別れ

2010年06月17日 00:00

AM 06:15
私は久し振りに早朝の湘南海岸へ足を運んだ。

風景100617-01.jpg
あの日以来、私の目には海岸の風景が何か別のモノに思えて仕方がない。


そこで顔見知りのワンコに会った。ハナちゃんだ。
ハナちゃん100617-01.jpg
飼い主さんの言いつけを守って、オアズケをするハナちゃん。
ハナちゃんに会って、私の気持ちは少し和んだ。



待つこと45分、私の待ち人が姿を現した。
dodoさん100617-01.jpg
サーファーのdodoさんだ。
私のブログはdodoさんのブログ『SURF RESEARCH』に倣って制作しはじめた。
しかし、毎日更新、蔵出し写真なし、と云うスタイルまで倣うことはなかったと、今後悔している。



私にとってdodoさんは、『海』そのものだ。
まるで全身の毛穴から潮の香りがしている‥‥そんな人だ‥‥

dodoさん100617-02.jpg
dodoさんがサーフィンをはじめたのは高校生の頃だと訊いた。
さらに、初めて波に乗ったは北陸の海だと云うことも‥‥
そしてdodoさんは、今も海をこよなく愛する現役のサーファーだ。
dodoさんのブログにも、ミケが毎回のように登場していた。
しかしミケは、あの日を境にdodoさんの前に姿を現さなくなったと言う。






ミケの無事な姿を目の当たりにしたサンマは、遠くを見つめる眼つきをしている。
いったい、サンマは何を想っているのだろう‥‥?

ミケ100615-25.jpg
潮の香りと波音に包まれた湘南海岸を思い出しているのだろうか‥‥
そして‥‥ミケと一緒に暮らしたあのエサ場を‥‥‥‥



サンマはブースカさんに委ねられた。
ミケ100615-26.jpg
あらしさんは、痺れた足をやっと伸ばすことができた。


すると、サンマはおぼつかない足取りで歩きはじめた。
ミケ100615-27.jpg
トイレの臭いを嗅ぎ‥‥


カーテンの陰から窓の外を眺めはじめた。
ミケ100615-28.jpg
そこへ、仕事を終えたねこタカイさんが帰宅した。


タカイ夫妻が、サンマに会うのも久し振りのことだ。
ミケ100615-29.jpg
サンマを見たねこタカイさんは「キレイなになっちゃって‥‥」と言った。


そしてねこタカイさんは、ミケの様子を注意深く窺いはじめた。
ミケ100615-30.jpg
ミケは、ねこタカイさんにおとなしく身を任せている。


ミケ100615-31.jpg
ねこみどりさんの膝にいるサンマは、以前のように惚けた顔をしていた。
「サンマ、舌出てるぞ」



ねこタカイさんが、点滴の用意をはじめた。
通院のストレス解消と治療費軽減のため、自宅でミケに点滴をすることになった。

ミケ100615-32.jpg
ねこタカイさんは、ミケをキャリングケースに優しく移す。


ミケはケースの中でおとなしくしている。
そのミケの背中をねこタカイさんが消毒した。

ミケ100615-33.jpg


そして‥‥針が刺された。
ミケ100615-34.jpg
しかし点滴は失敗した。
座っている姿勢だと、ミケの背中に力が入ってしまうため針が抜けたのだ。
これが今日二度目の失敗だと、ねこタカイさんは言った。
ねこタカイさんはすっかり自信をなくしていた。
「今から病院へ連れていくか?」とねこタカイさんがねこみどりさんに言った。
そこで私は「一度や二度の失敗で諦めちゃダメですよ」と口を挟んだ。
するとねこタカイさんが「wabiさん、手伝ってもらえますか?」と訊いてきた。
私はミケの耳に自分の口を近づけ、片言の語で語りかけた。
「ミケ‥‥大丈夫だよ‥‥だから力を抜いて‥‥足を折ってくれ‥‥」
そう言いながら、私はミケの前足を持って静かに折った。



ミケ100615-35.jpg
うずくまったミケに、再び針が刺された。


そうして、点滴は無事終わった。
ミケ100615-36.jpg
薬を体になじませるため、ねこみどりさんがミケを優しく撫でる。


ミケはねこタカイさんの手でソファーに移された。
ミケ100615-37.jpg


ミケ100615-38.jpg
ブースカさんは、点滴を終えたミケを労うように優しく撫ではじめた。


今日集まった人達が、ミケとサンマを囲んで談笑している。
ミケ100615-39.jpg
話の経緯は忘れたが、ねこタカイさんが「バカだから‥‥」と言った。
私はすかさず言った「偽善者より、バカの方がいい」と‥‥



ミケとサンマは護られている、多くのバカな人達に‥‥勿論、そのバカの中に私も加わっている。
私は、その人達と知り合えたことをミケに感謝した。

ミケ100615-40.jpg
「ミケ‥‥ありがとう‥‥」


サンマの帰る時間がきた。
ミケとサンマに別れの挨拶をさせようと、二匹を近づけてみた‥‥

ミケ100615-41.jpg
するとサンマは、ケースの中からミケに向かって甘えた声で鳴きはじめた。


ミケ100615-42.jpg
そのサンマを、ミケは母親か姉のような優しい眼で見つめ返した。





【ミケ近影】以下、ねこタカイさん撮影。
6月16日 AM 09:12
お昼寝中のミケ。伸ばした後足がセクシーだ。

ミケ100616-01.jpg
同 PM 5:41
毛繕いに余念がないミケ。これまた、上に上げた後足がセクシーだ。




同 PM 06:53
ミケが飲んでいるのは、ねこタカイさんが私のブログ広告Google AdSenseを通じて購入した高濃度水素水『H4O』だ。

ミケ100616-02.jpg



『H4O』の左にあるのはブースカさんが持ってきてくれた『えごま油』
これはミケの食事に混ぜて使う。

ミケ100616-03.jpg
ねこタカイさんの報告では、この日(6月16日)ミケの食事の量が昨日より減ったとあった。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    家に前に糖尿の猫が居たんですか インシュリンの注射をしていたんですが大変でしたから
    点滴は、本当大変ですよね針を刺すという抵抗もあるし

    でもミケちゃん サンマちゃん皆さんの優しい目に包まれて幸せですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)