絶えない訪問者

2010年05月05日 22:32

PM 04:25
黄金週間最終日。今日の湘南海岸も多くの人で賑わっている。

風景100505-01.jpg
ただ昼過ぎから海風が強くなり始めていた。
その風がさらに強くなるのをウインドサーファー達が待っている。



ミケのエサ場には既に訪問者がいた。このふたりとは以前この場所で会っている。
ミケエリア100505-01.jpg
ミケも既に顔見知りのようだ。


「サンマ、鼻の調子はどうだ?」
ミケエリア100505-02.jpg
鼻水が少し覗いているが、比較的調子が良さそうだ。


訪問者がいなくなると、二匹は地面にうずくまり動かなくなった。
ミケエリア100505-03.jpg


そこへひとりの青年が現れ、携帯で二匹の写真を撮り始めた。
ミケエリア100505-04.jpg
話を聞くと、この青年も猫が大好きだと言う。


その時ふ~さんと愛犬ハッピーちゃんが通りかかった。
ハッピーちゃんは私のことを憶えていてくれて、自ら近寄ってきた。

ミケエリア100505-05.jpg
私が顎を掴んでも、つぶらな瞳で見つめ返すだけだ。
ふ~さんとはお互いの健康について話し合った。



ミケエリア100505-06.jpg


この男性、自転車に跨ったまま携帯でミケとサンマを撮影していた。
私は歩み寄り「もっと近くで撮ったらどうですか」と話しかけた。

ミケエリア100505-07.jpg
話をよく聞くと、この人はmanatsuさんのお父さんだった。
「娘が載っているブログを見て、是非ともここに来なくてはと思いまして」とお父さんは語った。
さらに「一人っ子だからか、manatsuは小さい頃から猫が大好きでした」と言う。
素敵なお父さんだ、と私は思った。
manatsuさんとミケが見つめ合うシーンは今でも忘れられない。

その時のシーンはこちら→【バッグ】


ミケエリア100505-08.jpg
manatsuさんのお父さんと話している時にもミケは若者三人の訪問を受けていた。


ミケエリア100505-09.jpg
訪問者がいなくなると、ミケとサンマは再び動かなくなった。


ミケが大きく伸びをした。
「おっ、やっと動く気になったか」

ミケエリア100505-10.jpg
しかしミケはその場が気に入ったのか、すぐにうずくまった。


ボス母の子の墓に新たな花が供えてあった。
ミケエリア100505-00.jpg
以前供えてあった生花が新しい生花に替わっている。


ミケが動いたのは新たな訪問者が現れた時だった。
ミケエリア100505-11.jpg
このご夫婦はここを初めて訪れたと言う。


私が鼻水を拭き取ると、サンマは急に立ち上がりそのまま道路を渡っていった。
そして用を足し始めた。

ミケエリア100505-12.jpg
わざわざ道路の反対側へ行ってオシッコをするサンマに感心する。


私の予想通りミケはご主人の膝の上に跳び乗った。
ミケエリア100505-13.jpg
「ミケが自ら下りることは絶対ないですよ」と私はご主人に言った。


ミケは身体を丸くし、くつろぎモードに入ったようだ。
ミケエリア100505-14.jpg


そこへサンマが来て、膝に乗るミケを羨ましそうに見た。
ミケエリア100505-15.jpg
次の瞬間、サンマは奥さんの膝に足をかけた。


そしてそのまま奥さんの膝の上に跳び乗った。
ミケエリア100505-16.jpg


今週の日曜日にも同じ光景を目にした。
私はこんな短い期間でダブル膝乗せを再び見られるとは思ってもいなかった。

ミケエリア100505-17.jpg


ミケエリア100505-18.jpg
ご主人の足がそろそろ限界に近づいてきた。


私は「抱いて下ろそうとするとミケは怒るのでゆっくりと立ち上がって」とご主人に助言した。
ミケエリア100505-19.jpg
するとご主人が「爪を立てられた」と顔を歪めながら言った。
抱いて下ろそうとしても爪は立てられる。



ミケエリア100505-20.jpg
ご主人は体勢を変えゆっくりと立ち上った。


ご主人の膝から飛び下りたミケが、奥さんの膝に乗るサンマを睨みつける。
ミケエリア100505-21.jpg
そして順番待ちでもするように奥さんの足元にうずくまった。


ご主人は痺れた足を伸ばした。
ミケエリア100505-22.jpg


サンマは奥さんの膝にしがみついたままミケの様子を窺っている。
ミケエリア100505-23.jpg
今日のサンマは自ら下りようとしない。


そこへ猫と暮らしているというワンちゃんが通りかかった。
ミケエリア100505-24.jpg
名前は『ピンキー』。九歳の女の子だ。
その名は懐かしの『ピンキーとキラーズ』から頂いたそうだ。



「今度はお土産を持って来ます」と奥さんは言った。
私は「この二匹は毎日余るほどのエサをもらってますから」と断り「持ってくるのは膝だけでいいです」と付け加えた。

ミケエリア100505-25.jpg


私がいた短い時間だけでも何人もの人がこのエサ場を訪れた。
ミケエリア100505-26.jpg
でもこれから明日の朝まで、ここを訪ねてくる人はほとんどいないだろう。
この辺りは街灯がないため夜は漆黒の闇に包まれる。
その時この二匹がどうやって過ごしているのか、私は知らない。



風景100505-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. manatsu | URL | -

    こんにちわ。まさか父親が訪れるとは・・・・。
    それにしても、かばんに乗っかるミケはおもしろいですね。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    GW中は、やはり人が凄いですね、天気も良かったし。

    ミケちゃんとサンマ君の膝乗り写真いいですね。
    サンマ君は子供だから、、きっとミケちゃんの真似したかったのかも。。

    私もいつか会いに行きます~、、といってもここどう行けばいいんですか?
    なぜか、一度も茅ヶ崎方面行った事がないもので。。

  3. wabi | URL | -

    返信

    manatsuさんへ

    コメントありがとうございます。

    > こんにちわ。まさか父親が訪れるとは・・・・。

    娘の気持ちを理解しようとするいいお父さんですね。

    > それにしても、かばんに乗っかるミケはおもしろいですね。

    あの時のミケの表情は本当に笑っているように見えました。
    私自身も大好きなシーンです。



    mimiさんへ

    コメントありがとうございます。

    > GW中は、やはり人が凄いですね、天気も良かったし。

    今年のGWは天候に恵まれ多くの人が海岸を訪れていました。
    そのせいでゴミ箱の周りはゴミだらけ、一部は防風林の中へ捨ててありました。
    ミケのエサ場の中にも空き缶が捨てられていました。
    こういう光景を目の当たりにすると、悲しい気持ちになります。

    > ミケちゃんとサンマ君の膝乗り写真いいですね。
    > サンマ君は子供だから、、きっとミケちゃんの真似したかったのかも。。

    おそらくそうでしょう。
    最近までサンマが膝に乗りたがることはありませんでしたから。

    > 私もいつか会いに行きます~、、といってもここどう行けばいいんですか?
    > なぜか、一度も茅ヶ崎方面行った事がないもので。。

    ミケとサンマの身の安全を考えると、ブログ上で詳しい場所を教えることはできません
    世の中変な人がいますから‥‥
    もし茅ヶ崎海岸にいらっしゃることが決まったらメールください。
    詳しい地図をお送りします。

  4. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    そうですよね、、安全のことを考えていませんでした、、
    すみません。

    行く次期が決まったら、メールします。

  5. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    > そうですよね、、安全のことを考えていませんでした、、
    > すみません。

    こちらこそすみません。
    万が一の事を考えてのことですからご理解ください。

    > 行く次期が決まったら、メールします。

    連絡待っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)