母娘

2010年04月11日 23:46

AM 10:25
曇り空の湘南海岸だが、気温は昨日同様20℃に近く、半袖姿の人もいるくらいだ。
海は休日とも相まって、多くのサーファーで賑わっている。

風景100411-01.jpg


大勢のサーファーの中に顔見知りのスキムボーダーを発見した。
ニコちゃん100411-01.jpg
ニコちゃんだ。


ニコちゃんは波打ち際で波と戯れているようだ。
ニコちゃん100411-02.jpg
海が楽しいのは、ニコちゃんの笑顔を見ていればよく分かる。


甲羅干しおじさんも、久し振りに浜に姿を見せていた。
風景100411-02.jpg


ミケは私が来るのを分かっていたかのように、エサ場の外に出ていた。
ミケエリア100411-01.jpg
そして、周囲を警戒しながら私の方へ近づいてくる。


ミケがサイクリングロードを横断している。
ミケエリア100411-02.jpg
それは私が初めて見る光景だった。


普段と違うミケの行動を見て、私はある予感がしていた。
ミケエリア100411-03.jpg
「ミケ、とにかくエサ場に戻ろう」


私の言葉を理解したように、ミケはエサ場へ向かってゆっくりと歩き出した。
ミケエリア100411-04.jpg


やはり私の予感通り、エサ場にサンマの姿はなかった。
ミケエリア100411-05.jpg


サンマは昨日もこの小屋に戻っていないようだ。
ミケエリア100411-14.jpg
敷物やタオルの形状が昨日と変わっていないと感じたからだ。
参考のため昨日の写真を載せておく。



ミケエリア100411-06.jpg
「ミケ、サンマは昨日も帰って来なかったんだろ?」


そこへ猫おじさんと猫おばさんがやって来た。そして、ミケの好物である鰯の煮付けを与える。
ミケエリア100411-07.jpg
この煮付けは猫おばさん手作りのものだ。


ミケエリア100411-08.jpg
煮付けを食べ終えたミケは、最近お気に入りのよしずに座りこんだ。


猫おじさんと猫おばさんは次のエサ場へ向かっていった。
ミケエリア100411-09.jpg


ミケはよしずの上で丸くなって眠ってしまった。
ミケエリア100411-10.jpg
私は静かにエサ場をあとにした。


西へ向かう私の耳に「wabiさーん!」と聞き覚えのある声が飛びこんできた。
その懐かしい声の主はdodoさんだった。奥さんとふたりサーフポイントの移動中だと言う。
ふたりに会うのは久し振りだ。奥さんは勿論、dodoさんと会うのも二ヶ月振りになる。

ミケエリア100411-11.jpg


まず、昨日サンマを発見したボスのエサ場へ行ってみた。
ボスエリア100411-01.jpg
しかし、三毛がいるだけだ。


サンマの通り道にも野良の姿はない。
ボスエリア100411-02.jpg
さらに西へ。


最近日参している西のエサ場
西のエサ場100411-01.jpg
エサ場にはエサも残っていない。


西のエサ場から戻る途中、ボスに遭遇した。ボスは初老の女性からミルクをもらっていた。
ボスエリア100411-03.jpg
小屋の中以外でボスの姿を見るのは久し振りだ。


そこへ先週会ったUさんが通りかかった。彼も西のエサ場へ行ってきたばかりだと言う。
ボスエリア100411-04.jpg


ミケはまだよしずの上にいた。
ミケエリア100411-12.jpg
どうやら、私の存在に気がついたようだ。


ミケはおもむろに起き上がり‥‥
ミケエリア100411-13.jpg
私の足に擦り寄ってきた。


サンマが戻った様子はない。
ミケエリア100411-15.jpg
「さて、今日はこれからどうするか‥‥」


ミケエリア100411-16.jpg
私はミケの見送りを受けて東へ向かった。


東100411-01.jpg
途中、サーフィンを終えたdodoさんに再会した。


今日は以前見た赤いボードではない。dodoさん曰く「このボードは流行のモノではなく、クラシックタイプ」とのこと。メーカー名やサインした人の名を聞いても門外漢の私にはその価値が分からない。
東100411-02.jpg
「これから友達が決勝に出るので」と言い残して、dodoさんは浜へ戻っていった。


dodoさんが戻っていった場所でサーフィンの大会が開催されていた。
東100411-03.jpg


東100411-04.jpg
dodoさん夫妻は、波打ち際近くで決勝の模様を見ていた。
この大会の模様はdodoさんのブログ『SURF RESEARCH』でご覧ください。



東100411-05.jpg
私はさらに東へ向かった。


私の目的地はこの小さな公園だ。この公園の一角に小さなエサ場がある。
ソックスエリア100411-01.jpg
そこには既に一匹の野良の姿があった。


ここには私のブログに何度か登場している『ソックス』という野良がいる。
ソックスエリア100411-02.jpg
この野良はそのソックスの母猫『タビ』だ。但し、二匹の呼び名は私が勝手に付けたものだ。
由来は二匹の姿を見れば理解できるだろう。



しばらくすると、植込みの中からソックスが現れた。
ソックスエリア100411-03.jpg
いきなり「遊んでちょうだい」とばかりにお腹を見せる。


この母と娘は仲がいい。
ソックスエリア100411-04.jpg


正面を向いて‥‥
ソックスエリア100411-05.jpg
そのあと右、左と同じ方を向く。


そして、この母娘は外見もよく似ている。
ソックスエリア100411-06.jpg
初めて見る人は区別がつかないかも知れない。


体は娘のソックスが一回り大きい。しかし、これは二匹揃っているから分かることだ。
ソックスエリア100411-07.jpg
一番分かりやすいのは鼻先を見ることだ。タビの鼻先はペンキを一刷毛塗ったように白い。


ソックスエリア100411-08.jpg
「ソックス、今日はこれで帰るよ」


私が公園を出ようとすると‥‥
ソックスエリア100411-09.jpg
いつもソックスが見送りに出てくれる。


ソックスエリア100411-10.jpg


今日は初めてタビが私を見送ってくれた。
ソックスエリア100411-11.jpg
ソックスの魅力の虜になっている人は多い、と聞く。


風景100411-04.jpg


ミケはよく眠っている。
ミケエリア100411-17.jpg
ミケを起こさないように、そっとエサ場をあとにした。


風景100411-05.jpg


まさに私が海岸から去ろうとした時だった。ライフセーバーのコンテナとネットの隙間に入っていくサンマを目撃したのは。
サンマ100411-01.jpg
私はサンマが出てくる場所へ先回りした。


しばらくすると、サンマが姿を現した。
サンマ100411-02.jpg
私はサンマに声をかけた。
「サンマこれから西へ行って何をするつもりなんだ?」



「お前、しばらく小屋に戻ってないだろ?」
サンマ100411-03.jpg
サンマは無表情なままだ。


私は自転車のカゴにサンマを乗せて、ミケのエサ場へ向かった。
サンマ100411-04.jpg
「サンマ、着いたぞ」


サンマはエサ場を見回し始めた。
サンマ100411-05.jpg
さて、サンマはどうするつもりなのか?再び西へ向かって行くのなら止めるつもりはない。
それはサンマが決めることだ。



サンマ100411-06.jpg
サンマはエサ場にとどまることにしたようだ。少なくとも今日のところは‥‥



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     連日のサンマくんの捜索、お疲れ様です。
     サンマくん、何が目的で歩きまわっているんでしょうかね。
     「恋の季節」も終わったと思うんですが・・・。
     
     タビ&ソックスの母娘、かわいいですね。
     前見て、左見て、右見ての写真、思わず笑っちゃいました。

     ボスくんも元気そうですね。
     モップくんはどこにいるのかな?

     ミケちゃんはよしずがかなりお気に入りみたいですね。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    毎日お疲れさまです。

    サンマ君、西のエサ場は覚えているみたいですが、、
    ミケちゃんと過ごしているところ??忘れたんですかね?
    どうしちゃったんでしょう。。


    タビとソックス母娘!、本当可愛いですね。
    二人とも太ってますね。
    本当に、ここのエサ場はいい場所ですね。

    今日は、朝から雨なので、、サンマ君いるかしら?



  3. dejavuewords | URL | hdScUxTA

    見付かってよかったですね~

    それにさんま君の鼻水止まってるようだし・・・
    ミケちゃんと喧嘩して出て行ったんでしょうか?
    仲良くなれればいいんですが・・・

  4. wabi | URL | -

    返信

    Kiryuさんへ

    コメントありがとうございます。

    > サンマくん、何が目的で歩きまわっているんでしょうかね。
    > 「恋の季節」も終わったと思うんですが・・・。

    私にもそれが分からないんですよ。
    ただ、最近の様子から他にねぐらがある可能性が考えられます。

    > タビ&ソックスの母娘、かわいいですね。
    > 前見て、左見て、右見ての写真、思わず笑っちゃいました。

    あの母娘は本当に仲がいいです。
    前回までは母猫の警戒心が強く、私も近づくことができませんでしたが、昨日は3mほどの距離まで近寄ることを許してくれました。

    > ボスくんも元気そうですね。
    > モップくんはどこにいるのかな?

    ボスが道路に出ているのを見たのは久し振りでした。
    元気な様子に一安心しました。
    モップは行方不明のままです。
    Iおばさんも毎日捜しているようですが、未だ見つかっていません。

    > ミケちゃんはよしずがかなりお気に入りみたいですね。

    猫おじさん曰く「適度に空気が通るから気持ちいいのでは」とのことです。



    mimiさんへ

    コメントありがとうございます。

    > サンマ君、西のエサ場は覚えているみたいですが、、
    > ミケちゃんと過ごしているところ??忘れたんですかね?
    > どうしちゃったんでしょう。。

    サンマは西のエサ場とミケのエサ場の間に新たなねぐらを発見した可能性が考えられます。
    防風林の中には使っていない小屋がいくつかありますからねぐら探しに苦労することはありません。

    > タビとソックス母娘!、本当可愛いですね。
    > 二人とも太ってますね。
    > 本当に、ここのエサ場はいい場所ですね。

    このエサ場はAさん夫妻が管理しているのですが、いつ行ってもエサや水が豊富にあります。
    ソックスは人懐こさでは海岸一だと思います。
    先日ある人から聞いた話では、わざわざソックスを撮影するために東京から来る人がいるとのことです。

    > 今日は、朝から雨なので、、サンマ君いるかしら?

    こればかりは行ってみないと分かりません。
    今日のブログ更新を待っていてください。
    できるだけ早く更新するようにします。



    dejavuewordsさんへ

    コメントありがとうございます。

    > 見付かってよかったですね~
    > それにさんま君の鼻水止まってるようだし・・・

    今日の寒さでも鼻水を垂らしていませんでした。
    だいぶ良くなっているようです。

    > ミケちゃんと喧嘩して出て行ったんでしょうか?
    > 仲良くなれればいいんですが・・・

    サンマの目的はたいていの場合、エサのようです。
    元いた西のエサ場や他のエサ場でもエサを食べていますから。
    ミケのエサ場でも、エサは余るほど与えてもらっているのですが‥‥
    ミケとサンマが仲良くなることは難しいと思いますが、ある程度の距離を置いて共棲することは可能かも知れません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)