靴下を履いた猫

2010年07月22日 00:00

今日の湘南海岸は、穏やかな表情を見せていた。
海は凪ぎ、波音も聞こえてこない。まるで大きな湖のようだった。

風景-01.jpg
海風も吹かず、ウインドサーファーも難渋していた。


ミリオンのエサ場へ向かう私は、Kおばさんと擦れ違った。
Kおばさん-01.jpg
KおばさんはKおじさんが出かけているので、ひとりミケの下へ赴く途中だった。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
どうやらミリオンは、食事中だったようだ。

ミリオン-01.jpg
このエサは、おそらくIおばさんが与えたものだろう。


ミリオンの表情が、私にはひどく妖艶に見えた。
ミリオン-02.jpg
しばらくするとミリオンは、私の目の前で食事を再開した。





今日は皆さんに、私が知る海岸猫の中で1、2を争う魅力的な野良を紹介します。
ソックス-01.jpg
この野良、いつでも逢えるわけではない。


今日は運良く、遭遇できた。この草叢に隠れているキジ白がそうだ。
ソックス-02.jpg
やっと、姿を現した


私は、持ってきた猫缶を与えてみた。
ソックス-03.jpg


しかし、すぐにエサから離れていった。
ソックス-04.jpg
どうやら腹は減っていないようだ。


この野良、今まで何度か私のブログに登場しているから、知っている読者もいると思う。
ソックス-05.jpg
白い靴下を履いているように見えることから、私が勝手に『ソックス』と呼んでいる野良だ。今日は生憎居ないが、『タビ』と名づけた母猫と一緒にここで暮らす。


この野良、相手が猫好きと解ると、いきなり人懐こく擦り寄ってくる。

ソックス-06.jpg
私には、初見で擦り寄ってきた。


ソックス-07.jpg
そして、その時もこうして遊んでくれた。


ソックスは本気で咬まないし、本気で引掻くこともない。
ソックス-08.jpg
しかし手加減してくれても、人のヤワな皮膚など簡単に破る鋭い爪を、ソックスは持っている。


ソックス-09.jpg
よく観察すると、ソックスも手放しで人の温もりを求めているわけではないことが分かる。


ソックス-10.jpg
この時も、見知らぬ人が眼に入ると盛んに警戒していた。


そして私に近づいて来ると‥‥、
ソックス-11.jpg
私の影で涼を取りはじめた。


さらに毛繕いまではじめてしまった。
ソックス-12.jpg
私はしばらくの間、動くことができなかった。そう、厚かましい野良でもある。


ソックス-13.jpg
しかしそのあと、こうやって擦り寄られると、何も言えなくなる。


この海岸猫が持つ魅力全てを語る文才は、残念ながら私にない。
ソックス-14.jpg
それに野良の魅力をいくら文章で説いても、あまり意味を成さない。


この野良の魅力を知りたければ、実際に接するしかない。
ソックス-15.jpg
この海岸猫に魅せられた人は多いと聞いた。中には県外から撮影しに来る人もいる。


この海岸猫には、それだけの値打ちがある。
ソックス-16.jpg
そして一緒に過ごす時間も、きっと価値あるモノになるはずだ。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    体調大丈夫ですか? あまりご無理せずに。。

    ミリオンちゃんは少しづつ、wabiさんになついて来たんじゃないですか?
    まだご飯をたべれるから少し安心ですね。

    ソックスさん、相変わらず可愛いお顔してますね。
    目がマルマルして、ほんと可愛い。

    昨日のブログ読みました、サンマ君も腎不全ですか(悲)
    病気の猫ちゃんをお世話するのは大変だとおもいます。
    あらしさん、ご主人様 ありがとうございます。
    サンマ君、綺麗できりっとしたお顔になっていて、以前のぼーとしていた
    顔がなくなったような気がします。きっと幸せなんですね。

    暑さ厳しいおり、お体おきを付けてくださいませ。

  2. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    コメントありがとうございます。

    ソックスとは私も久し振りに逢いました。
    最近も2度ほどここを訪れたのですが、姿が見えませんでした。
    少し心配していたのですが、この日はいつもの調子で私を迎えてくれました。
    ホントに愛嬌のある素敵な海岸猫です。

    サンマへのお気遣いありがとうございます。
    怪我をした当初は、腎臓のことまで考えていませんでした。
    あらしさんご夫妻も、そう思っていたそうです。
    それだけに、ショックも大きかったと言います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/295-6a417f39
この記事へのトラックバック