猫好きおじさん

2010年06月10日 00:00

PM 03:30
エサ場へ近づく私の耳に、聞き慣れた声が飛びこんできた。
その声の主はKおばさんだった。

ミケエリア100610-01.jpg
Kおじさんは防風林の中で、何かを地面に敷いている。


それは『よしすだれ』だった。Kおじさんが自宅から持ってきたものだ。
ミケは、その感触を確かめるようにすぐに体を横たえた。

ミケエリア100610-02.jpg
この日、湘南海岸は夏日を迎えていた。
冷たいよしすだれが気持ちいいのか、ミケはそこから動かなくなった。



ミケエリア100610-03.jpg
一仕事終えたふたりは、汗をかきながら帰っていった。


私が戻ると、ミケは体勢を変えていた。
ミケエリア100610-04.jpg
ミケは眼を半眼にして、考え事でもしているようだ。


そこへ、エサを持ってIおばさんがやって来た。
ミケエリア100610-05.jpg
Iおばさんが、ミケの眼の前にエサを置いた。


しかし、ミケはそのエサから視線を外す。
ミケエリア100610-06.jpg
ミケは、私が与えた水をまず飲みはじめた。


Iおばさんがいくら勧めても、ミケはエサに口をつけない。
ミケエリア100610-07.jpg
サンマと一緒にいた時、Iおばさんが来るとその足元に擦り寄っていたミケだが、今は振り返ることもない。
日頃はエサをやるとすぐに次のエサ場へ向かうIおばさんも、さすがにミケの変わりように戸惑いを隠せないようだ。



海岸から引き取ったを三匹飼うIおばさんだが、エサを与える海岸に触れることはほとんどない。

ミケエリア100610-08.jpg
次のエサ場へ向かうIおばさんと入れ違いに、好きおじさんがエサ場を訪れた。


ミケエリア100610-09.jpg


「これなら食べるよ」とおじさんは言い、ミケの眼の前に違うエサを置いた。
ミケエリア100610-10.jpg


しかし、ミケがエサを口にすることはなかった。
ミケエリア100610-11.jpg
ゆきママさんからは、早朝ミケにササミを与えたら少し食べたと報告があった。


好きおじさんも諦めたようだ。
ミケエリア100610-12.jpg
ミケは、また水を飲みはじめた。


水を飲み終えたミケが、防風林へ入っていく。
ミケエリア100610-13.jpg
遊歩道の奥から何か物音がすると、ミケの表情は一変する。
この時、遊歩道から人の足音が聞こえてきた。



ミケは遊歩道の脇にうずくまった。
ミケエリア100610-14.jpg
そして遊歩道の奥を凝視しはじめた。


ミケエリア100610-14-15.jpg


海風がにわかに強くなり、その風に飛ばされた病葉が頭上から降ってきた。
ミケエリア100610-15.jpg
その時、好きおじさんが再びエサ場へやって来た。


そしておじさんは、ミケの眼の前にトレーを置くと‥‥
ミケエリア100610-16.jpg
氷の入った袋から冷たい水を注ぎはじめた。


それは市販の氷だった。でも、氷は今日の暑さで既に融けかかっている。
ミケエリア100610-17.jpg
防風林の中にあるおじさんの家に冷蔵庫は、おそらくない。
そもそもその家には電気が通っていないと思われる。
勿論、こんなモノはどこにも落ちてない。



ミケが暑さで参っているとでも思ったのか、好きおじさんはどこかの店で氷を買ってきたのだ。
ミケエリア100610-18.jpg
ミケは、そのおじさんの後姿をしばらく見送っていた。


猫好きおじさんの気持ちが通じたのか、ミケはそっとその水に口をつけた。
ミケエリア100610-19.jpg
そして、美味しそうに飲みはじめた。


ミケエリア100610-20.jpg
猫好きおじさんはすぐに去らず、エサ場の前に腰を下ろしていた。


私はそのおじさんの膝の上にミケを乗せた。
おじさんの膝が、いかにもミケを待っているように感じたからだ。

ミケエリア100610-21.jpg


ミケエリア100610-22.jpg


このおじさんが日に何度ミケに会いにきているか、私にも分からない。
ただ、暗い夜にもミケの様子を見に来ていることは知っている。

ミケエリア100610-23.jpg
海岸猫の動向を知りたいなら、このおじさんに尋ねるのが一番正確だ。
私が傷ついたサンマを植込みの中で発見できたのも、このおじさんのお陰だ。



風景100610-01.jpg


人の価値は地位や職業で決まるモノではないと思っている。
金や地位を持っている偽善者より、家も持たないこのおじさんのほうを、私は敬愛している。

ミケエリア100610-24.jpg
私も猫好きおじさん同様金や地位は持っていない。
でも、偽善者になってまでそれらを得たいとは‥‥思わない。



風景100610-04.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    やぱり可愛い

    本当に大事に見守られてミケちゃんは幸せですね
    何度見ても良いです皆さんの優しさがつたわります

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)