徒労

2010年04月03日 22:14

PM 02:50
今日の湘南海岸は、青空と燦々と降りそそぐ陽光で迎えてくれた。
おしむらくは海風が冷たく、上着なしでは肌寒い。

風景100403-01.jpg


ミケのエサ場に着いたとき、まず目に入ったのはサンマの後姿だった。
ミケエリア100403-01.jpg
サンマは、そのまま東側の植込みへ入っていった。


そこへ、KおじさんとKおばさんがやって来た。
ミケエリア100403-02.jpg
サンマは植込みの奥へ姿を消してしまった。


Kおばさんがエサ場で釘を発見し、他に落ちてないか探している。
ふたりは、このエサ場に来るたびに釘を拾っている。

ミケエリア100403-03.jpg
私も一本発見した。


Kおばさんは、一足先にエサ場をあとにした。
ミケエリア100403-04.jpg
Kおじさんと立ち話をしていると、可愛い訪問者が舞い降りてきた。


Kおじさんは、Kおばさんと待ち合わせている場所へ向かっていった。
ミケエリア100403-05.jpg


ミケはよしずの上で丸くなって眠っていた。
ミケエリア100403-06.jpg


私の訪問を知ったミケは顔を上げた。
ミケエリア100403-07.jpg
あくびをしたあと、おもむろに私に近づいてきた。


そして、私を歓待するように爪とぎを始めた。
ミケエリア100403-08.jpg


今日もミケの口元が笑っているように見える。
ミケエリア100403-09.jpg
当ブログの訪問者から擬音がなくなったのを惜しむ声があったので、今回復活させました。
私は敢えて擬音を入れるのを止めた。それは娯楽性をできるだけは廃し、ドキュメント性を強くしようと意図したからだ。
ブログの方向性について、まだ私は迷っている。


ミケは一仕事終えたように水をたっぷり飲み‥‥
ミケエリア100403-10.jpg
再びよしずの上に戻った。


私はサンマの姿を求めて東へ向かった。
「考えてみれば、最近サンマを捜してばかりだな‥‥」

ミケエリア100403-11.jpg
しかし、これまでサンマは東へ向かったことはない。東は天敵チビ太郎の縄張りだからだ。


私は途中で踵を返し、西へ向かった。まず、ボスのエリアに行ってみた。
ボスエリア100403-01.jpg
しかしサンマはおろか、ボスの姿も見えない。
猫なら、こんな日は日向に出ているのが普通なのだが‥‥



私はさらに西へ向かって歩を進めた。
風景100403-02.jpg


サンマが育った西のエサ場
西のエサ場100403-01.jpg
しかし、エサ場には野良の姿はない。日向ぼっこには打ってつけの草むらにも‥‥


ミケのエサ場に戻る途中、サンマが通りそうな場所を捜したが無駄だった。
ボス母エリア100403-01.jpg
ボスの母猫のエサ場も覗いてみた。


母猫は植込みで日向ぼっこをしていた。最初、私の姿を見て逃げようとしたが‥‥
ボス母エリア100403-02.jpg
元の場所に戻って日向ぼっこを続けた。私の姿を見て逃げなかったのは今回が初めてだ。
ほんの少し慣れたってことか?



ミケのエサ場に戻ると、サンマもいつもの場所に戻っていた。
ミケエリア100403-12.jpg
「無駄足を踏ませやがって‥‥」


ミケはよしずの上で眠っている。
ミケエリア100403-13.jpg
よほど居心地が良いのだろう。


「サンマ捜したぞ。お前何処へ行ってたんだ?」
ミケエリア100403-14.jpg
今日も右の鼻から鼻水を垂らしている。


私は嫌がるサンマを宥めながら、鼻水を拭き取った。
「男前が上ったぞサンマ!」

ミケエリア100403-15.jpg


「サンマ、少しすっきりしただろ?」
ミケエリア100403-16.jpg


サンマがいきなり動いた。防風林へ向かって歩いていく。
ミケエリア100403-17.jpg
潅木へ向かってマーキング。


さらに防風林の奥へと進んでいく。
ミケエリア100403-18.jpg


その場所が気に入ったのか、サンマは座りこんだ。
ミケエリア100403-19.jpg


ミケエリア100403-20.jpg
「サンマ、今日はこれで帰るよ。お前も寒くならないうちに小屋へ入れよ」


ミケエリア100403-21.jpg


ミケは置物になったように動かない。
ミケエリア100403-22.jpg
よしずの上にできた小さな陽だまりで眠り続けている。


風景100403-03.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     ミケちゃんのよしずの上で眠っている姿、かわいいですね。
     爪とぎしているとき、たしかに笑っているように見えます。
     前回の爪とぎを始めるときの「いくわよ目線」から推察すると・・・。
     爪とぎをするとwabiさんが喜んでくれると思っていて、ミケちゃんも楽しんでやっているのかもしれませんね。ときどきカメラ目線もするし。あくまでも想像ですが・・・。
     それと西のエサ場にモップくんの姿が見えませが、どうしているのでしょうか?
     

  2. wabi | URL | -

    返信

    Kiryuさんへ

    いつもコメントありがとうございます。

    >ミケちゃんのよしずの上で眠っている姿、かわいいですね。

    昨日はよしずの上がよほど気に入ったとみえて、殆んど動きませんでした。(笑)

    >爪とぎしているとき、たしかに笑っているように見えます。
    >前回の爪とぎを始めるときの「いくわよ目線」から推察すると・・・。
    >爪とぎをするとwabiさんが喜んでくれると思っていて、ミケちゃんも楽しんでやっているのかもしれませんね。ときどきカメラ目線もするし。あくまでも想像ですが・・・。

    最近では、私もミケが爪とぎするのを予測できるようになりました。
    その日最初にミケの体を撫でてやると、近くにある杭や松の木に近づいていきます。
    すると、八割くらいの確率で爪とぎを始めます。
    そして私の方を見たり、サンマが近くにいればサンマにも視線を送ることがあります。
    ミケにとって爪とぎは周りにいる者への何かのアピールかもしれません。

    >それと西のエサ場にモップくんの姿が見えませが、どうしているのでしょうか?

    モップもそうですが、ボスの姿も最近見なくなりました。
    ちょっと心配しています。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)