在りし日 その弐

2010年07月01日 00:00

2010年 睦月 某日
風景1001-01.jpg


サンマは所在なさそうに、独りエサ場の外にいた。
ミケエリア1001-01.jpg
「サンマ、鼻の調子はどうだ?」


私を認めたミケは、おもむろに伸びをした。
ミケエリア1001-02.jpg


ミケエリア1001-03.jpg
そして、ゆっくりと私に近づいてきた。


私は持ってきたカリカリを二匹に与えた。わざと食器を近づけて‥‥
ミケエリア1001-04.jpg


腹が満たされたミケは、隣のサンマに目をやった。
ミケエリア1001-05.jpg
サンマが食事に専念しているのを確かめると、ミケはそっとその場から離れた。


そのミケをサンマは上目遣いで追ったが‥‥
ミケエリア1001-06.jpg
結局、腹を満たすことを優先したようだ。


ミケは暖かい陽だまりに移動した。
ミケエリア1001-07.jpg
サンマはまだ食べ続けている。


ミケエリア1001-08.jpg
そしてついにはミケが残したエサにまで食らいついた。


サンマの食欲は今日も旺盛だ。
ミケエリア1001-09.jpg
「満足したか、サンマ‥‥?」


エサを食べ終えたサンマが側に来ると、ミケは威嚇の声を上げた。
ミケエリア1001-10.jpg
するとサンマはミケの迫力に気圧されたのか、歩みを止めてしまった。


ミケエリア1001-11.jpg
ミケはサンマを再度威嚇した。


サンマはミケに近づくのを諦めたのか‥‥?
ミケエリア1001-12.jpg


いや、サンマは諦めてはいなかった。
ミケエリア1001-13.jpg
よく見ると、サンマはミケとの距離を微妙に縮めている。


図に乗ったサンマは、いきなりミケとの距離を詰めた。
ミケエリア1001-14.jpg
さすがにこの急接近は、ミケの逆鱗に触れてしまったようだ。


ミケは低い唸り声でサンマを威嚇しはじめた。
ミケエリア1001-15.jpg
サンマはすごすごと場所を移動した。


次の瞬間、ミケはサンマの側から姿を消した。
ミケエリア1001-16.jpg


そして‥‥サンマは独り残された‥‥
ミケエリア1001-17.jpg
「サンマ、めげるなよ‥‥」


風景1001-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はな | URL | -

    ミケちゃんプクプクフワフワですね。
    こうして在りし日のミケちゃんとサンマちゃんを見ていると今も茅ヶ崎海岸で2匹の暮らしが続いているような気がしてきます。

    サンマちゃんのケガが早く治りますように。

  2. Sho | URL | -

    こんばんは。
    いいですね、二人ともとっても性格が出ています。
    人間だと、人に気に入られたいって思ったりして、こうストレートに自分を表現できなかったりするんですけど。
    でも、ストレートに表現したからといって、心底嫌っていたりするわけではなくて・・・。
    ミケちゃんには生きることを学んだ気がします。

    リンクありがとうございます。何も問題ありません。
    コチラからもリンクさせていただきます。

  3. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    wabiさん 身体の調子は如何ですか

    wabiさんお大事にして下さいね

    ミケちゃんとサンマくん微妙な距離間でしたね可愛い

  4. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、こんばんは。
     お体の調子はいかがですか?

     やっと涙を流さずにミケちゃんの記事を読めるようになりました。
     このころのミケちゃんは太っていましたね。
     伸びをする姿に貫禄がありました。
     それでいて、顔はなんともかわいらしかった。
     やっぱりミケちゃんは茅ヶ崎海岸の女王様でした。
     そのミケちゃんと鼻をくっつけて挨拶するまでサンマくんはなったのに・・・。
     あっ、ダメです。
     これ打っていたら、また涙が出そうになってきました。
     サンマくんのケガの具合はどうなのでしょうか? 
     早く治るといいですね。

  5. まるこめ | URL | H8Em3lUo

    初めてミケを撮ったのは2008年11月、
    最後まで過ごしたあの場所だとばかり思っていたら、
    ちょうどその1年前の2007年11月にも撮っていたことにさっき気づきました。
    数100メートル東のサイクリングロードに面した植え込みの中のようです。
    後にも先にもそこで猫を見かけたのはその一度きりでしたが、
    そこでもきっとどなたかに世話されていたのでしょうね。


  6. wabi | URL | 0MXaS1o.

    返信

    はなさんへ

    私も家にいると、今でも二匹が海岸にいる錯覚を感じます。
    そのせいか、最近は海岸から足が遠のいています。

    体調が戻ったら、また海岸猫を撮り始める予定です。



    Shoさんへ

    ミケとサンマはつくづく妙な関係だったと思います。
    去年の12月、サンマがエサ場に居ついたときはミケも戸惑ったようです。
    最初は眼を合わせるのも嫌がっていましたから。

    それでも付かず離れずの妙な距離を保っていました。

    リンクのご承諾ありがとうございました。



    ニャン丸さんへ

    お気遣いありがとうございます。
    まだ本調子ではありませんが、日毎に良くなっています。

    ミケのサンマの微妙な距離‥‥私自身何度も笑いました。
    サンマの何気ない接近が今でも思い出されます。



    Kiryuさんへ

    生活リズムの狂いがまだ元に戻っていませんが、体調のほうは日毎快復しています。
    お気遣いありがとうございます。

    確かに、この頃のミケは丸々としていました。
    座った姿は招き猫に似ていましたし、私の好きだった後姿も貫禄がありました。

    仲良くなった途端に別れが来るなんて皮肉なものです。
    でも、仲が悪いままよりは良かったと思っています。



    まるこめさんへ

    2007年11月だと、おそらく私が長靴おじさんと呼ぶ人の世話になっていた頃だと思います。
    その後おじさんが飼うオスのチビ太郎が成長し、ミケを追い回すようになると、そこを離れたと聞きました。
    長靴おじさんが何度小屋に連れ戻しても、ミケはチビ太郎を嫌がり居つかなくなったそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)