睥睨する猫

2010年08月07日 00:00

昨日より勢いを増した海風が、湘南海岸を舐めるように吹き抜けていた。
海岸100807-01.jpg
海岸に残っている人がやけに多いと思ったら、今日は恒例の茅ケ崎花火大会の日だった。
あと2時間もすれば、この砂浜も人で埋まってしまう。




重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオンは今日も海風を避け、防砂ネットの中にいた。
ミリオン100807-01.jpg
それでも私の姿を認めると、「ニャーニャー」甘えた声で鳴きながら擦り寄ってきた。


「ミリオン、お前の大好きなチーズだ」
ミリオン100807-02.jpg
私が差し出した薬の入ったチーズを、ミリオンは美味しそうに頬張った。


花火大会の始まる時刻が近づくにつれて、徐々に人通りも多くなってきた。
ミリオン100807-03.jpg
ミリオンなどの海岸猫にとって、打上げ花火の爆発音は恐怖以外の何モノでもないはず。
私も、茅ケ崎の花火大会を観なくなってから久しい。



私がここに着いてから、既に20分ほど経っている。
ミリオン100807-04.jpg
その間、ミリオンは1度も耳を掻いていない。
私がミリオンのエサ場へ毎日通うようになってから初めてのことだ。



私が海岸を去るとき、富士はシルエットでその雄大な姿を誇示していた。
夕景100807-01.jpg
私がいつも渡っている歩道橋には、花火大会へ向かう人達が列を成していた。





船宿エリア
船宿エリア23-19.jpg
新入り猫が見つめていた野良。それは、強面猫だった。
強面猫はゆっくりとした足取りで、エサ場へ近づいてくる。



船宿エリア23-20.jpg
すると、その場には、にわかに張り詰めた空気が流れた。


船宿エリア23-21.jpg
この強面猫、近くで見ると、さすがに迫力ある顔をしている。


強面猫は周りにいる野良を、ゆっくりと睥睨した。
船宿エリア23-22.jpg
幼い新入り猫は、その眼力に気圧されたようだ。


船宿エリア23-23.jpg
他の野良たちは、強面猫と眼を合わせようとしない。


マサムネも強面猫の存在を無視するように、地面の一点を見つめたまま固まっている。
船宿エリア23-24.jpg
どうやらこの強面猫、本来このエリアの野良ではないようだ。
自分の縄張りから、時々ここへやって来ている様子。



強面猫は食べ物が残ってないと分かったらしく、来た時と同じように悠然と去っていった。
船宿エリア23-25.jpg
強面猫を見送るマサムネの顔には、安堵の色が窺えた。


船宿エリア23-26.jpg
強面猫の姿が見えなくなっても、新入り猫は緊張したままだ。


船宿エリア23-27.jpg
しばらくすると、張り詰めていたその場の空気も、ようやく弛緩してきた。


その一部始終を、高みの見物しているヤツがいた。
船宿エリア23-28.jpg
‥‥コジローだ。
ちなみに、こいつが猫缶の次に好きなのは‥‥、高いところだ。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Mimy | URL | -

    夕焼けが富士山を紫色に染めて行く瞬間ですね。
    とっても綺麗です。こういう色の風景大好きです!

    猫ちゃん達は花火大会の時はジッとどこかに隠れているんですかね。
    うちの子たちも花火大会の音は遠くから聞こえて来ても恐がります。

    ミリオンちゃん、以前よりはかなり回復してるようですね!
    早く良くなって欲しいな~。

    茅ケ崎海岸の猫ちゃんは、地域猫なんですか?
    よく知らなくてすみません<(_ _)>

  2. はな | URL | -

    wabiさん
    毎日暑い中お疲れさまです。
    ミリオン、かなりお薬が効いているようですね!
    写真の感じですと以前より左耳もきれいになっているように見えます。
    顔もとても穏やかですね。

  3. wabi | URL | -

    返信

    Mimyさんへ

    コメントありがとうございます。

    国道脇の歩道を西に向かっていると、いきなりあの光景に出くわしました。
    この時期、富士はなかなか姿を現せてくれませんから、すぐにカメラを取り出しシャッターを押した次第です。
    茅ケ崎の花火は漁港で上げるので、近くに棲む船宿エリアの野良やミリオンはその音に怯えているはずです。
    新入り猫は初めての体験なのでなお更でしょう。

    昨日のミリオン、私が側にいた時は耳を引掻くことなく落ち着いていました。
    良くなっていると思いたいです。

    地域猫の定義は私も知っていますが、海岸猫は全ての条件を満たしていません。
    そういう意味では地域猫ではありません。
    ただ、船宿エリアを担当しているボランティアさんとはまだ会えずにいるので、判断はできません。
    人伝に聞いたところによると、個人の方が手術を受けさせているらしいです。
    他の海岸猫の場合は、エサ場の設置、エサやり、去勢、避妊手術は個々のボランティアさんが実施しています。
    しかしその活動は、あくまでも個々のボランティアさんに任されており、組織立ってはいません。

    但し、海岸猫は街猫と違い、近隣住民とのトラブルがありせんから、地域猫のような世話が必要ないことも大きな違いです。
    私の知る限り、船宿エリア以外は防風林の中にエサ場がありますから、地域猫制度を取り入れる必要はないと思います。
    茅ケ崎では最近、ある団地が地域猫制度を取り入れ住民全体で猫を護っていこうと決めたと聞きました。



    はなさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミリオンは徐々にではありますが、薬の効果が表れています。
    頭を振る動作が、以前より軽いものになりました。
    ただ、カサブタができると気になるのか、また引掻いているようです。

    そう云えば、左耳を引掻く行為は見せませんね。
    ボランティアさんから貰っている餌の減り具合から、食欲の落ちてないことも分かります。
    ミリオンは、今日も防風ネットの中で涼をとっていました。

    昨夜の花火大会の時はどうしていたのか‥‥
    防風林の奥へでも避難していたのでしょうか?

    はなさんも、暦では秋を迎えましたが、残暑は続きますので、ますますご自愛ください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)