迷い猫

2010年04月05日 23:50

PM 03:40
小雨が降る湘南海岸。江ノ島は靄に包まれ模糊としている。
そんな天候などに拘らないサーファーやボディーボーダーたちが何人も海に入っていた。

風景100405-01.jpg
気温は10℃ほど。今日も四月とは思えない寒さだ。


ミケエリア100405-01.jpg


ミケは案の定小屋の中にいた。
ミケエリア100405-02.jpg
どうやら眠ってはいないようだ。


私の訪問を知ったサンマが小屋から出てきた。こんなことは、めったにない。
ミケエリア100405-03.jpg
続いてミケが小屋から出てきて、大きな伸びをする。


そして、ミケは用を足す。
ミケエリア100405-04.jpg
今日も後始末をはしょるミケ。


その臭いを嗅ぐサンマ。
ミケエリア100405-05.jpg
人間なら変態のレッテルを貼られる行為だ。


今日も微妙な距離をおく二匹。
ミケエリア100405-06.jpg


ミケは大あくびをしたあと、私の足元に擦り寄ってきた。
ミケエリア100405-07.jpg
今日も独り残されたサンマ。


小雨が降り続く中、サンマは何を思っているのだろう?
ミケエリア100405-08.jpg


サンマは知らぬ間にミケとの距離を詰めていた。
ミケエリア100405-09.jpg
それに気づいたミケの表情が曇る。


ミケは小走りでその場を離れ、柵の陰に隠れた。
ミケエリア100405-10.jpg
サンマはすぐにミケを追った。


そして、二匹の睨み合いが始まった。
ミケエリア100405-11.jpg


ミケの表情は険しさを増していく。
ミケエリア100405-12.jpg
サンマの眼付きも鋭さを増していく。
「サンマ、舌が出てるぞ」



二匹はそのまま固まったように動かなくなった。
ミケエリア100405-13.jpg
眼だけはお互い見つめたままだ。


そのうちミケの眼から険しさが消えた。
ミケエリア100405-14.jpg
サンマも眼を閉じてしまった。


ややあって、ミケはやおら伸びをしてから私の傘の下に入ってきた。
ミケエリア100405-15.jpg
昨日とまったく同じシチュエーションだ。


サンマはあくびをしたあと、うしろを振り返り‥‥
ミケエリア100405-16.jpg
さっきよりさらに大きなあくびをした。


サンマが道路を横切っていく。
ミケエリア100405-17.jpg
「エサ場の外でオシッコするなんて、ミケよりマナーがいいな」


ミケエリア100405-18.jpg
そして、サンマは後始末もちゃんとした。サンマを少し見直した。


と思ったら、いきなりミケに走り寄っていった。
「あのヤロウ、褒めてやろうとしたのに」

ミケエリア100405-19.jpg
ミケは昨日と同じ潅木の奥へ入っていった。


私の制止の声にサンマはすぐに従った。
「サンマ、今日は素直だな」

ミケエリア100405-20.jpg


サンマは水を飲んだあと、カラス避けネットの奥にあるエサを食べ始めた。
ミケエリア100405-22.jpg


ミケも水をたっぷりと飲む。
ミケエリア100405-21.jpg


ミケはエサ場の中央でサンマの動向を見張っている。
ミケエリア100405-23.jpg
サンマはひたすらエサを食べ続ける。


エサをたらふく食べたサンマは、いつもの場所に座りこんだ。
ミケエリア100405-24.jpg
しかし、サンマの眼にはまだ鋭さが残っている。


サンマの視線の先にはミケがいた。柵の隙間から三毛柄が覗いている。
ミケエリア100405-25.jpg


しばらくすると、サンマその場に座りこみ、眼を閉じた。
ミケエリア100405-26.jpg
今日も、右の鼻から鼻水が出ている。私はそっとティッシュを取り出した。


私がサンマの鼻水を拭き取った直後だった。
初老の女性がエサ場に入ってきて、サンマを他の猫の名で呼んだ。

ミケエリア100405-27.jpg
この女性は二匹の猫を捜していると言う。
その二匹は飼い猫ではなく、空き家に棲んでいた野良だ。近所から苦情を言われたので、周りの人に薦められて海岸に小屋と共に連れてきたのだそうだ。場所は大きな歩道橋の近くだというから浜須賀の交差点の近くだと思われる。
それが今月の一日。その日から二匹の姿を見てないと言う。
街猫をいきなり縄張り外の海岸に連れてきたのは無謀な行為だ。危険を冒して国道を渡る可能性も高い。
でも、この女性を責めることは誰にもできない。野良たちのために良かれと思ってやったことだから。


一匹目はサバトラ白のオス。模様が特徴的だ。体重も5kgは超えていそうだ。
迷い猫100405-01.jpg
二匹目はキジトラのメス。残念なことに写真が不鮮明で分かり難い。尻尾の先が曲がっていることくらいしか特徴を見つけられない。避妊手術済み。
写真と共に女性の携帯番号が書いてあったが、それを載せるわけにはいかないので、見つけた方は当ブログにコメントかメールで知らせてください。



あらしさんが二匹の世話をするためエサ場にやって来た。
ミケエリア100405-28.jpg


ミケは既に小屋の中で丸くなっている。
ミケエリア100405-29.jpg
「ご苦労様でした」


サンマは何故か小屋に入らない。
ミケエリア100405-30.jpg
「サンマ、また明日も鼻水拭いてやるからな」


風景100405-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    おはようございます

    サンマ君の鼻水をいっも拭き取ってくれるから、、
    きっと、WABIさんを出迎えてくれたんですよ。。

    猫は、冷たい砂とか嫌いだから、ミケちゃん トイレの砂やらないのかも?
    か、、もしくはミケちゃん気分屋さんかなぁ。。

  2. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    いつもコメントありがとうございます。

    > サンマ君の鼻水をいっも拭き取ってくれるから、、
    > きっと、WABIさんを出迎えてくれたんですよ。。

    でも、サンマ自身は鼻水を拭かれるのを嫌がっています。
    そのあとのナデナデが気に入ったかもしれませんが‥‥

    > 猫は、冷たい砂とか嫌いだから、ミケちゃん トイレの砂やらないのかも?
    > か、、もしくはミケちゃん気分屋さんかなぁ。。

    ミケは雨で砂が濡れていると後始末をしません。
    乾いているときもしないときがありますから、mimiさんの指摘通りその日の気分で決めているようです。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)