惑わす

2010年05月24日 00:00

PM 04:00
昨日から降り続く雨は、この時刻小降りになっていた。
しかし、立ち込める靄で江ノ島は霞み、水平線も模糊としている。

風景100524-01.jpg
サイクリングロードに人影はない。

お気に入りの場所に、ミケとサンマの姿は見えない。
ミケエリア100524-01.jpg


こんな日は、小屋の中で寝ているのが常だ。
ミケエリア100524-02.jpg
このあと、ミケに挨拶しようと小屋の中を覗いた私は、信じられない光景を目の当たりにすることになる。


思ったとおり、ミケは小屋の中にいた。
しかし、ミケの体勢に違和感を感じた私は、目を凝らして薄暗い小屋の中を見直した。

ミケエリア100524-03.jpg
ミケの身体は、何かと接触している。それは、見覚えのある模様をしていた。
「ま、まさか‥‥!」



私は我が目を疑った。
ミケエリア100524-04.jpg
ミケが小屋の中で、サンマと寄り添っていたのだ。
この状況を、どう表現したらいいのか?
『呉越同舟』‥‥いや、違う。この言葉はいがみ合っている仲の悪い者同士が、同じ場所にいるという意味だ。
ミケはともかく、サンマはミケの事を嫌ってはいないのだから。
私の乏しい語彙に、適当な言葉は見つからない。



サンマの惚けた顔が現れた。
ミケエリア100524-05.jpg
しばらくの間、私は無言でシャッターを押し続けた。
この状態から推測すると、まずサンマがミケの小屋に入り、そのあとミケがサンマがいるのを承知の上で無理やり入ったと思われる。



ややあって、サンマが小屋から出てきた。
ミケエリア100524-06.jpg
この頃、雨は上っていた。


日頃、サンマに近づかれることを、ミケは嫌がっている。
ミケエリア100524-07.jpg
それなのに何故‥‥?
気紛れなミケの行動は、わたしの理解を超えていた。


ミケエリア100524-08.jpg
「サンマ、いったい何があった。ミケといつからああしていたたんだ?」


雨が上った事を知ったのか、ミケも小屋から出てきた。
ミケエリア100524-09.jpg
ミケとサンマは眼を合わせた。


ミケに近づき、挨拶でもしようとしたサンマを、ミケは当然のように無視した。
ミケエリア100524-10.jpg


ミケエリア100524-11.jpg
そして、二匹はいつもの微妙な距離に位置した。


しばらくすると、ミケとサンマは相前後してエサ場の外へ出てきた。
ミケエリア100524-12.jpg


ミケが、アスファルトのへこみに溜まっている雨水を飲み出した。
ミケエリア100524-13.jpg
そのミケに、サンマが近づいていく。


ミケエリア100524-14.jpg
そして、ミケの側でサンマも雨水を飲みはじめた。


二匹の距離は微妙な距離を超えているように、私には思えた。
ミケエリア100524-15.jpg
しかし、サンマの存在に気づいているミケの表情は、普段と変わらない。


サンマの接近を、ミケは快く受け入れることにしたのだろうか?
ミケエリア100524-16.jpg
ミケの横顔からは、何も読み取ることができない。


ミケエリア100524-17.jpg
この時、ミケの表情が一瞬曇った。


ミケエリア100524-18.jpg


ミケとサンマが睨み合っている。
ミケエリア100524-19.jpg
ミケの眼は、明らかに怒気を含んでいる。
小屋の中で見せた穏やかな表情は、いったい何だったのだろう?



ミケエリア100524-20.jpg
気紛れなミケの態度に、サンマも戸惑っている様子だ。


それでも、ミケとサンマの距離は以前より縮まっているように、私には見えた。
ミケエリア100524-21.jpg
これからもサンマはミケの気紛れな態度に、惑わされ続けるのだろうか‥‥


ミケエリア100524-22.jpg
エサ場の奥へ戻った私の足元に、ミケが寄ってきた。


この時、再び雨が降り出した。
ミケエリア100524-23.jpg
ミケは、私の傘の下へ潜りこんできた。


サンマも傘の下へ避難した。
ミケエリア100524-24.jpg


私とミケは相合傘のまま、しばらく波の音を聴いていた。
ミケエリア100524-25.jpg


雨脚が強くなってきたので、ミケを抱いて小屋の前へ連れていった。
ミケエリア100524-26.jpg
ミケはすぐに小屋の中へもぐりこみ、そのままうずくまった。


私が帰路についた頃、雨脚がさらに強まり、本降りになってきた。
風景100524-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    おはようございます。

    おぉ!って感じでミケちゃんとサンマ君の写真をみました。。

    昨日、インタネットで調べたら、猫同士って、、最初鼻で挨拶して、、
    その後お尻で挨拶するって記事を読んだので、、
    もしかしたらサンマ君はミケちゃんとしっかり挨拶したのかな?と
    思ってました。

    推測ですが、サンマ君はミケちゃんをお母さん?と思ったりして。
    ミケちゃんの真似が多いような気がします。

    どちらにしてもハウスの写真には驚きました!

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、こんにちは。

     驚きの展開ですね。
     ミケちゃんの気まぐれなのか、それともサンマくんに心を開いてきたのか。
     できれば、後者であってほしいのですが。
     そうであれば、じきミケちゃんとサンマくんの挨拶シーンが見られるはずです。
     見たいなあ~。鼻と鼻をくっつけての「こんにちは」を。

  3. るいねこ | URL | -

    びっくりしましたぁ(*`ロ´ノ)ノ

    夫婦のようなミケとサンマの様子ドッヒャ―――∑(゚◇゚ノ)ノ―――!!
    ナイスショットでしたね。
    でも猫のキモチってわからないですねぇ
    ただの猫の気まぐれ?

    またのシャッターチャンスに期待しますヽ(o゚∀゚o)ノ

  4. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    mimi、コメントありがとうございます。

    > おぉ!って感じでミケちゃんとサンマ君の写真をみました。。

    私も正直驚きました。
    記事にも書きましたが、我が目を疑いましたから。

    > 昨日、インタネットで調べたら、猫同士って、、最初鼻で挨拶して、、
    > その後お尻で挨拶するって記事を読んだので、、
    > もしかしたらサンマ君はミケちゃんとしっかり挨拶したのかな?と
    > 思ってました。

    私の知らないところで、挨拶を交わしている可能性はあると思います。
    以前、ミケがサンマの口元をペロッと舐めたことはあります。
    http://chigasakineko.blog11.fc2.com/blog-date-20091219.html

    > 推測ですが、サンマ君はミケちゃんをお母さん?と思ったりして。
    > ミケちゃんの真似が多いような気がします。

    私も一時そう思ったのですが、ミケを木に追いやった時点で分からなくなりました
    ミケもその度ごとにサンマに対する態度が変わるので、私も判断に苦しんでいます。



    Kiryuさんへ

    Kiryu、コメントありがとうございます。

    > 驚きの展開ですね。
    > ミケちゃんの気まぐれなのか、それともサンマくんに心を開いてきたのか。
    > できれば、後者であってほしいのですが。

    私も本当に驚きました。
    しかし、私にとっては千載一遇のシャッターチャンスでもありました。
    毎日見ている私にも、ミケの心情はまだ分かりません。
    でも、二匹の距離は以前より縮まったように感じました。

    > そうであれば、じきミケちゃんとサンマくんの挨拶シーンが見られるはずです。
    > 見たいなあ~。鼻と鼻をくっつけての「こんにちは」を。

    その瞬間を撮り逃さないようにします。



    るいねこさんへ

    るいねこさん、コメントありがとうございます。

    > 夫婦のようなミケとサンマの様子ドッヒャ―――∑(゚◇゚ノ)ノ―――!!
    > ナイスショットでしたね。
    > でも猫のキモチってわからないですねぇ
    > ただの猫の気まぐれ?

    ミケの気紛れなのか、それともサンマに気を許したのか、私にはまだ分かりません。
    私には、ミケの気持ちが毎日コロコロ変わっているように見えて仕方ないです。
    もう少し様子を見てみます。

    > またのシャッターチャンスに期待しますヽ(o゚∀゚o)ノ

    ありがとうございます。

  5. ニャン丸 | URL | -

    ビックリ?

    母にミケちゃんとサンマちゃんが一緒に寝ていた事を言ったらビックリしましたブロクを見てまた(*_*)私は知らなかったので母に聞いて納得

    海岸の薬の散布や雨で心細くなて一緒に寝て居たのかな?
    このまま少しづつ仲が良くなると良いですね
    雨の中お疲れ様です
    今は、私も毎日見ています 

  6. pee | URL | DWgh5vZM

    そろそろ寝ようかなって思いつつブログにお邪魔したら…
    な、な、なんということでしょう!!\(◎o◎)/!
    ビックリですね!!

    それにしても、ミケちゃんって…
    女心となんちゃらの空?(笑)
    コロコロ変わる表情がファンとしてはたまりません!

    ますます今後の展開が気になりますし
    少しづつでもいいので、距離が縮まっていって欲しいと願っています。

  7. wabi | URL | -

    返信

    ニャン丸さんへ

    ニャン丸さん、コメントありがとうございます。

    ニャンばばさんも驚いたと思います。
    現場にいた私も驚きましたから。
    結果、ミケとサンマの関係がますます分からなくなってしまいました。

    ニャン丸さんが言うように、雨が原因かも知れませんね。
    鬱陶しい雨の日は、人間も何となくもの寂しくなりますから。



    peeさんへ

    peeさん、コメントありがとうございます。

    ミケとサンマを知っているpeeさんにとっても驚きのシーンでしょう。
    この時、私に気づいたサンマは小屋の中でアタフタと焦っていましたが、
    ミケは終始シラーとした顔をしていました。
    こういう時は、女(メス)の方が肝が据わっていますね。(笑)

    ミケとサンマ‥‥この二匹の関係がどうなっていくのか、私も興味津々です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)