2010年06月28日 00:00

PM 04:05
急ぎ作った遺影を持って、私はミケに会いにいった。

ミケエリア100628-01.jpg
そしてペットボトルを加工した花立を作り、供えられていた花をそれに生けた。


小屋にあったミケの表札が、誰かの手により墓に供えられていた。
ミケエリア100628-01-02.jpg


そこへK夫妻がやって来た。ふたりはミケの他界を知らなかった。
昨日私が送った2通のメールを、まだ読んでいなかったのだ。

ミケエリア100628-02.jpg
自らが急遽作った線香立にKおじさんが焼香した。


ミケエリア100628-03.jpg
ゆきママさんもミケに会いにきた。


ゆきママさんはミケの墓前に花を供え‥‥
ミケエリア100628-04.jpg
焼香した‥‥


三人がエサ場を去ってしばらくすると、猫好きおじさんがふらりと現れた。
ミケエリア100628-05.jpg
おじさんは無言で、ミケの遺影を長いこと見つめていた。


エサ場のそこかしこに、ミケの生きた証が残されている。
ミケエリア100628-06.jpg
ミケはここで豪快な爪とぎを、何度も私に披露してくれた。


この杭にも、ミケの爪跡をはっきりと見ることができる。
ミケエリア100628-07.jpg
『ガリガリ』と爪をとぐ音が、今でも私の耳に残っている。


天気のいい日、よく体を丸くして寝ていた『日向ぼっこデッキ』‥‥
ミケエリア100628-08.jpg


そして最後にお気に入りだった場所‥‥
ミケエリア100628-09.jpg


ミケのエサ場。
ここは私にとって特別な場所だった‥‥

ミケエリア100628-10.jpg
様々な思い出が交錯して簡単には語れないが、私の人生に於いても忘れられない場所になるだろう。


それから私は、ミケと向かい合わせの椅子に長い間座っていた。
ミケエリア100628-11.jpg
その間、私が一方的に喋り続け、ミケは黙って聞いていた。
最後はオヤジの愚痴になってしまい、きっとミケは辟易としたことだろう。



「ミケ、迷惑だと思うが、この線香が消えるまでもう少し話を聞いてくれ‥‥」
ミケエリア100628-12.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    ミケちゃんは、幸せですね本当に皆さんに愛されて居たんですね

    wabiさんお体の方は大丈夫ですか大事にして下さいね

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     あらためてミケちゃんのご冥福をお祈りいたします。

     ミケちゃん、もしまた猫に生まれ変わったら
     そのときは大阪の猫好きオヤジにも写真を撮らせてね。
     爪とぎをしながらカメラ目線で笑ってくれたら、ミケちゃんだってわかるから。
     頭カリカリにかわいい「変顔」してくれたら、ミケちゃんだってわかるから。
     お願い、今度は撮らせてね。

  3. まるこめ | URL | H8Em3lUo

    線香立てとして使用されている小鉢は、
    かつてフトシ(とぼくが勝手に呼んでいた子)のお墓にぼくが供えていたものです(http://marukome.sblo.jp/article/14100264.html)。
    時が流れ、景観も変わった今、また同じような使われ方をしているのを見て、じーんと心に迫るものがあります。
    ミケが安らかに眠れますよう。

  4. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    ミケちゃんの遺影、良い顔してます。きりっとしたお顔で。
    いつものミケちゃんらしいです。

    ミケちゃん、安心して眠ってね。ミケちゃんの好きな茅ヶ崎海岸だよ。
    みんながミケちゃんを愛しているからね。

    wabiさん、色々と大変だったと思います。
    ご自愛くださいね。

  5. wabi | URL | -

    コメントを頂いた皆様へ

    ミケへの励ましや応援、ありがとうございました。

    タカイ夫妻の献身的な看護もあり、一時は快復の兆候も見せましたが、ついに力尽きました。
    でも、ミケは頑張りました。
    サンマとの対面も果たし、心残りなく逝ったと思います。

    今は長年暮らした茅ヶ崎海岸で、潮の香りと波音に抱かれて眠っています。
    数奇な生涯を送ったミケですが、その眠りを妨げるものは、もう何もありません。

    過去に酷い虐待を受けながらも、人懐こく優しい野良でした。
    そのミケを想うと、今でも涙が止まりません。

    私はそんなミケから多くのことを学びました。
    そしてミケを通して多くの人と出逢いました。
    私にとって、一匹の野良と言う以上に大きな存在でした。

    ミケに感謝しつつ、私はこれからの行動を進めていこうと思っています。
    これからも応援お願いいたします。

  6. nina | URL | -

    wabiさん
    Thanks you always introduce about a stray cat.
    Sorry! this is sad news 。
    Cat's life that he may always remember you and him play together with joy !!
    Cry
    RIP RIP RIP
    Wish meet other cats in another cats world .
    May be a happy cat angelv-282
    We should no more tears . I think think......though cat..

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)