血族

2010年08月25日 23:52

相変わらず睡眠障害に悩まされている私は、睡眠導入剤を服用したにも拘らず3時間で目覚めた。
早朝からすることもなく、取り敢えずPCの電源を入れた。
しばらくすると、1通のメールが届いた。
送信者はゆきママさん、送信時間が5時53分と記されたそのメールの件名は『困っています』とあった。
要約すると、5時にミリオンのエサ場へ赴き、薬入りチーズを与えたが、チーズだけ食べて薬を嚥下してくれない、と書かれていた。

私は覚醒途中の体に活を入れ、ミリオンのエサ場へ急行した。



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオンのエサ場へ着くと、ゆきママさんが満面の笑みを浮かべて私を迎えてくれた。
私の眠気もその笑顔で少し和らいだ。

ミリオン100825-01.jpg
ミリオンがエサ場から出ていた‥‥私が近づいても、逃げることはなかった。


久しぶりに見るミリオンの右耳は、薬の投与が1週間滞ったせいか、赤みが増し症状が悪くなっていた。
私がチーズで包んだ薬を差し出しても、ミリオンは口をつけなかった。
その時、通りかかった女性がミリオンのために、地曳網で獲れたばかりのウルメイワシを1匹私達に手渡してくれた。

ミリオン100825-02.jpg
試しにそのウルメイワシへ薬を包んでミリオンに与えてみた。
1度目は失敗したが、2度目に薬を嚥下してくれた。



ゆきママさん自身もウルメイワシを買うため、地曳網船へ向かった。
ミリオン100825-03.jpg
ミリオンと私だけがその場に残された。


ミリオンはその場から離れることなく、私の顔をまじまじと見つめはじめた。
ミリオン100825-04.jpg
私もミリオンとの距離を保ったまま、先日のレボリューション滴下のことを独りごちるように詫びた。


しばらするとゆきママさんが、買ったばかりのウルメイワシを持って戻ってきた。
ミリオン100825-05.jpg
ゆきママさんは、自らの手でウルメイワシを割いてミリオンに差し出した。


ミリオンは、ウルメイワシに食らいついた。
ミリオン100825-06.jpg
そして、食器に移したウルメイワシを完食した。


私は湘南海岸を去る前に砂浜に出てみた。
海岸100825-01.jpg
引き潮を迎えていた砂浜には、釣人しかいなかった。





船宿エリア  8月21日
船宿エリア731-10.jpg
腹が満たされたコジローは、お気に入りの車の上へ跳び乗った。


マサムネと三毛猫が仲良く挨拶を交わしている。
船宿エリア731-11.jpg


さらに、はなさん手ずから猫缶を貰うマサムネ。
船宿エリア731-12.jpg
それを羨ましそうに見つめるコジロー。


マサムネは満ち足りたのか、お気に入りのマンホールの蓋の上で毛繕いをはじめた。
船宿エリア731-13.jpg
そのマサムネを、おなかさんが優しく撫でる。


船宿エリア731-14.jpg


その他の野良も、各々お気に入りの場所で寛ぎはじめた。
船宿エリア731-15.jpg


船宿エリア731-16.jpg
はなさんとおなかさんは、そんな野良達を見ているだけで楽しいようだ。


最近のコジローについて、私は気になっていることがある。
船宿エリア731-17.jpg
コジローの顔付きは、明らかに以前と変わってしまった。


船宿エリア731-18.jpg
最近知り合ったボランティアのSさんから聞いた話の一部を披露しようと思う。


船宿エリア731-19.jpg
それは、マサムネとコジローについて、私が勝手に想像したことを、Sさんが裏付けてくれた話なのだが、


マサムネとコジローはやはり兄弟だった。
船宿エリア731-20.jpg
さすがにSさんも正確な年齢は失念したようだが、マサムネが5、6歳、コジローが2、3歳だと言う。
この2匹の毛色から、おそらく父猫は同じだろう。
そして‥‥ここにはその他に2匹の兄弟がいることも、Sさんが教えてくれた。






サンマの近況
先日、あらしさんから写メールが届いた‥‥サンマは元気にしていると言う。
sanma01.jpg
犬に咬まれた足の傷はすっかり治り、毛も生え揃ったそうだ。
療養食にも慣れ、よく食べるようになり、一時期より肥ったらしい。

サンマが犬に咬まれ大怪我をした詳細は【厄難】をご覧ください。


ただ、水を大量に飲み、トイレの回数も多いことから正常でないことが分かるとのこと。
また、サンマの夜鳴きで、一晩に三回は起こされ、あらしさんとご主人の寝不足がつづいている。

sanma02.jpg
サンマはあらしさん宅では自由な振る舞いを許され、ストレスもあまり溜まっていないと言う。
あらしさん曰く「サンマの顔付きが少し変わったような‥‥」


サンマの病名は慢性腎不全‥‥それもステージ4と云う重症だ。
これからサンマがいつまで生きてゆけるのか‥‥誰にも判らない。
「サンマ、頑張れよ‥‥ミケに逢いたいからって、急いで虹の橋を渡るんじゃないぞ!」




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    ミリオンちゃんが

    可哀そうで、可哀そうで・・・

    人間って残酷だと思う一方、
    こうしてウルメイワシを買いに行ってくれる人も居る。
    複雑な気持ちになります。
    ミリオンちゃん、頑張って。

    Wabiさん不眠症ですか?
    私もそうでした。薬を飲むと良いのですが、
    飲まないと駄目。
    お辛いと思います。
    お大事に。

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     ミリオン、薬を飲んでくれてよかったですね。
     首の傷かなり大きいようですが、治ってきているのでしょうか?

     サンマくんも足の傷が治ってよかったです。
     ハンサムになったかな?
     長生きしてほしいです。

  3. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミリオンは周りの人の協力により、何とか薬を飲んでいます。
    私はまだミリオンの信頼を取り戻していませんが、
    そのうち解ってくれると信じています。

    1度記事にも書きましたが、2年前から睡眠障害がはじまり、
    今も通院しています。
    症状も一進一退で、一向に良くなりません。



    Kiryuさんへ

    コメントありがとうございます。

    ゆきママさんの協力でミリオンに薬を与えることができました。
    首の傷は自分で引掻いたモノのようです。
    いまはカサブタ状態で、治りかかっています。

    あらしさんに言わせると、サンマは病気持ちとは思えないほどだそうです。
    しかし、腎不全は治ることのない病気で、今の状態を維持するのが精一杯です。
    スッキリとしたサンマの写真を見ると、すっかり家猫の顔になっているようです。

  4. はな | URL | -

    wabiさん
    ミリオンとの関係が修復に向かっているようでよかったです。
    やっぱりwabiさんの優しさはちゃんと伝わっているんですね。
    お薬飲み続けてくれるといいですね。
    久しぶりにサンマちゃんの姿が見れて嬉しかったです。
    優しい人達のもとで元気で穏やかに暮らせているようで安心しまた。

  5. はちみつ | URL | nE5zyyuc

    wabiさん、こんばんは

    ミリオンちゃんは早く良くなるといいですね。

    サンマちゃんの方はなんか表情が柔らかくなりましたね。
    水飲みとトイレの回数はまあ病気が病気だけに仕方ないですね。
    オシッコが出なくなったら危険ですが出ているうちは大丈夫でしょう。
    あらしさんがキチンと見てくれているようですし
    このまま何もなく過ごせることを祈ってます。

  6. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミリオンは周りの人の協力により、何とか薬を飲んでいます。
    私はまだミリオンの信頼を取り戻していませんが、
    そのうち解ってくれると信じています。

    1度記事にも書きましたが、2年前から睡眠障害がはじまり、
    今も通院しています。
    症状も一進一退で、一向に良くなりません。



    Kiryuさんへ

    コメントありがとうございます。

    ゆきママさんの協力でミリオンに薬を与えることができました。
    首の傷は自分で引掻いたモノのようです。
    いまはカサブタ状態で、治りかかっています。

    あらしさんに言わせると、サンマは病気持ちとは思えないほどだそうです。
    しかし、腎不全は治ることのない病気で、今の状態を維持するのが精一杯です。
    スッキリとしたサンマの写真を見ると、すっかり家猫の顔になっているようです。



    はなさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミリオンは頭のいい子ですから、そのうち解ってくれると思います。
    昨日はカメラを出そうと、ウエストバッグに手をかけたら逃げていきました。
    また耳ダニ駆除の薬でも出すのだと、勘違いされたようです。

    サンマが今の状態を維持できているのも、あらしさんとご主人の献身的な看護のお陰です。
    サンマの顔はスッキリして、海岸にいたときの面影がなくなっています。



    はちみつさんへ

    コメントありがとうございます。

    ミリオンは一週間薬を飲まなかったため、症状が元に戻ってしまいました。
    野良の治療は一筋縄ではいきませんね。

    サンマは、すっかり家猫になってしまいましたね。
    しかし夜鳴きには、あらしさんもご主人も閉口しているようです。
    まるで、生まれたての赤ん坊です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)