朝の海岸

2010年04月30日 23:14

AM 06:25
私は久し振りに朝の湘南海岸へ足を運んでみた。
太陽は既に昇りきり、暖かい陽射しを投げかけている。

風景100430-01.jpg
「やはり朝は気持ちがいい」砂浜を歩きながら私はそう思った。


するとその砂浜で、顔見知りのワンちゃんに出会った。ハナちゃんだ。
このハナちゃんは、当ブログに初登場したワンちゃんだ。

ハナちゃん100430-01.jpg
最初会った時は仔犬の名残りがあったが、今や立派な成犬だ。


飼い主さんが、いきなりハナちゃんの前足にエサを置いた。
ハナちゃん100430-02.jpg
ハナちゃんは飼い主さんの許しが出るまで、ちゃんとおあずけをしていた。


意外な時間に現れた私を見て驚いたのか、ミケは私の足元に走り寄ってきた。
ミケエリア100430-01.jpg
「ミケ、おはよう」


何故かサンマもエサ場の外へ出てきた。
ミケエリア100430-02.jpg
「サンマもついでに、おはよう」


サンマがミケのうしろへ忍び寄る。
ミケエリア100430-03.jpg
サンマは妙なタイミングで舌なめずりをする。どうやらミケがサンマの気配を感じたようだ。


ミケはサンマの前から遁走した。
ミケエリア100430-04.jpg
「気づくの遅いぞ」


腹が減っているかと思い、エサ場にあったエサを与えてみた。
ミケエリア100430-05.jpg
しかしミケは少し口を付けただけで、食べるのを止めてしまった。


サンマもあまり腹は減っていないようだ。
ミケエリア100430-06.jpg
今日も鼻水を垂らしている。


ミケがいきなり爪とぎを始めた。
ミケエリア100430-07.jpg


朝陽を浴びながら爪とぎするミケを見るのも久し振りだ。
ミケエリア100430-08.jpg


ミケエリア100430-09.jpg
どうやらサンマは水を飲もうとしたようだ。しかし水入れが傾き、水が残っていない。


そこで私は新しい水を入れ、柵の外へ置いてやった。
ミケエリア100430-10.jpg
するとミケとサンマが、水を挟んで睨み合いを始めた。


決着は呆気なくついた。ミケの圧勝だ。
ミケエリア100430-11.jpg
ミケの迫力に気圧されたサンマは、小屋の前の水を飲み始めた。


そこへ、猫好き兄ちゃん改め『Tさん』が通りかかった。
ミケエリア100430-12.jpg
朝の散歩を習慣とするTさんに会うのも久し振りだ。話は当然のように猫の話題に終始した。


やっとdodoさんが登場した。私はdodoさんに会うため朝の海岸に来ていた。
dodoさんとミケのツーショットを撮るのも久し振りだ。

ミケエリア100430-13.jpg
このふたりのように朝にしか会えない人たちがいる。


私は朝の散歩をできるだけ早く再開したいと思った。
ミケエリア100430-14.jpg
「dodoさん、また海岸で会いましょう」


Tさんは東へ向かっていった。
ミケエリア100430-15.jpg


私だけが残ると、サンマは所在なげに座りこんだ。
ミケエリア100430-16.jpg


ミケエリア100430-17.jpg
ミケも行き交う人をただ見ている。


サンマがミケに近づいていく。
ミケエリア100430-18.jpg
そしてミケと眼を合わせた。


サンマは穏やかな表情でミケを見ている。
ミケエリア100430-19.jpg
しかしミケは露骨に嫌悪の表情をした。


水を飲むミケを見つめるサンマ。
ミケエリア100430-20.jpg
「サンマ、水が飲みたいなら小屋の前にあるだろ」


水を飲み終えたミケを見て、サンマが水入れに近づこうとした。
ミケエリア100430-21.jpg
するとミケは、これは自分の水だと言わんばかりにサンマを威嚇した。
サンマはおとなしく引き下った。



ミケは再び水を飲み始めた。
ミケエリア100430-22.jpg


私の帰る時間がやって来た。
ミケエリア100430-23.jpg


風景100430-02.jpg



PM 04:20
夕刻、私は再度海岸を訪れた。

風景100430-03.jpg


サイクリングロードでIおばさんと遭遇した。
Iおばさんは、海岸の野良たちにエサをやり終えたばかりだった。

ミケエリア100430-24.jpg
サンマを公衆トイレの前で発見し、ミケのエサ場まで連れてきたと言う。


そのサンマは死んだように眠っていた。
ミケエリア100430-26.jpg
西への遠征で疲れたのだろう。


この時刻のミケは、朝のような歓迎振りを見せてくれない。
ミケエリア100430-25.jpg
至ってクールだ。


そこへねこみどりさんがやって来た。するとミケの表情が一変した。
ミケエリア100430-27.jpg
ミケの眼は輝いている。


ねこみどりさんはミケの好物を手ずから与える。
ミケエリア100430-28.jpg
エサを食べ終えても、ミケはしばらくねこみどりさんの手から離れなかった。


ねこみどりさんを見つめるミケ。
ミケエリア100430-29.jpg
もっと欲しいとばかりに鳴き声を上げた。ミケにも厚かましいところがある。


これもミケの厚かましさの表れだ。
ミケエリア100430-30.jpg
ミケは当然のように、ねこみどりさんの膝の上に乗っかった。


ねこみどりさんは、そんなミケを優しく抱きしめる。
ミケエリア100430-31.jpg
ミケの顔が幼く見えて仕方がない。


この時海風が強くなり、エサ場の中にも吹き込んできた。
ミケエリア100430-32.jpg
風が嫌いなミケも、温かい膝の魅力には勝てないようだ。


ミケエリア100430-33.jpg


ねこみどりさんの帰宅する時間になった。
ミケエリア100430-34.jpg
ミケはなかなか膝から下りようとしない。


ねこみどりさんはミケを優しく抱き上げ‥‥
ミケエリア100430-35.jpg
地面に下ろした。ミケは未練がましくねこみどりさんを見上げる。


ねこみどりさんはサンマに声をかけ、ミケに別れの挨拶をして‥‥
ミケエリア100430-36.jpg
帰っていった。


私はそのあと30分ほどミケの相手をしていた。
ミケエリア100430-37.jpg
「ミケ、今日はこれで帰るよ」


サンマはまだ眠っていた。
ミケエリア100430-38.jpg


風景100430-04.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。

    ミケ女王様は、やはり強いですね、サンマ君を見てると弱いなぁと思ってしまいます。

    女王様の膝おねだりの写真、とても可愛い顔してます。
    強気のお顔もいいですが、やはり膝乗りすると子供みたいな顔になりますね。

    サンマ君は、ぐったりモードで、、お疲れですね。

    GW wabiさんもお疲れさまです。

  2. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > ミケ女王様は、やはり強いですね、サンマ君を見てると弱いなぁと思ってしまいます。

    やはり女王様ですからね。(笑)
    歳もミケの方が上ですし、元々ここは私の縄張りよ、という自覚もあるのでしょう。

    > 女王様の膝おねだりの写真、とても可愛い顔してます。
    > 強気のお顔もいいですが、やはり膝乗りすると子供みたいな顔になりますね。

    膝に乗せてくれる人が分かるみたいです。
    でも最近は膝乗りの良さを覚えたのか誰彼なく乗ってこようとします。

    > サンマ君は、ぐったりモードで、、お疲れですね。

    この日は西へ行っていたので疲れていたのでしょう。
    本当にぐったりとした様子でした。

    > GW wabiさんもお疲れさまです。

    ありがとうございます。
    mimiさんも良い黄金週間をお過ごしください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)