様子を遠くから見つめている。
ミケエリア100303-13.jpg


ミケが急にサンマに近づき、威嚇の唸り声を出した。
ミケエリア100303-14.jpg
サンマはたじろぎ、その場を離れた。
しかしミケはサンマの残したエサには口もつけない。



今度は水を飲んでいたサンマを押しのけ水を飲みだした。
ミケエリア100303-15.jpg
サンマに対する嫌がらせか?


ミケエリア100303-16.jpg
あらしさんに好物のササミのジャーキーをもらったが、ミケは舐める程度で食べようとしない。


サンマが近くにいるから食べないのかと思い、離れたところにエサを移した。
しかし、やはり食べない。

ミケエリア100303-17.jpg
そして何故か私の足元にきて座りこんだ。


あらしさんは帰り際に、サンマとミケを撫でる。
ミケエリア100303-18.jpg


ミケエリア100303-19.jpg
ミケは耳を後ろに向け、警戒モードだ。


ミケの後ろにはサンマがいる。
ミケエリア100303-20.jpg
ミケはやおらその場を離れ、サンマの小屋に近づいていく。


そしてサンマの小屋に入ってしまった。
ミケエリア100303-21.jpg


ミケエリア100303-22.jpg
しばらくすると、ミケは体を丸くし眠りについた。


風景100303-03.jpg


サンマは自分の小屋にミケが入っているの見て、困惑顔だ。
ミケエリア100303-23.jpg
昨日と逆のシチュエーションに私は苦笑してしまった。
この小屋は二匹のお気に入りだ。それは入り口が小屋の隅にあり、風が入り難いからだと思われる。



今日あらしさんが新しい小屋を持ってきてくれた。
ミケエリア100303-24.jpg
あらしさんは入れなかったらカッターで入り口を広くすると言ったが、問題は入り口ではない。
この小屋は奥行きがなく、ミケもサンマも中で丸くなって寝ることができそうもないのだ。

【私信】
あらしさん、エサ場でも言いましたが、ねこタカイさんがサンマと同じ小屋を作ってくれているそうです。その時は、この小屋を捨ててもいいとおっしゃいましたが、暖簾も含めて何かに利用させて頂きます。
【私信その弐】
ねこタカイさんへ。
そんな訳なので、ミケ用の小屋のことよろしくお願いします。
追伸:できれば入り口を右隅に作ってください。
柵とネットがあるのであまり影響はないと思いますが、ここは南西の強風が多いからです。
それと置き場所ですが、今あるピンクの小屋を移動して、そこへ置いてください。
雨避けの傘がそこに固定してありますから。
そしてあらしさんの作った小屋の暖簾を活かしてくださるようお願いします。


サンマは松の根元に座りこんでいる。
ミケエリア100303-25.jpg
「サンマ、今日はミケのピンクの小屋で我慢しな」


風景100303-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ミケの新居

     本日、朝より発泡スチロール箱を探しに、スーパー廻り。
    ミケがゆったりと寝ることの出来るサイズが見つからズ!

    サンマちゃんの小屋は近所の魚屋さんにお願いして、市場で探して
    きて頂いた物です。それと同様のサイズはなかなかスーパーには無いのです。残念無念ねこネンネ??

    よって、二個いちの小屋を作る事にしました。(二つの箱を一つに)本日、昼前ぐらいに竣工致します。
     

  2. ミケの新居竣工

     ちょっと大きめの新居になってしまいました。 作っている時は
    小さいのでは?と思いましたが、ミケに中へ入ってもらったら以外と
    余計な空間が出来てしまいました。寒いかな?・・

     サンマちゃんを見て発見したことがあります。
    頭を左、しっぽを右 の位置からサンマを見ると、なんと相模湾の柄に見えます。横浜の港辺りから沼津辺りまでと

  3. wabi | URL | -

    ねこタカイさんへ

    新居の製作、本当にご苦労様でした。

    『大は小を兼ねる』と言いますから、小さいより良かったと思いましょう。(笑)
    ミケもシールが乾いたら入ってくれるでしょう。

    エサ場でも伺ったサンマの模様、今度確かめてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)