寝子

2010年05月19日 00:00

AM 06:35
鈍色の低い雲に蓋をされた湘南海岸は、暗く沈んで見えた。
南から強い海風が吹き付ける砂浜に人影はなく、カラスが一羽荒れた海を眺めていた。

風景100519-01.jpg


いつもの柵の上に、ミケの姿はない。
ミケエリア100519-01.jpg
ミケは小屋の中にいた。


一方、サンマはと言えば‥‥
ミケエリア100519-02.jpg
ユーモラスな格好で毛繕いをしている。


私の姿を見たミケが、小屋から出てきた。
ミケエリア100519-03.jpg
「ミケおはよう、今日は風が強いなぁ」


その声を聞きつけたのか、サンマも私の側にやって来た。
ミケエリア100519-04.jpg
「サンマおはよう、鼻の調子はどうだ?」


二匹は同じようにうずくまり‥‥
ミケエリア100519-05.jpg
同じように眼を閉じた。


海鳴りと風音以外、何も聞こえてこない。
ミケエリア100519-06.jpg


いきなりミケが穴を掘りはじめた。この深さだと、大きい方に違いない。
ミケエリア100519-07.jpg
果たして、ミケはサンマの眼の前で力みだした。
「何も、サンマの側でしなくても‥‥」



オシッコは埋めないミケも、さすがにフンは埋める。
ミケエリア100519-08.jpg
何度か匂いを確かめ、自分のモノを丁寧に埋め終えた。


用を足し終えたミケが、今度は嘔吐しはじめた。
ミケエリア100519-09.jpg
ミケの吐しゃ物に、血や異物は混じっていなかった。。


嘔吐したからといって、慌てることはない。実際、猫はよく吐く。
ミケエリア100519-10.jpg
猫草を食べ、自ら吐くこともある。その他の異常がなければ正常な生理現象だ。


ミケエリア100519-11.jpg
しばらく様子を見ていたが、その後ミケに異変は起こらなかった。


ミケエリア100519-12.jpg
私は、風が吹きこまない防風林の奥へ、ミケを誘った。


エサ場に戻ると、サンマがぽつねんとしていた。
ミケエリア100519-13.jpg


そこで私は、サンマを抱きかかえて、ミケのいる防風林へ連れていった。
私は、ミケから離れたところへサンマを下ろした。
しかしサンマはすぐに、ミケの側へ歩み寄っていった。

ミケエリア100519-14.jpg
そして、微妙な距離にサンマは位置した。


サンマが側に来ても、ミケにさしたる変化は見られない。
ミケエリア100519-15.jpg
ミケの表情が一瞬険しくなった。


サンマが動いたためだ。
ミケエリア100519-16.jpg


そのサンマも何をするでもなく、その場にうずくまった。
ミケエリア100519-17.jpg


いかにも所在ない様子の二匹を、私はしばらくの間撫でてやった。
ミケエリア100519-18.jpg


サンマがミケの傍らに寄ってきた。
ミケエリア100519-19.jpg
サンマに対して、ミケは何の反応も示さない。
ミケがわざと無関心を装っているように、私には見えた。



ミケエリア100519-20.jpg


その後もサンマは、辺りを目的なくうろついた。
ミケエリア100519-21.jpg
しかし、ミケはうずくまったまま、動こうとしない。


強風に煽られ、防風林の木々がザワザワと音を立てている。
ミケエリア100519-22.jpg
時折、ピキピキッという小さな破裂音も聞こえてくる。


その音がすると、サンマも思わず天を仰ぐ。
ミケエリア100519-23.jpg
その他に聞こえてくるのは、相変わらず海鳴りと風音しかない。


こんな風の強い日に、エサ場を訪れる人もいない。
ミケエリア100519-24.jpg


ミケエリア100519-25.jpg
ふと見ると、サンマの姿が消えていた。


振り返ると、サンマはまた場所を変え、ミケを見つめていた。
ミケエリア100519-26.jpg


今日は何も起こらない。ブログのネタになるような出来事は一切ない。
ミケは木に登らないし、サンマはどこへも出かけない。

ミケエリア100519-27.jpg
でも、こういう日があってもいい。何も起こらないのは悪いことではないから。


実際猫の生活は、人の目に退屈この上なく映る。
ミケエリア100519-28.jpg
寝るのが好きなネコを『寝子』と呼んだのが、語源だという説もあるくらい、猫はよく寝る。
生涯の七、八割を寝て過ごしているのではないだろうか。
でもその寝姿さえ、我々人間に癒しを与えてくれる。



ミケエリア100519-29.jpg


私が帰路についた頃、予報にはなかった雨が降ってきた。
ミケエリア100519-30.jpg


風景100519-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    毎日ご苦労様です。

    ミケちゃんの小屋からの顔いいですね、サンマ君ののほほんとした毛繕いも
    結構笑えます。

    サンマ君、ミケちゃんと仲良くなりたいような気がしますが、、ミケちゃんは
    手強いですからね。

    wabiさん、ブログねたがなくてもいいですよ~、
    二人の写真みれて嬉しいです。

    今日は霧雨みたいな雨で大変でしょうが、お気をつけて。

  2. いかねこ | URL | -

    はじめまして♪

    野良猫なのに、まるまるとしてて(*^_^*)
    なでさせてくれるなんて♪

    こういうのがいいです!!

  3. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > 毎日ご苦労様です。

    ありがとうございます。

    > ミケちゃんの小屋からの顔いいですね、サンマ君ののほほんとした毛繕いも
    > 結構笑えます。

    ミケはあまり毛繕いをしませんが、サンマはしょっちゅう毛繕いをします。
    日頃多くの人に撫でられているミケは、毛繕いの必要がないのかも知れません。

    > サンマ君、ミケちゃんと仲良くなりたいような気がしますが、、ミケちゃんは
    > 手強いですからね。

    ミケの性格は頑固ですから、サンマは苦労すると思います。

    > wabiさん、ブログねたがなくてもいいですよ~、
    > 二人の写真みれて嬉しいです。

    そう言ってもらうと、少し気が楽になります。(笑)

    > 今日は霧雨みたいな雨で大変でしょうが、お気をつけて。

    今日は夕方海岸へ行く予定です。



    いかねこさんへ

    > はじめまして♪

    こちらこそ、はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。

    > 野良猫なのに、まるまるとしてて(*^_^*)
    > なでさせてくれるなんて♪
    > こういうのがいいです!!

    ミケとサンマは人懐こくて、初対面の人にも体を触らせます。
    しかし、その性格は対照的です。
    ミケは気難しく、一度へそを曲げると簡単には元に戻りません。
    一方サンマはあっさりとした性格で、機嫌を損ねてもすぐに元に戻ります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)