予感

2010年04月16日 23:41

PM 03:35
今日の湘南海岸は灰色の雨雲に覆われ、冷たい雨が降っている。
気温は昨日よりさらに下り、真冬の寒さだ。手袋を持ってこなかったことを後悔したくらいだ。

風景100416-01.jpg
砂浜にもサイクリングロードにも人影はない。


ミケとサンマは、この雨の中どうしているだろう。
ミケエリア100416-01.jpg


ミケは私の姿を見ると、小屋から出てきた。
ミケエリア100416-02.jpg
昨日同様、ミケの体は湿気を帯びてしっとりとしている。


エサ場の中にサンマの姿は見えない。
ミケエリア100416-03.jpg
昨日から帰ってないのかもしれない。


雨の中、ねこみどりさんが洗濯した敷物を持ってエサ場を訪れた。
ミケエリア100416-04.jpg


ミケはよしずの上にうずくまった。
ミケエリア100416-05.jpg
傘が一本増えている。


ミケエリア100416-06.jpg
ねこみどりさんが声をかけても、ミケはよしずの上から動こうとしない。


ねこみどりさんは、サンマを捜しに西のエサ場まで行ってきたと言う。
しかし、サンマの姿を見ることはできなかった。

ミケエリア100416-07.jpg


私も西へ向かった。
風景100416-02.jpg


最近、サンマの姿をよく見かけるボスエリア
ボスエリア100416-01.jpg
傘が遊歩道に転がっている。


それは小屋の雨除けのために置いてあった傘だった。強い海風にも飛ばなかった傘だ。
ボスエリア100416-02.jpg
これもカラスの仕業だろう。エサを奪うのに傘が邪魔だったのだ。


エサ場にも野良の姿はない。みんな何処で雨を凌いでいるのだろう。
ボスエリア100416-03.jpg


一匹いた。三毛が遊歩道に架かる橋の下で雨を凌いでいる。
ボスエリア100416-04psd.jpg
こいつは警戒心が強く、これ以上近づけない。


風景100416-03.jpg


西のエサ場。ここでは黒ブチをたまに見るくらいだ。
西のエサ場100416-01.jpg
しかし、今日はその黒ブチもいない。


西のエサ場100416-02.jpg
Iおばさんが置いたであろうエサも、手付かずのままだ。


風景100416-04.jpg


念のため、ボス母のエサ場を覗いてみた。
ボス母エリア100416-01.jpg
これは、ボス母の小屋だ。
この雨ならこの中にいるはず。そして、いつもなら私の気配を感じて顔を出すはずだが‥‥
私は、ある予感がした。それを確かめるべく、小屋に近づいていった。



私の予感は当たっていた。果たして、ボス母の小屋にいたのはサンマだった。
ボス母エリア100416-02.jpg
昨日サンマを最後に見たのはこのすぐ近くだ。
サンマは昨日からこのエサ場に居続けているのか?
とにかく、このままにはしておけない。これではボス母が寒さに震えることになる。



私は小屋に近づき、サンマに声をかけた。サンマは小屋から出てきて水を飲み始めた。
ボス母エリア100416-03.jpg
「サンマ、ここにいちゃダメだ。ここはボスのおっかさんのエサ場だ」


サンマは素直に私のあとをついてきた。
ボス母エリア100416-04.jpg


しかし、昨日と同様に防風林から動かなくなった。
ボス母エリア100416-05.jpg


サンマを動かすために、鼻水を拭き取ってやることにした。
ボス母エリア100416-06.jpg
サンマは鼻の通りが良くなると活動的になる。


鼻水を拭き取ると、眼つきまで変わるから不思議だ。
ボス母エリア100416-07.jpg
「サンマ、一緒に戻ろう」


しかし、サンマが最初にした行動はエサを食べることだった。
ボス母エリア100416-08.jpg
エサを食べ終えたサンマは、このエサ場が気に入ったのか、その場にうずくまってしまった。


業を煮やした私は、サンマを抱いてミケのエサ場まで連れてきた。
そして小屋の中へ押しこんだ。

ミケエリア100416-08.jpg
「サンマ、おとなしく自分の小屋で寝てろ!」


ここにも一匹動かないヤツがいる。この時、雨脚が強くなってきた。
ミケエリア100416-09.jpg
「ミケ、そこじゃ寒いから小屋に入りな」しかし、ミケに動く気配は感じられない。
「ったく、どいつもこいつも世話焼かせやがって」



私はミケを抱き上げ、小屋に連れていった。そして、サンマ同様そのまま小屋へ押しこんだ。
ミケエリア100416-10.jpg
無理やり抱かれることをミケは嫌がる。私はそれが原因で、何度かミケに疎まれたことがある。
しかし、今日は怒るどころかミケの表情が笑っているように見える。



私は帰路の途中、さっきの自分の行動を客観的に思い起こしてみた。
夕闇が濃い中、雨に濡れながら野良猫を抱きかかえて走るオヤジの姿を‥‥
それは、とても奇妙で滑稽なものに思われた。

風景100416-05.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    寒い中ご苦労様でした。

    サンマ君を発見して、抱えてお部屋まで連れてきて、、大変でしたね。
    ほんと、サンマ君は鼻水をふくと顔つきが変わりますね。
    ボスのお母さんのお部屋気に入ってしまったんですかね?
    お母さんはこの寒い中何処に行ったんでしょうか?場所取り合戦大変ですね!

    ミケちゃん、最後はほんわか笑っているような感じがします。

    今、東京はみぞれっぽい雨になってます。

    wabiさんも毎日のことですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 

  2. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > サンマ君を発見して、抱えてお部屋まで連れてきて、、大変でしたね。

    サンマは見かけ通り体重が重く、また逃げようとして暴れれるので、両手で抱くしかありませんでした。
    記事にも書きましたが、雨に濡れながら野良猫を抱いて小走りでサイクリングロードをミケのエサ場へ向かう私の姿は、他の人には奇妙な光景に映ったことでしょう。(幸い、そのときは誰もいませんでした)

    > ほんと、サンマ君は鼻水をふくと顔つきが変わりますね。

    いつもそうなんですよ。
    それまでの眼をつむった情けない表情を一変させます。

    > ボスのお母さんのお部屋気に入ってしまったんですかね?
    > お母さんはこの寒い中何処に行ったんでしょうか?場所取り合戦大変ですね!

    サンマは寝る場所を選びません。
    誰の小屋だろうが平気で潜り込んでしまいます。
    そして、その小屋の主が寒い思いをするわけです。
    その野良にとっては迷惑なことです。

    > ミケちゃん、最後はほんわか笑っているような感じがします。

    写真写りでそう見えた可能性もありますが、少なくとも怒ってはいませんでした。

    > 今、東京はみぞれっぽい雨になってます。
    > wabiさんも毎日のことですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 

    ありがとうございます。
    mimiさんこそ、ますますご自愛のほどを。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)