長閑な時間

2010年08月26日 23:10

私は、今日も早朝の湘南海岸へ足を運んだ。
だからと云って、またゆきママさんからメールが届いた訳ではない‥‥
私が罹る睡眠障害の成せる業である。

海岸100826-01.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
私がエサ場へ着いた時、ミリオンは外で涼をとっていた。
ミリオン100826-01.jpg
そこへやって来たゆきママさんに、ミリオンは既にある人の手によって薬を与えられたと教えられた。
そこで、ふたりでその人のあとを追った。



この男性は、ゆきママさんの知り合いのTNさん。
ミリオン100826-02.jpg
TNさんは、ゆきママさんから手渡された薬を細かく砕き、それをチーズに包んでミリオンに与えた。
すると、ミリオンは素直にチーズを食べたと報告してくれた。
ゆきママさんは明日、早朝から出かける用事がある‥‥
そこで、TNさんが代わってミリオンに薬を与えてくれることになっている。

ミリオンは多くの人に護られていた。



ふたりと別れた私は、そのまま船宿エリアへ足を延した。
船宿の前には、既にSさんが朝陽を全身に浴びながら座っていた。

船宿エリア100826-01.jpg
Sさんの周りには、野良達が集まってきた。
このあとの模様は後日紹介します。





船宿エリア  8月21日
船宿エリア731-21.jpg
はなさんとおなかさんに撫でられるマサムネ。


船宿エリア731-22.jpg


まさに、マサムネ至福のとき‥‥
船宿エリア731-23.jpg


その時、横を見ると新入り猫と白猫のプロレスが始まっていた。
船宿エリア731-24.jpg


船宿エリア731-25.jpg
どっちの形勢が有利なのか‥‥私にはさっぱり分からない。


船宿エリア731-26.jpg
勝敗がついたのか‥‥これまた、私には分からなかった。


船宿エリア731-27.jpg
お気に入りのマンホールの蓋をはなさんに占領され、当惑するマサムネ。


船宿エリア731-30.jpg
コジローの顔は、一見やつれたように見える。


よく見ると、顔から首にかけて何箇所も毛が抜けている。
船宿エリア731-31.jpg
左側の顔にも抜け毛の跡がある。
どうやら傷ではなく、皮膚病に罹っているようだ。このことはSさんも承知している。



私が何気に振り向くと、黒猫が青いドラム缶の上にいた。
船宿エリア731-32.jpg
私の姿を認めた黒猫は、側に近づいてきた。


「腹が減ってるなら猫缶を貰え」と私はその黒猫に言った。
船宿エリア731-33.jpg
すると黒猫は、マサムネと仲良く猫缶を食べはじめた。


やがて、今まで遠巻きにしていた他の野良も、やおらはなさんとおなかさんの周りに集まってきた。
船宿エリア731-34.jpg


白猫もおこぼれに与った。
船宿エリア731-35.jpg
マサムネと黒猫‥‥。実はこの2匹も血縁関係にある。
父は違うが、黒猫はマサムネの弟にあたる。



船宿エリア731-36.jpg
マサムネは食べるのが遅い。それが隻眼のせいなのか、それは分からない。


猫缶を食べ終えたマサムネは、カリカリにも口をつけた。
この時ばかりと、トレイを前足で押さえつけて食べつづけた。

船宿エリア731-38.jpg
マサムネの弟と分かった以上、この黒猫にもそれに相応しい呼び名が必要だ。
既に「クロちゃん」と呼ばれていることもあり、『クロベエ(黒兵衛)』とする。



普段は仲間にエサを譲ってばかりのマサムネも、思う存分ご馳走になり満腹になったようだ。
船宿エリア731-39.jpg
遅れてきたクロベエは、まだカリカリを黙々と食べている。


船宿エリア731-40.jpg
いつもなら真っ先にエサ場へ駆けつけるコジローだが、この日は何故か高みの見物に徹していた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    こんにちは!
    昨日、今日とミリオンちゃんはお薬を飲んでくれたのですね。良かった。
    昨日の記事ではサンマちゃんの様子も分かって嬉しかったです。
    しかし、慢性腎不全のステージ4ですか・・・それでも、進行を抑えられるようにしたいですね。
    船宿エリアの猫さんたちはまた1日を一生懸命に生きたのですね^^。

    シロちゃんのお母さん猫さんの記事も感慨深いものでした。
    シロちゃんの生まれ変わり・・・とかそういうことは言いませんが
    今度は元気に育ってくれますように。

  2. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    ミリオンちゃん

    お薬食べて、良かった。

    でも、ここに居る猫ちゃん、何処かが悪いんですね。
    お外猫ちゃん、生きるの大変・・・

    ただただ、可哀そう。

    餌を運んでくださる皆様、ご苦労様です。

  3. wabi | URL | -

    返信

    ゆうたん@さんへ

    コメントありがとうございます。

    周りの人の協力がなければ、野良の治療は難しいと、痛感しています。
    幸い海岸を散歩する人の多くは、野良に優しくて助かります。

    サンマの症状は想像を超えて悪いものです。
    あらしさん夫妻が保護してくれなかったら、ミケのあとを追っていたかも知れません。

    シロのことには、私も本当に驚きました。
    4日前の撮影時は、元気にしていましたから‥‥
    釣り餌屋の女将さんがエサを与えているとは云え、あの家族は所謂外猫です。
    仔猫にとっても今年の酷暑は堪えたのかも知れません。



    太巻きおばばさんへ

    コメントありがとうございます。

    私ひとりでは、今でもミリオンに薬を与えることはできなかったでしょう。
    ゆきママさんはじめ、周りの人に感謝しています。

    やはり野良の生活は、エサを持ってきてくれる人がいても大変です。
    怪我や急病などの異常があっても、すぐには対応できません。
    ミケとサンマの場合は、訪れる人が他のエサ場に比べ遥かに多かったため、素早い処置ができた稀なケースです。

  4. 気まぐれpapa | URL | r0n3ENrY

    今晩は。

    いつもご苦労様です。
    睡眠障害は辛いですね。お大事にしてください。
    船宿のニャンたちもみなさんに可愛がられて幸せですね。
    先代の方から引き継がれたSさんも変わらず元気にサポート
    されているようなので安心しています。
    港のニャンも、二代目がいて少しホットしていますが、み
    んないなくなって寂しいです。
    帰りに船宿も通りながら、ニャンたちを確認しています。
    目が合うとすぐに寄ってくるのも可愛いです。

  5. wabi | URL | -

    返信

    気まぐれpapaさんへ

    コメントありがとうございます。

    今のところ、私のエサ場巡りは涼しくなった夕刻の限られた時間なので、
    なかなかご連絡ができずにいます。

    先日、漁港へも行ってみました。
    その時は他の人が写真を撮っていたので、私は遠慮しましたが、
    以前からいた野良2匹の姿を確認しました。
    歩けなくなって保護された野良については、その後どうなったのか分かりません。

    船宿の野良達は、いつ行ってものんびりと平穏な生活を満喫しています。
    そんな様子を見ているだけで、こちらも長閑な気分になります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)