参拝者

2010年06月29日 00:00

AM 05:50
私は早朝の湘南海岸へ赴き、ミケの墓に参った。

ミケエリア100629-01.jpg


しばらくすると、散歩おばあちゃんがエサ場を訪れた。
このおばあちゃんは、毎朝ミケに会うのを楽しみにしていた。
ミケに向かって「もう会えないと思うと寂しいわ」と言い手を合わせた。

ミケエリア100629-02.jpg
次にdodoさんが焼香に来てくれた。
dodoさんのブログにも毎日のようにミケが登場していた。
私よりもdodoさんの方が、ミケとの付き合いは長い。



Tさんもミケに会いに来た。
ミケエリア100629-03.jpg
そこへゆきママさんも墓参にやって来た。
ミケは寂しくないだろう‥‥こうやって朝早くから多くの人が訪れてくれるのだから‥‥





夕刻、再びミケの墓を訪れると、遺影に傘が立てかけてあった。
ミケエリア100629-04.jpg
「ミケ、お前はホントに多くの人に愛されていたんだなぁ」


狸の墓に新しい花が供えられていた。
ミケエリア100629-05.jpg
「いったい誰だろう‥‥?」


そしてボス母の仔の墓にも‥‥
ミケエリア100629-06.jpg
ここには心優しい人達が集まって来るようだ。


家路に就いた私を、歩道橋の手前で呼び止めた人がいた。
それは以前、ミケのエサ場で何度か顔を合わせた男性だった。

ミケエリア100629-07.jpg
私はその男性にミケの悲報を伝え、墓に案内した。


ミケに会いたい人はここへ来るといい。
ミケエリア100629-08.jpg
ミケはいつでも人懐こい顔で迎えてくれるだろう‥‥



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. manatsu | URL | -

    今日、お花を持って、ミケに会いに行きました。ずっと、椅子に座っていました。今日は海にいっぱい人がいたけれど、ミケがいる場所は波の音だけが聞こえて落ち着く場所でした。また、来週会いに行きます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)