僥倖

2010年06月27日 00:00

今朝、ねこタカイさんからミケの写真が添付されたメールが届いた。
ミケ100626-01.jpg
しかしメール本文には、ミケの様子を知らせる文言はなく、ただ『写真のみ送付致します』とだけ記してあった。





それがいつだったのか、私は正確な日付を憶えていない。
去年の夏の盛りを過ぎた頃だったという曖昧な記憶しかない。

本当に‥‥私が初めてミケと遇ったのはいつだったのだろう‥‥?

それまで私は湘南海岸に出ると、サイクリングロードを西へ向かって散策していた。
目的は西のエサ場の野良達に会う事だった。
その頃は、サンマも西のエサ場で仲間と一緒に暮らしていた。
サンマは痩せた目立たない野良で、鼻を鳴らしていた印象しかない。

いつしか、私はいつもとは逆の東へも散策の範囲を広げていった。
そうして数日が経ったある日のことだった。
道路脇に備えてあるゴミ箱の上にいる仔猫と遇ったのは‥‥

チビ091012.jpg
同じシチュエーションを後日撮影した写真

それがチビだった。
チビは人懐こく元気なお転婆さんで、私ともすぐ懇意になった。
その頃は、写真を撮ることもなく、ただチビと遊ぶのを楽しんでいた。

チビ091012-02.jpg
私がミケの姿を見たのは、チビと遭遇した数日後という記憶しかない。
チビはエサ場の外へ出てきて道行く人に愛想を振りまいていたが、ミケがエサ場から出てくることはなかった。
その時、ミケの印象は特に際立ったものではなかった‥‥
と言うか、ミケとの初対面の記憶を私は失っているのだ。

カメラを持って海岸へ行くようになったのは9月に入ってからだ。
その頃ブログを始めることなど頭になかった私は、ただミケとチビの写真を漫然と撮っていただけだった。

その頃の写真を見ると、あくまでも被写体はチビだったことが分かる。
チビしか撮影してない日もあった。
皮肉なことに、ブログをはじめてから数日後、チビは里親へ引き取られていった。

それから‥‥私とミケの濃密な交流がはじまった。
その後のことは、このブログにある通りだ。

ちなみに、私が一番最初に撮ったミケの写真には2009年9月12日という日付が記録されている。

ミケ091012.jpg
撮影日 2009/09/12 AM 06:31





今日、ねこタカイさんから電話があったのは午前11時過ぎだった。
私はその電話を切ると、数人にメールや電話で連絡をした。

用事を済ませた私がねこタカイさん宅に着いたのは、正午を少し回った頃だ。
ミケは前回同様、リビングのソファーに横たわっていた。

私が側に寄って声をかけても、ミケにこれといった反応はない。
ただ虚ろに見開かれた眼が時折動くだけだ。

ソファーに横たわるミケの尻尾がやけに大きく見えた。
しかし尻尾が大きくなった訳ではなく、痩せた体がそう見せていたのだ。

午前中にミケを病院へ連れていったタカイ夫妻は、獣医から最後通告に近い言葉を言い渡されていた。
今日ミケは、食べ物をほとんど口にしていない。
ねこみどりさんが作った煮付けの煮汁だけを飲んだそうだ。

私が今日まで書くことができなかったミケの診察結果は『慢性腎不全の末期』である。
治ることはないと獣医に宣告されていた。
しかし同時に延命の可能性が残されているとも言われていた。
その初めての診察から今日がちょうど2週間目に当たる。

ミケは口を開け舌を出して、荒い息遣いで体温調整をしていた。
獣医が言うには、ミケ自身は暑さに苦しんでいるらしい。
それを証明するように、ミケは時折起き上がりソファーの上を移動して涼しい場所を捜し求めた。
ついにはソファーから降りたがるミケを、ねこタカイさんが抱いてフローリングの床へ降ろした。
するとミケは風通りのいい場所で体を伸ばした。

この時、私はまだ僥倖を期待していた。

しばらくして再びミケはソファーへ戻された。
そして、またソファーの上を、ミケは涼しさを求めてよろめく足取りで時折移動した。

タカイ夫妻と私は待っていた。
あらしさんとご主人‥‥そしてサンマの到着を‥‥

そのうちミケは立ち上がることもできなくなった。
時折ねこみどりさんが、スポイドでミケの口へ水を注ぎ込んだ。
ミケは私が来てから、一度も鳴き声を発していない。

午後3時が近づいた頃、あらしさんとご主人に連れられたサンマがやって来た。
その時、ソファーからはみ出したミケの頭を私の右手が支えていた。
サンマが入ったキャリングケースが開かれ、二匹は対面した。

サンマは急激な環境の変化に対応できず、ケースの中でうしろを向きミケと眼を合わそうとしない。
すると、あらしさんのご主人がケースからサンマを出しミケに近づけ、足と足とを合わせた。
私はミケの顔をサンマに向け「ほらミケ、サンマが来てくれたぞ」と言葉をかけたが、ミケに反応はなかった。

それは、再びケースに戻されたサンマが甘ったるい声で鳴いた時だった。

サンマ100627.jpg
私に支えられたミケの口から鳴き声が発せられたのは‥‥

ミケは低い声で鳴きはじめた。
それは、まるでサンマの接近を嫌がっているような唸り声だった。
「なんだミケ、怒っているのか?」と私は言ったが、おそらくミケはもうその声でしか鳴くことができなかったのだろう。
しっかりと見開かれたミケの眼が、サンマから離れなくなった。
そしてありったけの力を振り絞り、サンマに何かを語りかけていた。
それから、ミケの鳴き声は止まなくなった。

サンマが大怪我をする直前にはひとつの小屋で一緒に眠り、鼻と鼻をくっつけるまでに仲良くなっていた二匹である。

ミケサンマ100524.jpg
撮影日 2010/05/24 PM 04:13

ミケサンマ100529.jpg
撮影日 2010/05/29 PM 04:55

ミケの腎臓は以前から悪かったはずだ。
それがサンマの惨劇を目撃したことと、その後のサンマとの別離で急激に悪化させたのだろう。
私は悲しみと同時に、持って行き場のない怒りでハラワタが煮えくり返っていた。
「何であんなに仲の良かった二匹が、こんな目に遭わなけりゃならないんだ~!!
私は心の中で叫び続けていた。

サンマとの対面を果たした数分後だった‥‥
ミケは2、3度体を痙攣させた。
私はしばらく前から人差し指をミケの胸に当て、心臓の鼓動を確認していた。
その指はミケが痙攣したあと‥‥何も感じなくなった‥‥


午後2時58分、ミケは永久の眠りに就いた。

苦しんだ時間は僅かだったと‥‥思いたい‥‥
ミケ100627-01.jpg
結局、私の願った僥倖はやって来なかった。

ミケはサンマが来ることを知っていたのだ。
だからそれまではと、必死に頑張ったのだろう。
そして、きっとサンマの姿を見て、ミケは安心したのだ。
サンマに最後の別れを告げ‥‥ミケは逝った‥‥


私が最後にミケの姿を撮った写真には2010年6月27日と記録されることになった。


ブースカさんは、ミケの最期に間に合わなかった。
ミケ100627-02.jpg
既に冷たくなったミケを、ブースカさんは愛おしそうに撫ではじめた。


ミケの亡骸をどうするか、皆で話し合った。
火葬という案もあったが、最後にねこタカイさんが言った。
「ミケを長年棲んだ湘南海岸へ埋葬したい。いつでも会えるあのエサ場へ‥‥」



私は一足先に海岸へ行き、長靴おじさんにミケの訃報を知らせた。
すると長靴おじさんはミケのエサ場へ行き、穴を掘りはじめた。

ミケエリア100627-01.jpg
そこはサンマの怪我以来、ミケが好んで居た場所だ。
ミケとサンマの支援者が集まっていた‥‥あの場所だ‥‥



ミケが二週間ぶりに自分のエサ場へ帰ってきた。
ミケエリア100627-02.jpg
Iおばさんとウータンさんも、駆けつけてきた。


ミケエリア100627-03.jpg
長年ミケの世話を続けたIおばさんが、ミケに最後の別れを告げた。


長靴おじさんが掘った穴へ、ミケを静かに寝かせた。
ミケの周りには好物だった食べ物が供えられた。

ミケエリア100627-04.jpg
そして参列者全員の手によりミケは埋葬された。


そこは、湘南海岸の波音が常に聴こえてくる‥‥、
ミケエリア100627-05.jpg
正面に相模湾を望み‥‥、

東に江ノ島を望み‥‥、
ミケエリア100627-06.jpg
そして、西に富士を望む。


多くの人に愛され、多くの人に癒しを与えてくれた一匹の野良‥‥ミケ。
ミケエリア100627-07.jpg
そのミケは、そんな素敵な場所で眠っている。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はちみつ | URL | nE5zyyuc

    wabiさん、こんばんは。

    ただただ残念でなりませんが、ミケちゃんの最後が、誰もいない寂しい海岸でなく
    みんなに見守られてのものだったのがせめてもの救いだったと思います。

    今は掛ける言葉も見つかりませんが、ミケちゃんの冥福を祈って。

    そして、wabiさん、ねこタカイさんをはじめ、ミケちゃんを見守ってくれた皆様、ありがとうございました。

    バイバイ、ミケちゃん。またね。

  2. むべ | URL | -

    こんなことになるなんて、思ってもいませんでした。
    あの出来事の前まで、元気だったのに…
    でも、最期はみなさんやサンマくんに見守られながら迎えることができて、
    よかった…せめて、そう思いたい。
    wabiさんや皆様の心の痛み、お察しします。
    ミケちゃん、お疲れさま。また会おうね。

  3. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、お悔やみを申し上げます。

     悲しいです。
     涙が出て、止まらないです。
     wabiさん、ごめんなさい。あのとき、やっぱり茅ヶ崎海岸に行くべきでした。
     ミケちゃんの写真を撮れなくなってしまいました。
     悲しいです。
     悔しいです。
     ミケちゃんとサンマくんが挨拶している写真を見て喜んだのが、ついこないだのことなのに。
     なんで、こんなことに・・・。

     ミケちゃん、さようなら。
     安らかに眠ってください。

  4. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    悲しいです

    涙が出ます
    でもミケちゃんは皆さんに見守られて旅立ったんですね よかった
    ミケちゃんは皆さんの優しさに包まれ幸せだたと思います


  5. 奇跡のパンダねこ ~nono~ | URL | -

    悲しいです..
    ただただ悲しいです。
    でも、ミケちゃん、大好きだった皆さんとサンマくんに見守られながら虹の橋を渡れたのですね。

    ミケちゃんはwabiさんやネコたかいご夫妻をはじめとする茅ヶ崎の多くの方から愛され守られていた幸せなニャンコでした。
    そして、wabiさんのブログを通じて多くの方に大切なことをたくさん教えてくれました。
    ミケちゃん、本当にありがとう。
    私は絶対に茅ヶ崎海岸のミケちゃんのことを忘れません。
    どうか、楽しかった頃の思い出とともに安らかに眠ってね。

    ミケちゃんの為にお力を尽くして下さった方々の気持ち思うと胸が締め付けられる思いです。
    どうかその悲しみが癒えますように..
    穏やかなミケちゃんとの思い出がよみがえりますように。

  6. ねこ | URL | I/yQFJmc

    ミケのご冥福をお祈りします

    最後の最後に、ミケをかわいがる人達に大切にしてもらえたミケは幸せだったと思います。Wabiさん、ご苦労様でした。ミケ、ありがとう。

  7. dejavuewords | URL | hdScUxTA

    やっぱり慢性腎不全でしたか・・・

    高価な栄養剤を与えてるという記事を読んだときからそのように察していましたが、急ぎすぎたかのような死に冥福を祈るばかりです。
    それなりの年齢に達していたんでしょうが、死に急がせたのはやはりさんまちゃんの怪我がきっかけになったのは間違いないでしょうね・・・

    さんまちゃんを襲わせた犬の飼い主を恨みたくなります。
    このような災難は今日もまたどこかで起きてるかもしれません。
    昨日も金沢で空気銃で撃たれた三毛猫がいたし、愚かな人間に猫の命が脅かされされるのが悔しいです。

    これまでサンマちゃんとミケちゃんのことを拝読してきて感じるのは、ひょっとして、この2匹はなんらかの血縁関係があるのではないかということです。
    顔つきや体型が似てるように思えるからですが、猫相は似たのが多いのであてにはなりませんが、あれだけミケちゃんがサンマちゃんのことを嫌うかのような態度だったのに、小屋に一緒に入ったこともある。
    それひとつをとっても、この2匹は何らかの繋がりを持っていたのではないかと・・・
    感傷的な想像といってしまえばそれまでですが、そう思えてなりません。

    ミケちゃんの冥福を祈り、そしてサンマちゃんが快復しミケちゃんの分まで長生きすることを願うばかりです。

    wabiさんならびに皆さんの献身、ご苦労様でした。

  8. まるこめ | URL | H8Em3lUo

    悲しいですね。切ないですね。
    この子のことを、ぼくはマーサと勝手に呼んでいましたが、
    彼女のおかげであのエリアに集うみんな、幸せでしたね。
    今はただ「ありがとね」と言いたいです。
    虹の橋でまた会おうな! みんな揃って、きっとまた会おうな!

  9. ゆず | URL | -

    wabiさんのブログを通じて私にとってもミケちゃんは愛しい子になっていたのでとても悲しいです。
    でもたくさんの愛情に包まれて旅立ったミケちゃんは今も幸せだと思います。
    ミケちゃん、いつか私があなたの所に行ったらお膝にのってね。

  10. GM1号 | URL | 9q2FTWbs

    いつも毎日
    楽しみに拝見しておりました
    いつのまにかパソコンでしか
    会ったことのないミケに情が移っていました
    富山から
    ミケの冥福を祈ります

  11. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん。。

    お悔やみ申し上げます。

    昨夜ブログを見て、悲しくて言葉になりませんでした。

    ミケちゃん、ミケちゃん、本当に頑張ったね、お疲れさま。
    ゆっくり休んでくださいね。

    ミケちゃんとサンマ君の挨拶写真、何度見ても好きですよ。
    これから2人はどうなるんだろう?、と
    wabiさんのブログを毎日わくわくしながら見てました。

    早く2人に会いに行けば良かったと後悔してます。

    ミケちゃん、楽しい日々ありがとう。

  12. 浜おやじ | URL | -

    ミケお疲れ様

    最後 みんなに看取られて良かったね

    天国でも

    あの茅ヶ崎海岸の柵の上から見守ってたように
    みんなを見守ってね

    本当にありがとうね

  13. るいねこ | URL | -

    ミケちゃん安らかに

    そうでしたか…
    ミケちゃんのご冥福祈ります。
    最後にサンマちゃんに会えてよかった。

    さっきまで主治医の事で怒りモードの頭の中が、悲しみに変わりました。
    ミケちゃんがそんなにプンプンするなって言ってくれたのかもしれません。

    wabiさんもお辛いことでしょう。
    猫の寿命を考えるといつかは別れがくるんですよね。
    人間も…
    それでも生きなくては!

    でもwabiさんは悲しんでばかりいられないのですね。
    wabiさんに助けを求めている野良猫がいるんですもの。

  14. shiba | URL | -

    残念です。

    悲しいですね。

    色々と大変な人生だったでしょうが、

    最後は安心できるところで眠ることが出来、

    「幸せだった」と思って逝ってくれたと信じたいです。


    ながぐつおじさんの所にこれから行くのですよね。

    ながぐつおじさんとミケちゃんの再会は、違う形でかなってほしかったです。

  15. pee | URL | DWgh5vZM

    奇跡を信じ、回復を願ってましたが…残念です。

    先月、久しぶりに会いに行ったあの日の翌日に
    サンマちゃんが大怪我をし…
    そして、ミケちゃんが旅立ってしまうなんて
    ただただ涙が流れます。

    ミケちゃん、どうか安らかに。。。
    沢山の癒しと愛らしさをありがとう。。。
    アナタのこと、一生忘れません。

  16. おなか | URL | -

    ミケちゃんの御冥福をお祈りいたします。

    ミケちゃん…
    いつも私達を楽しませてくれて癒してくれてありがとう。
    茅ケ崎のミケちゃんの事は忘れません。
    いつか天国で会えるといいな。


    wabiさん、皆様、どうかお気おとしのないように。

  17. はな | URL | -

    悲しくて悲しくて悔しくて。
    最後は優しい皆さんに見守られて安らかに逝けたことが救いです。
    サンマちゃんともお別れさせてもらえて。
    ミケちゃん、最後まで本当によく頑張ったね。ゆっくり休んでね。


  18. かつお大臣 | URL | MNxmyMgU

    残念です

    回復するものと思い気を許していたこの2日間に…
    こんな事になっていたなんて。
    ミケちゃんは優しい人達に囲まれ、サンマちゃんに看取られて一人ぼっちじゃ無かったから…
    遠い福岡から、ご冥福をお祈りいたします。

  19. せた | URL | -

    wabiさんお久しぶりです
    今朝ミケちゃんの訃報を知り悲しい気持ちで胸がいっぱいです
    長い間野良として生きてきたミケちゃん。
    辛いことが多かったでしょうが
    きっとミケちゃんは幸せだったと思います
    だってこんなにたくさんの心優しい人達やサンマちゃんがいるんですから
    ミケちゃん 今までありがとう
    そしてwabiさんや看病してくださった皆さん
    ご苦労様でした

  20. 気まぐれpapa | URL | r0n3ENrY

    悲しいですね。

    wabiさん、今晩は。
    動物と楽しい思い出もあり、また悲しい思い出もたくさんあります。
    いつも辛いのは残された者。
    人よりは長生きできないと思いながら、また悲しい瞬間と出会わなくては
    ならない宿命が、動物好きにはあります。
    辛らい瞬間を何時までも思いながら、また楽しかった日々を笑いながら過
    ごせる日が来ることこそ、ミケは喜んでくれると思います。
    早く癒される日が来ることを。

    港の猫ちゃんたちは、目の病気になっているようですね。
    治療費などのカンパ賛成です。
    生きている限り、誰かが見るのではなく、大好きな方たちの援助が大切ですね。
    私もお手伝いいたします。

    精神的に疲れているでしょうが、お体と相談しながら少しづつ進めていきましょう。
    ミケのご冥福を祈っています。

  21. みうみう | URL | 1wIl0x2Y

    またね。

    ミケ、ゆっくり休むんだよ。あなたの穏やかなお顔にたくさん癒されました。ありがと。
    またね。

  22. みぃ | URL | -

    ミケちゃん、こんなに大勢の人に愛されてるんだね。
    きっと、虹の橋でも寂しくないね。。
    生きるちからを教えてくれてありがとう。。

    wabiさん、お身体ご自愛ください。。

    ミケちゃん、いつか虹の橋で会おうね。。

  23. かげたろう | URL | fXI9rwko

    ご冥福をお祈り申し上げます

    同じ様に日々外猫たちと接する身ですが、幾度聞いても拝見しても
    別れと言う現実に慣れることは無く、切ない気持ちでいっぱいです。。。
    管理人様ボランティア様、心中お察し致します。

    然し乍ら旅立ったこの子を想うと、寂しく想い残すことあっての別れでは無く
    日々見守り日々助け合い、関わり合った人間たちや猫の仲間をこれからも空の上で見守ろうと
    気高くそして凛々逞しく、海岸に居た頃のミケのまま昇っていったことと信じます。

    日々接して居たボラさん管理人様お疲れさまでした。
    そしてこれからもご苦労は絶えないかと察しますが心より応援申し上げます。

    ミケのご冥福をお祈り申し上げます。

  24. Kiryu | URL | T2RJUesU

     こんにちは。

     wabiさん、大丈夫ですか?
     あまりご無理をなさらないようにしてくださいね。
     大阪にいても、自分とwabiさんを結び付けてくれたのはミケちゃんなのだから
     wabiさんが計画されていることのためにカンパはさせていただきます。
     応援していますから。
     

  25. panther 375 | URL | boZqJCaQ

    会えてよかった・・・
    どんなに再会したかったか 痛いほど気持ちが
    伝わってきます 会わせてくれてありがとうと
    心から感謝していると思います
    精一杯の思い伝わりましたね
    辛い思い 怖い思いをして ごめんね
    wabiさんに出会えてよかったね 幸せだったね
    ゆっくり眠ってね 安らかに・・・
    wabiさんも お疲れ様でした お体お大事にしてください・・・★

  26. Sho | URL | -

    初めてのコメントがこんな日になるなんて。
    ずっとこっそりと読ませていただいてました。
    そしてミケちゃんの病気が重いことは感じていましたが、こんなに早くこんなことになってしまうなんて・・・。
    とっても切ないです。
    でも、ミケちゃんは温かい人々に見守られて・・・、幸せだったのでしょうね。

    私の周りにも、野良さんがいます。
    そんな猫たちが少しでも幸せになってくれることを祈ってます。
    ミケちゃんもそう思っていることだと思います。
    ご冥福をお祈りします。

  27. BigDaddy | URL | X.Av9vec

    きっと天国でも

    初めてミケを見たのは数ヶ月前、春前くらいだったでしょうか。勿論、こちらのブログで。以降、ずっとファンだったのですが、そうですか。

    でもきっと、天国でもあの「ガリガリ」の爪とぎをやっている筈です。また私個人は、wabiさんのブログでいつでも元気なミケのガリガリしている姿を見る事が出来、それはきっとこちらをご覧になっている皆さんも同じでしょう。我々の心の中にもミケは今後もずっと存在しており、天国でのミケはそれを承知している事でしょう。

    wabiさんをはじめ、ミケ、サンマ、他の野良ちゃん達の世話をされている皆様、ご自分の健康にも注意され、今後も彼らを見守って下さい。

  28. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    体調大丈夫ですか?あまりご無理せずに。。

    ミケちゃん、茅ヶ崎海岸へ帰ったんだね。
    ミケちゃんがいつも見ていた海岸通り。。
    ゆっくり眠ってね。
    ミケちゃんのことは忘れないから。

    wabiさんや皆さんのこれからの活動応援しますので
    落ち着いたらご連絡くださいませ。

  29. プシュケ | URL | -

    ミケさん。茅ヶ崎の海辺へ還ったのですね。

    海が見渡せる海岸通り。
    そして、みなさんが集うエサ場へ。
    きっと、
    この場所なら穏やかに眠れるでしょう。

    どうか。心安らかにご冥福お祈りします。

    wabiさん。
    どうか無理をなさらず、お体を大切にしてください。

  30. uribau | URL | -

    ミケちゃんのご冥福をお祈りします。

    3か月程前、15年一緒だったインコが亡くなりました。15歳といえば長生きなのですが、冷たくなった体を手のひらに乗せた時には、悲しく淋しい気持ちでいっぱいでした。
    ミケちゃんとの繋がりはwabiさんのブログを通じてだけですが、いつの間にか身近な存在になっていて、訃報を知って、その時と同じ思いが湧きました。
    wabiさんを始め、のらちゃん達を支えている皆様、どうかお体大事になさってくださいね。

  31. はな | URL | -

    ミケちゃん
    みんなに見送ってもらえてよかったね。
    大好きだった海岸ならこれからも寂しくないね。
    もう安心してゆっくり休んでね。

    wabiさん、お体くれぐれもお大切になさって下さい。



  32. hana。 | URL | sweeiHuY

    wabiさま。

    これからは大好きな場所で
    大好きだった波の音を聞きながら
    ミケちゃんの心は永遠に眠るのですね。
    優しかった皆さまのぬくもりを抱いて。。。

    優しい皆さま。お疲れ様でした。
    wabiさん、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

  33. 猫まみれ | URL | -

    ミケちゃん天国でも皆に愛されてるだろうね ご冥福をお祈りします。

  34. 841 | URL | -

    はじめまして。
    偶然みつけました。

    朝、猫を横目に時々触ってましたが 最近角に座ってないな・・・と気になってました。

    西浜の耳のただれてる子も私が茅ヶ崎に来たころからいますが、当時から耳をかいてました。こちらも気になってました。

    このような活動されてるのも始めて知りました。
    これからもがんばって下さい・

  35. wabi | URL | -

    841さんへ

    こちらこそ、はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。

    文面からすると、ミケもミリオンもご存知のようですね。
    ミケは朝、柵の角にちょこんと座って、道ゆく人を眺めていました。
    私も柵の上にいるミケとよく挨拶したものです。

    海岸の猫達は多くの人によって護られています。
    ボランティアの中には10年、15年以上面倒を見ている方もいます。
    そのことを知っていただいただけでも、このブログをやっていて良かったと思います。

    841さん、これからも宜しくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)