墓前

2010年07月02日 00:00

PM 03:50
私はミケのエサ場から帰るK夫妻とサイクリングロードで擦れ違った。
ふたりを見送る私の目に、自転車に乗る見慣れた人の姿が飛び込んできた。
その人は私と目を合わすことなく、ボス母のエサ場に続く小路へ入っていった。

ミケエリア100702-01.jpg
その人のあとを追い、私も同じ小路へ入っていった。
私の思ったとおり、その人はIおばさんだった。



ボス母はすぐに姿を現した。
ミケエリア100702-02.jpg


そして、Iおばさんが与えたエサを食べはじめた。
ミケエリア100702-03.jpg
Iおばさんが帰ると、ボス母は植込みの中へ入っていった。


「なあ、最近娘の姿を見かけないんだけど、元気でいるのか‥‥?」
ミケエリア100702-04.jpg
どうやら、近くに棲む母娘でもお互い顔も見ていないようだ。


ミケの墓前には、新たな花が供えられていた。
ミケエリア100702-05.jpg
表札も移されている。
ミケの元には毎日誰かが訪ねてくれているようだ。



新しい苗も植えられている。
ミケエリア100702-06.jpg
これはゆきママさんが植えたベゴニアだ。


そこへウォーキング途中のTANYさんが墓参に寄ってくれた。
ミケエリア100702-07.jpg
「ミケちゃんにはずいぶん癒されました」とTANYさんはしみじみと言った。


それから私達はミケの側でしばらく語り合った。
ミケエリア100702-08.jpg
TANYさんは、飼っていた愛犬の話、そして自身の大病の話を語ってくれた。


TANYさんと入れ違うように、ゆきパパさんとゆきママさんがミケに会いにきた。
ミケエリア100702-09.jpg


ゆきママさんは、今日も新たな苗を持ってきていた。
ミケエリア100702-10.jpg
名を訊くと「五色ドクダミよ」と教えてくれた。
ドクダミには解毒や利尿作用があり民間薬としても用いられる。



ゆきママさんのメッセージボード。
ミケエリア100702-11.jpg


ミケは未だに多くの人を癒し続けている。
風景100702-01.jpg





未発表写真を探していたら、珍しいモノが見つかった。サンマの爪とぎシーンだ。
このシーンを省いた経緯は忘れたが、おそらく写真の枚数が多かったためだと思われる。
敢えて擬音を入れないでそのまま掲載する。途中、サンマらしい妙な動きが見られる。

2010年 如月 某日

サンマ100702-01.jpg


サンマ100702-02.jpg


サンマ100702-03.jpg


同じ日のミケ。
ミケ100702-01.jpg


ミケ100702-02.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sugar | URL | McVeO0/E

    初めまして

    初めまして。昨日偶然このブログを見つけました。
    3~8才の5年間住んだ町・茅ヶ崎。
    そして東海岸のこの景色は私の幼い頃の思い出そのものです。
    思わず「わぁ~!」と声をあげてしまいました。
    (実は今年の5月に実に45年ぶりに行ってみたんですよ。年がばれるけど・・・・)

    この町に、そしてこの海岸に、
    こんな心やさしい人たちとにゃんこのドラマがあったなんて、
    なんだかわからないけど嬉しくなりました。

    これからもこのブログで茅ヶ崎の海とにゃんこに会わせてもらいますね。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。

    ミケちゃんはみんなに愛されてますね。
    写真を見てるだけも癒されます。

    サンマ君の爪研ぎ、、途中奇妙な動きがありますね(笑)
    なんだろう?って感じです。
    足の怪我はどうなんでしょう? 

    サンマ君は家ネコのほうがあってるのかもしれませんね。

  3. wabi | URL | -

    返信

    sugarさんへ

    45年ぶりの茅ヶ崎はいかがでした。
    私は茅ヶ崎に住んでまだ15年ほどで、未だ茅ヶ崎の町をよく知りません。
    ただ、海岸から見える風景だけは変わっていないと思います。

    sugarさんがいた頃、海岸猫はいたのでしょうか?
    もしいたとしたら、今と同じようなドラマが展開されていたのかも知れませんね。



    mimiさんへ

    この時の爪とぎはミケのような豪快さはなく、素早く小さな動きだったと記憶しています。

    さて、サンマの怪我ですが‥‥
    あらしさんからの報告では、包帯を取ったらサンマがカサブタを剥がしてしまい出血。
    再び包帯生活に戻ったそうです。
    しかし、大したことはないと言っていました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)