混乱

2010年05月14日 23:56

PM 04:15
この時刻予報では晴れとなっていたが、湘南海岸の空は、その大部分を雲に覆われていた。
その雲の合間から、時折太陽が顔を出して、海岸に長い影を作る。

風景100514-01.jpg
気温はこの時期としては低く、吹く風も冷たい。私は思わずジャケットの襟を立てた。


私と相前後して、MMさんがエサ場にやって来た。
ミケエリア100514-01.jpg
ヘアスタイルが変わっていたので、最初誰だか分からなかった。


このMMさん、一見強面風だが、実際は陽気で面白い人である。
ミケエリア100514-02.jpg
MMさんも大の猫好きだ。


水を飲んでいるミケに、サンマが近づいていく。
ミケエリア100514-03.jpg
気配を感じたミケは、おもむろに振り返った。


サンマと眼を合わせたミケの表情が、にわかに怒気を帯びてきた。
ミケエリア100514-04.jpg
ミケが低い唸り声を発しはじめた。


しかし今日のサンマは、ミケの威嚇に対して一歩も引く気配がない。
ミケエリア100514-05.jpg
いつもと違うサンマの反応に、ミケも戸惑いを感じているようだ。


ミケがゆっくりと、その場から離れていく。
ミケエリア100514-06.jpg


とどのつまり、サンマがミケを追い払った格好になった。
ミケエリア100514-07.jpg
今日のサンマいつもと違う、私はその時そう感じた。


MMさんは昼過ぎから歩き続けていた。最近急に増えた体重を落とすために‥‥
ミケエリア100514-08.jpg


ミケエリア100514-09.jpg


ミケが、今日最後の陽射しを浴びていると‥‥
ミケエリア100514-10.jpg
サンマが現れた。


サンマの接近を知ったミケは、居住まいを正した。
ミケエリア100514-11.jpg
そしてサンマと眼が合わないよう、少し顔を背けた。


先に動いたのはサンマだった。
しかし、目標はミケではなかった。サンマはエサ場へ駆けていった。

ミケエリア100514-11-12.jpg
どうやら腹が減っているらしく、サンマは余ったエサを置いてある場所へ直行した。


しかし、そこにエサはなかった。
ミケエリア100514-11-12-02.jpg
ついにカラスが、ここへ侵入する術を知ったようだ。


その時、ブースカさんがエサ場を訪れた。
ミケエリア100514-12.jpg
ブースカさんは、サンマを愛しそうに撫ではじめた。


「今日は時間がないから、これで帰るね」二匹にそう言いながらブースカさんは立ちあがった。
ミケエリア100514-13.jpg


ミケとサンマは、また微妙な距離で残された。
ミケエリア100514-14.jpg


今度動いたのは、ミケだった。
ミケエリア100514-15.jpg
小走りで遊歩道の奥へ逃れたミケが、サンマを振り返った。


そのミケに、サンマはゆっくりと近づいてきた。
ミケエリア100514-16.jpg
いつもの甘ったるい鳴き声を発しないサンマから、私は余裕のようなものを感じた。
「いつものサンマらしくないな‥‥」



さらに、ミケが遊歩道の奥へと移動した。
ミケエリア100514-17.jpg
サンマは慌てることなく、悠然と歩いてくる。
そのサンマを見て、ミケが防風林の中へ逃げようとした、その時だった。



サンマの態度が豹変したのは‥‥
ミケエリア100514-18.jpg
サンマは、いきなりミケに迫っていった。潅木を挟んで、ミケとサンマが対峙した。


私からはミケの表情しか見えない。その表情は、嫌悪や怒りより怯えが勝っていた。
ミケエリア100514-19.jpg
それを証明するように、ミケが後退しはじめた。







この間の写真はない。

いや、正確に言うと使える写真がないのだ。

既に薄暗くなっていた防風林での二匹の激しい動きに、

私のコンデジはてんで役に立たず、数枚のブレた画を記録しただけだった。

と、言うことでいきなり次のシーンへ飛びます。








サンマが松の木を見上げている。
ミケエリア100514-20.jpg


サンマは、一点を見つめたまま微動だにしない。
ミケエリア100514-21.jpg
そのサンマの視線を辿っていくと‥‥


そこに、ミケがいた。
ミケエリア100514-22.jpg
松の木に登ったミケが、サンマと私を見下ろしている。ミケが木に登ったのを、私は初めて見た。


サンマは鋭い眼で、ミケを見つめている。
ミケエリア100514-23.jpg
二匹の睨み合いは、このあともしばらく続いた。


その間、サンマは何度か松に登ろうとしたが‥‥
ミケエリア100514-24.jpg
日頃の暴食が祟り、2mも登れず、その度に地面へ落ちてきた。


ついにサンマは、登るのを諦めたようだ。
ミケエリア100514-25.jpg
そして、いつもの甘ったるい声で鳴きはじめた。


そのままサンマは、防風林を西ヘ向かっていった。
ミケエリア100514-26.jpg
私の頭は少し混乱していた。
最近二匹の力関係が逆転したとか、サンマが求めているのは母性愛ではないかとか言った、ここ数日の記事内容を真っ向から否定するようなサンマの行動を目の当たりにしたからだ。
母性愛を求める相手に対し、木の上に追い詰めるようなことは普通しないと思う。
このことで、サンマがミケに何を求めているのか、私は全く分からなくなった。



エサ場に戻りさっきの松の木を見たが、ミケの姿は既になかった。
ミケエリア100514-27.jpg


私はにわかに心配になり、ミケを捜した。
ミケエリア100514-28.jpg
「いったい、どこへ行ったんだミケのヤツ」


防風林の奥に、ミケはいた。辺りは既に夕闇に包まれている。
ミケエリア100514-29.jpg
私が近づいても、ミケは振り返らない。


ミケもサンマの意外な行動に、ショックを受けているようだ。
ミケエリア100514-30.jpg
そんなミケを数回撫でて、私はエサ場をあとにした。


風景100514-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、こんばんは。

     ミケちゃんの木登りにはビックリしました。
     そしてサンマくんが木登りできないことにも。
     運動能力はミケちゃんのほうが高いみたいですね。

     それにしても、ミケちゃんとサンマくんの関係がどうなるのか気になります。
     サンマくんが強気に出ても、ミケちゃんがまた高いところに登れば大丈夫だとは思いますが・・・。
     また今夜、見に来ます。
     

  2. wabi | URL | -

    Kiryuさんへ

    kiryuさん、コメントありがとうございます。

    記事にも書きましたが、私がミケの木登りを見るのは初めてです。
    それもシャッターチャンスを逃すほど、あっと言う間の出来事でした。
    サンマは肥り過ぎたようです。
    これでは何かあったとき、逃げることができません。

    ミケとサンマの関係がこれからどうなるのか、私には見当もつきません。
    これからのサンマ次第ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)