傷心

2010年03月17日 21:41

PM3:40
今日の湘南海岸は昨日とは打って変わり、吹く風が冷たく冬に逆戻りしたような寒さだ。

風景100317-01.jpg


柵の外で日向ぼっこしているミケが見えた。
ミケエリア100317-01.jpg
「おっ、サンマも一緒だ」


今日も、ミケとサンマは微妙な距離をおいている。
ミケエリア100317-02.jpg
ミケは私の足に擦り寄ってきた。


すると、今まで閉じられていたサンマの眼がカッと見開かれた。
そして、いつもの獲物を狙う眼つきになった。

ミケエリア100317-03.jpg
サンマはミケに向かって、ゆっくりと近づいていく。
いつも思うが、サンマのこの急変は何がきっかけで起きるのだろう?



ミケは植込みへ逃げこんだ。
ミケエリア100317-04.jpg
振り返ったミケの眼には、嫌悪と怒気が満ちている。


その眼の迫力に臆したのか、サンマは引き下がった。
ミケエリア100317-05.jpg
この直後、サンマは悲しい鳴き声を上げながら、西の植込みの奥へと消えた。
私はサンマのあとを追った。



サンマは、まだ悲しげな声で鳴いている。
ミケエリア100317-06.jpg
サンマは、さらに西に向かって行く。


植込みから出てきたサンマは、防風林の中へ入っていった。
ミケエリア100317-07.jpg
「ん、何飲んでんだサンマは?」


それは細工したペットボトルに入った水だった。
ミケエリア100317-08.jpg


水を飲み終えたサンマは、西へ向かって歩を進めていく。
ミケエリア100317-09.jpg
時々、マーキングをしながら‥‥


そのうち、小さな陽だまりがある場所に出た。
ミケエリア100317-10.jpg
サンマは、そこへ座りこんだ。


ミケエリア100317-11.jpg
そして、眼を閉じた。


ミケエリア100317-12.jpg
「サンマ、お前のミケへの気持ちは分かるが、ミケはお前のことを気に入っていないんだ。もういい加減諦めろ」


サンマの横顔からは、何も読み取れない。
ミケエリア100317-13.jpg
私は、サンマの側からゆっくりと離れていった。


エサ場に戻ると、ミケが小走りで近づいてきた。
ミケエリア100317-14.jpg


私はそのまま、風が吹き込まない防風林へと、ミケを誘った。
ミケエリア100317-15.jpg
「ミケ、今日は寒いからここのほうがいいだろ?」


そのうち、その場所にも小さな陽だまりが現れた。
ミケエリア100317-16.jpg
逆光の中、ミケの毛が光を帯びたように輝きだした。


ここへ来ると、いつもミケは松の木で爪を研ぐ。
ミケエリア100317-17.jpg


私とミケは、この場所でしばらく時間を過ごした。
ミケエリア100317-18.jpg


私だけがエサ場の様子を見に戻ると、サンマが帰ってきていた。
ミケエリア100317-19.jpg
「ま、それだけ食欲があれば大丈夫だ」


サンマは、お気に入りの場所に座りこんだ。
ミケエリア100317-20.jpg


そこへ初対面の女性が、ミケとサンマのためにエサを持って訪れた。
ミケエリア100317-21.jpg
話を訊くと、このHさんは何年も海岸猫の世話をしていると言う。
自身も湘南海岸から6匹の野良を引き取り飼っている。
以前は近くに住んでいたが、今は藤沢から時折湘南海岸の猫の様子を見に来ている。
ミケやサンマのことにも詳しく、ミケの歳が13歳くらいで、サンマはまだ5歳になっていないことも教わった。
耳疥癬に罹っているミリオンを、近々病院へ連れていきたいとも言う。
また、チビは庭がある家で暮らし、その庭で元気に遊んでいることも教えてくれた。
「チビ、いい家にもらわれてよかったな」



風景100317-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

     おはようございます。

     今回の爪とぎシーンは「松の木の下に」で、ミケちゃんが松を揺らして松ぼっくりを落としているようにも見えますね。
     サンマくんは「恋人探しの旅」がうまくいかなかったんですかね。
     大変だなあ。ミケちゃんとは年が離れすぎているし。
     チビちゃんは幸せに暮らしていて、よかったですね。

  2. wabi | URL | -

    返信

    Kiryuさんへ

    コメントありがとうございます。

    >  今回の爪とぎシーンは「松の木の下に」で、ミケちゃんが松を揺らして松ぼっくりを落としているようにも見えますね。

    私には力士のツッパリ稽古に見えました。(笑)

    >  サンマくんは「恋人探しの旅」がうまくいかなかったんですかね。
    >  大変だなあ。ミケちゃんとは年が離れすぎているし。

    ミケの歳は10歳以上なのは知っていたのですが、サンマが意外と若いのには驚きました。
    爺さんみたいな表情が多いので、もっと歳とっていると思ってましたから。

    >  チビちゃんは幸せに暮らしていて、よかったですね。

    この話にはホントに安心させられました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/168-bb4dfac5
この記事へのトラックバック