新入り猫との別れ

2010年09月12日 23:59

湘南海岸 15:20
陽射しは薄雲のお陰で和らいでいるが‥‥今日の海岸はとにかく蒸し暑かった。
海岸100912-01.jpg
それでも、ウインドサーフィンのイベントが行われている砂浜は多くの人で賑わっていた。


船宿エリア
今日は、大事な約束の日‥‥。
その約束の時間より1時間ほど早く船宿エリアへ到着した私は、急いで新入り猫を捜した。

船宿エリア100912-01.jpg
車の下で涼をとっている新入り猫を発見した私は、ホッとした。
主役であるこの子がいないと、今日の話は始まらないからだ。



新入り猫は、今日これから里親に名乗り出てくれた人へ手渡される。
船宿エリア100912-02.jpg
ただし、このことを新入り猫は知らない‥‥まだ‥‥


7月22日、私に1通のメールが届いた‥‥差出人は、県内に住むS.Kさんという女性だった。
船宿エリア100912-03.jpg
そのメールには海岸猫のために募金をしたいと記されていた。
そして、自身が飼う愛猫に似た新入り猫のことが気にかかるとも書かれていた‥‥



新入り猫は、この白猫を父か兄のように慕っている。
船宿エリア100912-04.jpg
私が見ている限り、白猫もそんな新入り猫を可愛がっている様子だ。
今日もこうして新入り猫の側へやって来て、周りに警戒の眼を向けている。



船宿エリア100912-05.jpg


白猫が自分を護ってくれているのが分かったのだろうか‥‥
船宿エリア100912-06.jpg
新入り猫は、安心したように眼を閉じた。


新入り猫の引渡しに立ち会うため、Sさんが車でやって来た。
「この時間にここへ来ることはほとんどない」とSさんは言った。

船宿エリア100912-07.jpg
Sさんの姿を認めた新入り猫が車の下から出てきた。


‥‥8月中旬、S.Kさんから新入り猫の里親になってくれそうな人がいるとの報せを受けた。
船宿エリア100912-08.jpg
そこで私は、ゆきママさんにお願いして、このエリアを担当しているSさんを紹介してもらった‥‥
その辺の経緯は『朗報と悲報』に詳しい。
Sさんから快諾を得た私は、具体的な新入り猫の引渡しについてS.Kさんと打ち合わせをはじめた。
そうして今日‥‥新入り猫を里親さんへ引き渡す日を迎えたのだ。



そこへやって来たゆきママさんが、バッグの中から取り出したのは‥‥体重650gの仔猫だった。
船宿エリア100912-09.jpg
コジローと挨拶を交わすこの仔猫が、何故ゆきママさんのバッグに入っていたのか‥‥
その経緯は後日紹介する。



新入り猫に朗報をもたらしてくれたS.Kさんが到着した。
S.Kさんと私は今日が初対面‥‥お互い自己紹介をした。
真ん中がS.Kさん、向かって左にいるのはS.Kさんの友人‥‥
そして右にいるのが新入り猫の里親さんだ。

船宿エリア100912-11.jpg
早速マサムネがお出迎え。


そして野次馬猫のコジローも、当然のように顔を出す。
船宿エリア100912-12.jpg
マサムネとコジローは、初対面の挨拶にフロントラインを滴下してもらった。
さらに私には、海岸猫のための猫缶とカリカリが手渡された。



船宿エリア100912-13.jpg
S.KさんとSさんとの間で、今後のことが話し合われた。
その話の中には、新入り猫が家猫に適さなかった場合の対応も含まれていた。



いざ里親さんに手渡そうとした時、新入り猫は動物の勘で察知したようだ‥‥
いつもと違う何かを。
新入り猫は、ねぐらでもある木の茂みに逃げこんでしまった。

船宿エリア100912-14.jpg
Sさんが、宥め賺しやっと新入り猫を捕まえた‥‥そして用意されたキャリーバッグへ移された。


新入り猫は蓋をする前に一暴れしたが、誰も引掻くことなくキャリーの中へ収まった。
船宿エリア100912-15.jpg
新入り猫は、険しい顔でS.Kさんを睨んでいる。


船宿エリア100912-16.jpg
こうして新入り猫は、里親さんへ委ねられた。


船宿エリア100912-17.jpg
新入り猫を乗せた車が動き出した。


船宿エリア100912-18.jpg
新入り猫を見送る私達の願いは、ただひとつだ。
どうか幸せになって欲しい‥‥残される他の野良の分まで‥‥



新入り猫を見送った白猫は、何が起こったのか解っているのだろうか‥‥?
船宿エリア100912-19.jpg


心なしか、白猫のうしろ姿が寂しそうだ。
船宿エリア100912-20.jpg


それから白猫は、新入り猫とよく遊んだ場所へ行き‥‥
船宿エリア100912-21.jpg
しばらくその場に佇んでいた。


船宿エリア100912-22.jpg


白猫は、同じ方を何度か顧みた。
船宿エリア100912-23.jpg
そのうちに、その方向から眼を離さなくなった。


船宿エリア100912-24.jpg
白猫の視線の先には、新入り猫とよく遊んださっきの場所があった。


白猫は、ただ見ていた‥‥
船宿エリア100912-25.jpg
新入り猫が、もう帰ってこないと解ったのか‥‥ようやく眼を逸らした。


船宿エリア100912-26.jpg
ただ、こっちを振り返った白猫の表情は、いかにも悲しそうだった‥‥


その白猫の顔を見た私は、もう一度自分に問うてみた。
船宿エリア100912-27.jpg
本当にこれで良かったんだな、と‥‥

2010年9月12日夕刻、新入り猫はこうして湘南海岸から去っていった。
厳しい海岸の冬を一度も経験することなく‥‥




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、おはようございます。

     新入り猫に里親さんが見つかってよかったですね。
     家猫としてうまくやっていけることを願っています。
     白猫もそれを願っていると思います。

  2. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    良かったですね里親と出会えて
    冬が来る前に出会えて良かった・・幸せになってほしいです

    白猫ちゃんは寂しいでしょうが大丈夫すぐ元気になります

  3. Mimy | URL | -

    無責任な人間に捨てられた子達は
    本当に可哀そうだと思います。

    冬は寒さに凍え、夏は虫達の襲撃に遭ったり、
    雨降りは地面もジメジメ、頭上からも水滴が
    ポタポタ・・・

    そんな子たちをwabiさんのブログで拝見してて、
    茅ケ崎海岸に住む野良さんが、なんとか皆で平和に
    心寄せ合いながら、優しい人達に支えられて生きて
    いる様子は、私の心を締め付けながらも微笑ましく
    映っています。
    過酷だけれども、自由と友情を手に入れた
    野良さん達なんだなと。

    猫それぞれの運命は、明暗を分けますが
    やはり人間と一緒におうちの中で、人間の愛情を
    受けながら生きる方が幸せなんだと思いたいですね。
    それは人間のエゴなんだと言われても、
    大昔にペットとして誕生した猫なら、
    やはりそれが一番なのでは?と思います。

    その胸中は猫本人にしか分かりませんが。

    白猫ちゃんと新入り猫さんにも心があり、
    今まで育んだ絆があるんですね・・・。
    とても複雑な気持ちで、白猫ちゃんを見てたら
    涙が出てきました。

    きっとwabiさんも私以上にそんな気持ちなんだと
    思います。
    新入り猫ちゃんの里親さんは、とっても優しそう
    な素敵な方ですねi-228
    きっと幸せにしてくれますよv-22
    白猫ちゃんをはじめ、他の子たちの分も(´ー`)


  4. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    里親さんに引き取られた猫ちゃん、きっと幸せに暮せますね。
    一匹でも多くの猫ちゃんが里親さんに
    引き取られると良いな。

    元はと言えば、無責任な残忍な人間のやった事・・・

  5. wabi | URL | -

    返信

    Kiryuさんへ

    ミリオンのことで何度かドタキャンを経験したので、
    今回の新入り猫については、ブログでの発表も最小限にし、
    密かに行動していました。
    ですから、こうして発表できたことを私自身喜んでいます。

    新入り猫は元々飼い猫だったはずですから、
    新しい家にもすぐ慣れると思います。



    ニャン丸さんへ

    本当に新入り猫は幸運だったと思います。
    私のブログに目を留めてくれたS.Kさんに、ただただ感謝しています。

    ニャン丸さんがおっしゃるように、白猫もそのうち吹っ切れるでしょう。



    Mimyさんへ

    長文のコメントありがとうございます。

    海岸猫にとって何が幸せなのか‥‥正直、私にも分かりません。

    ただ、Mimyさんのおっしゃるように、猫達が安心していられるのは、
    愛情ある人間の側しかないことは確かでしょう。

    新入り猫は、今春このエリアへいきなり遺棄された捨て猫です。
    また白猫も、数ヶ月前急にこのエリアへ出没するようになった新参者。
    おそらくこの白猫も迷い猫ではなく、捨てられたのだと思われます。
    だから境遇が似たもの同士、仲が良かったのかも知れません。

    何もかも無責任な人間が生んだ悲劇です。

    今回、新入り猫は元の家猫に戻ることができました。
    しかし、ここまで来るには多くの人の労力とそれなりの時間がかかりました。
    それに比べて、猫を捨てるのは至極簡単なことです。

    新入り猫には幸せになってほしいです。
    他の海岸猫のためにも‥‥



    太巻きおばばさんへ

    新入り猫は優しい里親さんの下で幸せになってくれるでしょう。
    生まれてしばらくは家猫だったニャンコですから、
    すぐにその頃のことを思い出すはずです。

    このエリアには、まだ2歳くらいの若い野良もいます。
    (コジロー、クロベエ、シャムミックス)
    その子たちも誰かの目に止まるといいのですが‥‥

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)