木陰

2010年05月09日 23:52

AM 09:55
今日の湘南海岸は初夏の様相を呈していた。

風景100509-01.jpg


賑わう砂浜でIおばさんと遭遇した。今日も小石収集に余念がない。
ミケエリア100509-00.jpg
Iおばさんは「ミケとサンマはエサ場にいたよ」と言い残して砂浜をあとにした。


ミケは日向ぼっこデッキにいた。
ミケエリア100509-01.jpg
見ると、気持ち良さそうに眠っている。


ところがサンマは既にいなくなっていた。
ミケエリア100509-02.jpg


眠っていたはずのミケが、私の気配を感じて起きてきた。
ミケエリア100509-03.jpg
「ミケ、今日は暑いくらいだなぁ」


するとミケは近くの柵で爪とぎを始めた。
ミケエリア100509-04.jpg
暑さのせいなのか、今日の爪とぎはあっさりとしたものだった。


エサ場の真ん中でオシッコをするミケ。
ミケエリア100509-05.jpg
「おいミケ、後始末は?」
これも暑さのせいなのか‥‥?



ミケはサイクリングロードまで出てきた。
ミケエリア100509-06.jpg


しかし水を飲むため、すぐにエサ場へ戻った。
ミケエリア100509-07.jpg
そして木陰にうずくまった。これは完全に暑さのせいだ。


ミケエリア100509-08.jpg


「さて今日も西へ行ってみるか」
ミケエリア100509-09.jpg


ボス母のエサ場。ここもカラスの標的になっている。
ミケエリア100509-10.jpg
しかしここのエサはネットと針金でしっかり護られている。


風景100509-03.jpg


ボスエリア。
ボスエリア100509-01.jpg
ここは既にカラスの被害に遭っていた。サンマの姿はどこにもない。


西のエサ場。
西のエサ場100509-01.jpg
食べ残されたエサがあった。このエサを食べたのが野良なのかカラスなのか、私には判断できなかった。


ミリオンのエサ場。今日はミリオンがエサ場にいた。
ミリオン100509-01.jpg
耳疥癬は左の耳まで侵し始めていた。ミリオンは痒さのためか、しきりに頭を振る。


漁港。
漁港100509-01.jpg


デッキの上で一匹の野良が寝ている。
漁港100509-02.jpg
私の気配で目を覚ましたようだ。


今日漁港にいたのはこの一匹だけだった。
漁港100509-03.jpg
病院通いをしている野良は、まだ戻っていないようだ。


ここには三匹の野良がいた。
漁港100509-04.jpg
はたして今後三匹が揃うことはあるのだろうか?


船宿エリア。
船宿100509-01.jpg
水上バイクの上で昼寝をしている野良が最初に目に入った。



近くの水上バイクの上に、もう一匹。
船宿100509-02.jpg
涼しい日陰で気持ち良さそうに眠っている。


静かに近づいたつもりだが、野良の耳は私の足音を聴き逃さなかった。
船宿100509-02-03.jpg
しかしその眼に警戒の色は見えない。


白猫は私の気配を感じ、警戒の眼を向けている。
船宿100509-03.jpg
やはりこの猫、ミリオンに似ている。この白猫も左眼を病んでいるようだ。


私が振り向くと、三毛猫が目の前にいた。
船宿100509-04.jpg
私を警戒している様子は窺えない。


その三毛猫は私のあとをついてきた。
船宿100509-05.jpg
私が振り返ると、歩みを止めた。


私が側に寄っても逃げる気配は感じられない。
船宿100509-06.jpg
「なあ、新入りのチビはまだここにいるのか?」


船宿100509-07.jpg
最初に見た野良が地面に横たわりながら、私の様子を観察している。


結局、前回見かけたチビ猫と母親代わりの義母猫には会えなかった。
船宿100509-08.jpg
この事が吉兆なのか凶兆なのか、まだ判らない。


風景100509-04.jpg


ミケは私がエサ場を離れた時と同じ場所にいた。
ミケエリア100509-11.jpg
「あれからずっと動かずにいたのか?」


そこへサンマが防風林の奥から姿を現し、用を足し始めた。
ミケエリア100509-12.jpg
そのサンマの姿を見たミケは、私の方へ逃れてきた。


ミケエリア100509-13.jpg


ミケはサンマの横をゆっくりと通り‥‥
ミケエリア100509-14.jpg
私の陰へ隠れるようにうずくまった。


サンマが鼻提灯を作っている。
ミケエリア100509-15.jpg


私はサンマの鼻水を念入りに拭き取った。
ミケエリア100509-16.jpg
以前は鼻水を拭き取られると逃げていたが、今はそんな素振りを見せることはない。


ミケが再び私の足元に来てうずくまった。
ミケエリア100509-17.jpg
しかしそこはサンマのいる場所に近かった。


そのことに気づいたミケは慌ててその場を離れた。
ミケエリア100509-18.jpg
「ミケ、お前も鈍いなぁ」


サンマも暑さを避けるため、潅木の陰へ移動した。
ミケエリア100509-19.jpg


ミケは木陰にうずくまった。
ミケエリア100509-20.jpg
するとミケの飛び柄の上に、木漏れ日が新たな飛び柄を作った。


この地曳網船は明日の朝解体される。
風景100509-02.jpg
私がこの船を見るのは、これが最後になるだろう。


風景100509-05.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. dodo | URL | P/yuRyQg

    昨日は家のらんぼ~が,
    今頃(4時頃)海に行けばwabiさんとミケに逢えるじゃない
    と言うので海岸に出かけてました。
    wabiさんには逢えませんでしたが、
    ミケがオイラのヒザの上に乗って来ました。
    これって、wabiさんのblogで見たやつだなぁ~

    何だかカワイイ奴だなぁ~と思ってしまうオイラですが、
    猫は本能的に居心地の良い所が分っている様ですね!

    wabiさんに逢えなかったのが残念でしたがミケに癒されて帰って来ました。

  2. wabi | URL | -

    dodoさんへ

    dodoさん、コメントありがとうございます。

    > 昨日は家のらんぼ~が,
    > 今頃(4時頃)海に行けばwabiさんとミケに逢えるじゃない
    > と言うので海岸に出かけてました。

    昨日は午後から来客の予定があったので午前中に海岸に行きました。
    予定がなければ夕方行っていたでしょう。
    残念なことをしました。
    奥さんにも宜しくお伝えください。

    > ミケがオイラのヒザの上に乗って来ました。
    > これって、wabiさんのblogで見たやつだなぁ~

    最近のミケとサンマは隙を見せるとすぐ膝に乗ってきます。
    乗るのはいいのですが、ミケは下ろそうとすると怒り出すので厄介です。

    > 何だかカワイイ奴だなぁ~と思ってしまうオイラですが、
    > 猫は本能的に居心地の良い所が分っている様ですね!

    冬は暖かい所、夏は涼しい所を、猫はちゃんと知っています。
    でも幸せそうな表情を見せるのは、人の温もりを感じている時ですね。

    > wabiさんに逢えなかったのが残念でしたがミケに癒されて帰って来ました。

    今度からdodoさんがしゃがむのをミケは見逃さないでしょう。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)