雨の午後

2010年04月27日 22:45

PM 03:20
雨が降る湘南海岸。気温も10℃を少し超えたくらいで肌寒い。
海岸に人の姿はないが、天候に拘らないサーファーたちが海に入っていた。

風景100427-01.jpg
江ノ島も雨に煙っている。


ミケのエサ場。
ミケエリア100427-00.jpg


ミケは小屋に入らず、傘の下にいた。
ミケエリア100427-01.jpg
「ミケ、どうして小屋に入らないんだ?」
この雨は、昼頃から降り出した。
その前から傘の下にいて、雨に濡れてまで小屋に戻るのが嫌なのだろうか。



サンマもいつもの場所にうずくまっていた。
ミケエリア100427-02.jpg
寒さのせいか、サンマは鼻提灯を作っている。


今日も、サンマの鼻水を拭いてやることにした。
鼻水を拭かれたサンマは、急に動き出した。

ミケエリア100427-03.jpg
ミケの側へ行き、水を飲み始めたのだ。


水を飲んだサンマは、これからの行動を決め兼ねている様子だ。

ミケエリア100427-04.jpg
そんなサンマを見つめるミケの眼は険しい。


結局、サンマはまた水を飲み始めた。
ミケエリア100427-05.jpg


ミケはサンマに背を向け、無関心を装っている。
ミケエリア100427-06.jpg
「サンマ、これからどうするつもりだ。この雨の中、出かけるのか?」


サンマは西へ向かっていった。
「ホントに出かけるつもりなのか」

ミケエリア100427-07.jpg
しかし、サンマは西へも行かず、小屋にも入らず元の場所に戻ってしまった。


鼻水が取れたサンマの表情は、少しスッキリしたように見える。
ミケエリア100427-08.jpg


ミケは置物になったように傘の下から動かない。
ミケエリア100427-09.jpg
「ミケ、雨に濡れるのが嫌なら小屋まで連れて行ってやるぞ」


私は片手でミケを抱き、傘で濡れないようにして小屋の前まで運んでやった。
すると、ミケは自ら小屋の中へ入っていった。

ミケエリア100427-10.jpg
ミケの毛先についた雨粒がキラキラと光って見える。


その時、あらしさんがエサ場を訪れた。
ミケエリア100427-11.jpg


あらしさんは二匹のためにエサの用意をしている。
ミケエリア100427-12.jpg
サンマは好物のカツブシだけを食べた。


サンマはあらしさんの姿を眼で追っている。
ミケエリア100427-13.jpg


ミケエリア100427-14.jpg
あらしさんは、二匹に別れを告げて帰っていった。


サンマを抱いて小屋の前に連れていった。
ミケエリア100427-15.jpg
ところがサンマは中に入らず、何故か小屋の上に乗っかった。


風景100427-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    皆さん、雨の中ご苦労様です。

    ミケちゃんは、、やはりサンマ君のことは無視ですか。。う~、、悲しい。

    サンマ君、自分の部屋が嫌になったんでしょうか?気難しいですね。

    今日も冷たい雨ですので、体調等おきを付けてくださいませ。

  2. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > ミケちゃんは、、やはりサンマ君のことは無視ですか。。う~、、悲しい。

    でも、逃げたり、怒ったりしないだけまだマシです。
    ただ、昨日は雨が降っていたので逃げなかったかもしれませんが。

    > サンマ君、自分の部屋が嫌になったんでしょうか?気難しいですね。

    この理由は未だに分かりません。
    小屋の中は快適なはずなのですが‥‥

    > 今日も冷たい雨ですので、体調等おきを付けてくださいませ。

    ありがとうございます。
    午前中の茅ヶ崎は記録的な豪雨でした。
    ミケのエサ場がどういう状態なのか心配しています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)