朗報と悲報

2010年08月23日 23:18

私は久し振りに、早朝の湘南海岸へ足を運んだ‥‥ある目的を持って。
海岸100823-01.jpg


その目的とは、この人に会うためだ。
船宿エリア100823-01.jpg
この人の名はSさん‥‥船宿エリアを担当するボランティアだ。


既に、ここに棲む12匹の野良達は、Sさんから与えられたエサを食べ終えていた。
船宿エリア100823-02.jpg
Sさんを紹介してくれたゆきママさんも、駆けつけてくれた。


Sさんは、毎日この自転車で20分かけて自宅からここへやって来る。
船宿エリア100823-03.jpg
そして野良達にエサを与え、病気や怪我をした野良がいたら病院へ連れて行く。


マサムネ達がこうして生きていけるのは、Sさんのお陰だ。
船宿エリア100823-04.jpg
Sさんからは、マサムネやコジローの出自について貴重な情報を得ることができた。


船宿エリア100823-05.jpg
さらに、この三毛猫の存在の大きさも教えてもらった。


猫缶を与えた後に、午後のエサもトレイに盛っている。
船宿エリア100823-06.jpg
すると、マサムネが真っ先にそのカリカリを食べはじめた。
おそらく、皆と一緒だと十分に猫缶を食べられなかったためだろう。



私からはこの幼い新入り猫について、ある朗報をSさんへ伝えた。
船宿エリア100823-07.jpg
それを聞いたSさんは、大いに喜んでくれた。
この朗報は、実現した折にこのブログで紹介したいと思っている。






ミケエリア 8月21日
はなさんとおなかさんは、湘南海岸へ来ると、まずミケを訪れた。
ミケエリア731-01.jpg
ふたりにとってミケは、今でも特別な存在なのだ。


ミリオンのエサ場をあとにしたふたりは、そのまま西へ向かって歩を進めた。
H&O731-01.jpg
イベントで沸く海水浴場を横目に、さらに西へ行く。


次の目的地はここ‥‥釣り餌屋前だ。
トラがいきなり、はなさんの差し出したカリカリに口をつけた。

釣餌屋731-01.jpg
父猫が、それにつづいた。


釣餌屋731-02.jpg
二匹の食欲は旺盛だった。


釣餌屋731-03.jpg
母猫はカリカリを食べる父猫とトラを見つめるだけで、何故かその場から動こうとしない。


釣餌屋731-04.jpg


さっきから動かない母猫を心配して、はなさんが近づいていった。
釣餌屋731-05.jpg
母猫はそれに応えるように、体を起こした。


しかし、再びその場へうずくまり動かなくなった。
釣餌屋731-06.jpg
母猫の表情は、思い詰めたように暗かった。


その質問をしたのが、はなさんだったのか、おなかさんだったのか‥‥。
私はどうしても思い出せない。

釣餌屋731-07.jpg
その時、誰かが「シロちゃんは‥‥?」と女将さんに訊いた。


釣餌屋731-08.jpg
すると、女将さんは淡々とした口調で応えた‥‥「シロは、昨日の朝店の前で死んでたの」
私はその言葉を聞いたとき、意味が分からかった。



そして今度は私が訊き直した。「死んだって‥‥あのシャムミックスの仔猫がですか?」と。
釣餌屋731-09.jpg
「そう、見つけたときはもう冷たくなってたの」
「傷もなかったから、交通事故とかじゃなくて病気だったみたいね」
女将さんの口調は、最後まで淡々としていた。



女将さんは、日頃から仔猫達を可愛がっていた‥‥その仔猫が死んで悲しくないわけがない。
釣餌屋731-00.jpg
女将さんはこの2日間で、十分悲しんだのだろう‥‥。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
Ctrlキーを押しながらポチッポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    お外猫

    お外猫ちゃんって、本当に生きてゆくのが大変なんですね。
    人間の残酷さと、また一方で何とか助けてあげようとする人々。
    遠く、空の下で、何だかんだ云っても、結局は
    おばばは無力。
    辛いです。

    ミリオンちゃんが心配でコメできませんでした。

    どうか皆生き延びて欲しい。
    死んでしまったシロちゃん、今度は幸せになるように・・・

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     かわいい子猫だったのに・・・。
     かわいそうですね。
     お母さん猫、早くショックから立ち直れるといいですね。

     新入り猫の朗報の報告、楽しみにしています。

  3. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    ブログ読んで、、びっくりです。

    え!って感じ。
    シャムミックスちゃん、可愛かったので残念です(悲)
    まだ子供だったし、、元気そうに見えましたが。。

    残されたトラちゃんは元気に育ってほしいです。
    お母さんも元気だしてね。。と、お父さんも。。

  4. ゆうたん | URL | 4CvheNDY

    シロちゃん

    突然のことで本当に驚きました。
    小さな猫さんが生き抜くのはやはり大変なことなのだ・・・
    そう思っても、やはり悲しいです。
    とても仲の良い家族だったのに・・・。シロちゃん・・・かわいそうに。
    お母さん猫にも早く立ち直ってほしいです。

  5. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    コメントありがとうございます。

    野良‥‥特に仔猫は本当にガラス細工のように脆いものです。
    数日前に元気なシロと接したばかりなので、初めは女将さんが何を言っているのか解りませんでした。
    そして、次には悪い冗談のように聞こえました。
    でも、口調は淡々としていましたが、女将さんは真顔でした。

    私はこの日以来、釣り餌屋前には行っていません。
    船宿エリアで人に会うため近くを通りましたが、振り返ることもできませんでした。



    Kiryuさんへ

    コメントありがとうございます。

    Kiryuさんも、仔猫との悲しい別れを経験していましたよね。
    私は未だにショックを引きずっています。
    本当に仲のいい家族でしたので、今でも信じることができません。
    ちなみに、17日の撮影が最後になりました。
    シロ追悼の意味も込めて、いずれ未発表の写真を掲載する予定です。

    新入り猫のことも、詳細が決まり次第ご報告いたします。



    mimiさんへ

    コメントありがとうございます。

    私も最初に女将さんの言葉を聞いたとき「何を言ってるのだろう?」と訳が解りませんでした。
    数日前に元気な姿を見ていただけに、ショックも大きいものでした。
    あのつぶらな瞳が未だ目に焼きついています。
    たった、2ヶ月余りの生涯でした‥‥



    ゆうたんさんへ

    コメントありがとうございます。

    シロのことは、私にとってもまさに寝耳に水‥‥青天の霹靂‥‥

    釣り餌屋の女将さんは、猫達を家には入れないまでも、毎日エサを与え可愛がっていました。
    家族猫も店の前で過ごすことが多く、看板猫状態でした。

    この日の母猫は、それまでとは明らかに様子が違っていました。
    我が子がいなくなったことをまだ納得できないのでしょう。

  6. manatsu | URL | -

    父ネコのミニチュアア版の子ですよね??
    そうですか・・・・・・。
    暑かったのですかね?

    明日は、我が家のニャンコの命日です。

  7. wabi | URL | -

    manatsuさんへ

    manatsuさんも、あの家族に逢ったと言っていましたね。

    突然の悲報に、唖然としました‥‥というか、信じられませんでした。
    数日前に元気な姿を見ていましたから‥‥

    今度生まれてくる子は、元気に育ってほしいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)