微妙な距離

2010年05月16日 23:55

PM 03:55
この時刻でも、バーベキューを楽しむ人達で、デッキ周りは賑わっている。
一方海は、午後から強くなった海風を味方にしたウインドサーファー達によって独占されていた。

風景100516-01.jpg


風が嫌いなミケは、東側の植込みにいた。
ミケエリア100516-01.jpg
横を見ると、折りたたみ椅子を利用した新しい日向ぼっこデッキで、サンマがまどろんでいる。


その二匹の距離が存外近いのに、私は驚いた。
ミケエリア100516-02.jpg
サンマは、見事な鼻提灯を作っていた。


意外なことに、私に近づいてきたのは、サンマが先だった。
ミケエリア100516-03.jpg
サンマの鼻水を拭いてやろうとしたが、ティッシュを入れたウエストバッグを家に置き忘れていた。


もしやと思い、衣装ケースの中を調べると、果たしてティッシュが置いてあった。
ミケエリア100516-04.jpg
鼻水を拭き取られたサンマは、防風林へ入っていった。


ミケエリア100516-05.jpg


サンマがうずくまった場所は、強い海風も吹き込んでこない。
ミケエリア100516-06.jpg
その代わりに、木漏れ日が差し込む快適なところだ。


そこは、風の強い日に、私がいつもミケを誘う場所だった。
ミケエリア100516-07.jpg
ミケが水を飲むため、植込みから出てきた。


そのミケを、いつものように防風林の奥へ誘った。
ミケエリア100516-08.jpg


ミケが前方を見つめはじめた。
ミケエリア100516-09.jpg
その視線の先には、サンマがいた。


私がサンマの側にいるからか、ミケはこちらに近づいてきた。
しかしすぐに止まり、その場へうずくまった。

ミケエリア100516-10.jpg
それも、サンマを視界に入れないよう背を向けて‥‥


私はミケに近づき、その表情を窺った。
ミケエリア100516-11.jpg
ミケの表情は、私の予想以上に険しかった。
「まだ怒ってんのか、ミケ?」



しばらくの間、二匹はそのままの姿勢で動かなかった。
ミケエリア100516-12.jpg


ミケエリア100516-13.jpg


私の気づかないうちに、ミケは身体を丸くしていた。
ミケエリア100516-14.jpg
しかし、ミケはくつろいでなどいなかった。ミケの眼が、それを証明していた。


ミケエリア100516-15.jpg


風景100516-02.jpg


遊歩道で、先生に声をかけられた。
二匹のところへ案内すると、「腹は減ってないんだろ?」と先生が訊いてきた。

ミケエリア100516-16.jpg
二匹が空腹でないことを知ると、先生は次のエサ場へ向かっていった。


よく見ると、私が遊歩道へ出ていた間に、ミケがサンマとの距離を詰めていた。
ミケエリア100516-17.jpg
しかしミケの眼は、険しいままである。私は理解に苦しんだ。


サンマはと見ると‥‥
ミケエリア100516-18.jpg
頭を地面に落とし、完全に眠っている。
「いいよなぁ猫は、いつでも寝られて‥‥」



そこへ、若いカップルが訪ねてきた。
ミケエリア100516-19.jpg


夫婦だと言うそのふたりは、ミケとサンマを優しく撫ではじめた。
ミケエリア100516-20.jpg


チビのことも、このふたりは知っていた。
ミケエリア100516-21.jpg
チビが庭付きの家で元気にしていることを伝えると、ふたりも喜んでくれた。


二匹と再会を約束して、ふたりは帰っていった。
ミケエリア100516-22.jpg


今度はサンマが、おもむろにミケとの距離を詰めてきた。
ミケエリア100516-23.jpg
サンマの顔は相変わらず呆けていて、何を考えているのかさっぱり分からない。


ミケとサンマは、実に微妙な距離で向かい合った。
ミケエリア100516-24.jpg
ただこの微妙な距離は、人間のパーソナルエリアと同様、状況、相手によって変化する。


最近のトラブルは、二匹のパーソナルエリアが大きく違っていることが原因かも知れない。
ミケエリア100516-25.jpg
二匹は、微妙な距離のまま動こうとしない。


その微妙な二匹の前に、新たな訪問者が現れた。それは、Kさんだった。
ミケエリア100516-26.jpg
今日二度目の訪問だと、Kさんが言う。Kさんも猫にハマってしまったようだ。


ミケエリア100516-27.jpg
微妙な距離の二匹をその場に残して、私はエサ場をあとにした。


風景100516-03.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    サンマ君どうしたんでしょうかね??

    サンマ君がミケちゃんを追いつめたのはびっくりでしたし、、
    ミケちゃんが気の毒になりました。

    それに、サンマ君が木登りできないのも、、びっくりでしたが。

    今迄は、ミケちゃんが強かったので、サンマ君はが可哀想でしたが、
    今後の二人の関係がちょっと心配ですね。

  2. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、コメントありがとうございます。

    最近のサンマの行動は、私にもよく分かりません。
    以前はよく見られた行動ですが、ここ数ヶ月はミケを追い詰めるようなことはありませんでした。
    木に登ったミケは、まさに春の椿事でした。
    しかし、ミケの運動能力に感心し、そして安心しました。
    最近のミケはあまり動かなくなり、もう歳かな、と心配していましたから。

    ミケとサンマ‥‥これからこの二匹の関係がどうなっていくのか‥‥
    しばらく見守っていこうと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)