迷走

2010年04月10日 23:54

PM 01:00
今日の湘南海岸は、まさに春の陽気に染まっていた。
気温は20℃に近く、休日とあって海岸は人で賑わっている。

風景100410-01.jpg


それにしても砂浜に人が多過ぎる。
風景100410-02.jpg
近づいてみると、砂浜のゴミを拾っていた。多くのサーファーも混じっている。


その中に見慣れた人の姿を発見した。
風景100410-03.jpg
その人も皆と一緒にゴミを拾っている。


それは、Iおばさんだった。
風景100410-04.jpg
ゴミ拾いに参加した人が集合しても、Iおばさんひとり趣味の小石拾いを続けている。


ミケはよしずの上で日向ぼっこをしていた。
ミケエリア100410-01.jpg
サンマは今日もいない。
一昨日の夕方にエサ場から100mほど西の防風林で姿を見たのが最後だ。
あれから帰ってないのか?



Iおばさんは既にこのエサ場に来たようだ。
ミケエリア100410-02.jpg


ミケエリア100410-03.jpg


ミケはお腹が満たされると、再び日向ぼっこを始めた。
ミケエリア100410-04.jpg


今日も私はサンマを捜しに西へ向かうことにした。
ミケエリア100410-05.jpg
まる二日も姿を見ないと、さすがに心配になる。


ボスの母猫も植込みの中で日向ぼっこをしていた。
ミケエリア100410-06.jpg
「サンマ見なかったか?」


こんなこともあろうかと、今日は自転車で海岸に来ていた。取り敢えず西のエサ場へ直行した。
西のエサ場100410-01.jpg
Iおばさんが置いたであろうエサが手付かずで残っている。


先日偶然発見した穴のところへ行ってみた。
西のエサ場100410-02.jpg
穴の正確な大きさは縦48cm横43cm。


穴は真っ直ぐに国道下を貫通している。
西のエサ場100410-03.jpg
小動物がこの穴を利用している可能性は高い。勿論、野良たちも。


私はさらに西へ向かった。
風景100410-05.jpg


途中、ミリオンのエサ場を覗いてみた。ミリオンは小屋の中にいた。
ミリオン100410-01.jpg
耳疥癬は以前見たときより確実に進行している。顔付きまで変わってしまった。


サザンビーチも人で賑わっていた。
サザンビーチ100410-01.jpg


まず最初に、昨日カメラマンのOさんに教えてもらった場所へ行ってみた。
漁港100410-01.jpg
この二匹は以前に会っている。毛色が似ているから兄弟か親子かも知れない。


私が何気に振り向くと初めて見る野良がいた。
漁港100410-02.jpg
シャムの血が混じっていると思われるその野良は、目的でもあるのか足早に去っていった。


漁港100410-03.jpg
美しい猫だ、と思った。


こいつとは初対面かと思ったが、やはり以前会っている。
その時は警戒心が強く、近寄らせてもらえなかった。

漁港100410-04.jpg
今日の表情からは、その時ほどの警戒心は感じられない。


この黒猫とは初対面だ。
漁港100410-05.jpg
私を警戒している様子はない。


その時、男女ふたりがやって来て、野良たちにエサを与え始めた。
いつの間に現れたのか、仔猫に近い野良が女の人に抱かれている。

漁港100410-06.jpg
そのふたりに訊くと、最近このエリアに現れたと言う。
「君も捨てられたのか?」



でも、この子はここの野良たちに受け入れてもらっているようだ。
漁港100410-07.jpg
茶トラ白のあとをトコトコと付いていく。


漁港100410-08.jpg
チビを思い出してしまった。


漁港100410-09.jpg


私は海岸で幼い野良を見ると、可愛いと思う前に悲しさと怒りを覚えるようになった。
漁港100410-10.jpgどんな理由があろうと、この子を捨てた人間を許す気にはなれない。


釣り客のおこぼれでも期待しているのだろうか?
漁港100410-11.jpg
「今日は釣果が良くなかったみたいだぞ」


漁港。
漁港100410-12.jpg


船上に野良発見。
漁港100410-13.jpg
こいつと会うのは、たしか今日で三度目だ。毎回思うが、こいつは愛嬌のある顔をしている。


足元を見ると、もう一匹野良がいた。こいつとは初対面だ。
漁港100410-14.jpg
こいつはクールな顔をしている。スナイパーのような眼つきだ。


漁港100410-15.jpg


そこで同じブロガーである『気まぐれpapa』さんと知り合った。
漁港100410-16.jpg
気まぐれpapaさんも二匹の野良の写真を撮っていた。
お互い猫の情報を交換し合った。これも野良が取り持った縁だ。



漁港100410-17.jpg
この二匹、ミケとサンマの雰囲気に似ているなと感じた。


ミケのエサ場に戻る途中、ボスのエサ場も覗いたが、野良の姿はなかった。
ボスエリア100410-01.jpg


風景100410-06.jpg


ミケエリア100410-07.jpg
サンマは戻っていなかった。


ミケはよしずの上で丸くなっている。
ミケエリア100410-08.jpg


そこへちょうど通りかかった先生にサンマのことを訊いてみた。
ミケエリア100410-09.jpg
すると先生は「さっきトラ(ボス)のエサ場にいたからエサをやったよ」と言う。
ボスのエサ場ならさっき覗いたばかりだ。私はボスのエサ場へ急いだ。



果たして、サンマはボスのエサ場近くにいた。
サンマ100410-01.jpg
サンマは東に向かっていた。
「ミケのエサ場に帰るつもりだな」



サンマ100410-02.jpg
サンマは途中で地面に横たわった。


サンマ100410-03.jpg
「サンマお前、何処まで行ってたんだ?」


サンマ100410-04.jpg
サンマの鼻からは相変わらず鼻水が覗いているが、それは青っ洟ではなく透明に近いものだ。
今日の暖かさで鼻の調子が良くなったようだ。



サンマ100410-05.jpg
サンマは、展望台の上で演奏している楽器の音に心を奪われているようだ。
しばらくして、サンマは再び東へ向かって歩き出した。



私は自転車に乗ってサンマを追った。
サンマ100410-06.jpg
ミケのエサ場から200mほどの距離までサンマは近づいていた。


サンマ100410-07.jpg
ところが、忘れ物でもあるかのように、サンマはエサ場とは逆の西へ向かって歩き出した。
「何考えてんだ、あいつは?」



私は植込みの西側へ先回りしてサンマを待った。しかし、サンマは現れない。
サンマ100410-08.jpg
私は完全にサンマを見失った。でも、ここまで戻ってきたのだから、今夜は自分のねぐらに帰るだろう。


風景100410-07.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    盛り沢山のストーリーですね。

    まずは、サンマ君発見おめでとうごぁいます。無事で良かったです。
    きまぐれなサンマ君ですね。

    そうそう、ミリオンちゃん 見ていて可哀想です、やはり以前の顔と違い
    きつくなってますね。
    野良ちゃんすべてを助けることは不可能ですが、、、う~ん、、気の毒ですね。

    釣り場に捨てられた、、サンマ君色の子供猫。
    まだまだ飼い猫にできる年齢だと思います。それにお顔も可愛いし。
    誰かいい人に貰われるといいですが。

    勿論、主演女優のミケちゃんは丸々して毎日拝見していても、可愛いですよ。

  2. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > 盛り沢山のストーリーですね。

    そのせいで、更新が遅くなってしまいました。

    > まずは、サンマ君発見おめでとうごぁいます。無事で良かったです。
    > きまぐれなサンマ君ですね。

    今日もサンマの捜索をしました。
    結果は、‥‥‥
    ブログをご覧ください。
    でも、今日も更新は遅くなる予定です。(笑)

    > そうそう、ミリオンちゃん 見ていて可哀想です、やはり以前の顔と違い
    > きつくなってますね。
    > 野良ちゃんすべてを助けることは不可能ですが、、、う~ん、、気の毒ですね。

    ミリオンの場合、あそこまで進行すると、完治は無理だと思います。
    早期発見、早期治療していればよかったのですが‥‥
    でも、ひとりのボランティアの方が病院に連れて行くと言っていました。

    > 釣り場に捨てられた、、サンマ君色の子供猫。
    > まだまだ飼い猫にできる年齢だと思います。それにお顔も可愛いし。
    > 誰かいい人に貰われるといいですが。

    仔猫のうちに里親が見つかることを、私も願っています。

    > 勿論、主演女優のミケちゃんは丸々して毎日拝見していても、可愛いですよ。

    伝えておきます。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)