2010年05月20日 00:00

PM 03:50
雨上がりの湘南海岸。灰色の雲が居座り、湿度が異常に高い。
待ちに待った波を求めてやって来たサーファー達で、海は賑わっている。

風景100520-01.jpg


ミケのエサ場には、あらしさんが来ていた。
そして直前に起こった、ちょっとした事件のことを話しはじめた。

ミケエリア100520-01.jpg
五十代の夫婦が、自分の連れていた白をミケとサンマに、けしかけたと言うのだ。
ミケはすぐに逃げたが、サンマは果敢にもその白と、しばらく睨み合っていた。
いるのだ、たまにこういう輩が。私も何度か目にし、その度に注意をした。
相手の態度によっては、怒鳴ったことも、ある。



ミケエリア100520-02.jpg
との睨み合いで神経を磨り減らしたのか、サンマはうずくまって動かない。


猫好きおじさんが、ミケとサンマの様子を見にきた。
ミケエリア100520-03.jpg


ミケエリア100520-04.jpg
そして、それぞれの方向へ向かって、ふたりは帰っていった。


の接近に遭ったミケの表情は、暗い。
ミケエリア100520-05.jpg
「おじさんがその場にいたら、すぐに追い返してやったのにな‥‥」


サンマは頭を地面に落とし、完全に眠ってしまった。
ミケエリア100520-06.jpg
そのサンマを褒めてやりたいと、私は思った。


ミケエリア100520-07.jpg


そこへ、またが現れた‥‥と思ったら、それは私がよく知っている玄ちゃんだった。
ミケエリア100520-08.jpg
今日も私の「お座り」に、玄ちゃんは応えてくれた。


そして玄パパさんに連れられて、玄ちゃんは帰っていった。
ミケエリア100520-09.jpg
私の顔見知りでも、ミケにとっては招かれざる客であることに違いはない。


サンマは深い眠りに入ったようだ。
ミケエリア100520-10.jpg
私は、猫も夢を見ると思っている。ちなみに、私がよく知る飼い猫は、寝言を言う。
サンマはどんな夢を見ているのだろう?



ミケエリア100520-11.jpg
ミケの眼には、まだ警戒の色が残っている。


ミケエリア100520-12.jpg
サンマが目覚めたようだ。


サンマの目覚めを知ったミケは‥‥
ミケエリア100520-13.jpg
私の足元に避難してきた。
「ミケ、そんなにサンマを嫌わなくてもいいだろ」



サンマはそのミケを無視して、私に近づいてきた。
ミケエリア100520-14.jpg
「サンマ、と睨み合って疲れたか?」


と言ったとたんに、サンマの眼つきが険しくなった。
ミケエリア100520-15.jpg
振り返らなくても私には分かっていた、サンマが見つめる先に何がいるかが。


果たして、そこにはサンマを見つめる、二匹の犬がいた。
ミケエリア100520-16.jpg


見る見るうちに、サンマの背中の毛が逆立ってきた。
ミケエリア100520-17.jpg
こういう時、猫は自分を大きく見せるため、相手に身体の横を見せる。


二匹の犬に敵意がないのが分かったのか、サンマは徐々に落ち着いてきた。
ミケエリア100520-18.jpg
そして緊張を解くためか、舌なめずりをした。


二匹の犬をよく見ると、何とも愛らしい姿をしていた。
ミケエリア100520-19.jpg
私は「まるで縫いぐるみみたいだ」と、つい言葉に出した。


茶色いワンちゃんの名は『オージロウ』、四歳、男の子。
黒いワンちゃんの名は『マイロ』、もうじき三歳、同じく男の子。

ミケエリア100520-20.jpg
この二匹は血縁の関係にはないと、飼い主さんが言う。
でも私には、仲良く座る二匹がまるで親子か兄弟のように見えた。

私のブログは野良猫ブログなのに、時折こうして犬が登場する。
それは何故か。答えは簡単だ。私は犬も大好きだからだ。
と言うより、元々は犬しか知らなかった。
私の実家にはいつも犬がいた。今いる犬で四匹目だ。それも全て捨て犬を拾ってきた。
猫を知ったのは20年ほど前になる。東京にいた頃飼っていたその猫も、捨て猫だった。



次にエサ場を訪れたのは、ねこみどりさんだ。
ミケエリア100520-21.jpg
すると、ミケとサンマの表情が一変した。


ねこみどりさんの得意技『ダブル手ずから』。
ミケエリア100520-22.jpg


当然のようにお代わりを待つ、ミケとサンマ。
ミケエリア100520-23.jpg
ねこみどりさんが悪戯っぽく「一緒にやったらダメかしら」と言いながら、手を近づけた。


日頃は微妙な距離を保っているミケとサンマが、顔が触れんばかりの近さでエサを食べている。
ミケエリア100520-24.jpg
所詮、食べ物の魅力には敵わないわけか‥‥


ミケエリア100520-25.jpg


ミケエリア100520-26.jpg


同じ格好で、口の周りを拭うミケとサンマ。
ミケエリア100520-27.jpg
「お前ら、ホントは仲良いんじゃないの~?」と思わず突っ込んだ。


ミケエリア100520-28.jpg
サンマの顔が真顔になった。次のサンマの目的が、私には手に取るように分かった。


思ったとおり、サンマはねこみどりさんの膝に跳び乗った。
ミケエリア100520-29.jpg
腹が満たされれば、次に求めるのは人の温もりだ。
最近のサンマは膝の味をしめ、隙を見せると乗ってくる。
但し、サンマが狙う相手はほとんどが女の人だ。サンマは、根っから女好きのようだ。



ミケエリア100520-30.jpg
先を越されたミケが、ねこみどりさんの足元に擦り寄っていく。


サンマを膝から下ろしたねこみどりさんが、再び乗ってこようとするサンマを宥めている。
ミケエリア100520-31.jpg
ミケは、ねこみどりさんの足元に擦り寄るだけで、膝に乗ろうとはしない。
ねこみどりさんも「夕方ミケちゃんを膝に乗せると切なくなるの」と言うくらいだから、自らミケを膝に乗せることはない。



ミケと違って、サンマは貪欲だった。
ミケエリア100520-32.jpg
再び、ねこみどりさんの膝に前足をかける。


そして、ねこみどりさんの膝に飛び乗った。
ミケエリア100520-33.jpg


膝の上にサンマ、膝の下にミケ‥‥この光景も珍しい。
ミケエリア100520-34.jpg
ねこみどりさんの膝の下で、ミケは満足しているようだ。


「はい、さんまちゃんはおしまい」と言って、ねこみどりさんは、サンマを膝から下ろした。
ミケエリア100520-35.jpg
サンマの残念そうな表情と、それを見て笑っているようなミケの表情が対照的だ。


その時、見覚えのある若い男性がエサ場を訪れた。
ミケエリア100520-36.jpg
それは今週の日曜日、防風林にいる二匹を訪ねてきた男性だった。
あの日は奥さんと一緒にエサ場を訪れたが、今日はひとりだ。



帰ろうとするねこみどりさんのあとを、ミケが追っていく。
ミケエリア100520-37.jpg
そのミケを、ねこみどりさんは優しく撫でる。その様子を見ていると、こっちまで切なくなる。


ミケエリア100520-38.jpg
訪問者が去り、残された二匹の姿はいかにも寂しげに見える。


いつも、こうして二匹の一日が終わる。
ミケエリア100520-39.jpg
漆黒の闇に包まれる夜、ここを訪ねてくる人はほとんどいない。


私も二匹の見送りを受けて、帰路につくことにした。
ミケエリア100520-40.jpg


風景100520-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。

    最近更新が遅いですか? 
    何かあったのかと思いましたが、、 大丈夫ですよね。

    ミケちゃんとサンマ君のエサを食べた後の写真、そっくりの仕草ですね。
    もしかしたら、仲良し?と思ってしまいますね。

    膝乗りのサンマ君と、膝下のミケちゃん と ねこみどりさん
    いい写真です!

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、こんにちは。

     犬を猫にけしかけるとは・・・。
     大阪でもそういう話を聞いたことがあります。
     ホント、しょうもない人間がいるもんですね。
      
     その犬とにらみ合うとは、サンマくん、偉い!
     でも、ケガはしないようにしてほしいです。

     ミケちゃんとサンマくんのシンクロは最高でした。

  3. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    mimiさん、いつもコメントありがとうございます。

    > 最近更新が遅いですか? 
    > 何かあったのかと思いましたが、、 大丈夫ですよね。

    更新、確かに遅いです。(笑)
    ご心配をかけて、申し訳ありません。
    私は至って健康です。
    ただ、編集作業の時間を作るのに苦労しているだけです。

    > ミケちゃんとサンマ君のエサを食べた後の写真、そっくりの仕草ですね。
    > もしかしたら、仲良し?と思ってしまいますね。

    でしょ~。
    知らない人が見たら、仲の良い猫たちと勘違いするくらいでした。

    > 膝乗りのサンマ君と、膝下のミケちゃん と ねこみどりさん
    > いい写真です!

    人と触れ合っている時の二匹は、いつも幸せそうに見えます。
    だからよけいに、別れ際が辛くなるんです。



    Kiryuさんへ

    Kiryuさん、いつもコメントありがとうございます。

    > 犬を猫にけしかけるとは・・・。
    > 大阪でもそういう話を聞いたことがあります。
    > ホント、しょうもない人間がいるもんですね。

    います。
    私も数回目撃しているし、周りの人からも同じような話を聞きます。
    そういう人を見ると、私はいつも思います、お前らに動物を飼う資格ないよ、って。
    そんな人に飼われている犬も可愛そうです。
      
    > その犬とにらみ合うとは、サンマくん、偉い!
    > でも、ケガはしないようにしてほしいです。

    問題はそこなんですよ。
    エサ場だと、植込みに逃げればいいし、それでもダメなら木に登れば犬は追ってこられません。
    しかし、サンマは知ってのとおり、木に登れないのです。
    少し、ダイエットしないといけませんね。

    > ミケちゃんとサンマくんのシンクロは最高でした。

    ホントに仲が悪いのか目を疑う光景でした。
    記事に書いたように「お前ら、ホントは仲良いんじゃないの~」と、実際に突っ込んでしまいました。(笑)

  4. ゆきママ | URL | -

    消毒

    ねこみどりさんと2匹の写真とってもすてきです。
    今朝(21日)早朝えさ場に行きましたが、昨晩の雨のせいか<消毒>は一日延期になったようですね。猫好きにいちゃんさんの話では、消毒の間、ねこちゃんたちはどこかへ行っているようで、特に心配はないのでは、とのことです。22日も早朝に行ってみるつもりです。

  5. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    母が何時も楽しみに見てます

    母が毎日見ています
    サンマちゃんミケちゃん皆さんに面倒を見てもらっえて幸せそうと
    家にも猫が居ます元野良です3匹・・庭に食事を食べに来る子も何匹か母が世話をしています可愛いくってしょうがないみたいです

    私もブログを書いてます

  6. wabi | URL | -

    返信

    ゆきママさんへ

    コメント返信、遅くなってすいません。

    私が海岸に行くのは午後になると思います。
    今朝のミケとサンマの様子、また知らせてください。
    よろしくお願いします。



    ニャン丸さんへ

    ニャン丸さん、はじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    拙いブログですが、これからもよろしくお願いします。

    猫、それも野良猫に関わると、色々なことを考えさせられます。
    切なく、辛い思いをすることが多いですが、彼らの逞しく健気な姿に励まされることも少なくありません。

    お母様も、そういう目で野良たちを見ているのではないでしょうか。

    どうか、お母様によろしくお伝えください。

  7. dodo | URL | -

    一列に.........

    wabiさん

    こんばんは。

    いつもながら楽しく拝見させてもらってます。
    私が面白いと思った写真はサーファーが一列に並んで波待ちしている。

    何だか不思議でコミカルな感じを覚えてしまった。

  8. wabi | URL | -

    dodoさんへ

    dodoさん、コメントありがとうございます。

    この日は、サーファーの数が半端なく多かったです。
    それまでの数日間、海は凪ぎ続きでしたから、みんな待ちに待っていたのでしょう。
    サーファーが隙間なく一列に並ぶ光景を見た時、私は危なくないのかな、と思いました。

    先日、海岸でdodoさんを見かけたのですが、撮影中だったので声をかけませんでした。

    また、海で会えるのを楽しみにしています

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)