肩を落とす猫

2010年08月01日 00:00

午後5時を過ぎた湘南海岸は、休日とあってまだ多くの人で賑わっていた。
海岸100801-01.jpg



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
私が訪れた時、ミリオンはちょうど食事中だった。

ミリオン100801-01.jpg
それでも私の姿を認めると、防砂林から出てきてくれた。


既に腹が満たされたのか、最初ミリオンは薬入りチーズに感心を示さなかった。
ミリオン100801-02.jpg
私は少し焦った‥‥


場所を変え、何度かチーズを差し出すと‥‥
ミリオン100801-03.jpg
やっと食べてくれた。


それからミリオンは、海の方を眺めはじめた。
ミリオン100801-04.jpg
ミリオンは独りここに暮らす。以前いた仲間も、今はいない。
そんなミリオンの脳裏を掠めるのは、いったいどんな情景なのだろう?






船宿エリア  7月30日の続き
強面猫は、新入り猫が残した猫缶にも食らいついた。
船宿エリア22-21.jpg


先ほどの三毛猫は果報は寝て待てとばかり、強面猫の近くに横たわった。
船宿エリア22-22.jpg


強面猫が食べ終えたところで、私は三毛猫に残っていた猫缶を与えた。
船宿エリア22-23.jpg


猫缶を食べ終えた三毛猫は、そそくさとその場をあとにした。
船宿エリア22-24.jpg
三毛猫と強面猫は相性が悪いのだろうか?


船宿エリア22-25.jpg
そのあとも三毛猫は、水場に居座った強面猫を警戒の眼で見つめつづけた。
少なくとも強面猫のことを、この三毛猫が煙たく思っていることだけは確かなようだ。



船宿エリア22-26.jpg
他の海岸猫は、各々の格好で寛いでいた。


三毛猫は、ついに腰を上げ‥‥、
船宿エリア22-27.jpg
ねぐらへでも戻るのか、ゆっくりと去っていった。


そこへ、三毛猫と入れ違うように黒猫がやって来た。
船宿エリア22-28.jpg
ここで何があったのか、黒猫には一目で分かったようだ。


黒猫は、甘えるように私の足へ擦り寄ってきた。
船宿エリア22-29.jpg
遅れてきたお前が悪い、とも言えなかった。


やはり諦めきれないのか、黒猫は再度トレイへ近づいていく。
船宿エリア22-30.jpg
しかし、猫缶は残っていなかった。


黒猫は固まったように、トレイの前から動かない。
船宿エリア22-31.jpg
私には、その黒猫がいつにも増してなで肩に見えた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. おなか | URL | -

    昨日はありがとうございました。

    ミリオンちゃん、満腹でもきちんとお薬は飲んでいるようですね。
    症状も良くなっているようで嬉しく思います。

    船宿エリアの子達にも色んなドラマがあって興味深いです。
    黒猫ちゃんの肩を落とす姿、思わず笑ってしまいました。

    また是非会いにゆきます!

  2. wabi | URL | -

    返信

    おなかさんへ

    土曜日はお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

    ミリオン、昨日はなかなか薬入りのチーズを食べてくれず、少々てこずりました。
    でも症状も軽くなったようで、安堵しています。

    船宿エリアでは争いごとは起こりませんが、やはり野良同士に相性があるようで見ていて楽しいです。
    茅ケ崎海岸には、まだ個性的な野良がいます。
    海岸猫と遊びたくなったら、いつでも来てください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chigasakineko.blog11.fc2.com/tb.php/305-fdf5b1bd
この記事へのトラックバック