新居

2010年03月04日 21:36

PM3:25
湘南海岸は灰色の低い雲にすっぽりと覆われている。
その灰色の雲から、時折雨粒が落ちてくる。

風景100304-01.jpg
吹く風が冷たく、気温も低い。


ミケのエサ場は静まり返っていた。
ミケエリア100304-00.jpg
ざっと見回してみたが、二匹の姿は見えない。


ミケの新居が届いていた。ねこタカイさんが作ってくれたものだ。
入り口の横には、表札までついている。

ミケエリア100304-01.jpg
他にも門柱らしきモノや、飛び石らしきモノまでついている。


その新居の主は、何故か独り防風林の中にいた。
ミケエリア100304-02.jpg
「ミケ、そんなところで何してんだ?」


するとミケは爪とぎを始めた。
ミケエリア100304-03.jpg


今日のミケは、やたらとカメラ目線が多い。
ミケエリア100304-04.jpg
ミケは私に「ちゃんと撮ってる」とでも言いたいのだろうか?


そこへ甘えた声を出しながら、サンマが戻ってきた。
ミケエリア100304-05.jpg
今日もどこかへ出かけていたようだ。


サンマは自分の小屋に潜りこんだ。
ミケエリア100304-06.jpg
小屋の中は、ねこタカイさんのセットしてくれたカイロのお陰で暖かい。


ミケは防風林の中でぽつねんとしている。
ミケエリア100304-07.jpg


しばらくすると、ミケは水を飲むため小屋の前に戻ってきた。
ミケエリア100304-08.jpg


そこへねこタカイさんがやって来た。ミケの新居はお昼頃に設置したとのこと。
今度は波の様子を見に来たのだと言う。そう、ねこタカイさんはサーファーだ。

ミケエリア100304-09.jpg
ねこタカイさんは、ミケの新居は二つの箱を使って作ったため、継ぎ目にシール(コーキング剤)を使用したと言う。
「そのシールの匂いが残っているから、ミケが小屋に入らないのでは」とも言った。
シールは一日あれば完全に乾く。明日の天気は雨のち晴れ。最高気温が20℃を超えるらしい。明日の午後にはシールの匂いも消えているだろう。



小屋の中のサンマは熟睡している。
ミケエリア100304-12.jpg
暖かい寝床があるこいつは、幸せな野良だ。
ねこタカイさんの話では、今日もサンマは先日Kおじさんが目撃した、ミケのエサ場から西に500mほど離れたところにいたそうだ。
そこで、ねこタカイさんがサンマを自転車のカゴに入れて連れ帰ったと言う。
やはりサンマは元のエサ場に頻繫に戻っているようだ。



ミケは私たちの様子を、離れたところからジッと見ている。
ミケエリア100304-10.jpg


ミケエリア100304-11.jpg


ミケは小屋には入らず、木の根元に座っている。
ミケエリア100304-13.jpg


雨脚が強くなってきた。
ミケエリア100304-14.jpg
ミケは潅木の下に移動し、雨をしのいでいる。
「ミケ、ねこタカイさんがピンクの小屋にカイロをセットしてくれたから、今日はそっちで寝ろよ」



さっきまで見えていた江ノ島は、雨に霞んでその姿を消していた。
風景100304-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. atsushi | URL | mQop/nM.

    素敵な新居ですね。
    いろんなところで猫のお家を見かけますが、
    今まで見た中でこんなに手の込んだ素敵な家は見たことないです。

    早く中で寝ているミケの写真が見たいです。

    P.S. サンマが戻ってきた時はほっとしました(笑)

  2. wabi | URL | -

    atsushiさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミケの新居をエサ場で実際に見たときは、その凝りように驚きました。
    ねこタカイさんも楽しんで作ったと思います。

    記事に書くのを忘れていましたが、今日もサンマはエサ場から500mほど西にいたのをねこタカイさんが発見し、自転車のカゴに入れて連れ帰ったそうです。
    どうやらサンマは元いた西のエサ場へ頻繫に戻っているようです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)