落日

2010年05月21日 00:00

PM 04:00
初夏を想わせる湘南海岸の午後。しかし、海風が次第に強くなってきている。
その風を待ち望んでいたウインドサーファーが、海岸に姿を見せはじめていた。

風景100521-01.jpg


ボードの準備に追われているウインドサーファーの向こうに、顔見知りの人を発見した。
ボランティアのIおばさんだ。Iおばさんは、いつもの小石収集に余念がない様子。

ミケエリア100521-01.jpg
今日は少し大きめの石を拾っていた。Iおばさんは、日によって拾う石の大きさを変える。


エサ場を覗くと、TANYさんの姿が見えた。TANYさんに会うのは久し振りになる。
ミケエリア100521-02.jpg
そのTANYさんの膝の上に、サンマが姿を現した。


しかし、昨日ねこみどりさんの膝に乗ったときとは、明らかに様子が違う。
やはり女の人の膝でなければ、サンマは満足しないようだ。

ミケエリア100521-03.jpg
思ったとおり、サンマはTANYさんの膝からすぐに下りてしまった。


ミケは柵の中にいた。強風が吹く時に、ミケが柵の外へ出ることはない。
ミケエリア100521-04.jpg
そのミケが、TANYさんに何か訴えている。
22年間猫を飼っていたTANYさんなら、ミケの言っていることが理解できるかも知れない。



毛繕いのし過ぎで、サンマの背中はえらく毛羽立っていた。
ミケエリア100521-05.jpg
怪我でもしてないか、TANYさんが入念に調べはじめた。
幸い、サンマの身体に異常はなかった。
二匹に変わりがないことを確認したTANYさんは、安心して帰っていった。



ミケが凝視している‥‥
ミケエリア100521-06.jpg
水を一心不乱に飲むサンマを。
大好きな水を、サンマに全て飲まれないか心配しているのだろうか。



私の足元に、ミケがうずくまった。
ミケエリア100521-07.jpg
ところが、それは結果的にサンマに近づくこととなった。


しかし、今日のサンマはミケには興味がないようだ。ミケの眼の前を、サンマが素通りしていく。
ミケエリア100521-08.jpg


サンマは独り、物思いに耽る。
ミケエリア100521-09.jpg
その横顔が、私には何故か渋く見えた。


そこへ、先生がやって来た。
先生はいつものように、猫缶をカゴに乗せ、各エサ場を回っている。

ミケエリア100521-10.jpg
二匹のエサが十分にあることを知ると、先生は他のエサ場へ向かっていった。


サンマがいつの間にか、柵の中に戻っていた。
ミケエリア100521-11.jpg
この頃、海風がエサ場の中にも吹き込んできていた。


ミケエリア100521-12.jpg


いかにも所在なさげなミケを、私はいつものように防風林の奥へ誘った。
ミケエリア100521-13.jpg


猫が顔を洗うと、雨が降ると言われている。
髭の湿気を取るための仕草が、さも顔を洗っているように見えるとも‥‥

ミケエリア100521-14.jpg
雨が降る確率がどれくらいか、私は知らない。


ミケエリア100521-15.jpg
しかし、ミケが執拗に顔を洗うのを見ていた私は、にわかに空模様が気になりはじめた。


西日を受け、ミケの身体が朱に染まる。
ミケエリア100521-16.jpg


サンマはさっきの場所でうずくまっていた。
ミケエリア100521-17.jpg
「サンマ、お前もミケのところへ行くか?」


私はサンマを抱きかかえて、ミケのいる防風林へ連れていった。
ミケエリア100521-18.jpg


ミケエリア100521-19.jpg
最初、サンマは落ち着かない様子で、辺りをうろつきはじめた。


ミケは、陽射しが当たる場所から動こうとしない。
ミケエリア100521-20.jpg
どうやら、ここが気に入ったようだ。


ミケエリア100521-21.jpg
しかし、その陽だまりは、落日に併せて徐々に消滅していった。


サンマは松の根元に落ち着いたようだ。
ミケエリア100521-22.jpg
今日のサンマは鼻水を垂らしていない。
鼻の周りはすっきりし、調子が悪い時によくする、中空を見つめる仕草も見せない。



ミケエリア100521-23.jpg


サンマの視線の先には、ミケがいる。そのミケは、知らぬ間に身体を丸くしていた。
ミケエリア100521-24.jpg
でも、眠ってはいない。


先に眠ってしまったのは、サンマの方だった。
ミケエリア100521-25.jpg


しばらくすると、ミケも眠りについた。
ミケエリア100521-26.jpg
二匹を起こさぬよう、私は静かにその場から離れた。


風景100521-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきママ | URL | -

    松の消毒後

    22日朝6時前に点検に行きました。<松を消毒したので、一日ここから中にははいらないで>との看板があり、各入口にバリケードがありました。
    でも2匹は普段と全く変わりなく、ミケちゃんは柵の上、さんまちゃんは発砲スチロールの上にいました。食器が心配でしたが、みなふせてあり、かさの下にありましたので安心しました。かさには消毒の名残がしっかりと残っていました。東側の水入れをしっかり洗い、きれいな水を入れたところ、さんまちゃんがやってきて、がぶがぶ飲みました。えさ入れはひとつだけ洗い、カリカリを入れましたら、それもさんまちゃんだけ食べました。ミケちゃんは柵の上から高みの見物でしたが、特に変わりなく思います。海岸のすべてのネコちゃんたちに変わりがないことを願って帰路につきましたが、久々にボスが道路にいました。元気でした。

  2. wabi | URL | -

    ゆきママさんへ

    ゆきママさん、早速のコメントありがとうございます。

    ミケとサンマに変わりがなくて安心しました。
    毎年のことなので、大丈夫だとは思っていましたが、やはり一抹の不安はありました。
    ボスも元気でいましたか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)