厄難

2010年06月01日 00:00

私がそのメールを開いたのは、昼を少し回った頃だった。
差出人はブースカさん。送信日時は、今日の午前9時49分と記してあった。
『wabiさん!緊急』の件名を見て、私は急いでメールを読みはじめた。

そこにはサンマが足から血を流し、小屋で寝ていると書いてあった。
ブースカさんは実家に向かう飛行機の時間が迫っていたため、私にメールを出したのだ。




私は遣り掛けの仕事を放り出し、自転車でエサ場へ向かった。



サンマは既に小屋の中にいなかった。
しかし、小屋に敷いてあったタオルを見て、サンマの怪我が現実であることを知った。

ミケエリア100601-03.jpg


さらに、タオルの下にあったクッションに残るどす黒い血の跡を見て、サンマの怪我が重傷であることも、知った。
ミケエリア100601-04.jpg
私は最悪の事態を考えはじめていた。


だが、肝心のサンマの姿が見えない。
ミケエリア100601-02.jpg


ミケは植込みの中で、のん気に日向ぼっこをしていた。
ミケエリア100601-01.jpg
長閑な昼下がりの光景に、私は一瞬サンマの怪我のことを忘れてしまった。
私はその時、Iおばさんが午前中エサ場を訪れていることに思い至った。
「そうか、サンマはもう病院へ連れて行かれたんだ」



ところが、そこへ現れた猫好きおじさんに訊くと、「サンマならさっきまでそこにいたよ」と言い、私を案内してくれた。
しかし、その場所にもサンマの姿はなかった。

ミケエリア100601-05.jpg
私は目を凝らして、辺りの植込みの中を探った。
その私の目が、薄暗い植込みの中に、あるモノを発見した。
私は猫好きおじさんに大声で「サンマだ、サンマがいた!」と言いながら、植込みの中へ跳びこんだ。



サンマは植込みの奥でうずくまっていた。
ミケエリア100601-06.jpg
「サンマ、お前生きてたか!」


しかし、サンマの後足を見た私は、思わず唸り声を出した。
ミケエリア100601-07.jpg
右の後足はどす黒い血に砂がこびり付き、左の足先は大きく腫れ上っていた。


取り敢えず、サンマを抱きかかえてエサ場まで連れてきた。
ミケエリア100601-08.jpg
そして、猫好きおじさんに手伝ってもらい、サンマの後足をペットボトルの水で洗うことにした。
その間、サンマは悲鳴のような鳴き声を上げ続けた。
私はサンマに「ちょっと我慢してくれ」と言いながら、傷に付いた砂を落とした。



私は、サンマをタオルの上にそっと寝かせた。
ミケエリア100601-09.jpg
サンマの傷が露になった。
その傷を見た私は「誰にやられたんだ!?」とつい声に出した。



陽射しが強いので、サンマを涼しい日陰に移した。
ミケエリア100601-10.jpg
サンマが上体を起こし、立ち上がろうとしている。


ミケエリア100601-11.jpg
そのサンマを、猫好きおじさんが優しく宥め、身体を元に戻した。
このおじさんは家を持っていないが、そんなものよりずっと価値のあるモノを持っている。



ミケがエサ場へ戻ってきた。
ミケエリア100601-11-12.jpg
ミケの表情は憎たらしいほど穏やかだ。


サンマはオシッコをしたあと、ヒョコヒョコと歩きだした。どうやら酷い骨折はしていないようだ。
ミケエリア100601-12.jpg
私はこの時、サンマが植込みの奥にあるエサを食べに行くものと思っていた。


ところが、サンマは人が入れない植込みの奥に座りこんでしまった。
ミケエリア100601-13.jpg
私には遣り掛けの仕事が待っていた。
後のことを猫好きおじさんに頼み、私はエサ場をあとにした。






仕事を片付けた私は、消毒薬、タオル、ティッシュを袋に詰め再びエサ場へ駆けつけた。


エサ場には、あらしさん、KおじさんKおばさん夫妻、それに猫好きおじさんがいた。
サンマのことを訊くと、植込みの奥に入って出てこないと言う。
そこで私が植込みに潜りこみ、サンマの首根っこをしっかりと掴んで引っ張り出した。
こんな時、よけいな憐憫など必要ない。



ミケエリア100601-14.jpg
Kおじさんがサンマの頭を優しく撫でる。あらしさんはサンマの足を握っている。


私はサンマの傷口に消毒薬をたっぷりと吹きつけた。
ミケエリア100601-15.jpg
さんまの傷は思いの外深く、肉がえぐれて一部白い骨が覗いている。


相談の結果、サンマを病院に連れて行くことにした。
ミケエリア100601-16.jpg
そのためのキャリングケースを借りに、あらしさんがIおばさんの家へ向かった。


サンマが小さく震えていたので、暖かい日向へ移した。
ミケエリア100601-17.jpg
陽射しのせいか、顔見知りの人に囲まれたせいか分からないが、サンマがやっと落ち着きを取り戻してきた。


サンマは眼を閉じ、動かなくなった。
ミケエリア100601-18.jpg
人間がサンマと同じ傷を負ったら、激痛に耐えられず泣き叫んでいるはずだ。
生き物の中で痛みに一番弱いのは、おそらく人間だろう。



ミケエリア100601-19.jpg


Iおばさんが血相を変えてやって来た。
ミケエリア100601-20.jpg
そして、サンマを見るなり「サンマちゃん、どうしたの!?」と声を上げ、駆け寄っていった。
その光景は、まるで我が子に駆け寄る母親のようだった。
午前中、Iおばさんがエサを持ってきたときには、ミケもサンマもエサ場にいなかったそうだ。
その時サンマは、私が発見した植込みの奥でうずくまっていたのだろう。



Iおばさんは、サンマをそっとキャリングケースに入れ‥‥
ミケエリア100601-21.jpg
病院へ向かって行った。


KおじさんKおばさん夫妻とあらしさんも、Iおばさんのあとを追った。
ミケエリア100601-22.jpg


私はエサ場の片付けをするため、ひとり残った。
ミケエリア100601-24.jpg


ミケはいつの間にか植込みへ戻り、日向ぼっこの続きをしていた。
ミケエリア100601-23.jpg
それも妙な格好で‥‥


浜に出てふと上を見ると、抜けるような青空が広がっていた。
今日の空がこんなに青いことを、私はその時初めて知った。

ミケエリア100601-25.jpg
でも、青い空もそれを映した青い海も今の私には疎ましく思えた。


私も病院に向かおうと、荷物を取りにエサ場へ戻った。
ミケエリア100601-26.jpg
そこへ、一昨日ミケを訪ねてくれた女の子とそのお母さんがやって来た。
サンマのことを話すと、驚き「うちの結(ゆう)も明日同じ病院へ連れて行くからサンマちゃんのこと訊いてみます」と言ってくれた。



病院には、KおじさんKおばさん夫妻とあらしさんがいた。
ミケエリア100601-27.jpg
Iおばさんは用事があるので既に帰っていた。


話を訊くと、診察を待っている人が多く、すぐには診られないとのこと。
そこで、サンマを一晩預けることにしたと言う。

ミケエリア100601-28.jpg
診察結果は、明日の朝Iおばさんが電話で訊くことになっている。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 奇跡のパンダねこ ~nono~ | URL | -

    サンマさんのケガ心配ですね。

    はじめまして。
    nonoと申します。

    サンマさんのケガ、ひどそうですね..。
    サンマさんの身に何が起こったのかはわかりませんが、早く良くなってくれることを願っております。

    がんばれ、サンマさん!

  2. Mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    サンマ君の怪我が心配です。

    メールしましたが、宜しくお願いします。

  3. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     サンマくんのケガ、心配です。
     両足と尻尾にも傷があるように見えますが・・・。
     犬にやられたのでしょうか?
     また、見に来ます。

  4. へたおば | URL | -

    あら・・・
    どうしちゃったんだろ・・・
    大丈夫かな・・・

  5. manatsu | URL | -

    びっくりです。
    どうしたんでしょうか。
    ネコどうしのケンカだったとしたら・・・ちょっとひどいですね。
    犬とかですかね。

    みんなに支えられてサンマはよかったですね。
    ガンバレサンマ。

  6. wabi | URL | -

    返信

    nonoさんへ

    nonoさん、こちらこそはじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    さんまへのエール、感謝します。
    幸い命に関わる怪我ではありませんでした。
    診察結果を知らない今、何とも言えませんが、きっと元気になって海岸へ戻ってきてくれると信じています。



    Mimiさんへ

    Mimiさん、メール受け取りました。
    温かい心遣い、本当にありがとうございます。

    また、メールでご返事させて頂きます。



    Kiryuさんへ

    Kiryuさん、コメントありがとうございます。

    サンマの怪我の原因はまだ分かっていませんが、他の動物によるものではなさそうです。右後足の踵部分と左後足の先を同時に傷付けられたようです。
    また、怪我をした現場がどこだか分かっていません。
    血の跡が残っているのは小屋の中のみです。
    あれだけの出血、移動すれば跡が残ると思うのですが‥‥
    分からないことだらけです。



    へたおばさんへ

    ヘたおばさん、コメントありがとうございます。

    サンマの怪我は命に関わるものではありません。
    主要な骨も大丈夫そうです。
    ただ、左後足の先が腫れていますから、指の骨くらいは骨折しているかも知れません。



    manatsuさんへ

    manatsuさん、コメントありがとうございます。

    私が見たところ、猫同士のケンカによる傷ではなさそうです。
    おそらく人為的なことが原因でしょう。
    ただ、どうやってサンマを傷付けたのかは、まだ推測の域を出ていません。

  7. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    ビックリしました

    夜中に見た時声も出ませんでしたショックで
    ひど過ぎます何でこんな事が出来るのか分かりません
    今日見て少しほっとしました

    WabiさんIさんって小太郎ちゃんのお母さんじゃないですか?母の知り合いかも

  8. プシュケ | URL | -

    とても心配です。

    wabiさん
    突然の記事に驚きました。

    先日はあんなに元気だったサンマさんに

    あの時、危惧していたことが…と
    今、あらためて思いました。

    タオルに残された血痕。痛々しい傷跡。
    サンマさん、とても苦しかったでしょう…。
    でも、
    がんばって元気なすがたをまた見せて下さい。
    今は怪我が一日でもはやく癒えることを心からお祈りします。

    そして、
    サンマさんを支える優しい人たちへありがとうの言葉を。
    心から感謝の言葉を贈ります。

    また今度再開するときはどうか元気なサンマさんでいることを
    遠くの空のした、願っています。


  9. リヴ | URL | KuPBWHaI

    あああ、ビックリ・・・さんまちゃん(*T-T)
    早く良くなるといいですね。
    でもこんなにいっぱいの人に集まってもらえるなんて、
    さんまちゃん幸せ者ですね。

  10. はな | URL | -

    はじめまして。

    毎日拝見させて頂いています。

    サンマちゃん、とても心配です。
    どんなに痛かっただろうと思うと本当にかわいそうで・・・
    サンマちゃんにもミケちゃんにも二度とこんなことが起こらないよう祈るばかりです。

    早く元気になりますように。

  11. dodo | URL | -

    wabiさん

    こんばんわ。

    今朝、ゆきママさんに海で会い、話しを聞きビックリ
    したのと、サンマの状態が気になってます。

    blogを拝見して、命に問題が無さそうですが、
    今後、ケガの具合いが心配です。


    頑張れサンマ!




  12. aqua | URL | yl2HcnkM

    今朝ほどは非公開コメントにて初カキコさせていただき失礼致しました。
    サンマちゃんの容態はいかがでしょうか。
    心配で心配で何度もお邪魔させていただいております。
    サンマちゃん,頑張ってね・・・。
    ミケちゃんは,大丈夫でしょうか?
    何だか先日の一件も脳裏をよぎり,ミケちゃんの事も心配になっています・・・。

  13. bunrumama | URL | -

    こんばんは♪
    ビックリとしか・・表現ができないです・・
    サンマちゃん・・早く、よくなりますように・・

    でも・・一体、何が・・あったのでしょう・・?^^?・・

  14. uribau | URL | -

    はじめまして

    突然の出来事に驚きました。
    サンマちゃんの怪我いかがですか?
    早く回復するよう祈ってます。

  15. wabi | URL | -

    返信

    ニャン丸さんへ

    コメントありがとうございます。

    サンマのことをご心配頂き感謝しています。
    私も傷ついたサンマを植込みの中で発見した時は、しばらく声も出ませんでした。
    サンマは今、あらしさんの元で療養しています。

    お尋ねのIおばさんのことですが、本人に訊いたところ息子さんの名は違っていました。



    プシュケさんへ

    コメントありがとうございます。

    プシュケさんがサンマを膝に乗せたのは傷を負う二日前でしたね。
    でも、私にはずいぶん前のことに思えます。
    あの時、サンマはミケの猫パンチを食らいました。
    あれには笑わされましたが、今回の怪我には本当に驚かされました。
    小屋に残る血の跡を見た時は、絶句しました。
    そして、ダメかも知れないと思いました。

    今回、サンマの悲報を知った人がエサ場に集まってきました。
    性別、年齢、風体、何ら共通点のない変な集会でした。(笑)
    知らない人の目には奇妙に映っていたでしょう。
    でも、唯一の共通点はみんな温かな心を持っていることでした。



    リヴさんへ

    りヴさん、はじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    サンマはホントに多くの人に愛されているんだな、と私も実感しました。
    また、寄せられたコメントやメールの数にも驚かされました。
    そして、ブログでしか知らないサンマを、こんなにも気遣っていてくれることに感動しています。
    リブさん、本当にありがとうございました。



    はなさんへ

    こちらこそはじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    サンマへのお気遣い感謝しています。

    サンマは足に傷を負いましたが、心にも大きな傷を負ったようです。
    今回のことは、トラウマとしてサンマの心に残るでしょう。
    それによって、サンマの長所である人懐こさに影響が出るかもしれません。
    しかし、人懐こさは野良にとって短所でもあります。
    悪意を持った人間には、絶好の標的となるからです。
    どうやって、野良を守っていくか‥‥難しい問題です。



    aquaさんへ

    公開、非公開含め多くのコメントありがとうございます。

    サンマは今あらしさんの庇護の元にいるので安心ですが、ミケの事が心配です。
    ミケもいつサンマと同じ目に遭うか分からないからです。
    その対策のひとつを近々講じるつもりでいます。
    それでも万全とは言えません。
    犬のリードを外す人がいなくならない限りは‥‥
    海岸には『犬はつないで散歩しましょう』と云う看板がいくつもありますが、目に入らないようです。
    また、そういう人間は、子供に怪我をさせることさえ想定できないようです。



    bunrumamaさんへ

    コメントありがとうございます。

    どうやら動物に咬まれたようです。
    おそらくリードを外された犬でしょう。
    海岸でリードなしの犬を連れている人をよく見かけます。
    小型犬ならともかく、大型犬を放している人もいます。
    さらに、猫に犬をけしかける人もいますから‥‥
    心配は尽きません。



    uribauさんへ

    uribauさん、こちらこそはじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    サンマへの励まし感謝いたします。
    さんまはあらしさんの元で治療に専念しています。
    また元気な姿で帰ってくれるでしょう。
    ただ、足の傷は治っても、心に受けた傷が癒えるには時間が掛かるかも知れません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)