終の住み処

2010年06月18日 00:00

6月17日 夕刻
今日が公休日のねこタカイさんは、ねこみどりさんが仕事に出かけてからひとりミケの看病をしている。
ブースカさんは店の休憩時間を利用して、ミケの様子を見にきていた。

ミケ100617-01.jpg
いつもの場所に、ミケは横たわっていた。


この日のミケは、いかにも具合が悪そうに見えた。
ミケ100617-02.jpg
虚ろなミケの眼は、どこにも焦点が合っていなかった。


ブースカさんがそんなミケの顔を、心配そうに覗きこむ。
ミケ100617-03.jpg
しばらくすると、ミケは静かに眼を閉じた。


四肢を伸ばしたミケ‥‥寛いでいるのか、それとも脱力感に襲われているのか‥‥私には知る由もない。
ミケ100617-04.jpg
ミケがこのソファーから降りることはない。
食事もそうだが、トイレも隣に敷いたシートで済ませている。



気分転換にと、目覚めたミケを、私は猫タワーに乗せてみた。
ミケ100617-05.jpg
海岸にいた頃のミケは、飛砂防止の柵に登って、道行く人や海を飽きずに眺めていたものだ。


でも、猫タワーの上から‥‥青い海は‥‥見えない。
ミケ100617-06.jpg
ミケの虚ろな眼には、いったい何が映っているのだろう‥‥?


ミケは相変わらず焦点の合わない眼つきでぼんやりとしている。
ミケ100617-07.jpg
その時、ミケの顔が急に何かを思い出したような表情に変わった。
網戸越しに入ってきた風に、微かな潮の香りを感じたのかも知れない。



私はミケを床に降ろした。
ミケ100617-08.jpg
ミケは自ら、自分の場所に戻っていった。


ねこタカイさんとブースカさんに優しく撫でられても、ミケの表情は優れない。
ミケ100617-09.jpg
この直後、ミケは口を動かしペチャペチャと音を立てた。


それは水が欲しいという、催促の音だった。
ねこタカイさんが、すかさずミケの口元に水を差しだした。

ミケ100617-10.jpg
ミケは苦しそうな表情で水を飲みはじめた‥‥生きるためにミケも必死なのだ‥‥

その水は、普通の水ではなかった。
ミケ100617-11.jpg
昨日の【ミケ近影】でも紹介した高濃度水素水『H4O』だ。
ねこタカイさんが、ミケのために大量に購入していた。



タカイ家に来てからのミケは、固形物をほとんど口にしていない。
ミケ100617-12.jpg
当然のように‥‥排便もない。


ミケは再び静かに眼を閉じた。
ミケ100617-13.jpg
このソファーを、ミケは『終の住み処』に決めてしまったのだろうか‥‥?

つづく



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん、おはようございます。

    昨日のミケちゃんの穏やかな、お姉さんらしい顔  何度みても
    素敵です。サンマ君と会えてほんと良かったです。

    タカイさんがとった、ミケちゃんの寝ているボーズもセクシーです(笑)

    ミケちゃん、固定物食べれないんですね、体力がもてばいいのですが。。

    タカイさん、ミケちゃんのために購入したお水、ありがとうございます!

    ミケちゃん頑張ってね。

    協力できることがあれば連絡くださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)