長閑な午後

2010年04月24日 23:45

PM 02:50
穏やかに晴れた湘南海岸。休日とも相まって、新しいデッキは人で賑わっている。
海は凪いで湖のように静かだ。それでも、ひとりのサーファーが海に入っていた。

風景100424-01.jpg


ミケは、日向ぼっこデッキにいた。
ミケエリア100424-01.jpg
眠っているのかどうかは分からない。


エサ場の中に異常は見当たらない。
ミケエリア100424-03.jpg
サンマの姿も見当たらない。


私の気配を感じたのか、ミケが眠そうな顔をして植込みから出てきた。
ミケエリア100424-02.jpg
そして、私の側にやって来た。


ボス母の子の墓に、新しい花が供えられていた。
ミケエリア100424-04.jpg
私はこの野良を知らないが、皆に愛されていたに違いない。
こう続けて花が供えられるのは、命日が近いからだろう。



「ミケ、サンマはまた何処かへ出かけたのか?」
ミケエリア100424-05.jpg


ミケは、私のあとに付いて、エサ場の外に出てきた。
ミケエリア100424-06.jpg


通りかかった猫好きおじさんに、サンマのことを訊いてみたが、知らないと言う。
ミケエリア100424-07.jpg
「今日も、サンマを捜しに西へ行ってみるか」


ボス母のエサ場。最近、サンマはここにいることが多い。
ミケエリア100424-08.jpg
しかし、今日はサンマの姿が見えない。


ボスエリア。
ボスエリア100424-01.jpg
また、小屋の前に傘が一本増えている。


ボスエリア100424-02.jpg
ここにもカラスの被害に遭っていた。


今日の湘南海岸は、どこも人で賑わっていた。
風景100424-02.jpg


西のエサ場。今日も野良の姿は一匹も見えない。
西のエサ場100424-01.jpg
ここには、かつてサンマも含めて十数匹の野良たちが暮らしていた。
その頃いた野良の行方を知っている人は、誰もいない。
「それにしてもモップ、お前はいったい何処へいったんだ?」



風景100424-03.jpg


ミケのエサ場に戻ると、ミケは日向ぼっこデッキに戻っていた。
ミケエリア100424-09.jpg
そこへ、ゆきパパさんとゆきママさんがやって来た。


ふたりに会うのは久し振りだ。
ミケエリア100424-10.jpg
ゆきママさんの話を聞くのも久し振りで、嬉しかった。


TANYさんも、いつものようにミケを訪ねてきた。
ミケエリア100424-10-02.jpg


ミケも、ふたりに会うのが久し振りなのか、妙によそよそしい。
ミケエリア100424-11.jpg
ゆきママさんが呼んでも、ミケは柵の中から出てこない。
そこでゆきママさんが、笑顔で一言「失礼しちゃうわ」



ゆきママさんのエサにも、ミケは口を付けようとしない。こういう時のミケは頑固だ。
ミケエリア100424-12.jpg
でも、ふたりはミケに会えただけで満足したのか、そのまま帰っていった。


ふたりが帰ってから、ミケはゆきママさんのエサを食べ始めた。
ミケエリア100424-13.jpg
「ミケ、お前はホントに意固地なところがあるな」


ミケは私のあとに付いて、道路まで出てきた。
ミケエリア100424-16.jpg


いきなり、サンマが姿を現した
ミケエリア100424-13-02.jpg


そこへ、Ike君と友達が通りかかった。
ミケエリア100424-17.jpg
白いジャケットの友人は猫には興味がないようだが、黒いジャケットの友人は猫に興味があるようで、私の話を熱心に聞いてくれた。


TANYさんが、いきなりサンマの首を掴んで身動きできなくした。
ミケエリア100424-18.jpg
そして、サンマの鼻水を丁寧に拭き取った。


ミケエリア100424-19.jpg


Ike君たち三人はボール遊びのために海岸に来ていた。
ミケエリア100424-20.jpg
ミケとサンマは、微妙な距離で残された。


TANYさんも腕時計を見て「私も帰る時間だ」と言った。
ミケエリア100424-21.jpg
TANYさんは遊歩道から帰っていた。


TANYさんと入れ違いにやって来たのは、可愛い女の子だった。
ミケエリア100424-22.jpg
その子は慣れない手付きで、ミケを撫で始めた。


そして、近づいてきたサンマも、その小さな手で撫でてやる。
ミケエリア100424-23.jpg
私は、その女の子に「その猫は鼻が悪いから、鼻水に気を付けて」と言った。


そこへ、ふ~さんに連れられたハッピーちゃんが通りかかった。
ふ~さんとハッピーちゃんに会うのも久し振りになる。
ハッピーちゃんの表情は、相変わらず穏やかだ。

ミケエリア100424-24.jpg


玄ちゃんが、道の向こうからお座りをして、私の方を見ている。
ミケエリア100424-25.jpg
玄ちゃんはしばらく歩くと、いきなり砂の上に横たわった。


再び、ミケとサンマは微妙な距離で残された。
ミケエリア100424-26.jpg
サンマの鼻からは、もう鼻水が覗いている。それもダブル鼻提灯を作って‥‥


ミケが、おもむろにサンマから離れていく。
ミケエリア100424-27.jpg
ミケとサンマが対峙した。


ミケの表情は怒りモードに入っていた。
ミケエリア100424-28.jpg
そのミケを見つめるサンマは無表情だ。


結局、サンマはそれ以上ミケに近づくことなく、いつもの場所へ戻った。
ミケエリア100424-29.jpg


そして、サンマはその場にうずくまり眼を閉じた。
ミケエリア100424-30.jpg
鼻水は垂らしたままだ。


ミケエリア100424-31.jpg


私はサンマの鼻水を拭き取ってやった。
ミケエリア100424-32.jpg
サンマの表情が少し和らいだ。


ミケエリア100424-33.jpg
「ミケ、サンマと仲良くするんだぞ」


風景100424-04.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    毎日ご苦労様です。

    ほのぼのとした感じの写真ですね。
    昨日は、カラスは来なかったんですね、良かったです。

    サンマ君は、変わらず鼻水で、、つらいでしょう。
    いつもありがとうございます。


    ミケちゃんは、サンマ君が嫌いなんでしょうが、いつも二匹の写真を見ていると
    この先も一緒に過ごしてほしいと願ってしまいます。

  2. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > ほのぼのとした感じの写真ですね。
    > 昨日は、カラスは来なかったんですね、良かったです。

    今日も私がいる間はカラスはおとなしくしていました。

    > サンマ君は、変わらず鼻水で、、つらいでしょう。
    > いつもありがとうございます。

    記事にも書きましたが、今日の鼻水は青っ洟ではありませんでした。
    さらに暖かくなると、具合が良くなるかも知れません。

    > ミケちゃんは、サンマ君が嫌いなんでしょうが、いつも二匹の写真を見ていると
    > この先も一緒に過ごしてほしいと願ってしまいます。

    最近のサンマは、ミケに近づくこともなくなりました。
    どうやらミケは、サンマの恋の対象から外されたようです。(笑)
    それに、恋の季節もそろそろ終わる頃ですしね‥‥

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)