尾行する猫

2010年09月14日 23:59

今日の湘南海岸はまだ夏の趣を残していたが‥‥涼しい風が季節の移ろいを報せていた。
海岸100914-01.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
私は、海風で涼をとっていたミリオンに声をかけた。
ミリオン100914-01.jpg
振り返ったその表情からは、彼女が何を考えているのか‥‥何も読み取れない。


私は静かに近寄り、ミリオンの体をゆっくりと撫でた。
ミリオン100914-02.jpg
しばらく側にいて話しかけていたが、ミリオンの方から近づいてくることは‥‥最後までなかった。


海岸100914-02.jpg





船宿エリア
船宿エリア903-40.jpg
カポネと兄弟猫との睨み合いはしばし続いた。


突然、カポネ妙な動きをはじめた。
船宿エリア903-41.jpg
後脚を不自然に揃え、頭を振っている。闘い前の儀式か‥‥?


カポネの不思議な儀式は始まりと同様、突然終わった。
船宿エリア903-42.jpg
今のは一体何だったんだろう?‥‥カポネなりの示威行為か‥‥


船宿エリア903-43.jpg
と今度は、その場にゆっくりと体を横たえた。
その姿を見た私は唸った。足の太さは以前から承知していたが、カポネの首はさらに立派だった。
私の太腿より太いかもしれない‥‥



威圧感溢れるこの体と態度を見せられたら堪らない。
船宿エリア903-44.jpg
若いコジローなどとっくに戦意喪失気味だ。


カポネが動いた。
船宿エリア903-45.jpg
マサムネとコジローに一瞥もくれることなく悠然と歩いていく。


コジローは固まったように動かない‥‥いや、動けない。
船宿エリア903-46.jpg
表情も強張ったままだ。


私はコジローに訊いてみた‥‥「そもそもお前は、ここへ何の目的があって来たんだ?」
コジローに応える余裕はなさそうだ。

船宿エリア903-47.jpg
しばし佇んでいたカポネだったが‥‥


船宿エリア903-48.jpg
ゆっくりとその場を後にした。


カポネに興味を持った私は、そのあとを追った。
船宿エリア903-49.jpg
とその時、カポネと私の間に一匹の野良が割り込んできた。


それは釣り餌屋のトラだった。
臆病だったトラの行動範囲も、成長と共に広くなっていた。

船宿エリア903-50.jpg
そのトラが、いきなり眼を剥いた。


トラの視線に釣られて私が振り向くと‥‥そこにはマサムネがいた。
カポネを追っていた私は全く気づかなかった‥‥マサムネに尾行されていたことを。

船宿エリア903-51.jpg
マサムネとトラがゆっくりと近づいていく‥‥

つづく



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    毎日、ご苦労様です。

    心配な猫ちゃんが沢山居て。
    私の無力を嘆くばかりです。

    皆、幸せになって欲しいのに・・・

  2. はな | URL | -

    こんばんは!
    カポネのなんとも言えないポーズと目をギュっと閉じている顔が可愛くて何度も見直してしまいました。
    今度伺う時には是非カポネにも会いたいです。
    wabiさん、マサムネに尾行されていたんですね!
    トラとマサムネはその後仲良くなれたのでしょうか?


  3. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    毎日ご苦労様です。

    コメントが遅くなりましたが、、カポネの妙な動き笑えます。
    耳が片方下がってるし、、やっぱりカポネいいです!
    あの踊りはなんなんだろう??不思議な踊りですね。

    と、新入り猫ちゃん、貰われてよかったです。
    きっと可愛がられる事と思います。

    トラちゃん、少し遠出してきたのかしら。。

    急に秋の気配ですね、お大事にしてくださいませ。

  4. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    皆が皆幸せになる権利を持っていますが、
    人と同様生まれや境遇で違ってきます。

    小さい命がいくら権利を主張しても、
    それを受け入れられるかどうかは別問題。
    悲しいですが、それが現実です。



    はなさんへ

    カポネはいつでも会える野良ではないし、
    はっきりとしたテリトリーもまだ分かりません。
    ねぐらは釣り餌屋の近くだと思います。
    はなさんとおなかさんが7月に来た時も、
    船宿の前で私ひとりチラッと見かけただけでした。

    マサムネの尾行にはまったく気づきませんでした。
    トラの反応を見て初めて知りました。
    その目的は未だに分かりません。



    mimiさんへ

    あの時のカポネは妙でした。
    何のためにマサムネとコジローの前に姿を現したのか?
    そしてあの変な儀式‥‥?

    新入り猫の写真が送られてきたら、近況と一緒に紹介する予定です。

    トラが目の前に現れたときも驚きました。
    いつの間にか体も大きくなり、逞しくなっていました。

    お気遣いありがとうございます。
    mimiさんこそ季節の変わり目、ますますご自愛ください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)