釣り餌屋前

2010年08月14日 23:22

今日の湘南海岸には7~8m/sの強い海風が吹きつけていた。
沖合いに目をやると、色取り取りのセイルが海上を滑走しているのが見えた。

海岸100814-01.jpg


海岸100814-02.jpg
その海風に煽られた砂が、勢いよく北へ飛んでいく。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
激しい海風を嫌ってか、ミリオンは防砂林の奥でうずくまっていた。
ミリオン100814-01.jpg
私が名を呼んでも、その場から離れようとしない。
そこは潅木とネットに挟まれた狭い場所で、私は容易に近づけなかった。
私は、仕方なくネットの外で待つことにした。



しばらくすると、ミリオンが防砂ネットから出てきた。
ミリオン100814-02.jpg
そして甘えた鳴き声を上げ、私の側にきてうずくまった。


ミリオン100814-03.jpg
今日も薬入りのチーズを、素直に食べてくれた。


猛烈な海風が、ミリオンの毛を逆立てている。
ミリオン100814-04.jpg
見かねた私は、ミリオンを抱いてエサ場の中へ入った。


ミリオン100814-05.jpg
すると、ミリオンは海風が適度に吹き込むエサ場の入口で、気持ち良さそうに涼を取りはじめた。





釣り餌屋前
釣り餌屋82-01.jpg
最初、先日同様夫婦猫だけしかいないと思っていた。


ところが、私が近づくと車の下から仔猫が姿を現した。
釣り餌屋82-02.jpg
臆病なこの子は、外へ出ることも珍しいので意外な感じがした。
ふと横を見ると、車の下に白いモノが見えた。



シャムミックスの仔猫だ。
釣り餌屋82-03.jpg
私が車の下を覗くと、つぶらな瞳とかち合った。


釣り餌屋の人から『シロ』と呼ばれる仔猫は、やおら伸びをした。
釣り餌屋82-04.jpg
そして車の下から出てくると、『トラ』と呼ばれる兄弟とポーズを揃えた。


釣り餌屋82-05.jpg
トラは横になったまま、アクビと一緒に大きな伸びをした。


釣り餌屋82-06.jpg
生後2ヶ月のシロは、この世界をどう感じているのだろう。


そしてそのつぶらな瞳で、いったい何を学んでいるのか‥‥?
釣り餌屋82-07.jpg
両親と暮らす間に、多くの生きる術を学んで欲しいと、願わずにはいられない。


釣り餌屋82-08.jpg
この子が5年後、10年後どこでどうしているのか‥‥私には分からない。


釣り餌屋82-09.jpg
父猫の足を枕にして、トラは盛んに甘えている。


釣り餌屋82-10.jpg
シロはさっきから、私が構えるカメラに興味津々の様子だ。
カメラから出る音に何度も反応する。



釣り餌屋82-12.jpg
私のカメラに飽きると、シロの興味は周囲の景色に移った。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    皆、ガンバレ!

    ミリオンちゃんがチーズ入りお薬を食べるとホッとします。

    心無い人間の犠牲になってる猫ちゃん達。
    悲しいですね。

  2. shiba | URL | -

    シロちゃん、マスクをしたようなお顔がキュートですねi-185

    ところで、サンマちゃんは家ネコ決定ですか?
    また、近況を教えてくださいね!

  3. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    コメントありがとうございます。

    昨日のミリオンは傷口も乾燥し、頭を振る行為もあまりありませんでした。
    ミリオンがチーズ好きで良かったです。(笑)



    shibaさんへ

    コメントありがとうございます。

    あらしさんには先月お会いした時、定期的な報告をお願いしたのですが、
    やはり仕事とサンマの看護で忙しいのか、一度写メールを頂いただけでその後連絡がありません。

    ただ先月伺ったお話では、今のサンマを海岸へ返すことはないと言っていました。

    シロはこちらが心配になるくらい人懐こい子です。
    でもこの家族は、釣り餌屋さんの飼い猫状態ですので安心して見ていられます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)